FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

2020年冬、木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』

kage

2020/03/12 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月16 日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

 ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:福田靖
演出:本橋圭太/及川拓郎
プロデューサー:黒田徹也/服部宣之/飯田サヤカ/菊池誠/松野千鶴子/岡美鶴
主題歌:ハレルヤ/宮本浩次

E13-b043.gif
外部サイト:ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
仲井戸豪太:桐谷健太
神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事。私立高校の体育教師として8年勤めた後、警察官に転職。交番勤務から念願の刑事に36歳で昇格した。一度走り出したら止まらない熱い性格。もともと“ええかっこしい”のところもあるが、刑事となって、さらに張り切っている。

真島修平 :東出昌大
横浜地方検察庁みなと支部の検事。東京大学法学部・法科大学院を卒業し、司法試験に合格した超エリート。選民意識が強く、プライドも高い。頭が良過ぎて逆にズレている部分もあり、検事としては半人前。検事の職に就いて5年になるが、いまだ大きな事件を担当させてもらえずに内心焦っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
桐谷健太&東出昌大がW主演! 刑事と検事の異色バディが衝突しながら事件に挑む 
桐谷健太と東出昌大がダブル主演を務める“大人の群像コメディー”。元体育教師の走り出したら止まらない刑事・仲井戸豪太(桐谷)と、頭脳明晰過ぎて逆にズレている東大卒の頭でっかちな超エリート検事・真島修平(東出)が、それぞれの正義感をたぎらせながら難事件を解決していく姿を描く。刑事と検事が異色のバディを組んで、ぶつかり合いながらも次第に共鳴していく展開も見どころ。NHK連続テレビ小説「まんぷく」を手掛けた福田靖がオリジナル脚本を執筆し、物語を通して正義とは何かを問いかけながら、笑える要素も盛り込む。

2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月16日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
神奈川県警の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、今という時代に重視されるコンプライアンスも意に介さず「とにかく犯人を逮捕して、被害者に感謝されたい」と躍起になる熱血漢。一方、横浜地方検察庁の検事・真島修平(東出昌大)は、「犯罪者を裁くための一番の社会正義は、起訴すること。そのために証拠を集める刑事は、検事の“駒”である」と考える冷血漢。
共にまだ半人前な2人がバディを組み、時にはぶつかり合いながらも共鳴し、数多くの事件に立ち向かっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月16日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/1/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
念願かなって神奈川県警横浜桜木警察署の刑事となった元体育教師の豪太(桐谷健太)は、同僚のひかる(今田美桜)や目黒(磯村勇斗)から連続空き巣事件について聞き、犯人を捕まえると大張り切り。横浜地方検察庁みなと支部の検事・修平(東出昌大)は、好意を抱く立会事務官・みなみ(比嘉愛未)の前で大事件を担当したいと焦っていた。やがて現行犯逮捕した空き巣が元教え子の滑川(馬場徹)と知り、豪太は落ち込む。一方、修平は滑川の事件にある疑いを抱き、桜木署に確認。その態度にいら立つ豪太は、修平にかみつく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月18日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/1/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
路上で口論の末に殴られた男性が階段から転落し、意識不明に。容疑者として猫田(稲葉友)が捕まり、豪太(桐谷健太)は教員経験を生かした取り調べで自白を引き出す。だが、地検に移った猫田は修平(東出昌大)に対し、警察で自白を強要されたと犯行を否定。豪太は起訴に必要な物証を要求する修平に反発しながらも証拠探しに奔走する。その経緯を見たみなみ(比嘉愛未)は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月24日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/1/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
バーのオーナーの刺殺事件が発生。神奈川県警捜査一課が捜査するため、張り切る豪太(桐谷健太)ら所轄は支援に回される。上司の樫村(柳葉敏郎)に懇願して担当検事となった修平(東出昌大)は、みなみ(比嘉愛未)を前に得意げだ。やがて、運送会社社員・瀬川(薬丸翔)が容疑者に浮上。だが、物証がないからと逮捕の許可を出さない修平に捜査一課長・見城(池田成志)らは焦り出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月6日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/2/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
テレビの密着取材が決まり、豪太(桐谷健太)ら強行犯係の面々は放火の知らせに全員で出動して大騒ぎ。やがて、放火された原動機付自転車の持ち主・直樹(大東駿介)が、みなみ(比嘉愛未)の元恋人で、犯人は直樹から短期間で振られた貴理子(阿部純子)と分かる。みなみの恋愛事情に落ち込む修平(東出昌大)は、検察にやって来た直樹をにらむが、意外な話を聞き豪太に調査を頼む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月13日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/2/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
豪太(桐谷健太)と目黒(磯村勇斗)は、路上のけんかで相手にけがさせた源(深水元基)を逮捕する。目黒の同級生だった弁護士・神田川(堀井新太)の登場で誤認逮捕と分かり慌てる横浜桜木署の面々だが、源に3年前の事件の傷害容疑が浮上。原則通り釈放させようとする検察と警察で意見がぶつかる。その後、修平(東出昌大)は見張りも兼ねて豪太らの捜査に参加。一方で、神田川は根回しに動く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月18日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/2/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
豪太(桐谷健太)と修平(東出昌大)、みなみ(比嘉愛未)は、行きつけの店で大貫(風間杜夫)と樫村(柳葉敏郎)に遭遇する。一方、合コンがうまくいかず交番で田口(湯江タケユキ)に愚痴をこぼしていたひかる(今田美桜)は、逃走中のコンビニ強盗犯・半田(長谷川朝晴)を確保。半田は送検されるが、樫村に八つ当たりされた修平の指示で、ひかるは半田の兄の所在を調べる羽目に。それが大騒動に発展する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月24日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/2/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
集団暴行事件が発生。豪太(桐谷健太)らは、大学生の江島(永田崇人)を骨折させたとして、同じ高校の卒業生である久保田(濱正悟)、宮前(柾木玲弥)、黛(今井悠貴)を取り調べ、全員を送検する。主犯格が誰かを探す検察は、修平(東出昌大)と日下(渋谷謙人)、栄(峯村リエ)の検事3人がそれぞれに話を聞くが供述が食い違う。豪太は日下と張り合う修平にあきれるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月2日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/3/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
体中にあざがある6歳の女児・笑美(渋谷南那)が保護された。豪太(桐谷健太)は笑美と2人で暮らす母親・真由子(桜井ユキ)を連行するが、真由子は虐待を否認。検察との共同捜査が始まり、笑美の元へ向かった豪太とひかる(今田美桜)、修平(東出昌大)、みなみ(比嘉愛未)は、表情を失ったその痛ましい姿に怒りを募らせる。一方、目黒(磯村勇斗)らは、男性2人の‘決闘’事件を調べる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月9日更新】
■ あらすじ(第9話  2020/3/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
横浜港近くの倉庫で暴行を受けた男性の遺体が見つかり、豪太(桐谷健太)ら桜木署のほか見城(池田成志)ら県警捜査一課、そして当番だった修平(東出昌大)がみなみ(比嘉愛未)と現場へ。消された胸のタトゥーの痕跡などから被害者が‘半グレ集団’の一員と分かる。さらに、豪太らが別件で追う久我山(桐山漣)の関与の疑いが浮上。勝手に捜査を進める豪太に修平は…。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック