FC2ブログ
2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

2020年冬、ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

kage

2020/03/09 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月20日スタート 

テレビ東京系 毎週月曜 22:00~22:54

 ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:山本むつみ
監督:宮脇亮/清弘誠
プロデューサー:浅野太/稲田秀樹/松本拓/志村彰/木村綾乃
主題歌:LIFE/久保田利伸

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
有原修平:小泉孝太郎
有原総合病院院長。東京の大学病院での輝かしいキャリアを捨て、病院は患者のためにあるべきだという信念のもと、病院再建に向けて奮闘する。時に「暴走特急」と呼ばれるほどの情熱の持ち主。

倉嶋亮介:高嶋政伸
信甲斐銀行融資部次長。真面目で実直な性格で、家庭を大切にする優しい男。修平とタッグを組み、病院改革を進めていく。

有原志保:小西真奈美
修平の妻。編集デザイナーの仕事をしながら、修平をしっかりと支えていく。

兵藤悦子:浅田美代子
有原総合病院の看護部長。修平を姉のような立場で見守り、応援する。

米田正光:中村雅俊
信甲斐銀行副頭取。修平と倉嶋のよき理解者として寄り添うが、時には一流銀行マンとしての冷徹さものぞかせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
実話をベースに小泉孝太郎主演でドラマ化。経営難の病院の復活を描く新しい医療ドラマ 
スピードスケートの小平奈緒選手が所属する病院が、かつて多額の借金を抱え倒産危機にひんしていたところから、奇跡の復活を遂げたという実話をベースにした連続ドラマ。地方ならではのしがらみや既得権益をバッサリと切っていく院長の揺るぎない姿を描く、これまでの医療ドラマとは一味違った、病院経営というビジネス目線を加えたストーリーが展開する。

ドラマBiz枠では初主演となる小泉孝太郎が、輝かしいキャリアを捨てて実家の病院再建のため奮闘する主人公・有原修平を演じる。そのほか、高嶋政伸、小西真奈美、浅田美代子、中村雅俊らが脇を固める。


2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月14日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
東京の大学病院でキャリアを積んでいた有原修平(小泉孝太郎)は、父・正太郎が倒れたという知らせを受け、実家の有原総合病院に駆け付ける。その後、院長に就任することになった修平だが、そこで目にしたのはひどい現場体制。患者のためではなく、自分たちの思い通りの仕事をしたいがために取り組んでいる状況だった。
しかも、病院は多額の借金を抱えていて倒産寸前。修平は、病院は患者のためにあるべきだという信念のもと、信甲斐銀行融資部次長の倉嶋亮介(高嶋政伸)と共に、経営再建に挑むことを決意する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月14日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大学准教授で医師の修平(小泉孝太郎)はカテーテル治療の研究に心血を注いでいる。そこに実家の「有原総合病院」で名誉理事長を務める父・正太郎(大和田伸也)が脳梗塞で倒れたと連絡が。駆け付けると、正太郎は既に昏睡(こんすい)状態だった。看護部長・悦子(浅田美代子)の話では、6年前に修平の叔父・健次郎(光石研)が理事長院長を引き継いだ頃から経営は悪化していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月23日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
修平(小泉孝太郎)は健次郎(光石研)の理事長解任を要求し、自ら新理事長に立候補する。健次郎はおいの裏切りに驚くが、真摯(しんし)に訴える修平の姿を見て決断を下す。一方、修平は‘経営のプロを事務長として迎えることを条件に、「信甲斐銀行」から支援を取り付けた。だが、派遣されてきたのは、病院の売却計画を進めていた同行融資部次長・倉嶋(高嶋政伸)だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月3日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/2/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
有原総合病院の看護師が一斉に退職。各部署が協力し仕事を回していたが、職員達は極限状態だった。倉嶋(高嶋政伸)と総務部長・砂岡(福本伸一)は看護師補充に奔走するが、大量離脱の噂でどの看護学校からも門前払いされ、魅力がないとまで言われる始末。話を聞いた修平(小泉孝太郎)は夜間救急に来た智美(安藤玉恵)の一言で、人手不足の中ではあり得ない策を思いつく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月10日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/2/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
倉嶋(高嶋政伸)が正式な職員となり、有原総合病院は24時間、救急対応をする病院として再出発した。だが小児科医に欠員が生じ、野林(松本岳)が1人で請け負う事態に。野林と話してほしいと懇願する倉嶋だが、修平(小泉孝太郎)は24時間体制の維持で手いっぱいだ。そんな中、野林が帝王切開の手術前に姿を消した。産婦人科継続も難しくなり、閉鎖も取り沙汰されるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月17日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/2/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
修平(小泉孝太郎)は病院が赤字にもかかわらず心臓カテーテル室を作ろうとする。さらに、外来を予約制にして患者数を減らし、入院患者を町の開業医に紹介してもらうシステムを提案する。倉嶋(高嶋政伸)は、病院同士がまとまるとは思えず大反対。ところが修平は「地域医療ネットワーク」の構築を強引に推し進め、外来クラークの江口(稲葉友)を連れて開業医巡りを始める。


※2月24日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月2日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/3/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
地域医療ネットワークが軌道に乗った有原総合病院をさらに充実させるため、修平(小泉孝太郎)は救命救急センターの開設を宣言する。周囲は大反対するが、倉嶋(高嶋政伸)は短期間で赤字解消の見通しが立ったことで銀行からの評価は上がっているため、「勝算はある」と断言。ところが、事業計画書を見た銀行副頭取・米田(中村雅俊)は「可能性を感じない」と追加融資を拒む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月9日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/3/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
救命救急センター開設に逆風が吹く中、修平(小泉孝太郎)を後押しする米田(中村雅俊)が急死。修平は悲しみに暮れる。1カ月後、急速に進められる病院改革には、砂岡(福本伸一)ら院内だけでなく開業医達からも不安の声が上がる。だが、米田との約束だと修平の思いはかたくなだ。ところが、銀行が追加融資の打ち切りを決定。病院の買収をもくろんだ代案が提示される。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック