FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

2020年冬、土曜ドラマ『心の傷を癒(いや)すということ』

kage

2020/02/08 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月18日スタート 

NHK総合 毎週土曜 21:00~21:50(全4回)

 心の傷を癒(いや)すということ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:桑原亮子
演出:安達もじり/松岡一史/中泉慧
プロデューサー:京田光広/堀之内礼二郎/橋本果奈

E13-b043.gif
外部サイト:心の傷を癒(いや)すということ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
安和隆:柄本佑
精神科医。ジャズピアノはプロ級の腕前。レコードと読書をこよなく愛する“はにかみ屋”。阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走する。

安終子:尾野真千子
和隆の妻。在日韓国人として和隆と悩みを分かち合い、明るく支える。

湯浅浩二:濱田岳
和隆の学生時代からの親友。医大に進み、和隆とジャズバンドを結成する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
柄本佑が被災者の“心のケア”に奔走する若き精神科医に扮するヒューマンドラマ! 
阪神・淡路大震災発生時、被災者の“心のケア”に奔走した若き精神科医・安克昌が懸命に生きた証をつづるヒューマンドラマ。志半ばでこの世を去った安氏の遺族への取材で得た事実を基に、名称などを変えてオリジナルストーリーとして紡ぐ。

主人公となる精神科医・安和隆を演じるのは柄本佑。妻・終子を尾野真千子、和隆の親友・湯浅浩二を濱田岳、和隆の兄・智明を同局ドラマ初出演となる森山直太朗が演じるなど、豪華キャストが共演する。

険しい道を共に歩んだ妻との“夫婦の絆”とともに、手探りながらも多くの被災者に寄り添い続けた日々の中で、日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となった医師の姿を追う。


2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月11日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
ジャズピアノと読書を愛する安和隆(柄本佑)は、幼い時に両親が韓国生まれと知って以来、自分が何者なのか模索していた。やがて、親友の湯浅浩二(濱田岳)と同じ大学の医学部に進んで青春を謳歌。映画をきっかけに出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちる。大学では、精神科医の永野教授(近藤正臣)の影響で精神科の道を志すものの、父・哲圭(石橋凌)からは猛反対を受ける。そんな和隆が暮らす神戸の町を、1995年1月、大地震が襲う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月18日更新】
■ あらすじ(第1話「神戸、青春の街」 2020/1/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ジャズピアノと読書を愛する安和隆(柄本佑)は、幼い時に両親が韓国生まれと知って以来、自分が何者なのか模索していた。やがて親友の湯浅(濱田岳)と同じ大学の医学部に進み青春をおう歌。映画をきっかけに出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちる。大学では精神科医の永野教授(近藤正臣)の影響で精神科の道を志すものの、父・哲圭(石橋凌)からは猛反対を受け……。そんな和隆が暮らす神戸の街を、1995年1月、大地震が襲う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月19日更新】
■ あらすじ(第2話「僕たちの仕事」 2020/1/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大地震が起きてすぐ勤務先の病院へ向かった和隆(柄本佑)は、自分の無力さを痛感。精神科医として自分にできることは何かを模索する。そんな中、旧知の新聞記者・谷村(趙泯和)から「被災地の状況を内側から書いてほしい」とコラムの連載を依頼される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月1日更新】
■ あらすじ(第3話「見えない命綱」 2020/2/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
震災から2か月。急速に街の再建設が進んでいく神戸。その一方で、多くの被災者が復興から取り残されていた。心の傷に苦しむ人々に寄り添い続ける安和隆(柄本佑)の前に、精神疾患を抱えた患者・片岡心愛(清水くるみ)が現れる。診察の結果、片岡の中には複数の人格が同居していることがわかる。治療に全力を尽くす和隆だったが、父・哲圭(石橋凌)の事業が破綻したことを知り…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月8日更新】
■ あらすじ(第4話「残された光」 2020/2/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
震災から5年がたち、神戸の街は徐々に復興を遂げつつあった。新しい病院に移り、精神科医として理想の医療に燃える安和隆(柄本佑)。そんな中、和隆にがんが発覚する。仕事を中断して治療に専念するか、病を抱えながらも患者に向かい続けるか、選択を迫られる。自然治癒率は500分の1。幼い二人の子どもを抱えながら、身重の妻・終子(尾野真千子)と共に有効な治療法を探す和隆は、ついに「心のケア」の本質にたどり着く…。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック