FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(2019年メディアミックス作品)10月9日(水)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック[ミリオンジョー]

kage

2019/10/09 (Wed)

2019年秋ドラマ(10月~12月)
メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■10月9日(水)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック

10月9日(水)放送スタート!
┣十口了至・市丸いろは「ミリオンジョー」(講談社モーニングKC)



ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 ミリオンジョー/十口了至・市丸いろは

  

■ドラマタイトル:ドラマパラビ「ミリオンジョー」

■放送日:10月9日スタート 

テレビ東京系 毎週水曜 25:35~26:05 


■原作/原案…原作:十口了至・市丸いろは「ミリオンジョー」(講談社モーニングKC)

■スタッフ
脚本:政池洋佑
監督:榊英雄/柴田啓佑
プロデューサー:山鹿達也/松本拓/中野剛
主題歌:Edge of Days/Kis-My-Ft2

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマパラビ「ミリオンジョー」
2019秋期ドラマ紹介 |2019年秋、ドラマパラビ「ミリオンジョー」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
呉井聡市:北山宏光
「千道社」の漫画雑誌「週刊少年グローリー」の編集者。学生の頃に漫画家を目指し同社の新人漫画賞を受賞するも、オリジナリティーがないと評価され断念。同社就職後に、国民的大ヒット漫画「ミリオンジョー」の真加田恒夫を担当することになる。自分の才能のなさを認めたくないため、漫画家とは深い付き合いをしないようにしていたが、真加田の急死に直面する。

寺師良太:萩原聖人
真加田からの信頼も厚いチーフアシスタント。真加田の死に動揺し、呉井の常識外れの提案を受け入れ協力してしまう。実直で慎重な性格で、大ざっぱな呉井とぶつかることも。

森秋麻衣:今泉佑唯
「週刊少年グローリー」で連載を抱える新人漫画家。「ミリオンジョー」の大ファンで、真加田と結婚するために漫画家になったという、思い込みの激しい性格。かわいい見た目に反して、かなりの「ミリオンジョー」マニア。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
Kis-My-Ft2・北山宏光が主演! 国民的漫画のなりすまし連載に挑むサスペンス作品  
----------------------------------------------------------------------------------------
同名コミックを原作に、Kis-My-Ft2の北山宏光主演で連続ドラマ化。北山演じる、国民的大ヒット漫画「ミリオンジョー」を担当することとなったやる気のない二流漫画編集者・呉井聡市が、連載中に急死した作者・真加田恒夫の死を隠しつつ、萩原聖人演じるチーフアシスタント・寺師良太と共に、熱狂するファンの目を欺きながら連載を続けていく異色の物語。真加田の大ファンの新人漫画家・森秋麻衣役で今泉佑唯も出演する。監督は、俳優として活躍しつつも映画やドラマの演出を数多く手掛ける榊英雄と、「天 天和通りの快男児」(同系)の柴田啓佑。脚本は政池洋佑が担当する。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
【1巻】最新巻の初版部数が500万部を超えるなど、数々の記録を更新し続け、多くの人々に勇気・希望・興奮を与える少年漫画の金字塔『ミリオンジョー』。その作者・真加田恒夫が連載中に急死した――! 担当編集者の呉井は続きを楽しみに待つ読者のため、真加田の死を隠蔽し、自らが続きを描くことを決意する……!

【2巻】呉井達が真加田の遺した創作ノートを元に描き上げた『ミリオンジョー』成りすまし第1話は、雑誌の人気アンケートの票を大きく落とした! さらに『ミリオンジョー』の大ファン・森秋が真加田の影武者・佐藤に急接近!! 次々と襲いかかる計画露見の危機を呉井の大胆さで乗り越えられるのか!?

【3巻】『ミリオンジョー』を未完のままで終わらせるわけにはいかない! その一念で幾多の困難を乗り越え連載を続けてきた呉井だったが、計画の要であるメンバーに裏切られたことで、連載は続行不可能に。しかしそれでも呉井は最終回までのネームを描き続ける! その行為の果てに待つのは罰か、それとも……!?

📚原作の感想
大人気漫画の作者が最終回を描かずに途中で亡くなったら・・・
Arikaアイコン(小)1大人気漫画「ミリオンジョー」の作者が連載中に死亡したことにより、漫画家が残した創作ノートを頼りに編集者と作画チーフアシスタントが連載の継続を試みるさまを描く・・・って言うストーリー。超絶的人気を誇る連載漫画の作者が死んじゃったんだけど、編集者とチーフアシスタントが共謀してそのことを隠し、連載を続ける・・・というような話。現実にそんなことがあったら凄いと思いますけど、そういうリアルっぽさを演出できるのか、ギャグじみた展開に逃げちゃうことになるのか、微妙なところですね。最終的にネームを完成させて、罪を告白した主人公の晴れやかな顔、そして新たに書き出した自分だけの漫画、これらがこの陰湿で卑劣な犯罪行為全てを読者に許させて、読後感を清涼なものへと昇華していました。お見事と言う他無し、終わり良ければ全て良し。真加田には最終回まで描かせてあげたかった。最後の表情が良かった。本杉のセリフは熱くて良かった。心に響いた。あの姿勢こそプロフェッショナルだ。と、思うのです。3巻で終わるのも長過ぎず良いと思う。

原作:十口了至
本名:古屋雄作。
色んなものの作者です→ うんこドリル /人を怒らせる方法 /マグマイザー /神話戦士ギガゼウス /ノリアキ /ダイナミック通販 /スカイフィッシュの捕まえ方 / & ミリオンジョー

Twitter
古屋雄作@yusakufuruya

YouTubeチャンネル
古屋雄作(youtube.com/user/nasahodica)




漫画:市丸いろは
1980年生まれ。愛媛県出身。ちば賞受賞後、週刊モーニングにて『ミリオンジョー』(全3巻)で連載デビュー。


----------------------------------------------------------------------------------------
大人気漫画の作者が
最終回を描かずに途中で今、亡くなったらを想像してみた。

----------------------------------------------------------------------------------------



Arika注目1h私にとったら冨樫先生です。既刊36巻(2018年10月)と長期連載。考えたくも無いが恐ろしい事です。今『HUNTER×HUNTER』が終わったら、これ以上の生殺しはありません。『ミリオンジョー』の呉井くんの気持ちも分かりますが、やっぱり別人が描いたのは嫌です。先生腰痛大丈夫かな?本当に腰痛かな?さっさと再開してほしいけど無理して死なれたら最悪だし、私が生きてる間に終わってくれたらそれでいいやと思いつつも冨樫先生が生きてる間に先生の手で最終回をと願うばかりです。。そしてコミック1巻から最終巻までよおし読みしたいのです。各声優さんが現役のうちに3度目のアニメ化もしてほしいので、冨樫先生ヨロシクく(`・ω・´)ゞ



冨樫 義博
1966年4月27日生まれ。漫画家。妻は同じく漫画家の武内直子。弟の冨樫(冨樫秀昭)も漫画家。 1987年に『『週刊少年ジャンプ』Winter Special』に掲載された「とんだバースディプレゼント」でデビューし、1989年(平成元年)から『週刊少年ジャンプ』で開始した「てんで性悪キューピッド」で連載デビュー[1]。主に『週刊少年ジャンプ』で活躍。代表作『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』『レベルE』はいずれもテレビアニメ化され人気を博している。『幽☆遊☆白書』により1993年、第39回小学館漫画賞少年部門受賞。『週刊少年ジャンプ』誌上において『HUNTER×HUNTER』を不定期連載中。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック