FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(2019年メディアミックス作品)12月13日に映画公開される原作&コミック

kage

2019/12/13 (Fri)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(12月13日全国公開)

12月13日(金)公開
┣ジュマンジ ネクスト・レベル
┣映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!
┣映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか
┣カツベン!
┣屍人荘の殺人
┣ぼくらの7日間戦争


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:不条理
 ジュマンジ/ネクスト・レベル 【12月13日公開】



■内容紹介
ジュマンジ。

それは、退屈してじっとしていられない子どもたちのための、世にも奇妙なボードゲーム。

何も知らずに、軽い気持ちでゲームを手に取った姉弟の運命は……?

村上春樹訳で復刊!映画「ジュマンジ」原作絵本。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1日常に潜む不条理。現世(うつしよ)と地続きの異界  
「よくお聞きなさいね」ママがいいました。「パパとママはこれからオペラを見にいって、そのあとでお客さまを何人かお連れします。だから部屋をちらかしちゃだめよ」 お留守番で退屈した姉弟は…? ジュマンジは映画でしか見ていませんでした。原作が絵本であることを今回初めて知りました。訳が村上春樹。淡々と描かれていますが、ものすごい事が起こっている。解説書って大人でもあまり読まずに「こんな感じでしょ」ってやっちゃうけれど、その油断が引き起こすパニック。命が無事で良かった。子供たちの行動力と勇気に拍手を。これは読者の想像力がモノを言うと思いました。日常に潜む不条理。現世(うつしよ)と地続きの異界。ああ、これぞオールズバーグ☆ 見慣れない board game には くれぐれもご用心✩ 原作は短いながらもプロットがしっかりしてて、映画で膨らませたら面白そうです。作者のクリス・ヴァン・オールズバーグは脚本の草案を提供し、「ミステリーとシュールレアリズムの質を以て、映画を盛り上げたい」と語っている」です。




■映画ストーリー
ジュマンジをクリアして2年。大学生になったスペンサーは、破壊したジュマンジを修理しようとして再びゲームの中に吸い込まれる。ベサニーたちもジュマンジにログインするが、バグったゲームの世界ではキャラクターが入れ替わり、スペンサーの祖父たちもジュマンジの中に入ってしまう。そして新たに砂漠や氷山などのステージが追加されていた。

★映画チェック★
約20年振りの続編となった『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に続くアドベンチャーシリーズの第3弾。再びゲームの世界に入り込んだ4人の高校生に2人の老人が加わり、砂漠や雪山などから生還するためサバイバルを繰り広げる。出演はドウェイン・ジョンソンやジャック・ブラックら前作のキャストのほか、ダニー・デヴィート、ダニー・グローヴァーが共演。監督は前作のジェイク・カスダンが続投する。

■スタッフ
監督:ジェイク・カスダン

☑映画詳細データ
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
技術:カラー

■キャスト(役名)
ドウェイン・ジョンソン(スモルダー・ブレイブストーン)
ジャック・ブラック(シェリー・オベロン)
ケヴィン・ハート(ムース・フィンバー)
カレン・ギラン(ルビー・ラウンドハウス)
ニック・ジョナス(シープレーン)
ダニー・デヴィート(エディ)
ダニー・グローヴァー(マイロ)

日本語吹き替え版
木村良平(スペンサー)
M・A・O(ベサニー)
武内駿輔(フリッジ)
水瀬いのり(マーサ)
楠大典(スモルダー・ブレイブストーン)
高木渉(シェリー・オベロン)
伊藤健太郎(ムース・フィンバー)
白石涼子(ルビー・ラウンドハウス)
ファーストサマーウイカ(ミン・フリートフット)
加山雄三(マイロ)






ジャンル:クレイアニメ
 映画 ひつじのショーン UFOフィーバー! 【12月13日公開】





■内容紹介
NHKEテレで大人気のクレイアニメ『ひつじのショーン』から、楽しい絵本が登場しました!
かなり細かく描きこまれたかわいいイラストの中から、たった1匹の“ショーン”をさがしてください。
イラストの中にはひつじがいっぱい! “ショーン”だけの特徴、アタマにのった白い毛をたよりに、よ~く目を凝らしてさがしてくださいね。いたずら好きなショーンだけに、思わぬところに隠れていますよ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1大人も子供も楽しめる一冊。
動物たちのブサ可愛いのがいいね♪ 

『ひつじのショーン』は、世界的に有名なイギリスのストップモーション・アニメの絵本。土曜日の朝は高確率で、おさるのジョージと共にひつじのショーンを観ている。人形劇では、チェブラーシカと並ぶくらいに大好きだし、朗らかさに癒される。一つのストーリーを製作するのに膨大な時間と手間を費やしているのは想像に難くありません。絵本ですがテレビで見る感覚と変わりません。当たり前ですが、それぞれのキャラクターに名前があることが新鮮でした。

『えほん ひつじのショーンをさがせ!』は、ウォーリー形式の探せ本。中身はリアルな人形ではなく、カラーイラスト。実はショーンって頭にフワフワの毛が乗った子だったんだ…と初めて知る。太っちょのひつじ・シャーリーがぼんやりしたりご飯を掻き込んだりして可愛い。ショーン以外の羊さんが何をしてるのか、そういった点に注目しても楽しい。大人も子供も楽しめる一冊。






■映画ストーリー
モッシー・ボトム・ファームでは、ひつじのショーンが仕掛けるイタズラを、牧場主の飼い犬ビッツァーが阻止していた。ある日ショーンは、農場のそばに不時着した宇宙人と遭遇する。驚くどころか、奇想天外な冒険への期待に胸を膨らませるショーンは、邪悪な組織が宇宙人を捕獲しようとしていることを知り、宇宙人を守って帰還させようとする。

★映画チェック★
『ウォレスとグルミット』シリーズに登場するひつじを主人公にした『ひつじのショーン』の劇場版長編第2弾。牧場で暮らすひつじのショーンと仲間たちが、宇宙からの訪問者と遭遇する。監督のウィル・ベッカー、製作総指揮のニック・パーク、デヴィッド・スプロクストンをはじめ、プロデューサーのポール・キューリーら『ウォレスとグルミット』シリーズや『ひつじのショーン』シリーズのスタッフが集結した。

■スタッフ
監督:リチャード・フェラン/ウィル・ベッカー
脚本:ジョン・ブラウン
脚本・製作総指揮:マーク・バートン
プロデューサー:ポール・キューリー
製作総指揮:リチャード・スターザック/ピーター・ロード/ニック・パーク/デヴィッド・スプロクストン

☑映画詳細データ
製作国:イギリス/フランス
配給:東北新社/STAR CHANNEL MOVIES
製作:アードマン・アニメーションズ/スタジオ・カナル
技術:カラー






ジャンル:※アニメ/キッズ
 映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか 【12月13日公開】





■内容紹介
今度の映画は妖怪たちが人間に!?

2019年12月13日(金)全国公開の妖怪ウォッチの新作映画「妖怪学園Y 猫はHEROになれるか」が史上最速でコミック化!

舞台は、トップクラスの能力を有する者だけが入学を許される超エリート校「Y学園」。そこに入学した玉田マタロウは、入学早々、不思議な「怨霊」に取り憑かれてしまう。怨霊を追い払うには、力尽くで倒すしかないが、そこで力を貸してくれたのは、同じY学園の新入生、寺刃ジンペイと、小間サン太夫だった。でも、コイツらどこかで見たことあるような・・・?

変身あり、熱いバトルあり、もちろんギャグ満載の驚愕の新機軸ドタバタ妖怪冒険活劇!まんが版は、映画とはひと味違うオリジナルストーリーなので、映画を観てからも、観る前も一緒に楽しめる大長編!

【編集担当からのおすすめ情報】
これまでの妖怪ウォッチとはひと味もふた味も違う、妖怪ウォッチシリーズの完全新作!何が起きるかわからないドタバタストーリーは、笑いもバトルもてんこ盛りです。是非手にとって読んでください!





■映画ストーリー
トップクラスの能力者だけが入学できるY学園で、新たな選出基準「YSP」により選ばれた寺刃ジンペイ。学園の「不思議解明ミッション」を下されたジンペイたちは、さまざまな怪事件の解決に挑む。

★映画チェック★
ゲームやアニメ、漫画などで子供たちを中心に人気を博す「妖怪ウォッチ」劇場版シリーズの第6弾。赤髪の主人公と仲間たちが、謎を解き明かすために奔走する。製作総指揮・原案・脚本を『妖怪ウォッチ』シリーズなどに携ってきた日野晃博、テーマ曲を「UFO」「サウスポー」など数多くのヒット曲で知られるピンク・レディーが歌う。

■スタッフ
企画・原作:レベルファイブ
製作総指揮・原案・脚本:日野晃博
テーマ曲::ピンク・レディー
妖怪&キャラクターデザイン原案:長野拓造/田中美穂/板橋由里子
アートコンセプト:梁井信之
キャラクターデザイン:山田俊也
音響監督:はたしょう二
音楽:西郷憲一郎
監督:高橋滋春

☑映画詳細データ
製作国:日本
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト 2019
配給:東宝
技術:カラー

■声の出演
田村睦心(寺刃ジンペイ)
井上麻里奈(玉田マタロウ)
遠藤綾(小間サン太夫)
戸松遥(姫川フブキ)
増田俊樹(雷堂メラ)
小桜エツコ(モモ)
小野友樹(バケーラ)
日野聡(獅子黒カズマ)
竹達彩奈(大王路エマ)
関智一(臼見沢ハルヒコ)
木村佳乃(メドゥーサ)
渡部建(タベケン)





ジャンル:シネマ
 カツベン! 【12月13日公開】





■内容紹介
無声映画の時代、登場人物の台詞に声をあて、物語を説明しながら独自のしゃべりで観客を沸かせたのが活動弁士“カツベン”の存在だった。映画黎明期を駆け抜けた彼らをとりまく、恋あり、笑いあり、アクションありの極上エンターテインメント。(巻末対談・周防正行×片島章三)

【目次】
[第一巻]俊太郎少年、運命の人と出会う
[第二巻]俊太郎、稼業に精を出す
[第三巻]俊太郎、憧れの弁士と出会う
[第四巻]俊太郎、おおいにウケる
[第五巻]俊太郎、絶体絶命
[第六巻]俊太郎、七色の声で魅了する
[巻末対談]楽しさと活気あふれる『カツベン!』たちの物語

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1恋も、笑いも、アクションも、しゃべって観せましょう!
映画のはじまりを駆け抜けた暗闇のスーパースター「活動弁士」  

映画が「活動写真」と呼ばれ、サイレントでモノクロだった時代――登場人物の台詞に声をあて、物語を説明しながら独自のしゃべりで観客を沸かせたのが活動弁士〈カツベン〉の存在だった。映画黎明期を駆け抜けた彼らをとりまく、恋あり、笑いあり、アクションありの極上エンターテインメント。《巻末対談・周防正行×片島章三》。色々なキャラが立っているストーリーで、各々のバックボーンが描かれていて良かったです。








■映画ストーリー
偽の活動弁士として泥棒一味の片棒を担ぐ生活にウンザリしていた染谷俊太郎(成田凌)は一味から逃亡し、とある町の映画館にたどり着く。そこで働くことになった染谷は、今度こそ本当の活動弁士になることができるとワクワクするが、そこは館主夫妻(竹中直人、渡辺えり)をはじめ、スターを気取る弁士の茂木貴之(高良健吾)や酒好き弁士の山岡秋聲(永瀬正敏)などくせ者ばかりだった。

★映画チェック★
『それでもボクはやってない』などの周防正行監督が、映画が「活動写真」と呼ばれていた時代に独自のしゃべりで観客を沸かせた「活動弁士」を主人公に据えた青春活劇。約100年前を舞台に、活動弁士を目指す青年と彼を取り巻く人々を描く。主演を『ニワトリ★スター』などの成田凌、ヒロインを『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』などの黒島結菜が務める。共演には永瀬正敏、高良健吾、井上真央、竹中直人、小日向文世、竹野内豊らが名を連ねる。

■スタッフ
監督:周防正行

☑映画詳細データ
製作国:日本
配給:東映
技術:カラー

■キャスト(役名)
成田凌(染谷俊太郎)
黒島結菜(栗原梅子(沢井松子))
永瀬正敏(山岡秋聲)
高良健吾(茂木貴之)
音尾琢真(安田虎夫)
徳井優(定夫)
田口浩正(金造)
正名僕蔵(耕吉)
成河(浜本祐介)
森田甘路(内藤四郎)
酒井美紀(梅子の母親)
シャーロット・ケイト・フォックス(「南方のロマンス」のヒロイン)
上白石萌音(お宮)
城田優(アルマン)
草刈民代(マルギュリット)
山本耕史(牧野省三)
池松壮亮(二川文太郎)
竹中直人(青木富夫)
渡辺えり(青木豊子)
井上真央(橘琴江)
小日向文世(橘重蔵)
竹野内豊(木村忠義)





ジャンル:ミステリー
 屍人荘の殺人 【12月13日公開】



神紅大学ミステリ愛好会会長であり『名探偵』の明智恭介とその助手、葉村譲は、同じ大学に通うもう一人の名探偵、剣崎比留子と共に曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、ペンション紫湛荘を訪れる。初日の夜、彼らは想像だになかった事態に見舞われ荘内に籠城を余儀なくされるが、それは連続殺人の幕開けに過ぎなかった。たった一時間半で世界は一変した。数々のミステリランキングで1位に輝いた第27回鮎川哲也賞受賞作!




あと二日で、四人死ぬ――
閉ざされた“匣"の中で告げられた死の予言は成就するのか。
ミステリ界を席巻した『屍人荘の殺人』シリーズ待望の第二弾!


その日、“魔眼の匣"を九人が訪れた。人里離れた施設の孤独な主は予言者と恐れられる老女だ。彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた直後、予言が成就するがごとく一人が死に、閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。さらに客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し――。ミステリ界を席巻した『屍人荘の殺人』シリーズ第二弾。




「屍人荘」事件より遡ること約4ヶ月。待望の前日譚、登場!

神紅大学キャンパス内で起きた窃盗騒ぎ。被害に遭ったコスプレ研究部から、ミステリ愛好会会長・明智恭介の元に事件の調査依頼が持ち込まれる。前のめりに依頼を引き受ける明智に、新入会員の葉村譲は戸惑いつつも同行することに。部室棟に侵入した泥棒は、気絶した状態で発見され「もう一人の侵入者にやられた」と証言したという。泥棒が被害者? 神紅のホームズとワトソンは、奇妙な窃盗事件の真相にたどり着けるか?!




漫画:ミヨカワ 将✖原作:今村 昌弘

神紅大学三回生にして「神紅のホームズ」こと明智恭介は、神紅大学ミステリ愛好会会長である。ある日、明智は同じ大学の探偵少女・剣崎比留子の相談を受け、いわくつきの映画研究会の合宿に参加することになり…。話題のクローズドサークルミステリのコミカライズ!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1デビュー作にして5冠達成!
21世紀最高の大型新人による前代未聞のクローズド・サークル

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子とペンション紫湛荘を訪れる。しかし想像だにしなかった事態に見舞われ、一同は籠城を余儀なくされた。緊張と混乱の夜が明け、部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。それは連続殺人の幕開けだった!奇想と謎解きの驚異の融合。衝撃のデビュー作! 

謎を追い求めるミステリ好きの先輩、明智恭介と、同じくミステリ好きで明智の助手をしている主人公、葉村譲。2人は脅迫状が送られてきた映画研究部の合宿に、謎の美女剣崎比留子と共に参加することになる。ところが、そこで彼らは思いもよらない惨劇に見舞われるのだった……。本格ミステリ×ゾンビ!まさかのゾンビ物、まさかの初っ端探偵役と思っていた相方死亡 これらを匂わせないコマーシャル手法は皮肉ではなく凄い。そう来るのね… ミステリーとしてはなんというかまぁ順当な流れ。斬新な設定ですが、ゾンビだけで終わらない、ゾンビが出てきた後の方が楽しいミステリ小説です。人を選ぶのでしょうが、トリックの組み立てが完璧なので私は好き。でも、とても悲しい物語だった。もちろん犯人の動機が、というのはある。ただ、それよりも自分を悲しくさせたのは、明智さんの顛末だ。 物語はキャラが際立っている。明智さんも例には漏れず、目立っていた。 だが、物語序盤から明智さんは舞台から姿を消す。読んだ後は明智先輩のことばかり考えてしまう。私は、きっとどこかで復活すると信じていた。だが、頁をめくっても一向に出てくる気配がしない。どこかで隠れていて、葉村と剣崎を助けてくれる…その期待は、ついに叶わず、物語は幕を閉じた。 最後の方の比留子さんのセリフが好き。 班目機関が気になるので続編も読みたい。明智の犠牲を通過儀礼として、葉村と剣崎コンビの成長を今後も見届けたいと思う。






■映画ストーリー
ミステリー小説が大好きな大学生・葉村譲(神木隆之介)は、ミステリー愛好会の会長を務める明智恭介(中村倫也)に強制的に入会させられ、学内で起きる事件に首を突っ込む毎日を過ごしていた。ある日、同じ大学に通いながら私立探偵としても活躍している剣崎比留子(浜辺美波)が、犯行予告が届いた音楽フェス研究会の夏合宿に行こうと彼らを誘う。三人は山奥の合宿地・紫湛荘を訪れる。

★映画チェック★
第27回鮎川哲也賞、第18回本格ミステリ大賞に輝いた今村昌弘の小説を実写映画化。大学生たちが山奥のペンションで起こる連続殺人に挑む。メガホンを取るのは『ATARU』シリーズなどの木村ひさし。『フォルトゥナの瞳』などの神木隆之介が主演を務め、『君の膵臓をたべたい』などの浜辺美波、『星ガ丘ワンダーランド』などの中村倫也らが共演。

■スタッフ
原作:今村昌弘
監督:木村ひさし
脚本:蒔田光治
音楽:Tangerine House
主題歌:Perfume
製作:市川南
共同製作:千葉伸大/大西繁/弓矢政法/宮崎伸夫/広田勝己/森田圭/舛田淳/長谷川晋一/吉川英作/渡辺章仁/永田勝美/田中祐介
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
プロデューサー:臼井真之介
ラインプロデューサー:山本礼二
監督補:八木一介
撮影:葛西誉仁
美術:林田裕至/佐久嶋依里
照明:鈴木康介
装飾:高畠一朗
セットデザイン:郡司英雄
録音:西正義
VFXスーパーバイザー:小坂一順
ヘアメイク:内城千栄子
スタイリスト:望月恵
記録:河野ひでみ
編集:富永孝
音響効果:松井謙典
選曲:稲川壮
キャスティング:田端利江
助監督:日高貴士
制作担当:道上巧矢
プロダクション統括:佐藤毅

☑映画詳細データ
製作国:日本
製作:「屍人荘の殺人」製作委員会
製作プロダクション:東宝映画/ドラゴンフライエンタテインメント
配給:東宝
技術:カラー
(全国東宝系)

■キャスト(役名)
神木隆之介(葉村譲)
浜辺美波(剣崎比留子)
葉山奨之(進藤歩)
矢本悠馬(重元充)
佐久間由衣(名張純江)
山田杏奈(静原美冬)
大関れいか(下松孝子)
福本莉子(星川麗花)
塚地武雅(出目飛雄)
ふせえり(高木凛)
池田鉄洋(菅野唯人)
古川雄輝(立浪波流)
柄本時生(七宮兼光)
中村倫也(明智恭介)




ジャンル:アニメ作品
 ぼくらの7日間戦争 【12月13日公開】









■内容紹介
ぼくらは大人たちに叛乱を起こす! シリーズ最高傑作! 

1年2組の男子生徒が全員、姿を消した。河川敷にある工場跡に立てこもり、体面ばかりを気にする教師や親、大人たちへ“叛乱”を起こす! 何世代にもわたり読み継がれてきた不朽のシリーズ最高傑作。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1おれたちだって戦えるさ。大人たちへの反乱開始! 
昭和60年に初版が刊行されている。今から30年以上前であるが、大人対子どもの構図は変わっていない。大人は、子どもを、大人の都合のいい子どもにし、管理したいと願う。子どもがそれに反発するのは、当然の結果。《1年2組男子全員が突如近所の廃墟を解放区として占拠、大人達への徹底抗戦を始める。女子達やホームレスの力も借り、様々なテクを駆使して先公、親、メディア、ポリ公、役所、誘拐犯を追い詰める》大人への反抗、なんと甘美。しかも勧善懲悪で読み終わってスカッとした。手の内をバラして心配になったが杞憂だった。持久戦の時点で限界は来るわけだが、胃袋に関わる種々雑多な欲に塗れた大人が、大人からの解放を目指して一枚岩の結束を固める子供達に敵うわけない。解放区を作った中学生クラスメート全員。言葉づかいはおいておいて、少なからず今の高学年以上の子たちの心の中を代弁しているんだろうな。30年前の話だがあらゆる要素を今に置き換え可能でいつまでも楽しめる。

角川文庫カドフェア2019:青春いっぱい!❺|🎬メディア・ミックス作品(ぼくらの七日間戦争)






■映画ストーリー
いつも本を読んでいる鈴原守は、隣に住む幼なじみの千代野綾に思いを寄せていた。ある日、綾が1週間後に東京に引っ越すことがわかる。17歳の誕生日をこの街で迎えたかったという綾の本音を聞いた守は、彼女と駆け落ちしようとする。そこに綾の親友の山咲香織や人気者の緒形壮馬たちが加わり、みんなで古い工場に隠れることになる。

★映画チェック★
1985年に刊行された宗田理のベストセラー小説シリーズ第1作を原作に、舞台を2020年に移して描かれるアニメーション。ある高校生が、幼なじみの引っ越しが決まったことをきっかけに行動を起こす。監督をアニメシリーズ「ドリフェス!」などの村野佑太、脚本を『コードギアス』『甲鉄城のカバネリ』シリーズなどの大河内一楼が担当する。

■スタッフ
原作:宗田理
監督:村野佑太
脚本:大河内一楼
キャラクター原案:けーしん
キャラクターデザイン・総作画監督:清水洋
総作画監督:西岡夕樹
場面設計:関根昌之
美術監督:栗林大貴
色彩設計:広瀬いづみ
撮影監督:木村俊也
音響監督:菊田浩巳
音楽:市川淳

☑映画詳細データ
製作国:日本
制作:亜細亜堂
配給:ギャガ/KADOKAWA
製作:ぼくらの7日間戦争製作委員会
技術:カラー

■声の出演
北村匠海(鈴原守)
芳根京子(千代野綾)
宮沢りえ(中山ひとみ)
潘めぐみ(山咲香織)
鈴木達央(緒形壮馬)
大塚剛央(本庄博人)
道井悠(阿久津紗希)
小市眞琴(マレット)
櫻井孝宏(本多政彦)
宮本充(香織の父)
関智一(入国管理官)
中尾隆聖(大物政治家)



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック