FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(2019年メディアミックス作品)10月7日(月)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック[「シャーロック・ホームズ」シリーズ]

kage

2019/10/07 (Mon)

2019年秋ドラマ(10月~12月)
メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■10月7日(月)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック

10月7日(月)放送スタート!
┣アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 「シャーロック・ホームズ」シリーズ/アーサー・コナン・ドイル(著)



■ドラマタイトル:「シャーロック」

■放送日:10月7 日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54 


■原作/原案…原作:アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ

■スタッフ
脚本:井上由美子
演出:西谷弘
プロデューサー:太田大
主題歌:Shelly/DEAN FUJIOKA

E13-b043.gif
外部サイト:シャーロック
2019秋期ドラマ紹介 |2019年秋、月曜ドラマ『シャーロック』

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
誉獅子雄:ディーン・フジオカ
フリーランスの犯罪捜査専門コンサルタント。事務所は持たず、警察や個々のクライアントから舞い込んでくる調査依頼の中から、興味のあるものだけを選んで請け負っている。犯罪者になる心理や人間の原罪というものに幼い頃から強く魅せられていて、さまざまな不可解な事件や事象の謎を学生時代から解いてきた。その一方で、一歩間違えば自身も犯罪者になりかねないという衝動を抱える、天才かつ危険な男。

若宮潤一:岩田剛典
誉の相棒。都内の病院に勤務する精神科医で、冷静かつスマートな常識人。幼い頃からよい子の仮面をかぶってはいるが、本当は自分に自信がないナイーブな性格。ある事件を通じて知り合った誉に、最初は「横柄で失礼」とネガティブな印象を持つが、次第にその態度に心地よさを感じるようになり、同居生活を送ることに。

江藤礼二:佐々木蔵之介
誉に依頼を持ち込む、警視庁刑事部捜査一課の警部。誉との関係性は謎に包まれている。ノンキャリアながら比較的順調に出世してきたのは自分が有能だからだと思い込んでいるが、捜査能力は決して高くない。自分の手柄にするため誉に依頼しているが、誉の天才的な観察眼には一目置いている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
ディーン・フジオカが月9初主演! 岩田剛典が相棒役のミステリーエンターテインメント!  
----------------------------------------------------------------------------------------
世界中で読み継がれているミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作に、舞台を“令和の東京”に移して展開される痛快ミステリーエンターテインメント。原作のシャーロックに当たる誉獅子雄役でディーン・フジオカが月9初出演にして主演を務め、相棒・ワトソンに当たる若宮潤一を岩田剛典が演じる。また、レストレード警部にあたる足手まといな警部・江藤礼二に佐々木蔵之介が扮する。「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(同系)、「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系)の井上由美子が脚本を手掛け、演出とプロデュースは、「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」(同系)でもタッグを組んだ西谷弘と太田大がそれぞれ担当する。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
ミステリーの原点といえるホームズの全作品(長編4・短編56)を完全収録した決定版。 初版発表当時のイラストを使用。全巻、一流の翻訳者による新訳。読みやすく現代的でありながら、原作の味わいを十二分に伝える名訳ぞろいです。 セット内容 ・緋色の研究 著:コナン・ドイル / 訳:各務三郎 ・四つの署名 著:コナン・ドイル / 訳:中上守 ・バスカビル家の犬 著:コナン・ドイル / 訳:各務三郎 ・恐怖の谷 著:コナン・ドイル / 訳:内田庶 ・シャーロック=ホームズの冒険(上) 著:コナン・ドイル / 訳:中尾明 ・シャーロック=ホームズの冒険(下) 著:コナン・ドイル / 訳:平賀悦子 ・シャーロック=ホームズの思い出(上) 著:コナン・ドイル / 訳:沢田洋太郎 ・シャーロック=ホームズの思い出(下) 著:コナン・ドイル / 訳:大村美根子 ・シャーロック=ホームズの帰還(上) 著:コナン・ドイル / 訳:青木日出夫 ・シャーロック=ホームズの帰還(下) 著:コナン・ドイル / 訳:中上守 ・シャーロック=ホームズ 最後の挨拶(上) 著:コナン・ドイル / 訳:常盤新平 ・シャーロック=ホームズ 最後の挨拶(下) 著:コナン・ドイル / 訳:各務三郎 ・シャーロック=ホームズの事件簿(上) 著:コナン・ドイル / 訳:福島正実 ・シャーロック=ホームズの事件簿(下) 著:コナン・ドイル / 訳:矢野浩三郎 ・全14 巻 ・小学生高学年~一般向き ・20cm×14cm(四六判)

📚原作の感想
ミステリーの原点といえるホームズの全作品(長編4・短編56)を完全収録した決定版
Arikaアイコン(小)1名前だけなら知っている人も多いでしょう。シャーロック・ホームズは、ドラマにもなっています。14冊は、多いですが、1つ1つの話が違います。最初の話は、緋色の研究という話で、助手であるワトスンさんと出会うところからはじまります。 ホームズを読んでみたいけどどこから手をつければいいかわからない……と悩んでるなら思い切って全巻を大人買いも手です。素直に緋色の研究から読むと、物語の半分が犯人の回想でびっくり。長編小説を先にまとめているため1から順に読むと時系列がすこし入れ替わっています。私のように初めからがっつり全部読む予定の人は順に読んでも大丈夫ですが、ホームズを軽く知りたいなって人は5の『シャーロック・ホームズの冒険』からが短編集なのでそこから読んでみるといいです。シャーロックホームズは事件がなくて暇になると薬物注射するやばいやつ!ウイスキーが気付け薬になっていて何かと言うと飲ませてくる。引退後は養蜂を研究している。大げさな台詞回しが心地よい。シャーロック・ホームズという名前を知っている人も知らない人も謎解きに興味がある人、イギリス・ロンドンの町を知りたい人もそうでない人も、読み始めるとその場にいる感覚が楽しめる本です。ぜひ、手にとって全巻読んでみて下さい。

アーサー・コナン・ドイル
1859年5月22日 – 1930年7月7日)は、イギリスの作家、医師、政治活動家。
推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。とりわけ『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られ、現代のミステリ作品の基礎を築いた。SF分野では『失われた世界』、『毒ガス帯(英語版)』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『ホワイト・カンパニー(英語版)』やジェラール准将(英語版)シリーズなどを著している。
1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック