FC2ブログ
2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

2020年冬、BS時代劇「大岡越前5」

kage

2020/02/21 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月10日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:45

 BS時代劇「大岡越前5」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:尾西兼一/いずみ玲/朝比奈文邃
演出:矢田清巳/山下智彦/西片友樹
制作統括:白石統一郎/樋渡典英/吉永証

E13-b043.gif
外部サイト:BS時代劇「大岡越前5」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岡忠相:東山紀之
江戸南町奉行。人情と理性を兼ね備えた名裁きと親しみ深い人柄で、町人から愛されている。将軍である吉宗からの信頼も厚い。妻・雪絵との間に7歳の息子・求次郎がいる。

榊原伊織:勝村政信
蘭方医。養生所に勤めた後に長崎へ修業に。その後、江戸へ戻って来る。

結城新三郎:寺脇康文
伊織の後任として養生所に勤める蘭方医。忠相とは深い友情で結ばれている。

雪絵 :美村里江
忠相の妻。内助の功で、誰よりも夫を思い支えている。

伊生正武 :高橋光臣
老中・松平乗邑の意を受け北町奉行になった。忠相へ激しい対抗心を燃やす。

徳川吉宗 :平岳大
江戸幕府の八代将軍。忠相らに支えられ、享保の改革を進める。おしのびで市中に現れることも。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
東山紀之主演の人気時代劇シリーズ第5弾! さまざまな問題を名裁きで解決 
2013年から続く、国民的時代劇のヒーロー・大岡越前守忠相を東山紀之が演じるシリーズの第5弾。南町奉行所に持ち込まれるさまざまな事件や難題に対し、忠相が江戸の庶民の暮らしを守るために悪党を裁いていく姿を描く。

今作では、忠相に対する強力なライバルとして、北町奉行・伊生正武(高橋光臣)が登場し、忠相への激しい対抗心を燃やす。さらに、7歳になった忠相の息子・求次郎(吉田隼)がレギュラー出演し、わが子との関わりの中で忠相の家庭人としての顔が際立つ展開も。市井のいざこざから、将軍の世継ぎ争い、さらには“犯罪の時効”をめぐる問題まで、忠相が鮮やかな名裁きで解決していく。


2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
南町奉行所の大岡忠相(東山紀之)は、南部家当主から、過去に追放した家臣を捜してほしいと頼まれる。一方、北町奉行・伊生正武(高橋光臣)は南部家中のもめ事について調べていた。
ある日、忠相の母・妙(松原智恵子)がくず屋から買った仏像の中から大金が出てきて、大岡家は大騒ぎに。元の持ち主である浪人・千代田卜斎(片岡鶴太郎)に返そうとするが、卜斎は頑として受け取らない。やがて、その卜斎が南部家当主が捜している人物だと分かり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月10日更新】
■ あらすじ(第1話「頑固くらべ茶碗騒動」  2020/1/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
南町奉行所の忠相(東山紀之)は、南部家当主から、過去に追放した家臣を捜してほしいと頼まれる。一方、北町奉行・伊生(高橋光臣)は、南部家中のもめ事について調べていた。ある日、忠相の母・妙(松原智恵子)がくず屋から買った仏像の中から大金が出てきて、大岡家は大騒ぎに。元の持ち主である浪人・卜斎(片岡鶴太郎)に返そうとするが、卜斎は頑として受け取らない。やがて、その卜斎が南部家当主が捜している人物だと分かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月17日更新】
■ あらすじ(第2話「友情の行方」  2020/1/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
付木売りのおけい(鈴木梨央)が倒れ、診察した養生所の医師・新三郎(寺脇康文)は入所を勧めるが、おけいは長患いの母・おつね(松岡由美)が心配で申し出を断る。おけいの長屋を訪ねた新三郎は、おつね用に薬包を置いていく。翌朝、おつねが死亡。薬包の中身がトリカブトだったとして新三郎が捕らわれる。南町奉行の忠相(東山紀之)は新三郎の無実を証明しようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月19日更新】
■ あらすじ(第3話「消えた密書」  2020/1/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
将軍・吉宗(平岳大)が急病で倒れ、世継ぎ問題が発生。嫡男・家重派と次男・宗武派に幕閣が割れる中、宗武が老中・乗邑(田村亮)へ宛てたと思われる密書を手にした奥女中が何者かに斬られ、居合わせた下っ引きの子吉(山崎裕太)も大けがを負って昏睡(こんすい)状態となる。消えた密書の行方を両派が捜す中、争っている場合ではないと考える忠相(東山紀之)は声を上げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月31日更新】
■ あらすじ(第4話「孝行息子の毒団子」  2020/1/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
親孝行で評判だった喜助(迫田孝也)が父親の太兵衛(花王おさむ)を毒入り団子で殺害する事件が起こる。認知症が進行した父親の世話に、女房のお清(木内晶子)ともども疲れ切った上での犯行だと、自らの罪を認める喜助だが、忠相(東山紀之)はその態度に違和感を抱く。一方その頃、南町奉行所の同心たちは、老人ばかりを狙って金を奪う騙り集団を追い詰め、捕らえようとしていたが、そこに突然お清が包丁を手に現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月7日更新】
■ あらすじ(第5話「すばらしき人生」  2020/2/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大工の佐吉(波岡一喜)が十両もの大金を盗んだ疑いで捕まる。しかし、同心たちが佐吉の周辺を調べると、出てくる証言は佐吉の人の良さを示すものばかり。やがて、佐吉は捕まる前の晩に大工仲間の徳次(佐藤祐基)と賭場に行ったことが分かるが、佐吉はそのことを否認する。忠相(東山紀之)は佐吉のその態度に違和感を抱く。一方、佐吉と同じ長屋に住む住民たちは、佐吉を助けるために十両を集めようと募金活動を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月7日更新】
■ あらすじ(第6話「命を賭けた恩返し」  2020/2/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
北町奉行所の同心・鴨田(山口馬木也)が、商人・又三殺しの疑いで捕まる。怒った北町奉行の伊生(高橋光臣)は即座に鴨田を罷免するが、忠相(東山紀之)は悪びれる様子もなく罪を認める鴨田の態度に違和感を覚える。一方、殺された又三には、行方をくらましている根付師の梅次(内野謙太)との間にいさかいがあったことが分かる。梅次は又三を実の親だと思っていたらしい。やがて梅次が、自分が又三を殺したと自訴して出てくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月7日更新】
■ あらすじ(第7話「新たな御法」  2020/2/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
菓子屋の女将・おたき(倉科カナ)には人に知られてはいけない過去がある。喜八(渋川清彦)という男に支配され美人局をさせられていたのだ。その喜八が10年ぶりに現れ、おたきを強請るようになる。一方、喜八に商家の若旦那を殺害した疑いがかかるが、証拠が見つからない。喜八を裁くにはおたきの証言が必要となるが、その時はおたきも同罪となってしまう。忠相(東山紀之)は旧悪を免除する新たな法度の必要性を幕閣に訴える。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック