FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(2019年メディアミックス作品)10月21日(月)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック[ヤヌスの鏡]

kage

2019/10/21 (Mon)

2019年秋ドラマ(10月~12月)
メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■10月21日(月)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック

10月21日(月)放送スタート!
┣宮脇明子「ヤヌスの鏡」(集英社文庫<コミック版>)


ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 ヤヌスの鏡/宮脇明子(著)






■ドラマタイトル:「ヤヌスの鏡」

■放送日:10月21日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 24:55~25:25 


■原作/原案…原作:宮脇明子「ヤヌスの鏡」(集英社文庫<コミック版>)

■スタッフ
脚本:阿相クミコ/青木江梨花
演出:水田成英/佐藤さやか/おおはたしんじ
プロデューサー:清水一幸/郷田悠
主題歌:花と毒薬/桜井日奈子

E13-b043.gif
外部サイト:ヤヌスの鏡
2019秋期ドラマ紹介 |2019年秋、月曜ドラマ『ヤヌスの鏡』

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小沢裕美:桜井日奈子
厳しい祖母・貴子と、亡母の兄夫婦と共に暮らす高校生。貴子に物置に閉じ込められたことがきっかけで記憶がフラッシュバックし、優等生でおとなしい“ヒロミ”ではない、不良少女の“ユミ”という全く別の人格が顔を出してしまう。それ以降“ユミ”になるたび、ある目的のために夜の街へ繰り出す。

進東健一:白洲迅
裕美が通う高校の生徒会長。裕美の異変に誰よりも早く気付き、心配する。

堤達也:塩野瑛久
繁華街で出会ったユミに興味を持ち、次第に恋心を抱く不良少年。

東涼子:仁村紗和
ユミと敵対する不良グループのリーダー格。ユミの存在をうっとうしく思う。

阿部純:森マリア
裕美の同級生で親友。

甲本一成:萩原聖人
裕美が時計を直しに訪れる宝石店経営者。裕美の実父。

小沢貴子:国生さゆり
裕美の祖母。裕美の母で娘の由紀子に対するトラウマから、裕美を厳しく教育し、あらゆる自由を奪う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
34年ぶりの映像化! 優等生と不良少女の二面性を持つ女子高生役を桜井日奈子が熱演  
----------------------------------------------------------------------------------------
同名漫画を原作に1985年に同局でドラマ化され大きな話題となった作品を、桜井日奈子主演で再び映像化。厳格な家庭に育った高校生が、あるきっかけから全く別の人格を持つ不良少女に変貌してしまう姿を描く。主人公の小沢裕美に扮する桜井が、大人しい優等生・ヒロミと、夜の繁華街に現れる不良少女・ユミという正反対の人格を演じ分ける。裕美が通う高校の生徒会長に扮する白洲迅のほか、塩野瑛久、仁村紗和、森マリアらが共演。裕美の実父・甲本一成を萩原聖人、裕美を厳しくしつける祖母・小沢貴子を国生さゆりが演じる。ナレーションを担当するのは、前回のドラマで主演を務めた杉浦幸。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
生真面目でおとなしい少女「ヒロミ」。厳格な祖母に怯えて育った彼女の内には、恐ろしい別人格「ユミ」が棲んでいた!度々表に出て夜の街を騒がす「ユミ」。だが「ヒロミ」はその存在を知らない…戦慄のサイコ・サスペンス!!

📚原作の感想
ヒロミは多重人格!?悪に手をそめはじめたユミ。
人格解離の末…その鏡に映る最後に目覚めるのは?

Arikaアイコン(小)1人格解離を自分も他者も理解するのに、とてもおすすめ。美しく華やかな作画による、なかなか衝撃的に仕上がったピカレスク・コミックです。実母の死以来、祖母に抑圧された大人しい優等生のヒロミはある日子供の頃の鏡の中のともだち自由奔放なユミの事を思い出す。やがて身に覚えのないケガや、知らない人間達がかかわってくるようになり・・・。ヒロミと祖母の関係が妙にゆがんでいるだけじゃなくてヒロミ自身がイライラの元なので、どうしてもユミにスッキリ感を求めてしまいます。社会性を無視したやりたい放題は、世間のしがらみや人間関係でがんじがらめの現代人にはちょっぴりうらやましいというか「あたしの邪魔をするものは許さない」とか「あたしは服従するのがいやな人間なのよ」とか言えるもんなら言ってみたいです。その編み込んだ髪をほどいてゴージャスになびかせ活動する、奔放で怖いものなしのユミ。ユミの行動は次第にエスカレートし、周囲を巻き込んで様々な事件を巻き起こしていきます。3巻のラストは素晴らしいです。それでどうなるの???と思わせといて、でもどちらが目覚めたのかを明かしてしまうとそれはダメなのでしょうね。このドラマが単なる多重人格ものとして終わっていないのは、ユミの投げかける言葉の持つ魔力のようなもののためでしょう。夢についての言葉はもとより、人が誰かを知っているとはどういうことなのか、知っていると思っている誰かはほんとうはまったく違った人間なのではないか、そうした疑惑を大きく投げかけるものでもあるからです。


宮脇明子
1958年11月26日。漫画家。広島県三原市出身。女性。
代表作「ヤヌスの鏡」は連続ドラマにもなった。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック