FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

※金曜・冬アニメ「とある科学の超電磁砲T」

kage

2020/01/10 (Fri)

ジャンル:SF
 とある科学の超電磁砲T



最速放送日:2020年1月10日(金)22:00~(AT-X)

■キャスト
御坂美琴:佐藤利奈
白井黒子 :新井里美
初春飾利 :豊崎愛生
佐天涙子:伊藤かな恵
食蜂操祈 :浅倉杏美
婚后光子 :寿 美菜子
湾内絹保 :戸松 遥
泡浮万彬 :南條愛乃
上条当麻 :阿部 敦
削板軍覇 :河西健吾
御坂妹 : ささきのぞみ
帆風潤子 :津田美波

■スタッフ・制作会社
原作:鎌池和馬+冬川基、キャラクター原案:はいむらきよたか、監督:長井龍雪、シリーズ構成:ヤスカワショウゴ、アニメーションキャラクターデザイン:田中雄一、美術監督:泉健太郎、色彩設計:安藤智美、撮影監督:福世晋吾、編集:西山茂、音響監督:明田川仁、音楽:井内舞子 、制作会社:J.C.STAFF

■ 主題歌
【OP】fripSide「final phase」
【ED】岸田教団&THE明星ロケッツ「nameless story」



公式サイト:http://toaru-project.com/railgun_3/

■作品解説
総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。 その人口の約八割を学生が占めることから、「学園都市」と呼ばれているその都市では、世界の法則を捻じ曲げて超常現象を起こす力――超能力の開発が行われていた。特殊な授業カリキュラムを受け、能力を得た学生たちは、定期的な『身体検査システムスキャン』によって、『無能力レベル0』から『超能力レベル5』の6段階に評価されている。その頂点に立ち、最強と謳われるのが、7人の『超能力者』たちである。そのひとり、御坂美琴。電気を自在に操る『電撃使いエレクトロマスター』最上位の能力者にして、『超電磁砲レールガン』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。後輩で『風紀委員ジャッジメント』の白井黒子。その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。そんな仲間たちとの、平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に一度の一大イベントが迫っていた。『大覇星祭』。 7日間にわたって開催され、能力者たちが学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。期間中は学園都市の一部が一般に開放され、全世界に向けてその様子が中継されるにぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。その華やかな舞台の裏側で蠢くものには、まったく気づくこともなく――。

■第1話「超能力者(レベル 5)」
学園都市すべての学校が参加して 7 日間にわたって開催され、全世界にその様子が配信される『大覇星祭』。一大イベントを前に街中がお祭りムードの中、美琴と初春、佐天は『残骸(レムナント)』事件で重傷を負った黒子を見舞う。黒子は入院中にもかかわらず自分のせいで美琴が『大覇星祭』を楽しめないのではと気に病んでおり、3 人は心配せずにはいられない。しかも黒子は早々に退院して『風紀委員(ジャッジメント)』の巡回に参加すると息巻いていると聞き、初春は黒子の分まで頑張らねばと張り切ることに。そんな日常の裏側では、『大覇星祭』の開会式で『超能力者(レベル5)』に選手宣誓をさせようという企てが持ち上がり、さっそく 7 人への打診が試みられて……。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3あの御坂美琴が帰ってくる!
「とある科学の超電磁砲」のTVシリーズ第3期

「とある科学の超電磁砲T」は「とある科学の超電磁砲」のTVシリーズ第3期。『とある科学の超電磁砲』は、原作:鎌池和馬、作画:冬川基、キャラクターデザイン:灰村キヨタカによるライトノベル作品。KADOKAWAの『月刊コミック電撃大王』にて、2007年4月号より連載中。 2007年にコミカライズされ、2008年に最初のテレビアニメ化、続けて2010年にテレビアニメ第2期が放送。2013年には劇場版アニメとして上映され、人気を博した。また、本作の外伝である「とある科学の超電磁砲」も、テレビアニメ2期4クールおよびOVA1巻にわたってアニメ化され、世界中のファンから支持を得ている。その第3期であるテレビアニメ「とある科学の超電磁砲T」が、いよいよ2020年1月10日より放送される。アニメ監督は長井龍雪さん、シリーズ構成はヤスカワショウゴさん、アニメーションキャラクターデザインは田中雄一さん、音響監督は明田川仁さん、音楽は井内舞子さん、OP アーティストはfripSide、ED アーティストは岸田教団&THE 明星ロケッツ、アニメーション制作がJ.C.STAFFが担当する






----------------------------------------------------------------------------------------
常盤台中学
----------------------------------------------------------------------------------------
■御坂美琴:佐藤利奈
学園都市でも五指に入る名門お嬢様学校・常盤台中学に通う14歳。学園都市に7人しかいない「超能力者レベル5」の第三位で、電気を自在に操る『電撃使いエレクトロマスター』。電磁力の応用により、音速の3倍でコインを打ち出す能力から『超電磁砲レールガン』の異名を持つ。とある事件で知り合った上条とは、会うたび食って掛かる腐れ縁。竹を割ったような性格で、お嬢様らしくない行動が目立つ一方で、ファンシーグッズやかわいい服に目がない少女趣味な一面をのぞかせることも。

■白井黒子 :新井里美
常盤台中学1年生で、美琴の後輩にして学生寮のルームメイト。能力は「大能力レベル4」、常盤台唯一の『空間移動テレポート』能力者でもある。憧れの「お姉様」である美琴を必要以上に慕っており、ことあるごとにスキンシップを図るほど。正義感と責任感が強く、『風紀委員ジャッジメント』に所属して学校内の治安維持活動に努めている。栗色の髪をツインテールにまとめており、語尾が「~ですの」など、丁寧なお嬢言葉を使う。ちなみに胸は大変慎ましやか。

■食蜂操祈 :浅倉杏美
常盤台中学二年生。学園都市第五位の『超能力者』で、能力は記憶操作から読心まで精神操作なら何でもござれな『心理掌握(メンタルアウト)』。中学生らしからぬ抜群のプロポーションのみならず、常盤台最大勢力を誇る『派閥』の長として大きな影響力を持っており、構成員からは「女王」と呼ばれることも。美琴に対しては牽制のためか、からかうように絡むことが多く、その能力を含めて警戒心を抱いている。

■婚后光子 :寿 美菜子
常盤台中学二年生。能力は空気の流れを操る『空力使い(エアロハンド)』で、強度レベルは『大能力レベル4』。婚后航空のひとり娘として、並々ならぬ努力の末に常盤台中学に編入。周囲の名立たるお嬢さま方に後れを取るまいと必要以上に強がることも多く、当初は『派閥』形成に躍起になっていた。自信過剰で高慢に見えることもあるが、基本的に友達想いの素直な娘。純粋培養のお嬢様ゆえに世情に疎い部分もあり、勘違いが重なってトンデモな行動をとることも。現在はかつて父から授かったアドバイスの本当の意味に気付き、友人との関係構築を大事にしている。

■湾内絹保 :戸松 遥
常盤台中学一年生で黒子のクラスメイト。水泳部所属。水の流れを操る『水流操作(ハイドロハンド)』系の能力で、強度レベルは『強能力レベル3』。以前、繁華街で絡まれていたところを美琴に助けられたことがあり、陰ながら彼女を慕っていた。常盤台純正のお嬢さまらしく素直でおおらかな一方、多少のことでは動じない肝の太さも持っている。裏表のない性格ゆえか思ったことは素直に口に出すようで、ときに大胆発言が飛び出す天然さんな一面も。現在は自分を『派閥』に誘ってくれた婚后と良好な友人関係を築いている。

■泡浮万彬 :南條愛乃
常盤台中学一年生で黒子のクラスメイト。水泳部所属。能力は対象の周囲の浮力を操る『流体反発(フロートダイアル)』で、強度
レベルは『強能力レベル3』。同じ部の湾内と行動することが多く、偶然、転入してきたばかりの婚后に誘われた『派閥』に興味を持ったことから友人となる。湾内同様、包み込むような温かさで婚后に接しており、よい友人関係を継続中。慎ましやかで穏やかな常盤台の一般的な生徒だが、婚后や美琴との交流を通して影響を受けているようで、たくましさを身に付けつつある様子。

■帆風潤子 :津田美波
常盤台中学三年生で、食蜂『派閥』のナンバー2。能力は体細胞中の電気信号を操作して身体能力を向上させる発電系能力『天衣装着(ランペイジドレス)』で、強度レベルは『大能力レベル4』。食蜂に心酔しており、彼女に代わって『派閥』の実質的な管理運営をしている。生真面目で細やかな気配りができるタイプのようで、なにかと自由すぎる食蜂にお小言をいうことも。立派な縦ロールは常盤台御用達の美容院でセットされたもので、とある理由でお気に入りらしい。

----------------------------------------------------------------------------------------
柵川中学
----------------------------------------------------------------------------------------
■初春飾利 :豊崎愛生
『風紀委員(ジャッジメント)』第一七七支部に所属する、黒子のバックアップ担当。「歩く花瓶」のような髪飾りに、甘ったるい声とのんびりした性格。甘いもの好きで、お嬢さまに極度の憧れを抱くなど意外とミーハーな面も。『風紀委員(ジャッジメント)』として、身体能力は決して高くはないが、意思の強さと集中力、観察力は高く、特に情報処理を得意としている。

■佐天涙子:伊藤かな恵
初春のクラスメートで「無能力者レベル0」。初春をいじるのが日課のようで、挨拶はいつも「スカートめくり」というセクハラ中学生。天真爛漫を絵に描いたような性格だが、能力開発が進まないことに少々悩んでいる。

----------------------------------------------------------------------------------------
その他の登場人物
----------------------------------------------------------------------------------------
■上条当麻 :阿部 敦
第七学区のとある高校に通う高校一年生。成績は赤点レベルの補習常連、『無能力者レベル0』で能力は不明だが、どんな異能の力も打ち消す『幻想殺し(イマジンブレイカー)』という力を右手に宿している。困っている人を見過ごせない性格で、美琴と知り合うきっかけもお節介から。その際に右手で電撃を防いでしまったことで目を付けられ、何かにつけて美琴に勝負を挑まれている。極度の不幸体質で大小さまざまなトラブルに巻き込まれまくる。例外的に女性との出会いに恵まれているが、女心の機微に疎く、幸運を享受できていない。住居は同学区にある男子学生寮の7階の一室。実家は神奈川県にある。

■削板軍覇 :河西健吾
学園都市第七位の『超能力者レベル5』にして、『原石』と呼ばれる天然の異能者。その能力については非常に繊細かつ複雑なもので、原理や発現の仕方など詳細がまるでつかめていない稀有な存在でもある。『すごいパンチ』と自称する必殺技を持つが、これまたよくわからない力で離れた対象を攻撃できること以外は不明なもので、本人も自分の能力を大雑把にしか把握できていない様子。口ぐせのように「根性」を持ち出す熱血漢で、普段は街中で人助けをしているらしい。たいていのことは根性でどうにかなると考えている節がある。

■御坂妹(ミサカ10032号) : ささきのぞみ
とある実験--『量産型能力者(レディオノイズ)』計画、および『絶対能力進化レベル6シフト』計画のため、第三位の『超能力者レベル5』御坂美琴のDNAマップ(=遺伝子情報)をもとに作られた軍用クローン。能力は『異能力レベル2』~『強能力レベル3』程度の発電系能力『欠陥電気(レディオノイズ)』。美琴とは対照的に表情は乏しく特徴的な口調で話すが、ガサツな言動やカワイイもの好きなど、その面影を残す部分も。現在、第七学区のとある病院をはじめ、世界各地の学園都市関連施設で治療中。

----------------------------------------------------------------------------------------
★放送日:2020年1月10日~


Arika報告書v
ひとこと感想。


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:☆ 0・0  
物語:0.0 作画:0・0 声優:0・0 音楽:0・0 キャラ:0・0

----------------------------------------------------------------------------------------


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック