FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2020年冬、プレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』

kage

2020/01/26 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月5日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「贋作 男はつらいよ」 

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山田洋次
脚本:山田洋次/朝原雄三
演出:朝原雄三/石川勝己
プロデューサー:岡村紘野
制作統括:内藤愼介/斎藤寛之/高橋練

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 贋作 男はつらいよ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
車寅次郎:桂雀々
東大阪の石切参道にある老舗の甘味処「くるまや」の後継だったが、亡父の三十三回忌にふらりと帰ってきて、平穏そのものだった「くるまや」の日常を一変させる。学生時代に親を亡くし、叔父の竜造夫婦に妹のさくらを預かってもらうため、自分まで世話になっては迷惑をかけると家を出て以来35年、家に帰らずフーテン暮らしをしていた。

諏訪さくら:常盤貴子
寅次郎の妹。小学校の頃に両親を亡くし、家を出て行ったもまま連絡もない寅次郎をずっと待っていた心優しい女性。叔父の竜造夫婦に育てられ、自宅裏の印刷工場で働いていた博と結婚。息子の満男が生まれる。「くるまや」で竜造らを手伝っている。

車竜造:綾田俊樹
寅次郎の叔父で、「くるまや」6代目主人。兄・平造の死後に店を引き継ぎ、夫婦でさくらを引き取り育て上げた。「アホやなぁ」と言いながらも、寅次郎のことを温かい目で見守る。

車つね:松寺千恵美
寅次郎の叔母。昔ながらの関西の元気なおばちゃん。竜造と一緒に「くるまや」を支え、さくらを育ててきた。感情豊かで、実の母親のように寅次郎に愛情を注ぐ。

諏訪博:北山雅康
さくらの夫。「くるまや」の裏にある印刷工場で働く。さくらとは恋愛結婚。寅次郎に対しては「お兄さん」と呼び、謙虚な態度で接する唯一の存在。

住職:笹野高史
「くるまや」をはじめ、石切の人々から親しみを持たれているお寺の住職。人格者で、幼い頃からの寅次郎を知るよき理解者。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山田洋次による“贋作”で、大阪に寅さんがよみがえる。桂雀々が関西弁の寅さんに 
山田洋次監督、渥美清主演の人気映画シリーズ「男はつらいよ」が、舞台を大阪に変えて現代によみがえる。主人公のフーテンの寅さんこと車寅次郎を演じるのは、関西の落語家・桂雀々。寅さんに扮して注目を集めた落語会「桂はつらいよ」で、その風貌が寅さんに似ていることから、山田監督自らが新しい寅さん像を着想した。

常盤貴子演じる寅さんの妹・諏訪さくらのほか、綾田俊樹、松寺千恵美、北山雅康、笹野高史らが出演し、全員大阪弁で話す上に現代の設定に置き換えられた物語が展開する。原作と共同脚本を山田監督自ら手掛け、「贋作」をうたいつつ、本物の本物による「贋作」であることが一番の見どころ。



2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
秋の観光シーズンを迎える神奈川・箱根の旅館で、高見歌子(松下奈緒)ら関西から来た女性3人組を部屋に案内する寅次郎(桂雀々)。地元が大阪という共通の話題から関西の話題で盛り上がり、寅次郎は歌子たちの帰りの弁当代まで出してしまう。たった一人の妹・さくら(常盤貴子)を残して家を出てから30年以上経つが、この出会いによって寅次郎の胸に里心が芽生える。

所変わって、東大阪市・石切神社の参道にある甘味処「くるまや」では、平穏な日常の日々が流れていた。ある日、法事を執り行っていた「くるまや」に、風変わりな人物が現れる。いぶかしがる一同をよそに、寅次郎が久しぶりに大阪に帰ってきたのだ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月5日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/1/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秋の観光シーズンを迎える神奈川・箱根の旅館で、関西から来た歌子(松下奈緒)たち3人組を部屋に案内する寅次郎(桂雀々)。地元が大阪という共通の話題から、みんなで大いに盛り上がる。父親と大げんかをして家を出てから、たった1人の妹・さくら(常盤貴子)を残して30年以上経つ寅次郎だったが、歌子との出会いで里心が芽生える。そんなある日、法事を執り行っていた石切神社の参道にある甘味処「くるまや」に、寅次郎が帰ってくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月11日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/1/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大阪に戻った寅次郎(桂雀々)が石切神社を参って家に帰ると、神奈川・箱根で会った歌子(松下奈緒)が訪ねてくる。寅次郎や妹・さくら(常盤貴子)は歌子をもてなし楽しい時を過ごす。笑顔で帰った歌子だが、実は悩みを抱えていた。後日、歌子が「くるまや」を再訪するが、寅次郎は不在で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月15日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/1/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大阪の新世界で飲んでいた寅次郎(桂雀々)は、1人で酒を飲むみすぼらしい着物姿の老人(田中泯)と遭遇。老人は財布を落として支払いができず、警察に通報されそうになっていた。寅次郎は代わりに飲食代を支払い、老人を連れ帰る。やがて老人が京都に住む有名画家・池内青観だと判明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月24日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/1/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
久しぶりに大阪・石切に帰ってきた寅次郎(桂雀々)だが、再び旅に出ようとしていた。そこに、画家・青観(田中泯)と寅次郎の共通の知り合いである京都の芸者・ぼたん(田畑智子)がやって来る。明るい性格のぼたんの来訪で、くるまやは一層にぎやかに。実はぼたんは大金をだまし取られ、それを返してもらおうと大阪に来たという。寅次郎はぼたんのために立ち上がる。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック