FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2020年冬、日ドラマ『テセウスの船』

kage

2020/03/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 テセウスの船

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:東元俊哉「テセウスの船」(講談社モーニング)
脚本:高橋麻紀
演出:石井康晴/ 松木彩/山室大輔
プロデューサー:渡辺良介/八木亜未
主題歌:あなたがいることで/Uru

E13-b043.gif
外部サイト:テセウスの船

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
田村心:竹内涼真
31年前に起きた連続毒殺事件で父・文吾が逮捕され、顔も見たことがない父のせいで人目を気にして生きてきた。事件が起きる直前の平成元年にタイムスリップ後、失われた家族の笑顔を取り戻すために、父の事件を食い止めて過去を変えようとする。

佐野和子:榮倉奈々
心の母。明るく朗らかな笑顔が印象的な肝っ玉母さん。大きな愛で家族を見守り、時に叱咤激励するたくましさを持つ。

田村由紀:上野樹里
心の妻。心の父が殺人犯だと知りながら、両親の反対を押し切って結婚。現在妊娠中。事件と向き合うように心の背中を押す。

佐野文吾:鈴木亮平
心の父。31年前に起きた連続毒殺事件で逮捕され、死刑囚として服役している。かつては村の駐在警察官として働いており、底抜けに明るく豪快で、家族からも村人からも愛されていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
竹内涼真が過去を変えるべく事件の謎に挑む! “父と子の絆”を描く本格ミステリー 
東元俊哉のミステリー漫画を竹内涼真主演でドラマ化。父が逮捕される直前の平成元年にタイムスリップして、殺人事件の真相を追う主人公・田村心を竹内が演じる。

心の両親役で、鈴木亮平と榮倉奈々が出演。鈴木はNHK大河ドラマ「西郷どん」以来のドラマ出演となる。
榮倉は34歳と65歳の和子を1人で演じるほか、現在26歳の竹内と36歳の鈴木は、実年齢10歳差で父子役に挑戦。また、心を支える最愛の妻・由紀役で上野樹里が特別出演する。

加害者家族としてつらい人生を送ってきた心が、タイムスリップしたことで本当に父が殺人犯なのか疑問を抱き、過去を変えようと立ち向かう姿を描く壮大なミステリー大作。


2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月15日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
生まれる前に父が殺人犯として逮捕された田村心(竹内涼真)は、母と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。心はそんな自分を受け入れ、いつも励まし支えてくれる妻・由紀(上野樹里)から、ある日、「自分の父親を信じてみて」と言われ、父と向き合う決意をする。
父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心だったが、そこで突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。そして心は、生まれて初めて父・佐野文吾(鈴木亮平)と、31年前の母・和子(榮倉奈々)に出会い、温かく笑顔あふれる家族の姿を目にする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月15日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/1/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1989年、宮城の小学校で無差別毒殺事件が起き、警察官の文吾(鈴木亮平)が逮捕された。2019年、世間から隠れて生きる文吾の息子・心(竹内涼真)は、妻・由紀(上野樹里)の言葉で父親と向き合うことを決意する。事件のあった小学校の跡地を訪れた心は、突然真っ白な霧に包まれて気を失い、事件が起きる直前の1989年にタイムスリップ。そこで、心は当時の文吾と出会う。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月24日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/1/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文吾(鈴木亮平)の無実を信じる心(竹内涼真)は事件を防ぐべく、現場となる「音臼小学校」の臨時教員に。続いて、文吾と共に、数日後に死亡するはずの目が不自由な独居老人・田中(仲本工事)の家へ向かう。そこには心を泥棒だと敵視する新聞配達員・長谷川(竜星涼)がいて、心に村から出て行けと言い放つ。一方で心は、田中の家にあるノートに描かれた不気味な絵に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月2日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/2/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
長谷川(竜星涼)が死亡。公務執行妨害で刑事・金丸(ユースケ・サンタマリア)らに追われた心(竹内涼真)は拘束直前、未来を記したノートと免許証を谷底に投げ捨てる。金丸の厳しい取り調べに疲弊する心だが、翌朝なぜか釈放に。文吾(鈴木亮平)ら佐野家に温かく迎えられ、胸が詰まる。翌日、駐在所に免許証だけが届いた。心はノートが拾われた可能性にがくぜんとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月9日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/2/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
突然、濃い霧に包まれてタイムスリップし、2020年の現代に戻ってしまった心(竹内涼真)。事態の悪化を知り打ちひしがれながらも、拘置所に収監されている文吾(鈴木亮平)との面会を果たす。年老いた文吾は、娘・鈴(貫地谷しほり)が面会に訪れたことを心に伝える。そして、その時に聞いたと言って、鈴が現在暮らしている住所を心に教える。心は姉の鈴に会いに行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月16日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/2/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
心(竹内涼真)は変わってしまった現代で、由紀(上野樹里)が記者になり、姉の鈴が藍(貫地谷しほり)と名乗り別人として生きていることを知る。義母・さつき(麻生祐未)の言動に藍が動揺する中、文吾(鈴木亮平)の事件について証言するという女性が現れた。心は喜び、由紀と共に文吾の面会に向かう。ところがその後、女性が証言の約束をなかったことにしてほしいと言い…。




----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月23日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/2/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
心(竹内涼真)が倒れた藍(貫地谷しほり)を心配する中、事件の真犯人を知る紀子(芦名星)が死亡。紀子の家にいたさつき(麻生祐未)も病院に運ばれた。心は由紀(上野樹里)にさつきがいる病院を調べてもらい、事件の真相を聞き出そうとする。その後、心はみきお(安藤政信)から電話を受け、由紀と共に彼の案内でさつきのマンションへ。そこで、不気味な絵を発見する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月24日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/3/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
事件前に再びタイムスリップした心(竹内涼真)は、文吾(鈴木亮平)と共にこの時代のみきお(柴崎楓雅)を捜す。さつき(麻生祐未)によると、彼は「知り合いの家に行く」と言って姿を消したという。心と文吾はみきおの家へ。そこで、心はみきおの話を記録したレコーダーがないことに気付く。一方、文吾はフロッピーディスクを発見。そこにはみきおからのメッセージが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月2日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/3/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
心(竹内涼真)と文吾(鈴木亮平)は小学校の放送室でみきお(柴崎楓雅)と向き合い、学校の外へ連れ出そうとするも、みきおが突然泣き出す。駆け付けたさつき(麻生祐未)らにとがめられた心と文吾は、みきおが何もしないよう見張ることしかできない。そんな中、お楽しみ会で児童に振る舞われる鍋にみきおが毒を入れた可能性が浮上。一方、別の場所で新たな事件が起きる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月9日更新】
■ あらすじ(第9話  2020/3/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
心(竹内涼真)は、みきお(柴崎楓雅)から呼び出しを受けた文吾(鈴木亮平)を追って、山奥の小屋へと向かう。だがそこに文吾の姿はなく、置き去りにされたパトカーの後部座席には意識を失ったみきおが横たわっていた。やがて、行方不明の文吾にみきおの殺人未遂容疑が掛かる。さらに、事件を知ったマスコミが佐野家に殺到し、対応に追われる和子(榮倉奈々)達は疲弊していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月16日更新】
■ あらすじ(第10話  2020/3/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
連続殺人容疑で警察に連行された文吾(鈴木亮平)の面会日時が決まった。心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は、父親を信じる鈴(白鳥玉季)と慎吾(番家天嵩)の思いに背中を押され、文吾と対面。ところが、文吾は突然、「俺が犯人だ」と自供し、激しく動揺する心と和子を残して席を立ってしまう。真実が分からず家族が苦しみにさらされる中、真犯人のメッセージを見た心は…。







関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック