FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

2020年冬、金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』

kage

2020/02/21 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★1月17日スタート 

TBS系 毎週金曜 22:00~22:54

 病室で念仏を唱えないでください

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:こやす珠世「病室で念仏を唱えないでください」(小学館)
脚本:吉澤智子
演出:平野俊一/岡本伸吾/泉正英
プロデューサー:峠田浩
主題歌:I’m Here/三浦大知

E13-b043.gif
外部サイト:病室で念仏を唱えないでください

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
松本照円:伊藤英明
あおば台救命救急センターの救命救急医であり、病院付きの僧侶。僧侶としての名が照円で、本名は照之。幼なじみを自分のせいで亡くしたと考え、トラウマから仏門に入り、たくさんの命を救うために医師となる。病室で念仏を唱えると、「縁起でもない」と嫌がられている。僧衣姿のまま救急医療にあたることも。

三宅涼子 :中谷美紀
松本の同僚。腕のいい仕事のできる救命救急医。松本のことを「念仏くん」と呼んでいる。サバサバとした性格の現実主義者。一方で繊細な一面も併せ持つ。容姿端麗だが少し抜けたかわいらしい一面も。松本とは衝突することも多いが、互いの実力を認め合い、信頼関係を築いている。

濱田達哉 :ムロツヨシ
エリート心臓血管外科医。医学会でも一目置かれる存在で、心臓外科の中でも特に難しいとされる小児心臓血管外科手術も手掛ける。「美しいオペ」を信条としているため、命を救うためであればむちゃにも見える処置をもいとわない松本と、事あるごとに衝突する。

児嶋眞白 :松本穂香
濱田の下で働く新人心臓外科医。能力は高いがプレッシャーに弱い。濱田の前立(第一助手)をしていた際にミスをして役立たず扱いされてから、干され気味に。松本と出会い、目の前の命を助ける救命救急に携わりたいと思い始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
伊藤英明が救命救急医兼僧侶の異色の役柄に挑む医療ヒューマンストーリー 
こやす珠世の同名漫画を原作に、僧侶でもある救命救急医・松本照円の奮闘を通して、「生きること」を問う医療ヒューマンストーリー。TBSの連続ドラマは12年ぶりの主演となる伊藤英明が、肩まで長かった髪をばっさりと落とし、丸刈りで異色の役柄に挑む。
そのほか、中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香、片寄涼太、堀内健、萩原聖人、余貴美子らが共演。個性豊かなキャストが物語に深みを与える。

脚本は「初めて恋をした日に読む話」(同系)などを手掛けた吉澤智子が担当。これまでの医療ドラマではあまり描かれなかった“救命救急医 VS 専門医”の対立も描くほか、僧侶ながら煩悩たっぷりな主人公の姿など、コミカルな要素も盛り込む。


2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月17日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
幼少期に目の前でおぼれている幼なじみを救えなかったことから仏門に入り、大切な人の死を前にして命を救いたいという思いから医者を志した松本照円(伊藤英明)。病院では救命救急医として医療に従事しながら、霊安室での枕経や、終末期の患者の心のケアといった僧侶としての仕事も兼任している。救急センターに運び込まれた患者の処置に法衣のまま当たることもあり、時に患者に「自分が亡くなってしまったのでは?」と勘違いさせるなど、騒動を起こしてしまうことも。また、何かにつけて念仏を唱えたり説法をするため、同僚からはしばしば煙たがられるが、本人は医師としても僧侶としても明るく真面目に日々取り組んでいた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月17日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/1/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
僧侶兼救命救急医の松本(伊藤英明)が働く「あおば台病院」の救命救急センターに交通事故の救急患者数人が運び込まれる。同僚医師・三宅(中谷美紀)らが様々な状態の患者の対応に追われる中、松本は車の助手席にいた容子(hitomi)の処置に。そこに容子の息子・将太(大西利空)が駆け付ける。直後、現れた容子の同乗男性の妻・みどり(黒沢あすか)はセンター長・玉井(萩原聖人)らを前に夫の浮気を騒ぎ立て、将太がそれを聞いてしまう。一方、有能な心臓血管外科医・濱田(ムロツヨシ)を迎え同院には変化の時が訪れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月19日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/1/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
多数の患者を受け入れ、大忙しの救命救急センター。松本(伊藤英明)らは心臓血管外科に応援を頼むが、濱田(ムロツヨシ)はあっさり拒否する。そんな折、松本は川で溺水した中学生・岡崎の元へ。岡崎はファスナーの開いたペンケースを握っており、現場からは同じ制服の少年が逃げ去っていた。三宅(中谷美紀)は、岡崎の予後に希望を見いだせず弱音を吐く松本にハッパを掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月31日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/1/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
交通事故で入院中の宮島(ナオト・インティライミ)が姿を消す騒動が発生。「楽になりたい」という宮島の心の健康まで気に掛ける松本(伊藤英明)と、救命という救急医の本分を守るべきだという三宅(中谷美紀)は意見が対立する。そんな折、松本はスポーツジムで児嶋(松本穂香)と遭遇。児嶋は松本に、濱田(ムロツヨシ)が心臓血管外科に来てから、執刀の機会が減ったとこぼす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月7日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/2/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
全ての患者を受け入れたいと言う松本(伊藤英明)に研修医の田中(片寄涼太)が反発。大病院の御曹司である田中は医療には限界があると考えていた。一方、児嶋(松本穂香)は濱田(ムロツヨシ)から手術の助手に指名され、救急と関わらないよう忠告される。そんな折、階段から転落した男性・長沢(本並健治)が一刻を争う容体に。ところが、駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)が手術の中止を訴える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月8日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/2/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
松本(伊藤英明)は師匠・円明(団時朗)の寺で失意にさいなまれていた。救命救急センターには、松本の頼みを受けた整形外科医・藍田(堀内健)や、児嶋(松本穂香)が合流する。そんな折、円明の元に旧知の老人・石川が危篤との連絡が届く。少年時に温かく接してくれた石川を覚えていた松本は、行かせてほしいと懇願。初めて触れた臨終の形に医師としての在り方を考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月18日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/2/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
児嶋(松本穂香)が、目指す救急医として三宅(中谷美紀)の名前を挙げ、誘った松本(伊藤英明)は複雑な気持ちに。そんな中、救急受け入れ要請が相次いで入る。態勢を整えた一同は、ボウリング場から搬送された患者にあぜん。一方、建設現場のパネル落下事故では、1人目の患者は脚を骨折、2人目は意識不明となっていた。2人目の顔を見た三宅は動揺して動きが止まってしまう。


D10-g019.gif

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック