FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

2020年冬、大河ドラマ第59作「麒麟がくる」

kage

2020/10/25 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月19日スタート 

NHK総合 毎週日曜 20:00~20:45

 大河ドラマ第59作「麒麟がくる」

2018年4月19日の制作発表で池端俊策の脚本で明智光秀の生涯を描き、主人公の明智光秀役には長谷川博己が起用されることが公表された。長谷川の主演は池端のリクエストによるもので、同放送局のドラマ『夏目漱石の妻』(2016年)に続く組み合わせである[3]。また、長谷川は2018年度後期放送の連続テレビ小説『まんぷく』出演に続けてのオファー受諾であった[3]。タイトルは仁政を行う王の元に現れるとされる伝説の動物「麒麟」が由来となっており、モチーフとしての麒麟が何者で、如何にして何れの英雄の前に現れるのかを問うていく物語となるという。

4Kでフル撮影し、最新の研究成果も踏まえ従来と異なる新たな解釈で戦国時代の物語を紡ぎ、光秀の謎に満ちた生い立ちにもスポットを当て、英傑たちの父親の時代をも描き斎藤道三、足利義昭、織田信長、徳川家康らの蠢動から活躍を見せてゆく群像劇として制作するとしている。2019年6月3日にクランクイン。

当初、濃姫役には沢尻エリカがキャスティングされていたが[5]、配役の変更措置が執られて11月21日に川口春奈が濃姫を演じることが発表された。沢尻の出演したシーンは全て撮り直しとなり、NHKは初回の放送日を当初予定の2020年1月5日から1月19日に変更することを発表した。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:池端俊策/前川洋一/岩本真耶
演出:大原拓/一色隆司/佐々木善春/深川貴志
制作統括:落合将/藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
音楽:ジョン・グラム
語り:市川海老蔵

🗾麒麟がくる紀行
語り:桑子真帆

E13-b043.gif
外部サイト:大河ドラマ「麒麟がくる」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
美濃


 🏠明智家 
明智光秀(十兵衛):長谷川博己…主人公
美濃の牢人。果敢な性格と類まれなる知力を道三に見いだされ、家臣として重用される。生涯を道三に仕えて生きていくと考えていたが、道三に諭され、次第に考え方が変わっていく。

明智光安:西村まさ彦…明智城城主
明智光秀の叔父(父の弟)。明智家の当主で、道三の家臣。明智家の行く末を常に案じている。

牧:石川さゆり…光秀の母
明智光秀が幼少期に死んだ父の代わりに「武士としての心構え」を論す厳しくの心優しき母。

藤田伝吾:徳重聡…明智家の家臣
実直な性格だが、戦闘能力は非常に高く、常に光秀のそばに寄り添う。


 🏠斎藤家・土岐家 
斎藤道三/利政:本木雅弘…美濃の守護代
美濃の守護代。光秀の主君。親子二代で美濃の国盗りを目指す戦国下剋上の代名詞的存在。天才的な軍事力と政治力を持ち、金銭への執着も強い。

斎藤義龍/高政:伊藤英明…道三の長男
道三の嫡男。自らの出自の謎にこだわり、父との折り合いは悪い。光秀の幼いころからの学友。

帰蝶/濃姫:川口春奈…道三の娘
道三の娘(母は正妻・小見の方)、義龍(高政)の異母妹。光秀と姻戚関係にあり、幼いころから付き合いがある。政略結婚により、後に信長の正妻となる。

三芳野:南果歩…道三の側室
道三の側室で斎藤高政(義龍)の実母。そもそも守護・土岐頼芸の愛妾であった。ゆえ高政は自分の出自について疑いを抱いている。

稲葉良通 / 一鉄:村田雄浩…斎藤道三家の有力家臣
美濃三人衆と呼ばれた斎藤道三有力家臣のひとり。はじめの土岐頼芸の家臣であったが、のちに道三の家臣になった。道三の強引のやり方に不満を持ったいる。

土岐頼芸:尾美としのり…美濃の守護
美濃国守護。かつて道三と結託し、兄を守護の座から追い落した過去を持つ。鷹の絵を描くのを好む。

 美濃の人々👥 
煕子(ひろこ):木村文乃…美濃の土豪妻木氏の娘/光秀の正妻
明智光秀の正妻。美濃の土豪・妻木家の娘。戦乱に明け暮れ疲弊する光秀の心の支えになる女性。

菊丸:岡村隆史…三河出身の農民
光秀が美濃で出会った三河出身の農民。神出鬼没で、敵か味方か分からないが、常に光秀の危機を助ける。


駿河


 🏠今川家 
今川義元:片岡愛之助…東海最強の戦国大名
今川家当主。「海道一の弓取り」の異名を持ち、強大な軍事力を持つ有力戦国大名。その家柄と参謀・太原雪斎の後ろ盾により、道三たちがおびえる東海最強の戦国武将。

太原雪斎:伊吹吾郎…今川義元の軍師
義元の軍師。若きころより義元に仕え、内政・外交・軍師の全面で今川家を支え、その全盛期を築いた。僧侶だが、大軍を率いて自ら前線で指揮をとる。桶狭間の戦い以前に病死する。


尾張


 🏠織田家 
織田信秀:高橋克典…道三のライバル/信長の父
織田家当主。尾張に根を張る、道三のライバル。海運を牛耳り、豊かな経済力を背景に、美濃の道三や三河の今川と争う勇猛果敢な戦国武将。

土田御前:檀れい…信長・信勝(信行)の母
信秀の継室であり、信長とその弟・信勝(信行)の生母。うつけと言われた信長を疎み、弟・信勝ばかりを可愛がっている。

織田信長:染谷将太…信秀の嫡男
光秀が尾張で出会う信秀の嫡男。明智光秀との出会いにより、信長自身の運命も大きく変わっていく。

織田信勝:木村了…信長の弟
うつけと呼ばれる兄の信長とは違い、色白で美しく賢いことで母である土田御前の寵愛を受ける。

平手政秀:上杉祥三…織田家の家臣
信秀を支える織田家老臣。信長の守役。

 その他の尾張の人物 

藤吉郎(のちの豊臣秀吉):佐々木蔵之介…尾張の最下層農民
のちの秀吉。尾張の最下層の農民であったが、持ち前の人懐っこさと庶民ならではの自由さを武器に、信長の家臣として頭角を現していく。光秀生涯のライバル。


京・畿内


 足利将軍家・室町幕府 
足利義輝:向井理…室町幕府13代将軍
塚原ト伝にも師事したといわれる剣豪将軍。父・義晴とともに、混迷する京も情勢に翻弄され、近江と京を出入りすることを余儀なくされた悲劇の将軍。三淵藤英を通じて、光秀と知己を得る。

三淵藤英:谷原章介…将軍奉公衆
室町幕府未期の幕臣(将軍奉公衆)。光秀の盟友・細川藤孝(幽斎)の異母兄。幕臣として、将軍・足利義輝、足利義昭に仕える。

細川藤孝 / 幽斎:眞島秀和…将軍奉公衆/藤英の異母弟
室町幕府幕臣。藤英の異母弟。光秀の生涯の盟友。将軍奉公衆として室町幕府の再興に尽力する。当代きっての文化人であり、文武両道の人物。

細川晴元:国広富之…室町幕府管領家
幕府管領。弱体化した将軍家に代わり室町幕府の実権を握るが、家臣である三好長慶の勢力拡大により、その立場を脅かされている。

三好長慶:山路和弘…戦国大名・細川晴元の家臣
主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将。家臣の松永久秀とともに勢力を拡大し、京にも進出。主君である細川晴元をも脅かす存在。

 京の人々 
望月東庵:堺正章…医者
京に暮らす医師。今は落ちぶれているが、朝廷や各地の戦国大名などに不思議な人脈を持つ。生涯にわたり光秀を導く存在。大のすごろく好き。

駒 :門脇麦…医師・東庵の助手
光秀が京で出会う娘。医師・東庵の助手を務めている。戦災孤児で、伝説のいきもの“麒麟”の存在を信じている。

松永久秀:吉田鋼太郎…戦国大名・三好長慶の家臣
主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将。軍事政治両面で力を発揮し、荒々しく、したたかな生き方で、若き光秀に大きな影響を与える。戦国三大梟雄(きょうゆう)の一人。

伊呂波太夫:尾野真千子…旅芸人一座の女座長
京の戦災孤児・駒が、東庵に引き取られる前の幼少期に預けられていた、旅芸人の女座長の娘。今は一座の座長になっている。全国各地を一座でまわり、諸国の有力大名や京の公家に顔のきく不思議な女性。


大和


足利義昭:滝藤賢一…室町幕府第最後の将軍/義輝の弟
もともと将軍家の家督相続者以外の子として、慣例により仏門に入っていたが、義輝亡き後、室町幕府第15代最後の将軍として擁立される。政治的手腕に富み、抜群の先見性と外交力がある。


三河


 🏠松平家・徳川家 
松平広忠:浅利陽介…徳川家康の父
三河の岡崎城城主。尾張の織田信秀による三河進攻により、隣国で強大な力を持つ今川義元へ加勢を頼むが、その見返りとして嫡男・竹千代(のちの徳川家康)を人質として送ることになる。

徳川家康:風間俊介 (幼少期:岩田琉聖)…のちの徳川幕府創始者
三河の武将。徳川幕府創始者。幼少時より、駿河の今川と尾張の織田の間で人質となり、母と離れて孤独な子供時代を過ごす。桶狭間の戦いで今川方として参戦するも敗退。のちに今川から独立し、三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
長谷川博己が明智光秀役で主演! 戦国の智将の謎めいた生涯を照らす一大叙事詩 
明智光秀を大河ドラマで初めて主役とし、その謎めいた生涯にスポットを当てる一大叙事詩。後に織田信長の盟友となり、天下をめぐり争うこととなる戦国の智将・光秀を長谷川博己が演じる。まだ多くの英傑たちが若かりし日の時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描くエネルギッシュな群像劇。オリジナル脚本は、第29作「太平記」を手掛けた池端俊策らが担当するほか、戦国時代を4Kで初めてフル撮影する映像美も見どころとなる。タイトルにある“麒麟”とは、王が“仁”のある政治を行う時に必ず現れるという伝説の生きもののこと。そんな“麒麟”が来るのを待ち望む全ての人たちにおくる。






2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月15日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
応仁の乱後、世は乱れ、無秩序状態の中で天下を統一し、乱世を治めようとする戦国の英雄たちが登場し始める。そんな中、武士としては身分の低い美濃の牢人として生まれた青年・明智光秀(長谷川博己)は、戦に駆り出されては敵を撃破し、その勇猛果敢な性格と類まれな知力を斎藤道三(本木雅弘)に見いだされていた。

美濃は周囲を尾張の織田、駿河の今川、越前の朝倉に囲まれて、常に攻め込まれる危険を抱えていた。道三に家臣として抜てきされ、重用されるようになった光秀は、ある日、野盗を撃退した際、その頭領が持っていた「鉄砲」という見たことのない武器に興味を持つ。そして、その武器がどんなものなのかを光秀は探ろうと考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月15日更新】
■ あらすじ(第1話「光秀、西へ」 (初回拡大放送75分) 2020/1/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
若き明智光秀(十兵衛=長谷川博己)は、美濃国の領地を荒らす野盗の頭領が持っていた武器に興味を抱く。その武器が「鉄砲」というものだと知った光秀は、美濃守護代・斎藤氏の名跡を継ぐ斎藤道三(本木雅弘)に掛け合い、ある約束と引き換えに、鉄砲がどういうものかを探る旅に出る。堺に着いた光秀は、ひょんなことから三好長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られ、鉄砲を入手。次に向かった京では、名医といわれる望月東庵(堺正章)と助手の駒(門脇麦)に出会うが、大のばくち好きの東庵が本当に名医なのかどうか、光秀には分からない。そんな中、大名同士の抗争が始まり、町は大火事になる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月24日更新】
■ あらすじ(第2話「道三の罠(わな)」  2020/1/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光秀(長谷川博己)に心を開いた医師・東庵(堺正章)とその助手・駒(門脇麦)は、共に美濃へと向かう。だが、その行く手には、美濃の侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典)の大軍が迫っていた。多勢に無勢の中、道三(本木雅弘)は籠城を決め込む。美濃の多数の兵士や領民達が城郭内に逃げ込む一方、道三の嫡男・斎藤高政(伊藤英明)と光秀は、道三の命令に不満を抱く。しかし、実は籠城は敵を欺くための道三の作戦だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月2日更新】
■ あらすじ(第3話「美濃の国」  2020/2/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美濃の守護を務める夫・土岐頼純(矢野聖人)を亡くした道三(本木雅弘)の娘・帰蝶(川口春奈)は、光秀(長谷川博己)達が暮らす明智荘を訪ねる。駒(門脇麦)らと気の置けないひとときを過ごした帰蝶は、笑顔を取り戻す。一方、守護代の道三は頼純の叔父で操りやすい頼芸(尾美としのり)を美濃国の新しい守護として擁立しようとする。だが内心、道三を嫌う頼芸は高政(伊藤英明)に自分が実の父であるかのようにほのめかす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月9日更新】
■ あらすじ(第4話「尾張潜入指令」  2020/2/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
道三(本木雅弘)は、今川義元(片岡愛之助)の軍と戦った信秀(高橋克典)がその後、倒れたとの知らせを受けた。そして、正室・小見の方(片岡京子)の治療を終えて次に尾張へ向かうという東庵(堺正章)を呼び、信秀の容体を秘密裏に探るように命じる。その目付け役を任された光秀(長谷川博己)に、供の農民・菊丸(岡村隆史)が加わった一行は、やがて尾張に到着。古渡城に潜入し、信秀の情報をうまく聞き出すことに成功するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月16日更新】
■ あらすじ(第5話「伊平次を探せ」  2020/2/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)は鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要とするのかを探るべく再び京へ。鉄砲鍛冶・伊平次(玉置玲央)を訪ね本能寺を訪れると、かつて堺で出会った将軍奉行衆の三淵藤英(谷原章介)が将軍・足利義輝(向井理)の護衛として現れる。姿を消した伊平次を将軍家も捜しているという。光秀は三淵に案内されて再会した松永(吉田鋼太郎)から鉄砲の真の力を聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月18日更新】
■ あらすじ(第6話「三好長慶襲撃計画」  2020/2/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
将軍・義輝(向井理)も列席する連歌会で、室町幕府管領家の細川晴元(国広富之)が自身の家臣・三好長慶(山路和弘)と長慶の家臣・松永(吉田鋼太郎)の暗殺を企てていると知った光秀(長谷川博己)。京の町の安寧が崩れることを恐れる光秀は、将軍奉公衆の三淵(谷原章介)とその弟・細川藤孝(眞島秀和)らと協力し、長慶と松永を救う。その際に負傷した光秀は東庵(堺正章)の元に運び込まれ、駒(門脇麦)と再会を果たす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月24日更新】
■ あらすじ(第7話「帰蝶の願い」  2020/3/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
駿河の今川義元(片岡愛之助)の動きに脅かされた信秀(高橋克典)は、道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決める。さらに信秀は帰蝶(川口春奈)を嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出る。やがて、京から明智荘に帰った光秀(長谷川博己)を、帰蝶が待ち構えていた。光秀にほのかな恋心を抱いている帰蝶は、織田家へのこし入れを阻止してほしいと頼む。その一方で、光秀は道三から帰蝶を説得するよう命じられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月2日更新】
■ あらすじ(第8話「同盟のゆくえ」  2020/3/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾張の海辺にやって来た光秀(長谷川博己)は、漁師達から慕われている信長(染谷将太)の姿を目撃する。奇妙ないでたちの信長に、帰蝶(川口春奈)を嫁がせていいものかと光秀は葛藤する。光秀は明智荘に戻った後、その思いを母・牧(石川さゆり)に告白。牧は美濃の行く末を一番に考えることが大事だと告げる。一方、帰蝶は光秀に、「尾張に行って美濃にない海を見るべきだ」という言葉を光秀自身の口から聞きたいと願う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月9日更新】
■ あらすじ(第9話「信長の失敗」  2020/3/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
帰蝶(川口春奈)は、祝言を放り出して翌朝帰ってきた信長(染谷将太)と顔を合わせる。領民を思いやる姿や前日の不在を素直にわびる信長に帰蝶は興味を抱く。信秀(高橋克典)とその継室で信長の生母に当たる土田御前(檀れい)は、信長と帰蝶の婚儀に上機嫌だったが、信長が持参した祝いの品を見た信秀は、激しく信長を叱る。一方、光秀(長谷川博己)は美濃の土豪・妻木氏の娘で後に正室となる煕子(木村文乃)に再会する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月16日更新】
■ あらすじ(第10話「ひとりぼっちの若君」  2020/3/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
駒(門脇麦)は、戦災孤児だった自分を育ててくれた旅芸人一座の座長・伊呂波太夫(尾野真千子)と京で再会を果たす。義元(片岡愛之助)の軍は尾張国境に侵攻。信秀(高橋克典)の元に人質として置かれる三河松平家の嫡男・竹千代(岩田琉聖)の引き渡しを要求していると知り、道三(本木雅弘)は危機感を覚える。帰蝶(川口春奈)を通じて動向を探るため尾張・那古野城へ遣わされた光秀(長谷川博己)は、信長(染谷将太)に出会う。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月16日更新】
■ あらすじ(第11話「将軍の涙」  2020/3/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
義元(片岡愛之助)の軍が再び尾張に攻め入り南部の領地を制圧。非力ぶりを露呈した信秀(高橋克典)は道三(本木雅弘)に援軍を頼む。だが、尾張との和議を独断で決めた道三を高政(伊藤英明)らが糾弾しており、美濃は一枚岩ではない。光秀(長谷川博己)は兵が出せないことを伝えに尾張へ向かい、人質同然の帰蝶(川口春奈)の身を案じつつ信長(染谷将太)の前へ。その席上、かつて美濃の内紛が京の将軍家のとりなしで収まった話が出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月30日更新】
■ あらすじ(第12話「十兵衛の嫁」  2020/4/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
信秀(高橋克典)と義元(片岡愛之助)は和議を結ぶが、今川の勢力は尾張の目前まで迫っていた。自分の命が短いことを悟った信秀は、信長(染谷将太)らを集め、織田家の今後を話し合う会議を開く。信秀は重要拠点の末盛城を、信長の弟・信勝(木村了)に委ねると語る。失望で怒り狂う信長を見た帰蝶(川口春奈)は、今回の判断の真意を信秀に聞き出そうとする。一方、美濃では光秀(長谷川博己)が熙子(木村文乃)を正室に迎える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月8日更新】
■ あらすじ(第13話「帰蝶のはかりごと」  2020/4/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
道三(本木雅弘)は自身の暗殺を企てた頼芸(尾美としのり)を攻めると息巻く。高政(伊藤英明)は戦になった時は頼芸側に付くと明言し、光秀(長谷川博己)にも決断を迫る。道三を訪ねた光秀は、頼芸と戦えば美濃を滅ぼすことになると訴える。すると道三は、美濃から頼芸を追い出すが、戦をするつもりはないと明かす。国衆に覚悟を迫るための芝居だと言うのだ。一方、高政らは頼芸を総大将に担ぎ出そうとするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月19日更新】
■ あらすじ(第14話「聖徳寺の会見」  2020/4/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
道三(本木雅弘)との会見の場に、信長(染谷将太)はおびただしい数の鉄砲隊を引き連れて現れる。正直者で先見の明があり、自分の若い頃に似ている信長を、道三は大いに気に入る。その姿に光秀(長谷川博己)は安堵(あんど)する。そんな中、今川軍が再び尾張に攻め入ってくる。信長からの援軍の頼みに対し、道三は即座に応えるが、高政(伊藤英明)は美濃を危険な立場にさらす判断を独断で下した道三に憤りを隠せない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月26日更新】
■ あらすじ(第15話「道三、わが父に非ず」  2020/4/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高政(伊藤英明)は仏門に入った道三(本木雅弘)から家督を継ぎ、美濃の守護代の座に就く。そんなある日、道三の正室の子・孫四郎(長谷川純)が帰蝶(川口春奈)の命を受け、光秀(長谷川博己)を訪問。高政がいずれ信長(染谷将太)と敵対し、国策を誤りかねないと心配する孫四郎は、高政に守護代を退いてもらうべく、光秀ら明智家に助力を懇願する。高政を訪ねた光秀は、信長との盟約を見直すとほのめかす高政を不安に思う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月3日更新】
■ あらすじ(第16話「大きな国」  2020/5/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
道三(本木雅弘)は高政(伊藤英明)を討つため出陣する。国を二分する戦いに明智家はどちらにつくべきか、光安(西村まさ彦)は悩む。光秀(長谷川博己)は尾張の信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)の元へ向かい、織田との同盟を破棄せんとする高政をとどめるので、道三に肩入れして戦に手出しすることのないよう訴える。だが、孫四郎(長谷川純)ら弟達に手を貸さず、死に追いやった光秀への不信感を拭えない帰蝶は、光秀を突き放す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月10日更新】
■ あらすじ(第17話「長良川の対決」  2020/5/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
道三(本木雅弘)が越前へ落ち延びられるように手はずを整えた帰蝶(川口春奈)だが、本人にそれを拒まれ、憤る。道三が劣勢であると聞いた信長(染谷将太)は兵を引き連れ飛び出していく。光秀(長谷川博己)は明智荘を守るため、光安(西村まさ彦)と共に道三の味方に付くことを決意する。やがて、長良川を挟み道三軍と高政(伊藤英明)軍の戦いが始まった。高政が自ら大軍を率いて押し寄せたことで、道三軍の敗色が次第に濃厚になる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月17日更新】
■ あらすじ(第18話「越前へ」  2020/5/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
攻め入ってきた高政(伊藤英明)軍の追っ手から逃れ、命からがら美濃を脱出した光秀(長谷川博己)、牧(石川博己)、熙子(木村文乃)ら明智家一行。その途中、帰蝶(川口春奈)の命を受けて現れた伊呂波太夫(尾野真千子)に導かれ、一行は隣国・越前の地へたどり着く。太夫は領主の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見(えっけん)し、明智家をかくまうよう交渉する。すると、義景は値踏みをするように光秀を見つめた末、渋々了承する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月24日更新】
■ あらすじ(第19話「信長を暗殺せよ」  2020/5/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
道三(本木雅弘)の死から2年。越前で暮らす光秀(長谷川博己)は義景(ユースケ・サンタマリア)から、将軍・義輝(向井理)が戻った京の様子を探るよう命じられる。尾張を手中に収めようとする高政改め義龍(伊藤英明)の一派が、上洛(じょうらく)する信長(染谷将太)の命を狙っているとのうわさを京で聞いた光秀は、松永(吉田鋼太郎)の力を借り、義龍の計画を未然に阻止。義龍は光秀に、手を組んで美濃を豊かな国にしようと持ち掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月—日更新】
■ あらすじ(第20話「家康への文」  2020/5/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
駿河の義元(片岡愛之助)が再び尾張への侵攻を開始する。その今川方の先鋒(せんぽう)を、かつて今川と織田の間で人質として幼少時代を過ごし、成人して竹千代から名を改めた松平元康(風間俊介)が任されることになった。それを聞き付けた光秀(長谷川博己)は戦を回避させるため、帰蝶(川口春奈)と信長(染谷将太)が元康の母・於大の方(松本若菜)と伯父で尾張・緒川城城主の水野信元(横田栄司)に接触するよう仕向ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月7日更新】
■ あらすじ(第21話「決戦!桶狭間」  2020/6/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
今川方から元康(風間俊介)を離反させる工作が失敗に終わる一方、父の教えを思い出した信長(染谷将太)は、今川が2万もの大軍だとのうわさを疑い、前線へ出陣。局地戦を展開し、義元(片岡愛之助)自ら率いる今川本隊から兵を引き離す作戦を決行する。元康は三河勢を駒のように扱う今川方に嫌気が差し、織田軍の迎撃に加わることを拒否する。数の減った今川本隊は暴風雨の中、桶狭間山での立ち往生を余儀なくされる。


📺8月30(日)から放送再開!
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月27日更新】
■ あらすじ(第22話「京よりの使者」  2020/8/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「桶狭間の戦い」から4年。京では三好長慶(山路和弘)が権力を掌握し、将軍・義輝(向井理)は長慶のかいらいに成り下がっていた。義輝の話し相手として越前から京に呼ばれた光秀(長谷川博己)は、将軍の権威を取り戻すため、今、勢いに乗る信長(染谷将太)を上洛(じょうらく)させると約束する。その頃、駒(門脇麦)は新しい薬を巡って東庵(堺正章)と言い争い、診療所を飛び出していた。伊呂波太夫(尾野真千子)と大和を訪れた駒は、貧しい人に施しをする僧・覚慶(滝藤賢一)に関心を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月1日更新】
■ あらすじ(第23話「義輝、夏の終わりに」  2020/9/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光秀(長谷川博己)は義輝(向井理)の文を手に、信長(染谷将太)のいる尾張へ。美濃攻めに苦戦中で話どころではない信長に代わり、応対した家臣の藤吉郎(佐々木蔵之介)は、亡き長慶の子・義継らによる義輝暗殺計画の噂があることを光秀に明かす。しかも、裏で糸を引いているのは松永(吉田鋼太郎)だという。衝撃を受けた光秀は大和の松永を訪ね、真意を問う。松永は義輝を殺しはしないが、追放するつもりであると口にする。義輝はもはや将軍の器ではなく、このままでは世が治まらないと言うのだ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月20日更新】
■ あらすじ(第24話「将軍の器」  2020/9/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三好勢により義輝(向井理)が殺された。空いた将軍の座を巡り、義輝の弟・覚慶(滝藤賢一)擁立派と義輝らのいとこ・義栄擁立派が動き出し、松永(吉田鋼太郎)らは三好勢に命を狙われる覚慶を大和から脱出させる。一方、義輝の死を知った光秀(長谷川博己)は松永を責める。すると松永は義景(ユースケ・サンタマリア)から届いた文を取り出す。文には、覚慶が将軍の器であればかくまうので、それを光秀が確かめてくるようにとあった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月24日更新】
■ あらすじ(第25話「羽飛ぶ蟻(あり)」  2020/9/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
覚慶(滝藤賢一)は還俗(げんぞく)し、足利義昭を名乗る。だが、頼みの義景(ユースケ・サンタマリア)の態度がはっきりせず、受け入れを望む義昭ら一行は立ち往生を余儀なくされる。一方、信長(染谷将太)は斎藤龍興との戦に勝ち、ついに美濃を平定。光秀(長谷川博己)は母・牧(石川さゆり)を連れ、懐かしの美濃へ帰る。稲葉山城を訪ねた光秀は、何のために戦っているのか分からなくなったと口にする信長に上洛(じょうらく)を提案する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月1日更新】
■ あらすじ(第26話「三淵の奸計(かんけい)」  2020/10/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
義景(ユースケ・サンタマリア)は義昭(滝藤賢一)を奉じ、信長(染谷将太)と共に上洛(じょうらく)することを決めた。ところが、義景の気まぐれな言動から、光秀(長谷川博己)や三淵(谷原章介)らは上洛に不安を覚えるようになる。義景の家臣や一族も決して一枚岩ではない様子を見るにつけ、光秀はこのままでは上洛しても、今、京を支配している三好勢と互角に戦うことができないと判断。信長の元を訪ね、単独で上洛するよう訴える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月11日更新】
■ あらすじ(第27話「宗久の約束」  2020/10/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美濃で義昭(滝藤賢一)と対面した信長(染谷将太)は、戦に興味のない様子を不安に思う。光秀(長谷川博己)は三好勢の兵力と朝廷側の意向を探るため京へ向かう。そして、駒(門脇麦)を介し、事情をよく知る伊呂波太夫(尾野真千子)を訪ねる。太夫によれば、三好は今井宗久(陣内孝則)ら堺の豪商と強固なつながりがあり、その財力に支えられているのだという。宗久の名前を聞いた駒は、以前、丸薬に興味を示した商人を思い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月16日更新】
■ あらすじ(第28話「新しき幕府」  2020/10/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
義昭(滝藤賢一)が京に入り、織田軍は三好勢を一掃。光秀(長谷川博己)は活躍が認められ、将軍奉公衆に加えられる。義輝暗殺に関与した疑いのある松永(吉田鋼太郎)の処分を巡り、織田と奉公衆の意見が割れる中、義昭は信長(染谷将太)の意見に従う代わりに、政所頭人として将軍家に仕えてきた摂津(片岡鶴太郎)に幕府の政務を任せるのを認めてほしいと言う。光秀と藤孝(眞島秀和)は摂津の再起用に胸騒ぎを覚える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月21日更新】
■ あらすじ(第29話「摂津晴門の計略」  2020/10/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
義昭(滝藤賢一)の御座所である二条城の建築を独断で進める信長(染谷将太)への反発の声が摂津(片岡鶴太郎)の元に届く。一方、光秀(長谷川博己)は伊呂波太夫(尾野真千子)に呼ばれ、三好とのつながりを疑う幕府に追われ身を隠す前関白・近衛前久(本郷奏多)と対面。前久は今の幕府は私利私欲で動く者ばかりと嘆き、帝を守る本来の役目を見失っているとほのめかす。帝の存在が気に掛かる光秀は、荒廃した御所へ足を向ける。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック