FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

(2019年メディアミックス作品)11月15日に映画公開される原作&コミック

kage

2019/11/15 (Fri)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(11月15日全国公開)

11月15日(金)公開
┣オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁
┣i 新聞記者ドキュメント
┣影踏み
┣殺さない彼と死なない彼女
┣小さい魔女とワルプルギスの夜
┣テニスの王子様 BEST GAMES!! 不二vs切原
┣ベル・カント とらわれのアリア
┣地獄少女


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:登山/サスペンス
 オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁 【11月15日公開】



■内容紹介
山岳救助隊「ウィングス」を率いる隊長・姜のもとに、エベレストに墜落した飛行機に残された機密文書の捜索依頼が舞い込んだ。チームの隊員とともに、墜落現場である危険地帯“デスゾーン”へと飛び立つが、そこにはさまざまな陰謀が渦巻く、予想もつかない異常事態が待ち受けていた!日中合作のスペクタクルムービーを完全ノベライズ!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1山岳救助隊の死闘を描くサスペンス!  
主演役所広司、製作テレンスチャン(『レッドクリフ』シリーズ)日中合作のスペクタクルムービーを、人気作家が完全ノベライズ!だが割と軽くひねりもさほどなくサクッと読了。標高8,848M/氷点下83℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、史上空前のスケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメント! タイムリミットは、48時間!ヒマラヤの救助隊を襲う世界規模の陰謀の正体とは!?刻一刻と時間は過ぎ、様々な思いと世界規模の陰謀が絡まる中、世界最高峰の頂には、予想もつかない事態が待ち受けていた――。




■映画ストーリー
ヒマラヤ一帯の平和を守るために、周辺国がヒマラヤ公約を締結する会議を開くことが決定した。しかし、ヒマラヤ地区の平和を揺るがしかねない内容が記された機密文書を載せた飛行機がエベレスト南部に墜落してしまう。ヒマラヤで活動する救助隊のWingsに、機密文書回収のために動いているというインド軍の特別捜査官からガイドの依頼が舞い込む。不審なものを感じながらも引き受けた隊長のジアン・ユエシュン(役所広司)は、隊員のシャオタイズー(チャン・ジンチュー)、ヘリパイロットのハン(リン・ボーホン)とエベレストの頂に向かう。

★映画チェック★
標高8,848メートルを誇る世界最高峰のエベレストを舞台にした、日中合作のスペクタクル。救助隊が墜落した飛行機からの機密文書回収に挑む。監督と脚本をユー・フェイ、製作を『フェイス/オフ』などのテレンス・チャンが務める。『孤狼の血』などの役所広司、『ゴールデン・スパイ』などのチャン・ジンチューのほか、リン・ボーホン、ヴィクター・ウェブスターらが出演する。

■スタッフ
監督・脚本:ユー・フェイ
プロデューサー:テレンス・チャン
撮影監督:リ・ヨウキ
美術監督:パク・イルヒョン/チー・セバク
音楽:川井憲次
編集:デヴィッド・リチャードソン/ジョーダン・ディーセルバーグ/ゾア・ジュイン
視覚効果スーパーバイザー:ユー・ジャン/ジ・レイレイ
視覚効果コーディネーター:ジョウ・イェンチュン
日本語吹替版主題歌:GLAY

☑映画詳細データ
英題:WINGS OVER EVEREST
製作国:中国/日本
配給:アスミック・エース
技術:カラー

■キャスト(役名)
役所広司(ジアン・ユエシュン)
チャン・ジンチュー(シャオタイズ)
リン・ボーホン(ハン・ミンシャン)
ヴィクター・ウェブスター(ヴィクター・ホーク)
ノア・ダンビー(ジェームス)
グラハム・シールズ(マーカス・ホーク)
ババック・ハーキー(スヤ)
プブツニン(タシ)

日本語吹き替え版
役所広司(ジアン・ユエシュン)
沢城みゆき(シャオタイズ)
宮野真守(ハン・ミンシャン)
神尾佑
山野井仁
俊藤光利
高木渉
細貝光司
沖原一生




ジャンル:ジャーナリズム
 i 新聞記者ドキュメント  【11月15日公開】



■内容紹介
官房長官会見に彗星のごとく現れ、次々と質問を繰り出す著者。脚光を浴び、声援を受ける一方で、心ないバッシングや脅迫、圧力を一身に受けてきた。演劇に夢中だった幼少期、矜持ある先輩記者の教え、スクープの連発、そして母との突然の別れ…。歩みをひもときながら、劇的に変わった日々、そして記者としての思いを明かす。

第1章 記者への憧れ(演劇に夢中になったころ;小劇場へ、母と ほか)
第2章 ほとばしる思いをぶつけて(鬼気迫る形相で警察に挑む先輩記者;情熱をもって本気で考えるかどうか ほか)
第3章 傍観者でいいのか?(編集局長への直訴;菅野完さんが持っていた受領証 ほか)
第4章 自分にできることはなにか(抑えきれない思い;男性特有の理解? ほか)
第5章 スクープ主義を超えて(突然の激痛;あの手この手、官邸の対応 ほか)

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1第23回 平和・協同ジャーナリスト基金賞 奨励賞受賞!!
空気を読まず、出すぎる杭になる。私にできるのはわかるまで質問すること 

望月さんの信条がよくわかる一冊。『きちんとした回答をいただけていると思わないので、繰り返し聞いています』。今話題の東京新聞社会部望月記者。帯に『「質問できる記者」はなぜ生まれたのか』とあるが、この表現は"全くあたらない"。ごく普通の就活を経て社会部配属となり、経験を積み先輩にしごかれながら記者魂が磨かれ、真実の追及に日々猛進する。それは新聞記者として当然ではないのか。取材相手に聞くべきことを質問できないほうがジャーナリストとしておかしいだろう。なぜ望月記者が叩かれなければならないのか。望月記者の姿勢も取り組み方も真っ当だ。応援している。彼女は裏から支えながら、自ら表舞台にも進んで立ち続ける。 おかしいと思う疑問をどのようにアプローチするのか。情報が溢れる世界で何を引き寄せるか。国民の知る権利や、政府の間違った行為にいつも無表情に対応する菅官房長官に食い下がる場面とその行動に対する目に見えない圧力にも負けない筆者の姿など、ぐいぐい引き込まれました。正義や真実のために行動する望月さん、かっこいいです。




■映画ストーリー
フェイクニュースが飛び交い、チェック機能を果たすためのメディアは自主規制に走り、国民や民主主義を守るべき政治家は居丈高な態度を取り、官僚は忖度に忙しい現代の日本。そんな中、記者の望月衣塑子氏は、菅義偉官房長官の記者会見で立て続けに質問をし、普天間飛行場の移設問題や森友学園問題を掘り下げようとする。

★映画チェック★
『FAKE』などの森達也が監督し、東京新聞社会部記者の望月衣塑子氏にカメラを向けたドキュメンタリー。各方面から批判を浴びながらわが道を行く彼女の姿を通して、日本のジャーナリズムの本質をあぶり出す。望月氏が共同原案を務めた映画『新聞記者』に携った河村光庸が、企画・製作・エクゼクティヴプロデューサーを担当した。

■スタッフ
監督:森達也
企画・製作・エクゼクティブプロデューサー:河村光庸
監督補:小松原茂幸
編集:鈴尾啓太
音楽:MARTIN

☑映画詳細データ
製作国:日本
制作・配給:スターサンズ
技術:カラー
(新宿ピカデリーほか)

■キャスト(役名)
望月衣塑子





ジャンル: ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 影踏み 【11月15日公開】



■内容紹介
深夜の稲村家。女は夫に火を放とうとしている。忍び込みのプロ・真壁修一は侵入した夫婦の寝室で殺意を感じた―。直後に逮捕された真壁は、二年後、刑務所を出所してすぐ、稲村家の秘密を調べ始めた。だが、夫婦は離婚、事件は何も起こっていなかった。思い過ごしだったのか?母に焼き殺された弟の無念を重ね、真壁は女の行方を執拗に追った…。(「消息」より)

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1主人公は「ノビ師」と呼ばれる職業泥棒。異色ヒーローを横山秀夫が描いた話題作!  
横山作品としては異色の「泥棒小説」短編集。中耳、亡くなった双子の弟との会話に最初は違和感を覚えつつ、また次々に起こる事件の繋がりが偶然すぎるとは感じつつ、しかしテンポよくあっという間に読んでしまった。娯楽性あり。最初、主人公の真壁が死んだ弟と常に脳内会話をしているという設定に戸惑いもあったが、ノビ師になったきっかけも弟にあるのでこの設定は納得。 ただ、久子がとても気の毒。真壁がノビ師から足を洗って真人間になり、久子を守ってあげれば久能兄弟の兄のような人物に狙われることもないのになあと思った。親に焼かれて十九歳で死んだ双子の弟(泥棒)の声が聞こえるって……真宮寺是清……って思って軽く構えてましたが凄い泣けました。無理……兄弟愛がヤバい……弟の記憶力もヤバい。しかしこれは本格ミステリです。骨太で、他の作家さんじゃキャラ萌えに走っちゃいそうだけど、そんなことなく、余計な描写もなく淡々としてます。流石、横山先生。ハードボイルドすぎるよ……。亡き弟との会話は、並の小説ならファンタジーっぽくなるところだが、複雑な人間模様の中で、そんな感じは全くしない。しかも、どの作品も丁寧に緻密な仕掛けが施されて、読み応えたっぷりだった。主人公の不器用な生き方にイライラするが、それも魅力。小説だけで十分楽しめました。




■映画ストーリー
深夜に忍び込んで物を盗む「ノビ師」の真壁修一(山崎まさよし)は、ある日忍び込んだ先で偶然遭遇した事件をきっかけに逮捕されてしまう。2年後、刑期を終え出所した修一は、相棒の啓二(北村匠海)と共に事件の真相を求め行動を開始する。

★映画チェック★
『64-ロクヨン-』シリーズなどの原作者・横山秀夫の小説を、『月とキャベツ』で組んだ篠原哲雄監督とミュージシャンの山崎まさよし主演で映画化するドラマ。夜に盗みを働く主人公が、さまざまな事件に関わりながら生きる姿を描く。主題歌を主演の山崎が担当し、プロデューサーに谷口正晃監督作『時をかける少女』などの松岡周作が名を連ねる。

■スタッフ
監督:篠原哲雄
脚本:菅野友恵
原作:横山秀夫
プロデューサー:松岡周作
照明:才木勝
録音:田中靖志
撮影監督:上野彰吾
美術:野々垣聡
撮影:鶴崎直樹
編集:村上雅樹
主題歌:山崎まさよし

☑映画詳細データ
製作国:日本
企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会
上毛新聞:制作プロダクション/ドラゴンフライエンタテインメント
配給:東京テアトル
技術:カラー

■キャスト(役名)
山崎まさよし(真壁修一)
尾野真千子(安西久子)
北村匠海(啓二)
鶴見辰吾(馬淵昭信)
滝藤賢一(久能次朗)
中村ゆり(葉子)
竹原ピストル(吉川聡介)
中尾明慶(大室誠)
藤野涼子(回想の安西久子)
下條アトム(栗本三樹男)
根岸季衣(菅原春江)
大石吾朗
高田里穂
真田麻垂美(図書館にいた女)
田中要次(加藤)
大竹しのぶ(真壁直美)







ジャンル:青春
 殺さない彼と死なない彼女 【11月15日公開】



■内容紹介
Twitterに投稿した数々の作品が見る人の胸を打ち、たちまち話題となった新星・世紀末。思わずクスリと笑ってしまう愛嬌あるキャラクターと、深く海に潜った後に見上げる水面の太陽のような温かいメッセージ。眠れぬ夜に読みたい3つの恋愛物語「きゃぴ子」「君が代ちゃん」「殺さない彼と死なない彼女」を、ネットで公開しているものに新規エピソードをプラスして、全面描き直し。完全新作として単行本化しました。各エピソードそれぞれに結末がもたらされ、その内容は読んだ人の胸に深く突き刺さるに違いありません。彼女たちの物語を見届けてください。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1世界は変わらないけど、お前が死んだら俺は少し変わる。世紀末、デビュー作  
サイコキラーくんがさほどサイコじゃなく、泣ける本だとは(何故か右側しか涙が出てこなかったけど…)。好きな人がいること。好きだと伝えること。大切な人がいること。大切だと伝えること。今、生きているこの瞬間にしかできないことなのに、気づけずに失ってしまったものの多さ。苦しく響く言葉や哀しくて、孤独を感じる場面もあるのですが、読み終わった後には優しくて切ない涙で、心があったかいです。生きていてほしい、生きて。愛する存在に心から願うことです。こんなに泣くとは思いませんでした。 まさかあの場面がこうつながってるとも。 それぞれタイトルごとに終わるものだと。 製本とか売り方はうまいなとは思った。




■映画ストーリー
高校3年生の小坂れい(間宮祥太朗)は、退屈な学校生活を送っている。ある日彼は、教室でハチの死骸を埋葬しているクラスメートの鹿野なな(桜井日奈子)を見掛ける。リストカットを繰り返し「死にたい」が口癖の割には、死んだハチの命を重んじる彼女に小坂は興味を示し、鹿野も小坂に心を開く。やがて二人にとって一緒にいることが当たり前になる。

★映画チェック★
漫画家の世紀末がSNSで発表したコミックを原作にした青春ドラマ。心優しい女子とツンデレ男子の触れ合いを映し出す。メガホンを取るのは『ぼんとリンちゃん』『逆光の頃』などの小林啓一。『お前はまだグンマを知らない』シリーズや『全員死刑』などの間宮祥太朗、『ママレード・ボーイ』『ういらぶ。』などの桜井日奈子が主演を務める。

■スタッフ
監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末
音楽・主題歌:奥華子
製作:堀内大示/三宅容介/勝股英夫/矢野浩之/舛田淳
製作幹事代表:栗橋三木也/大熊一成
プロデューサー:今安玲子/大杉真美/大崎紀昌/原田博志
ラインプロデューサー:松嶋翔
撮影:野村昌平
プロダクションデザイナー:竹渕絢子
装飾:小森晴加
録音:日高成幸
衣裳:天野多恵
ビューティーディレクター:ビューティ★佐口
持ち道具:森下まりこ/大沼七海
助監督:田中綱一

☑映画詳細データ
製作国:日本
製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会
制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン
技術:カラー
(新宿バルト9ほか)

■キャスト(役名)
間宮祥太朗(小坂れい)
桜井日奈子(鹿野なな)
恒松祐里(宮定澄子(地味子))
堀田真由(堀田きゃぴ子)
箭内夢菜(大和撫子)
ゆうたろう(宮定八千代)
金子大地(イケメンくん)
中尾暢樹(サイコキラーくん)
佐藤玲(さっちゃん)
佐津川愛美(きゃぴ子の母)
森口瑤子(小坂の母)





ジャンル:ファンタジー
 小さい魔女とワルプルギスの夜 【11月15日公開】



■内容紹介
小さい魔女は、ちょっぴりそそっかしくて、負けずぎらい。年は127歳ですが、魔女の世界では「ひよっこ」で、一人前とは認めてもらえません。魔法もまだ修行中。しょっちゅう失敗していて、しゃべることのできるカラスのアブラクサスもあきれるくらいなのです。今日はワルプルギスの夜。ブロッケン山に大勢の魔女が集まって、踊り明かすのです。まだ参加は認められていないのに、小さい魔女は踊りの輪にまぎれこみます。しかし、いじわるな魔女に見つかってしまい、皆の前で、1年後には「いい魔女」になっていることを約束するはめになるのですが……。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 等身大の小気味よい魔女に乾杯!間違いなく大人でも楽しめます。 
魔女の世界はなかなかキビしい。大きな魔女たちはしたたかで、一筋縄ではいきません。一方、小さい魔女の魔法の腕前は……読んでいて思わず吹き出してしまうような失敗ばかりで、先が思いやられます。でも大丈夫。小さい魔女にはやってみたいことがいっぱいあるから、いつも前向きなのです。ちょっとドジだけど、けっしてめげない。そんな魔女に親近感を抱いてしまうのは、私だけではないはず!「いい魔女ってどんな魔女?」というところからスタートした小さい魔女が、四苦八苦しながら成長していく姿は読みごたえたっぷりです。自分の使える魔法で解決してあげられる悩みがたくさんあること、人助けをすることで、自分も喜びが得られるということに、小さい魔女は気づいていくのです。それにしても、小さい魔女が使う魔法のユニークなこと!本当に悪い奴はだれだ!的に、最後も終わり、とてもすらすら読めました。 さすが、名作。ホッツェンプロッツの作者だということも知らなかった〜。これは是非映画もみなくちゃ!!



■映画ストーリー
カラスと一緒に森に住んでいる“小さい魔女”(カロリーネ・ヘアフルト)は、いつか魔女たちの祭り“ワルプルギスの夜”に招かれることを願っていた。だが、参加が許されるのは“大きい魔女”のみで、127歳の未熟者の小さい魔女に招待状が届くはずもない。そこで彼女は、こっそり祭りに忍び込むが、ルンプンペルおばさんに見つかってしまう。しかし、大きい魔女の中でも頂点に君臨する魔女から、良い魔女のテストに合格したら参加してもいいといわれる。

★映画チェック★
児童文学作家オトフリート・プロイスラーの「小さい魔女」を映画化したファンタジー。半人前の魔女と相棒のカラスの成長が描かれる。監督はマイケル・シェーラー。主人公を『ブラッディ・パーティ』などのカロリーネ・ヘアフルトが演じ、ズザンネ・フォン・ボルソディ、アクセル・プラール(声の出演)らが共演。日本語吹き替え版では、魔女を坂本真綾、カラスを山寺宏一が担当する。

■スタッフ
監督・脚本:マイケル・シェーラー
原作:オトフリート・プロイスラー

☑映画詳細データ
英題:THE LITTLE WITCH
製作国:ドイツ/スイス
配給:ショウゲート
配給協力:イオンエンターテイメント
技術:カラー/5.1ch
(YEBISU GARDEN CINEMAほか)

■キャスト(役名)
カロリーネ・ヘアフルト(小さい魔女)
ズザンネ・フォン・ボルソディ(ルンプンペルおばさん)
(声の出演)
アクセル・プラール(アブラクサス)

日本語吹き替え
坂本真綾(小さい魔女)
山寺宏一(アブラクサス)





ジャンル:アニメ作品/スポーツ
 テニスの王子様 BEST GAMES!! 不二vs切原 【11月15日公開】



■内容紹介
首都圏の強豪16校が一堂に会した関東大会が開幕! ! 青学の初戦の相手は、都大会の5位決定戦を勝ち上がってきた跡部率いる氷帝! 今年と昨年の都大会覇者が繰り広げる、息を呑む試合展開…。これまで温存されていた氷帝レギュラー陣の実力が明らかになる! ! (1巻目内容)

【セット内容】
9784086195232 テニスの王子様 関東大会編 1
9784086195249 テニスの王子様 関東大会編 2
9784086195256 テニスの王子様 関東大会編 3
9784086195263 テニスの王子様 関東大会編 4
9784086195270 テニスの王子様 関東大会編 5
9784086195287 テニスの王子様 関東大会編 6
9784086195294 テニスの王子様 関東大会編 7
9784086195300 テニスの王子様 関東大会編 8




■映画ストーリー
関東大会の決勝。王者・立海大附属中学校に1勝2敗と負け越している青春学園中等部から、不二周助が出場する。一方、立海の切原赤也は部長の幸村精市の手術を見届けるため、13分で試合を終わらせると言い放つ。しかし切原は、優れた技術を持つ不二の隙のないプレーを前に焦りを募らせ、さらに越前リョーマとの試合でもよぎった自分の限界を感じ始める。

★映画チェック★
許斐剛の人気コミックに登場する名試合を再びアニメ化するシリーズの第3弾。関東大会の決勝戦で実現した、青春学園中等部の不二周助と立海大附属中学校の切原赤也の対戦が描かれる。ボイスキャストに不二役の甲斐田ゆき、切原役の森久保祥太郎らおなじみの声優たちが名を連ねた。監督は、シリーズ1、2作に続いて川口敬一郎が務める。

■スタッフ
原作:許斐剛
監督:川口敬一郎
シリーズ構成・脚本:広田光毅
キャラクターデザイン:石井明治
美術監督:森元茂
色彩設計:津守裕子
CGディレクター:平川典史
撮影監督:ひらのりゅうじ
編集:平木大輔
音響監督:平光琢也
音楽:渡部チェル
主題曲:Ayasa
エンディング:不二周助・切原赤也・越前リョーマ

☑映画詳細データ
製作国:日本
アニメーション制作:M.S.C/手塚プロダクション
制作:NAS
製作:新テニスの王子様プロジェクト
配給:松竹メディア事業部
技術:カラー

■声の出演
甲斐田ゆき(不二周助)
森久保祥太郎(切原赤也)
皆川純子(越前リョーマ)
置鮎龍太郎(手塚国光)
近藤孝行(大石秀一郎)
津田健次郎(乾貞治)
高橋広樹(菊丸英二)
川本成(河村隆)
小野坂昌也(桃城武)
喜安浩平(海堂薫)
永井幸子(幸村精市)
楠大典(真田弦一郎)
竹本英史(柳蓮二)
増田裕生(仁王雅治)
津田英佑(柳生比呂士)
高橋直純(丸井ブン太)
檜山修之(ジャッカル桑原)







ジャンル:ドラマ
 ベル・カント とらわれのアリア 【11月15日公開】



■内容紹介
南米のとある小国。副大統領邸では、日本企業の社長ホソカワの誕生パーティが開かれていた。特別ゲストの世界的オペラ歌手ロクサーヌが歌い終えた瞬間、武装したゲリラがなだれ込んでくる。副大統領邸は反政府組織に占拠されてしまったのだ。膠着状態が続くうち、ゲリラと人質の間には奇妙な絆が生まれ、彼らはその状況に幸せすら感じるようになるが…極限状態で生まれる心の交流を描く傑作。映画化原作。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1南米のとある国で公邸占拠事件が発生。
人質となった各界の要人たちと世界的オペラ歌手、ゲリラの少年少女たちの奇妙な交流を描く  

南米の小国、日本人実業家の誕生パーティーが行われていた副大統領邸宅をテロリストが急襲する…。 ある南米の副大統領公邸で起こったテロリストの立てこもり事件。各国の大使等が人質となっていて多言語媒介が必要な為、言語コミュニケーションの<可能性/不可能性>が、この作品のメインテーマだから。 しかし私が最も楽しんだのは、こうした異常な閉鎖空間そのものが日常性を帯びていく「仕掛け」だった。96年のペルー日本大使館人質事件を下敷きにした物語である。一応言っておくが「ダイハード1」のようなジャパン勘違いアクションではない。単に「ストックホルム症候群」という脳科学用語では片づけられないテロリストとの不思議な絆・愛を描いた文学作品。俺達は、特に日本人は、この事件の結末をよく覚えている筈。さぁ、あなたはこの残酷な物語に、人類の希望を見出せるだろうか。コミュニケーションのあり方、芸術の持つ力、そして人間の根源的な愛を問う、オレンジ小説賞、PEN/フォークナー賞受賞作。




■映画ストーリー
実業家ホソカワ(渡辺謙)の会社の工場誘致のためのパーティーが催されていた南米某国の副大統領邸に、テロリストが乱入し占拠する。人質になった各国の要人ら招待客の中には、世界的オペラ歌手のロクサーヌ・コス(ジュリアン・ムーア)もいた。テロリストと政府の交渉が平行線をたどる中、ロクサーヌの歌をきっかけに人質とテロリストの間に師弟のような関係性が芽生える。

★映画チェック★
1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件に着想を得たアン・パチェットの小説を映画化。南米国家の副大統領邸で、テロリストと人質との間に生まれる交流を描く。人質のオペラ歌手に『アリスのままで』などのジュリアン・ムーア、日本人実業家を渡辺謙が演じるほか、セバスチャン・コッホ、クリストファー・ランバート、加瀬亮らが共演。『アバウト・ア・ボーイ』などのポール・ワイツがメガホンを取った。

■スタッフ
監督・脚本:ポール・ワイツ
製作・脚本:アンソニー・ワイントラーブ
製作:キャロライン・バロン/リジー・フリードマン
撮影:トバイアス・デイタム
編集:スージー・エルミガー
美術:トンマーゾ・オルティーノ
キャスティング:アヴィ・カウフマン
衣装:キャサリン・ライリー
音楽:デヴィッド・マズリン
音楽監修:スーザン・ジェイコブス
原作:アン・パチェット

☑映画詳細データ
英題:BEL CANTO
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ/木下グループ
技術:カラー/シネマスコープ/5.1ch
(TOHOシネマズ日比谷ほか)

■キャスト(役名)
ジュリアン・ムーア(ロクサーヌ・コス)
渡辺謙(ホソカワ)
セバスチャン・コッホ(メスネル)
クリストファー・ランバート(ティボー)
加瀬亮(ゲン)
テノッチ・ウエルタ(ベンハミン指揮官)
ノエ・エルナンデス(アルフレド指揮官)
マリア・メルセデス・コロイ(カルメン)
イーサン・シンプソン(セサル)
ガボ・アウグスティーネ(イシュマエル)
ボビー・ロドリゲス(アルゲダス神父)





ジャンル:ホラー
 地獄少女 【11月15日公開】



2008年に発売した画集『地獄少女 イラストレーションズ 鏡花水月』に、 テレビアニメ第3期『三鼎』・4期『宵伽』で制作されたイラスト及び 遊技機用描き下ろしイラスト等、計30点の新規画稿を追加した改訂版画集!

掲載イラスト点数は全77点。
表紙はキャラクターデザイン・岡真里子氏による描き下ろしでお届けします!

『地獄少女』12年の歴史を彩り続けた艶麗なイラスト群――
その美しさを、余すことなくご堪能ください。




『地獄少女』のイラスト集が満を持して登場!
・表紙はキャラクターデザイン岡真里子描き下ろし!!
・『地獄少女』『地獄少女 二籠』のキービジュアル、アニメ誌イラストの他、DVD商品イラストなどの超美麗イラストを多数収録! 更に新作『地獄少女 三鼎』のイメージビジュアル&番組宣伝用ビジュアルも特別収録!!
・キャラクターデザイン岡真里子&閻魔あい役能登麻美子スペシャルインタビューも掲載!!




世間で、ある都市伝説めいた噂が流れていた。「午前零時にだけアクセス出来るWebサイト『地獄通信』に晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に流してくれる」。しかし、その噂は真実だった。 怨みを持った者が「地獄通信」に書き込んだ直後、依頼者の前にセーラー服を着た長い黒髪に赤い瞳をした地獄少女・閻魔あいが現れる。あいは依頼主に契約の証である藁人形を渡し、「人形の首にかかる赤い糸を解けば、契約は成立し、憎い相手は地獄へ流される」という。ただし、「その代償として自分自身も、死後は地獄で永遠に苦しむことになる」と告げるのであった。 依頼者は、その糸を解いて怨みを晴らすのか、それとも思い直して踏み留まるのか、葛藤の中で決断を迫られる。契約が執行される際には、閻魔あいに付き従う「三藁」の一目連、骨女、輪入道らが現世での罰を与え、最後に地獄少女により「地獄流し」が行われる。




恐怖の絶頂に、地獄少女はあらわれる--。閻魔(えんま)あい、復活!!--午前0時にだけアクセスできる、あるサイトに憎い相手の名まえを書きこむと、「地獄少女」があらわれて怨みを晴らしてくれる……。ウワサが消えゆく中、ついに復活した地獄少女・閻魔あい。それは希望か絶望か--?大人気「地獄少女」シリーズ、新章スタート!




■映画ストーリー
午前0時にだけ開くウェブサイト「地獄通信」に復讐(ふくしゅう)の代行を依頼すると、地獄少女と呼ばれる閻魔あい(玉城ティナ)が現れて実際に恨みを晴らすという都市伝説が、若者たちの間でささやかれていた。学校のグループに溶け込めない高校生の美保(森七菜)は、アーティストの魔鬼(藤田富)のライブで出会った遥(仁村紗和)と彼が募集するコーラスのオーディションを受ける。そして遥だけが合格するが、日に日に彼女の様子がおかしくなる。

★映画チェック★
アニメ、ライトノベル、ゲームなどさまざまなメディアで人気を博している「地獄少女」を実写映画化。ウェブサイトを通じて復讐(ふくしゅう)を依頼・遂行する少女たちの姿が描かれる。メガホンを取るのは『戦慄怪奇ファイル』シリーズなどの白石晃士。『わたしに××しなさい!』シリーズなどの玉城ティナ、ドラマ「過ちスクランブル」などの橋本マナミのほか麿赤児、大場美奈、波岡一喜、藤田富らが出演する。

■スタッフ
原案:わたなべひろし
原作:地獄少女プロジェクト
監督・脚本:白石晃士

☑映画詳細データ
製作国:日本
製作:映画『地獄少女』製作委員会
制作プロダクション:ダブル・フィールド
配給:ギャガ
技術:カラー

■キャスト(役名)
玉城ティナ(閻魔あい)
橋本マナミ(骨女)
楽駆(一目連)
麿赤児(輪入道)
森七菜(市川美保)
仁村紗和(南條遥)
大場美奈(御厨早苗)
森優作
片岡礼子
成田瑛基
藤田富(魔鬼)
波岡一喜(工藤)













関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック