FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2020年冬、火ドラマ『恋はつづくよどこまでも』

kage

2020/03/17 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★1月14日スタート 

TBS系 毎週火曜 22:00~22:57

 恋はつづくよどこまでも

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:円城寺マキ「恋はつづくよどこまでも」(小学館プチコミックフラワーコミックスα)
脚本:金子ありさ
演出:田中健太
プロデューサー:磯山晶/宮崎真佐子/松本明子
主題歌:I Love.../Official髭男dism

E13-b043.gif
外部サイト:恋はつづくよどこまでも

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐倉七瀬:上白石萌音
猪突猛進な新米看護師。通称・勇者。天堂に恋をして5年越しでナースとなる。生と死が隣り合わせの医療の現場で、時に喜び、時に苦しみながら一生懸命働き、一人前の看護師として早く天堂に認められたいと思っている。お人よしな性格でひたむきに患者と向き合う、誰からも愛される存在。

天堂浬:佐藤健
容姿も仕事の腕も一流で周囲から一目置かれるエリート医師。通称・魔王。患者に対しては真摯に向き合うが、完璧主義者で仕事ぶりには冷徹なところも。一部の仕事ができるナース以外、人間扱いしない。ストイックで周囲から“ドS”に見られ、恐れられている。口さえ開かなければイケメン。

流子:香里奈
謎の美女。天真らんまんで大の酒好き。毎日晩酌するのが趣味で、四六時中、一升瓶を持ち歩いている。見た目は派手でイイ女だが、ノリが若干古い。

来生晃一:毎熊克哉
循環器内科の医師。天堂の同期。天堂とは医学生時代から切磋琢磨してきた仲で、互いに深い信頼関係がある。屈託のない笑顔に恋するナースが続出している。唯一天堂をいじれる存在。優しく穏やかな「魔王」とは真逆の性格のため、あだ名は「魔法使い」。

仁志琉星:渡邊圭祐
新人ナース。七瀬の同期。小児科のナースを目指しているが、血を見るのが苦手で、克服するためにホラー映画で耐性をつけようとしている。患者からの人気は高い。

若林みのり:蓮佛美沙子
天堂と同じ大学の医学部の同期で、元恋人。いつも周りを笑わせる“太陽”のような存在。少し不器用な天堂にとってのよき理解者。天堂が「魔王」と呼ばれるまでにストイックになるきっかけとなった、ある過去の出来事に深く関わっている。

小石川六郎:山本耕史
日浦総合病院の副院長で循環器内科の医師部長。天堂の先輩医師で、指導医でもある。いつも陽気で後輩たちの面倒見もいいが、つかみどころがない。抜けているようで、実は人間関係やそれぞれの悩みをそっと見守っているよき上司。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
上白石萌音と佐藤健が初共演!
新米ナースが“ドSドクター”に恋するラブストーリー 

円城寺マキの同名漫画を原作に、上白石萌音主演、佐藤健の共演でドラマ化。上白石はゴールデン・プライム帯連続ドラマ初主演で、2人は初共演となる。憧れのドクター・天堂浬(佐藤)を追いかけて看護師となった主人公・佐倉七瀬(上白石)が、超ドSな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋に真っすぐ突き進む姿を描く胸キュンラブストーリー。“魔王”と恐れられるエリート医師・天堂に、“勇者”さながらに思いを伝え続ける七瀬を応援したくなるストーリー展開も見どころとなる。生と死がそばにある医療現場で、ただ一生懸命に「今ここにある命」にひたむきな七瀬の姿を通して、明日を生きる元気を届ける。




2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月14日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
佐倉七瀬(上白石萌音)は、偶然出会った医師・天堂浬(佐藤健)に一目ぼれ。憧れの男性に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースになった七瀬は、念願かなって5年越しに天堂と再会する。しかし、天堂は七瀬が思い描いていた人物とは全くの別人で、“超ドS”なため、周囲からは通称・魔王と呼ばれていた。

そんな天堂に対しても、純粋に素直に思いを伝え続ける七瀬。その姿は病院内で一躍有名となり、くじけず突き進む姿が“魔王”に立ち向かう“勇者”のようだと「勇者ちゃん」と呼ばれるようになる。

誰の目から見ても無謀だが、ただ一生懸命に仕事に恋に真っすぐな七瀬の姿に、天堂の鉄の心も徐々に溶かされていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月14日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/1/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高校生の七瀬(上白石萌音)は、ひょんなことから医師・天堂(佐藤健)に恋をし、彼に再び会いたい一心で猛勉強をする。5年後、看護師になった七瀬は、念願かなって天堂のいる「日浦総合病院」に勤務することに。院内で再会した天堂に思いを告白するが、冷たくあしらわれてしまう。循環器内科に勤務する天堂はその厳しい態度のせいで‘魔王’と呼ばれ恐れられていた。そして七瀬は、その無謀な告白を見た同僚達から‘勇者ちゃん’とからかわれてしまう。七瀬は天堂に認めてもらおうと、必死に仕事に打ち込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月18日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/1/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
七瀬(上白石萌音)は同期の看護師・結華(吉川愛)と共に、天堂(佐藤健)のいる循環器内科への配属が決まる。早速、天堂に付いたもののいきなり失敗し、結華と交代させられてしまう。病状が不安定な入院患者・神田(金子大地)を天堂らが注視する中、結華は投薬の見直しなどを提案。七瀬は一見元気そうな神田に食欲がないことを心配し、彼を院内のイベントに誘い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月24日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/1/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
体調が回復し、仕事に戻った七瀬(上白石萌音)は、各種健康法を次々と試す高速バス運転手・巣鴨(岡部たかし)から、退院日を天堂(佐藤健)に確認するよう頼まれる。一方、天堂は治療抵抗性心不全を患う女児・杏里(住田萌乃)に補助人工心臓を入れようと考える。そんな折、七瀬は得意なはずの採血を立て続けに失敗。天堂から、復調するまで‘針刺し’を禁じられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月4日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/2/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
初老の女性・恵子(美保純)が心不全で救急搬送されてくる。緊急対応に当たる天堂(佐藤健)の指示に、結華(吉川愛)がいち早く反応する中、七瀬(上白石萌音)は動くことができず落ち込む。そんな折、七瀬がストーカーにつきまとわれている可能性が浮上し、来生(毎熊克哉)が七瀬の送り迎えをすることに。一方、早急な手術が必要な恵子が手術を拒否。恵子の話を聞いた七瀬は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月11日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/2/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
主任看護師・茉莉子(平岩紙)の息子で高校生の真司(醍醐虎汰朗)が入院する。真司は命にも関わる不整脈「心室頻拍」と診断されていた。天堂(佐藤健)が真司の担当となり、カテーテルを入れて不整脈の原因部分を焼き切る「アブレーション治療」を行うことに。七瀬(上白石萌音)は真司の介助を志願する。ところが、浮つく七瀬を不安に思う茉莉子は、まだ早いと天堂に訴える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月18日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/2/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
日浦総合病院に突然現れた女性(蓮佛美沙子)は、天堂(佐藤健)の亡き恋人・みのり(蓮佛=2役)にそっくり。天堂だけではなく、みのりを知る来生(毎熊克哉)や茉莉子(平岩紙)も目を見張り、居合わせた七瀬(上白石萌音)はぼうぜんとする。そんな折、天堂が大阪で開催されるセミナーに登壇することに。不安を募らせた七瀬は同行を申し出るが、あっさりと断られてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月24日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/2/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
七瀬(上白石萌音)は帰宅中、もめている男女と遭遇する。別れ話を切り出した男性・上条は、通りすがりの七瀬を「新しい彼女」だと発言。巻き込まれてむっとする七瀬だが、上条は七瀬に興味を抱く。数日後、特別室に入院する患者が七瀬を指名。その人物は上条だった。上条は病院に多額の寄付をしている会社社長の息子で、担当医となった天堂(佐藤健)を挑発する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月2日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/3/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
上条(清原翔)が突然、天堂(佐藤健)から暴力を受けたため訴えると主張する。上条の担当を外れることになった天堂は、七瀬(上白石萌音)に上条を支えるよう頼む。七瀬は天堂の思いを受け、上条のリハビリを献身的にサポート。そんな中、小児用の補助人工心臓の認可が正式に下り、杏里(住田萌乃)の手術が可能になった。天堂はその手術のメンバーに選ばれるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月9日更新】
■ あらすじ(第9話  2020/3/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
病院を辞めて実家のある鹿児島で働き始めた七瀬(上白石萌音)の元に、天堂(佐藤健)が現れた。家族に彼を紹介し幸せな七瀬だったが、ふと、天堂の口から「好き」と言われていないことに気付いてしまう。病院では、来生(毎熊克哉)に思いを伝えた結華(吉川愛)が、平静を保つことができず、ぎこちない態度に。そんな中、七瀬が働く医院の院長・中沢(モロ師岡)が倒れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月16日更新】
■ あらすじ(第10話  2020/3/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
朝、天堂(佐藤健)の部屋で幸せな時間を過ごす七瀬(上白石萌音)だが、そこへ突然、流子(香里奈)が仁志(渡邊圭祐)と共にやって来る。流子は天堂と七瀬に対し、一緒に実家へ行ってほしいと懇願。ところが当日、天堂に緊急の仕事が入り、七瀬は流子と2人で実家を訪問することになる。七瀬は緊張しつつも明るく振る舞うが、父・万里(村上弘明)が放つ流子への暴言に我慢できず…。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック