FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2020年冬、真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

kage

2020/03/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月11日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 24:00~24:30

 真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:きらたかし「ハイポジ」(双葉社)
脚本:開沼豊
監督:平林克理/茂木克仁/松下洋平
プロデューサー:金岡英司/岡本宏毅/宇田川寧/加藤千穂
主題歌:FINE MAN ART/SAKANAMON

E13-b043.gif
外部サイト:真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天野光彦:今井悠貴
1986年、16歳の高校生。体は若いが、心は30年後からタイムスリップしてきた46歳の光彦。かつては経験できなかったことばかりの“2度目の青春”を謳歌するが、さつきと幸子との間で戸惑う。

天野光彦:柳憂怜
会社をリストラされ、離婚危機に直面している46歳。ある日、風俗店で頭を打ち、魂だけ16歳の自分にタイムスリップしてしまう。

小沢さつき:黒崎レイナ
光彦の高校時代の同級生で、初恋の相手。現在の光彦にとって忘れられない存在。16歳。

司幸子:鈴木絢音
光彦と同じ高校の生徒で、16歳。後に光彦の妻となるが、高校時代は会話したこともなかった。

司幸子:いしのようこ
光彦の46歳になる妻。離婚の危機にある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
今井悠貴が中身は46歳の高校生役に。1980年代カルチャー満載の青春ドラマ! 
原作は「漫画アクション」連載の同名コミック。会社をリストラされ、離婚危機にあり、お先真っ暗な46歳の主人公がタイムスリップして、16歳の高校生となり2度目の高校生活を謳歌していくさまを描き出す。1980年代の流行や文化、音楽などを盛り込み、この時代を知っている世代は懐かしく、知らない世代も青春の切なさを感じられる恋愛ドラマ。

16歳の天野光彦役を務める今井悠貴が、体は16歳だが魂は46歳という難役に挑む。46歳の光彦には柳憂怜が扮し、タイムスリップした先でも、16歳の光彦の心の声となって登場する。そのほか、黒崎レイナ、乃木坂46・鈴木絢音、いしのようこらが共演する。



2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月11日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
会社をリストラされ、離婚も秒読みという状況にある46歳の天野光彦(柳憂怜)。そんな中、光彦は風俗店で頭を打って、1986年の16歳だった頃にタイムスリップしてしまう。高校生に戻った光彦は、心は46歳のまま、初恋の相手・小沢さつき(黒崎レイナ)や、高校時代には話したこともなかったが、後に妻となる司幸子(鈴木絢音)との間で戸惑いつつも、不良ともめたり、大人の遊びを覚えたりと、かつては経験しなかったことばかりの“2度目の青春”を謳歌していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月11日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/1/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
会社をリストラされ、妻・幸子(いしのようこ)との離婚も秒読みの光彦(柳憂怜)は風俗店で滑って頭を打ち意識不明に。気付くと魂は46歳のまま、体は16歳(今井悠貴)になっていた。1986年の高校時代に戻った光彦は初恋の同級生・さつき(黒崎レイナ)や妻となる幸子(鈴木絢音)に遭遇。夢だと思うが、不良に殴られた痛さに生きていることを実感し、人生をやり直そうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月14日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/1/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
魂は46歳(柳憂怜)のまま、16歳の体(今井悠貴)の中にタイムスリップした光彦は、不良に絡まれ、さつき(黒崎レイナ)に助けられる。その後、実家で母(杉山薫)や姉(野崎智子)、弟(清水大登)と再会。懐かしむ光彦だが、現在の幸子(いしのようこ)や娘・美憂(岡田佑里乃)のことを考えると気持ちも沈む。翌日、高校生だった当時は話したこともなかった幸子(鈴木絢音)とぶつかり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月19日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/1/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
未来の妻・幸子(鈴木絢音)を2回も呼び捨てにしてしまった光彦(今井悠貴)は、彼女の親友・丸尾(めがね)から好きなら告白しろと詰め寄られる。放課後には、昨日絡んできたラブ高こと愛田高校の不良達が光彦とさつき(黒崎レイナ)を待ち伏せしていた。裏から逃げようと提案した光彦に対し、さつきは挑戦を受けると言う。それを聞いた光彦は、1人で不良達に立ち向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月1日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/2/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ラブ高の不良に「10万円持ってこい」と脅された光彦(今井悠貴)が姉・靖子(野崎智子)に相談すると、靖子の恋人が助けてくれることに。当の下妻(山中崇)はブランド服に身を包み、靖子よりずいぶん年上の‘バブル感’漂う男だった。光彦は下妻と不良達のたまり場の喫茶店へ向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月8日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/2/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2度目の青春に浮かれる光彦(今井悠貴)は靖子(野崎智子)から、下妻(山中崇)に借りた金はアルバイトをしてでも返すよう念を押される。休日、喫茶店で「アルバイト募集」の張り紙を見つけて店内をうかがうと、さつき(黒崎レイナ)がいた。そこは祖母の店で、体調が良くないときは手伝っているのだという。光彦はさつきが作ったオムライスを食べながら、ある決心をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月15日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/2/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光彦(今井悠貴)はさつき(黒崎レイナ)の祖母・あき子(小柳友貴美)の喫茶店でアルバイトを始める。帰途、下妻(山中崇)にカラオケスナックへ連れて行かれた光彦は、元の自分(柳憂怜)と同じ46歳の人妻・英美(島田桃依)と盛り上がる。だが、英美の「毎日がつまらなくて」という言葉を聞いて結婚生活を思い出し、幸子(いしのようこ)とまともに向き合わなかった自分を悔やむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月19日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/2/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光彦(今井悠貴)はさつき(黒崎レイナ)とデートの約束をして、有頂天。一方、馬場(伊島空)と丸尾(めがね)の策略で、光彦は幸子(鈴木絢音)とダブルデートをすることに。当日は光彦がセレクトしたカセットテープの曲を2人で聴いたり、幸子が作った弁当を食べたり、楽しく過ごすが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月24日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/2/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸子(鈴木絢音)に続きさつき(黒崎レイナ)とも初デートをした光彦(今井悠貴)。帰宅すると、単身赴任中の父・憲夫(柳憂怜)の声が食卓から聞こえてきた。亡き憲夫は46歳の光彦(柳=2役)とよく似ている。父親と話すうち、光彦は2度目の人生こそ思った通りに生きようと決意する。休日、幸子がいきなり訪ねてきた。その笑顔に、光彦は結婚した幸子(いしのようこ)のことを考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月2日更新】
■ あらすじ(第9話  2020/3/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
さつき(黒崎レイナ)から彼女の祖母・あき子(小柳友貴美)が倒れたという知らせを受け、光彦(今井悠貴)も病院へ。そして、さつきのことを支えたいと改めて決意した光彦は、学校にいても彼女のことが気になって仕方がない。そんな中、さつきが走って来る姿を教室の窓から見た光彦は、思わずその場を飛び出す。その様子を見ていた幸子(鈴木絢音)が光彦の後を追い掛けて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月9日更新】
■ あらすじ(第10話  2020/3/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸子(鈴木絢音)に恋人ができたと聞き、ショックを受けた光彦(今井悠貴)だが、さつき(黒崎レイナ)からは「光彦が幸子を見ているのが嫌だった」と嫉妬めいたことを言われ有頂天に。文化祭の準備をしていても、さつきのことばかり目で追ってしまう。2人で文化祭の買い出しに行った帰途、光彦は自分の気持ちを正直に伝えようとして、タイムスリップの件を口にしてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月16日更新】
■ あらすじ(第11話  2020/3/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ラブ高生に殴られながらも、何とかさつき(黒崎レイナ)を守った光彦(今井悠貴)は、ボロボロになって帰宅。頭痛に見舞われ目を閉じると、幸子(いしのようこ)と結婚していた「現代」に戻っていた。しかし、そこは娘・美憂(岡田佑里乃)がいない世界。はっとして目覚めた光彦を、再び頭痛が襲う。一方、さつきは光彦からタイムスリップしてきたと言われたことが気になる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月22日更新】
■ あらすじ(第12話  2020/3/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
光彦(柳憂怜)は病院で目覚め、目の前の幸子(いしのようこ)と美憂(岡田佑里乃)に抱きつこうとして、突き放される。現実に戻った光彦は、タイムスリップは夢だったのかと思いつつも、さつき(黒崎レイナ)のことが気になり、彼女の祖母の喫茶店へ。すると、そこはコインパーキングになっていた。離婚後、介護士の勉強を始めた光彦は、ヘルパー募集の張り紙を見つけて…。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック