FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(2019年メディアミックス作品)10/9(水)アニメ化された原作&コミック[七つの大罪/BEASTARS]

kage

2019/10/09 (Wed)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 (2019・秋)10/9(水)アニメ化された原作&コミック

2019年10月9日(水)
┣原作:鈴木央「七つの大罪」(講談社「週刊少年マガジン」連載)
┣原作:板垣巴留「BEASTARS」(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)

放送前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:ファンタジー
 七つの大罪/鈴木央



アニメタイトル:「七つの大罪 神々の逆鱗」

最速放送日:2019年10月9日(水)17:55~(テレビ東京)

■キャスト
メリオダス:梶 裕貴
エリザベス:雨宮 天
ホーク:久野美咲
ディアンヌ:悠木 碧
バン:鈴木達央
キング:福山 潤
ゴウセル:髙木裕平
マーリン:坂本真綾
エスカノール:杉田智和
ギルサンダー:宮野真守
ハウザー:木村良平
グリアモール:櫻井孝宏
ヘンドリクセン:内田夕夜
ドレファス:小西克幸
マトローナ:佐藤 利奈
ゼルドリス:梶 裕貴
エスタロッサ:東地宏樹
ガラン:岩崎ひろし
メラスキュラ:M・A・O
ドロール:小野大輔
グロキシニア:小林裕介
モンスピート:津田健次郎
デリエリ:高垣彩陽
フラウドリン:小西克幸

■スタッフ・制作会社
原作:鈴木央(講談社「週刊少年マガジン」連載)、監督:西澤普、シリーズ構成:池田臨太郎、アニメーションキャラクター設定:西野理恵、サブアニメーションキャラクター設定:あおきまほ、プロップ設定:安食圭、色彩設計:のぼりはるこ、美術監督:河合泰利 、撮影監督:青木孝司、編集:内田恵、音響監督:横田知加子、音楽:澤野弘之/KOHTA YAMAMOTO/和田貴史、制作協力:マーヴィージャック 、制作会社:スタジオディーン

■ 主題歌
【OP】UVERworld「ROB THE FRONTIER」
【ED】雨宮天「Regeneration」

公式サイト:https://www.7-taizai.net/

≪あらすじ・作品解説≫
いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かたれてはいなかった古の物語。 三千年の時を経て復活した、魔神族の精鋭〈十戒〉との戦いに 〈七つの大罪〉は敗れ、メリオダスは死んだ。 そして、ブリタニアには暗黒の時代が訪れる。 ディアンヌ、キング、ゴウセルも行方不明の中、 リオネス王国に迫る〈十戒〉の魔の手。 エスカノールがエスタロッサを退けるも劣勢は続く。 そして、エリザベスが窮地に陥ったその時、 圧倒的な力を取り戻したメリオダスが煉獄より復活を果たす。 〈十戒〉のグレイロードとフラウドリンは討たれ リオネス王国は守られた。 復旧する建物。 しかし、人々の恐怖に傷ついた心は癒えない。 そして、力を取り戻した事でメリオダスは 最凶の魔神と呼ばれた時代に逆行しつつあった。 キャメロット王国を根城にする〈十戒〉の脅威は続く。 ブリタニアを魔神族から解放する為、 〈七つの大罪〉は再集結に向けて動き出すー。

2014年から2015年にかけてTVアニメ第1シリーズが放送され、2018年1月には、TVアニメ第2シリーズ「戒めの復活」が放送された。その第3シーズンとなる。TVアニメ新シリーズ「七つの大罪 神々の逆鱗」では、熾烈を極める〈十戒〉との戦い、メリオダス・エリザベス2人の因縁や世界の秘密が描かれ、物語はいよいよクライマックスへと向かって進んでいく。今作よりアニメーション制作はスタジオディーンとなり、監督を西澤普が務める。また、音楽はこれまでから引き続き澤野弘之らが担当している。個人的には巨人で戦闘力高めだけど、内面は年相応の乙女というディアンヌが大好きです。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1小学生の頃初めてFF3をプレイした時の感覚に!
現在進行形で「週刊少年マガジン」(講談社)ダーク・ファンタジー連載中!

「週刊少年マガジン(講談社)」連載の、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2011年52号の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。2015年、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞。2018年10月の時点で累計発行部数は3000万部を突破している。 またTVシリーズのほかに劇場版が制作されるなど、今、、もっとも多くのファンから支えられているファンタジー作品。「七つの大罪」と呼ばれる騎士団を中心に、人類と魔人族の激しいバトルが描かれる本作。少年漫画誌での連載作品ということもあり、ファンタジーものでありながらバトルものの要素があり、手に汗握るドラマが特徴。そのいっぽうで、個性的なキャラクターも人気の秘密。謎に満ちた「七つの大罪」団長のメリオダスや箱入り娘……かと思いきや、意外にも行動派なヒロイン・エリザベス。豚なのか何なのか、正体不明のマスコット・ホークなど、活躍を眺めているだけでも楽しくなるキャラばかり。いまだ人と、人らなざるものの世界が、分かれていなかった時代ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団<七つの大罪>の戦いを描く。

王道のファンタジーを読むのは、かなり珍しい方だけど面白かった!小学生の頃初めてFF3をプレイした時の感覚に似たモノが湧き上がってきた。タイトルからの印象から悪いひとが主役なのかなと思ったら全然いい人でした。手配書とあまりにも違って、10年経ってもまったく年を取らず子供みたいなメリオダス。エリザベスの右目がいつも前髪で隠れていることとか、まだまだ色々謎がありそうです。ホークがかわいい! ほかの罪の人たちとの仲はどうなんだろうと思ったら二人目の人とは仲良しそうでしたし、ことごとく予想と外れていました。1巻で2人目の罪を見つけたので7人全員が見つかるのは意外とサクサク進む感じ?(笑)。 15巻まで読みましたがキャラがとにかく魅力的。みんながみんな何か抱えているようで今後の展開が楽しみです。


鈴木 央【漫画家】
┣1977年2月8日、福島県須賀川市出身
┣男性/既婚者。
┣愛称は「央(なかば)」の名前から取られた「ばっちょ」。
┣1996年に『週刊少年ジャンプ』で開始した『ライジングインパクト』で連載デビュー
┣代表作に『ライジングインパクト』・『ブリザードアクセル』・『七つの大罪』
┣『週刊少年マガジン』(講談社)誌上において『七つの大罪』を連載中(2019年11月現在)。
┣BOOK:https://www.7-taizai.net/books
鈴木央のだらだらブログリターンズ - 公式ブログ


 ■スピンオフ漫画

・迷え!七つの大罪学園!
┣『別冊少年マガジン』(講談社)2014年9月号より2016年11月号まで連載。
┣『週刊少年マガジン』(講談社)でも時折掲載された。
┣作画は球木拾壱。
┣学園を舞台としたスピンオフコメディ漫画。

・七つの大罪プロダクション
┣『ARIA』(講談社)2016年1月号より2017年12月号まで連載。
┣作画は坂元千笑。
┣本作が「実はいま巷で話題の連続テレビドラマ」で、「メリオダス以下“七つの大罪”もドラマとは全然性格が異なる俳優が演じていたら」というコンセプトのギャグ漫画。

 ■小説

・小説 七つの大罪 -外伝- 昔日の王都 七つの願い
┣講談社KCデラックス出版(2014年12月17日発売)。
┣著者は、松木朱夏。
┣平和だったころのリオネス王国の物語。マーガレット、ベロニカ、エリザベス、ギルサンダー、ハウザー、グリアモールなどの幼い日の話。

・七つの大罪 セブンデイズ
┣講談社ラノベ文庫出版(2015年1月16日発売)。
┣著者は、岩佐まもる。
┣生命の泉を守るエレインと若き青年バンの物語。
┣講談社KCデラックスにて2016年10月17日に復刊。復刊にあたりタイトルに他の小説化作品同様に「小説」がついた。

・小説 七つの大罪 -外伝- 彼らが残した七つの傷跡
┣講談社KCデラックス出版(2015年10月16日発売)。
┣著者は、松木朱夏。
┣ザラトラスの惨劇の後、七つの大罪が王国に戻るまでを結ぶエピソード。

・小説 七つの大罪 -外伝- 七色の追憶
┣講談社KCデラックス出版(2016年10月17日発売)。
┣著者は、松木朱夏。
┣ゴウセル、スレイダー、キングの虹にまつわる物語。

・七つの大罪 ゲームブック 迷いの森の冒険
┣講談社KCデラックス出版(2015年6月17日発売)。
┣著者は、藤浪智之。
┣主人公は迷いの森に「聖杯」を求めてやってくるが記憶を失ってしまい、彷徨っていると喋る豚ホークと出会い彼とともに聖杯を探すことになるというストーリー。ゲームブックなのでページの部分に番号が書かれていて選んだ行動のところに書いてある番号のページに進んでいく。また選択を間違えると死んでしまいリトライとなる。本編の第一話の約一年前という設定のオリジナルストーリーで、主人公は〈七つの大罪〉たちに出会い、敵対して戦ったり、会話して味方になったりすることになる。


Arikaシネマ2014b3
ジャンル:ファンタジー
原作:鈴木央(講談社「週刊少年マガジン」連載)

 1期「七つの大罪 The Seven Deadly Sins」



放送期間:2014年10月5日(日) - 2015年3月29日(日) 17:00~(毎日放送)

■話数 :全24話 + OAD

■スタッフ・制作会社
監督:岡村天斎、シリーズ構成:菅正太郎、キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木啓悟、音楽:澤野弘之、制作会社:A-1 Pictures

■ 主題歌
【OP】いきものがかり「熱情のスペクトラム」
【ED】FLOW×GRANRODEO「7 -seven-」、瀧川ありさ「Season」

■作品解説
いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。絶大な魔力を有し、人々から敬われ、時に恐れられる存在<聖騎士>に守られた『リオネス王国』。王国の王女エリザベスは、たった一人国を離れ、ある者たちを探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団として恐れられ、国を裏切り、全聖騎士を敵に回した罪人たち――<七つの大罪>。たどり着いた一軒の酒場で、エリザベスは店主を名乗る少年・メリオダスに出会う。それは、彼女と<七つの大罪>たち、そして世界の命運を一変させるとびきりの冒険の始まりであった―!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3鈴木央さんが「週刊少年マガジン」(講談社)に連載中のファンタジーマンガをアニメ化⁉
いまだ人と、人らなざるものが分かれていなかった時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団<七つの大罪>の戦いを描く。「青の祓魔師」「クロムクロ」の岡村天斎さんが監督を務め、A-1 Picturesがアニメーション制作を担当する。

TVアニメ「七つの大罪 The Seven Deadly Sins 」…Arika


 4週連続でテレビスペシャル「七つの大罪 聖戦の予兆」



放送期間:2016年8月28日(日) - 9月18日(日) 17:00~(毎日放送)
※4週連続限定放送(2016年8月28日ー2016年9月18日)


■話数:全4話

■スタッフ・制作会社
監督:ところともかず、シリーズ構成:綾奈ゆにこ、脚本:綾奈ゆにこ/木戸雄一郎、キャラクターデザイン:佐々木啓悟、総作画監督:須藤智子/伊藤公規、音楽:澤野弘之/和田貴史 、制作会社:A-1 Pictures

■ 主題歌
【OP】MUCC「CLASSIC」
【ED】瀧川ありさ「色褪せない瞳」

■作品解説
いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。 ヘンドリクセンとドレファスの二大聖騎士長の支配から王国を奪還した<七つの大罪>と エリザベス、ホーク。 王国誕生祭も無事に終わり、リオネス王国にようやく平和が訪れた。 だが、次なる脅威の予兆は、確実に生まれつつあった-。 そんな気配を感じてか感じていないのか、<七つの大罪>たちはようやく訪れた日常を 満喫していた。しかし、彼らの日常が普通で済むはずはなく...。

これは、<七つの大罪>が次なる戦いに向かうまでの、つかの間の日々を描いたスペシャルな物語である!

----------------------------------------------------------------------------------------
日曜・夏アニメ「七つの大罪 聖戦の予兆」


 2期「七つの大罪 戒めの復活」



放送期間:2018年1月6日(日) - 6月30日 (日)6:30~(毎日放送)

■話数 :全24話

■スタッフ・制作会社
監督:古田丈司、副監督:田中智也、シリーズ構成:吉岡たかを、キャラクターデザイン:戸谷賢都/佐々木啓悟、プロップデザイン:宮川治雄、色彩設計:茂木孝浩/岡崎菜々子、美術監督:伊東広道、美術設定:成田偉保、撮影監督:木村俊也、CG監督:軽部優、編集:後藤正浩、音楽:澤野弘之/和田貴史、音響監督:若林和弘 、制作会社:A-1 Pictures

■ 主題歌
【OP】FLOW×GRANRODEO「Howling」
【ED】Anly「Beautiful」

■作品解説
いまだ人と、ひとならざるものの世界が、 分かれてはいなかった時代。 ヘンドリクセンとドレファスの二大聖騎士長の支配から 王国を奪還した<七つの大罪>とエリザベス、ホーク。 王国誕生祭も無事に終わり、 リオネス王国にようやく平和が訪れた。 だが、次なる脅威の予兆は 確実に生まれつつあった――

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3「戒めは解き放たれた――」、2018年1月より新シリーズ放送開始!
鈴木央さんが「週刊少年マガジン」(講談社)に連載中のファンタジーマンガを原作にしたアニメ作品。2014年から2015年にかけて放送された第1期に続き、2度目のアニメ化となる。人と、人らなざるものの世界が分かれていなかった時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団<七つの大罪>の戦いを描く。

※土曜・冬アニメ「七つの大罪 戒めの復活」


 3期「七つの大罪 神々の逆鱗」



※水曜・秋アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」


2019年10月〜オープニング・エンディング
 ■3期OP
 UVERworld「ROB THE FRONTIER」



期間生産限定盤
2019年10月16日発売
※「七つの大罪 神々の逆鱗」アニメ描き下ろしジャケット、デジパック仕様

<期間生産限定盤収録曲>
1. ROB THE FRONTIER
2. Touch of (2019.6.6 at Okinawa MUSIC TOWN OTO-ICHIBA)
3. Ø choir (2019.6.6 at Okinawa MUSIC TOWN OTO-ICHIBA)
4. ConneQt (2019.6.6 at Okinawa MUSIC TOWN OTO-ICHIBA)
5. ROB THE FRONTIER (short ver.)
6. ROB THE FRONTIER (instrumental)

 ■UVERworld



滋賀県出身の6人組バンド。バンド名のUVERworldは、「自分たちの世界を超えて広がる」ということからドイツ語を変形させたUVER(ウーバー)とworldから名づけられた。 2010年には東京ドーム、2014年には京セラドームでのライブを成功させる。結成20周年、デビュー15周年を2020年に控え、12月には東京ドーム公演2デイズを開催、そのうち1日は男性限定ライブ、通称”男祭り”での開催となる。

 ■3期ED
 雨宮天「Regeneration」



期間生産限定盤 (アニメ盤)
2019年11月6日発売
※「七つの大罪 神々の逆鱗」アニメ描き下ろしジャケット デジパック仕様

■CD収録曲内容
1.Regeneration
2.VESTIGE
3.Regeneration (Instrumental)
4.Regeneration (TV size)

■DVD
TVアニメ『七つの大罪 神々の逆鱗』ノンクレジットエンディング

 ■雨宮天



2011年の第2回ミュージックレインスーパー声優オーディションに合格し、声優活動を開始し、数々の作品に出演。
2014年からは雨宮天名義で、2015年からはユニット「TrySail(トライセイル)」としても活発にアーティスト活動も行っている。

アーティスト活動5周年アニバーサリーイヤーである2020年1月18日(土)&19日(日)に自身最大となる幕張メッセ・イベントホールでの2daysワンマンライブを発表。

雨宮天オフィシャルサイト :http://www.amamiyasora.jp/


発売日:2017年12月23日
 OVA「七つの大罪 -外伝- バンデット・バン」

七つの大罪 -外伝- バンデット・バン

■キャスト
鈴木達央、小岩井ことり

■スタッフ・制作会社
監督:岡村天斎、脚本:菅正太郎、キャラクターデザイン:佐々木啓悟、音楽:澤野弘之/和田貴史、音響監督:若林和弘、制作会社:A-1 Pictures

■作品解説
外伝 バンデット・バン
┣脚本:菅正太郎
┣絵コンテ・演出:ところともかず
┣作画監督:古住千秋、伊藤公規
┣総作画監督:戸谷賢都
┣コミックス収録巻:第15巻限定版
┣発売日 :2015年6月17日



英雄たちの戯れ 〜番外編集〜
・無駄なものなんて何一つ
・教えて、団長!
・残飯処理騎士団 団長の事件簿
・ディアンヌとバン
・泣くな、友よ
・ギルサンダーの真実
・結果良ければ全て良し
・嘘と誠
・相棒

┣脚本:菅正太郎
┣絵コンテ:今泉賢一、岡村天斎
┣演出:小野田貴之
┣作画監督:前田学史、岡部弘子、小野田貴之
┣コミックス収録巻:第16巻限定版
┣発売日 :2015年8月12日



英雄たちは燥(はしゃ)ぐ
┣コミックス収録巻:第34巻限定版
┣発売日 :2018年11月16日





Arikaシネマ2014b5

2018年8月18日公開
 映画:劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人  



■映画ストーリー
妖精族や女神族、魔神族などが存在する世界で、7人の大罪人から成る騎士団・七つの大罪は王女と一緒に、滅亡しかけていたリオネス王国を救うことに成功した。平穏に暮らしていたある日、団長のメリオダスと人の言葉を話す豚のホークが、天空の世界「天空宮」へ飛ばされてしまう。おきてを守らなかった天翼人の少年と勘違いされたメリオダスは、牢屋に放り込まれる。

★映画チェック★
「週刊少年マガジン」連載の人気コミックを基にした劇場版アニメ。リオネス王国を救った伝説の騎士団・七つの大罪のメリオダスらが、魔神族の集団・黒の六騎士と戦う姿を活写する。ボイスキャストは梶裕貴、雨宮天、久野美咲ら。総監督と監督を「BLEACH ブリーチ」シリーズなどに携わってきた阿部記之と西片康人が務める。原作者の鈴木央が書き下ろしたオリジナルストーリー。

■スタッフ
原作:鈴木央
総監督:阿部記之
監督:西片康人
脚本:上江洲誠
キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木啓悟
音楽:澤野弘之/和田貴史
主題歌:乃木坂46「空扉」

☑映画詳細データ
製作国:日本
制作:A-1 Pictures
配給:東映
製作:「劇場版 七つの大罪」製作委員会

■声の出演(役名)
梶裕貴(メリオダス)
雨宮天(エリザベス)
久野美咲(ホーク)
悠木碧(ディアンヌ)
鈴木達央(バン)
福山潤(キング)
高木裕平(ゴウセル)
坂本真綾(マーリン)
杉田智和(エスカノール)
代永翼(ソラーダ)
戸松遥(エルラッテ)
森川智之(ベルリオン)






映画オリジナルキャラクター

■黒の六騎士
ベルリオン(声 - 森川智之)
強大な魔力を持ち恐れられ封印された、魔神族・〈黒の六騎士〉のリーダー。天翼人に封じられたインデュラを蘇らせ、その力を使い魔神族の王になろうとしている。自身を〈十戒〉に選ばなかったメリオダスを逆恨みしている。〈七つの大罪〉との戦いで戦死した部下5人の魂でインデュラを蘇らせるも、メリオダスに倒され、自身の魂をインデュラに注ぎ戦死した。

ガラ(声 - 日笠陽子)
〈黒の六騎士〉の1人。〈黒の六騎士〉の中では人間に近い容姿をしている。鞭で叩いたものを凶暴化させる能力を持つ。ディアンヌとキングに敗北し戦死した。

ダハーカ(声 - 櫻井トオル)
〈黒の六騎士〉の1人。人間にカモフラージュして天翼人の魂を食らうが、メリオダスに敗れ戦死し、〈黒の六騎士〉最初の死亡者となる。

デロッキオ(声 - 天田益男)
〈黒の六騎士〉の1人。獅子のような顔をしている。マーリンに圧倒され、ガラの鞭によって巨大化された腕で反撃をするもエスカノールに止めを刺され戦死した。

アトラ(声 - 黒田崇矢)
〈黒の六騎士〉の1人。赤い粘液を半身に纏っている。天翼人の魂を使い、インデュラ復活の儀式を行おうとしたところをゴウセル、キングと戦闘となり、キングに石化させられゴウセルによって粉々に砕かれ戦死した。

パンプ(声 - シルクロード(Fischer's))
〈黒の六騎士〉の1人。体から針を放つ能力を持つ。〈十戒〉ガランの甥だが劇中でそれが言及されたことはない。エルラッテを襲ったが、助太刀に来たバンと戦う。体から出した複数の針でバンを串刺しにするも不死身のバンには通用せず、逆に抱きしめられ胴体を折られ戦死した。

■天翼人
ソラーダ(声 - 代永翼)
エルラッテ(声 - 戸松遥)
バネス(声 - 鈴木れい子)
ゾリア(声 - 大塚明夫)
兵士(声 - よゐこ)




ジャンル:ドラマ
 BEASTARS/板垣巴留



アニメタイトル:「BEASTARS」

最速放送日:2019年10月9日(水)25:15~(フジテレビ)

■キャスト
レゴシ(ハイイロオオカミ)♂:小林親弘
ハル(ドワーフウサギ)♀:千本木彩花
ルイ(アカシカ)♂:小野友樹
ジュノ(ハイイロオオカミ)♀:種﨑敦美
ジャック(ラブラドールレトリバー)♂:榎木淳弥
ゴウヒン(パンダ)♂:大塚明夫
ダラム(コヨーテ)♂:小林直人
コロ(イングリッシュシープドッグ)♂:大塚剛央
ボス(フェネック)♂:下妻由幸
ミグノ(ブチハイエナ)♂内田雄馬
ビル(ベンガルトラ)♂:虎島貴明
エルス(アンゴラヒツジ)♀:渡部紗弓
アオバ(ハクトウワシ)♂:兼政郁人
ドーム(クジャク)♂:室元気
サヌ(ペリカン)♂:落合福嗣
カイ(マングース)♂:岡本信彦
キビ(アリクイ)♂:井口祐一
シイラ(チータ)♀:原優子
ミズチ(ハーレクインウサギ)♀:山村響
エレン(シマウマ)♀:大内茜
レゴム(ニワトリ)♀:をあんどうさくら
市長(ライオン)♂:星野充昭
オグマ(アカシカ)♂:堀内賢雄

■スタッフ・制作会社
原作:板垣巴留(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)、監督:松見真一、脚本:樋口七海、キャラクターデザイン:大津直、CGチーフディレクター:井野元英二、美術監督:春日美波、色彩設計:橋本賢、撮影監督:古性史織/蔡伯崙、編集:植松淳一、音楽:神前暁 、制作会社:オレンジ

■ 主題歌
【OP】ALI「Wild Side」
【ED】YURiKA「Le zoo」

公式サイト:https://bst-anime.com/

≪あらすじ・作品解説≫
肉食獣と草食獣の共存する世界。 食肉が重罪とされるなか、名門校・チェリートン学園で演劇部の生徒が食い殺される“食殺事件”が起きる。 犯人は見つからず、不安に揺れる生徒たち。 そんな中、演劇部では死んだ生徒の代役を巡っていさかいが起きる。 次期『ビースター』候補とささやかれ、演劇部のカリスマ的存在であるアカシカのルイに、逆恨みをした肉食獣の部員が襲いかかったのだ。 それを庇ったのは、照明係の二年生・レゴシ。 『鋭い爪』や『大きな体』など、強そうな外見とは裏腹に、心優しく無口で不器用なオスのハイイロオオカミだ。 だが、当のルイはそんなレゴシを偽善的で気に食わないと言い、強引に夜間練習の見張りに任命する。 夜。誰もいない講堂裏の裏庭で、ひとり見張りをしていたレゴシの前に現れたのは――― 小さな白いドワーフウサギの女子生徒・ハル。 その匂いを嗅いだ瞬間、レゴシの体を本能が駆け巡る。 我を忘れて襲いかかり、気付いた時には、彼女を両腕に抱きすくめていた。 腕の中で聞こえる鼓動が自分のものか、彼女のものかもわからない。 しかしこのハルと、そして自分の本能との出会いが、静かで穏やかだったレゴシの人生を大きく変えていく。 彼女へのこの感情は、恋なのか? それとも食欲なのか? オスとメス、肉食獣と草食獣。 それぞれの痛み、そして強さや弱さに直面しながら、悩めるレゴシの青春がいま始まった―――

アニメーション制作は「宝石の国」のオレンジが担当する。フジテレビの毎週水曜日「+Ultra」枠やNETFLIXそのほか各局にて放送。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1オスとメス、肉食獣と草食獣が共存する世界。
彼女へのこの感情は、恋なのか? それとも食欲なのか?

「BEASTARS」は「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載中の、板垣巴留による漫画。「マンガ大賞2018」第1位にはじまり、主要マンガ賞4冠と、数々の賞を総なめにしてきた注目作。肉食獣と草食獣が共存する世界を舞台に、全寮制の学園の中で一人の草食獣が食われる事件をきっかけに、種の壁によって隔てられたさまざまな動物たちが織りなす青春群像劇となっている。肉食獣と草食獣の共存し、食肉が重罪とされる世界で、ハイイロオオカミ・レゴシはドワーフウサギ・ハルと出会う。我を忘れて襲いかかり、気付いた時には、彼女を両腕に抱きすくめていた。「彼女を求める気持ちは、恋なのか? 食欲なのか?」――差別、愛、弱さ、希望を描く、珠玉の動物版ヒューマンドラマを描く。

E13-b043.gif
D01-g031.gif内部リンク:このマンガがすごい!2018≪オトコ編≫

板垣 巴留【漫画家】
┣1993年9月9日、東京都出身
┣女性/左利き
┣父親は同じく漫画家の板垣恵介
┣代表作:『BEASTARS』

受賞
・第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞
・第11回マンガ大賞大賞
・第22回手塚治虫文化賞新生賞
・第42回講談社漫画賞少年部門
┣公式サイト:板垣巴留 BEASTARS (@itaparu99) - Twitter
たまにてんパル - Tumblr

作品リスト


▲「BEAST COMPLEX」▲
(コミックス既刊1巻(2017年時点)「キツネとカメレオン」まで収録)
・「ライオンとコウモリ」(『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)2016年14号)
・「トラとビーバー」(『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)2016年15号)
・「ラクダとオオカミ」(『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)2016年16号)
・「カンガルーとクロヒョウ」(『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)2016年17号)
・「ワニとガゼル」(『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)2017年39号)
・「キツネとカメレオン」(『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)2017年11月号)
・「シマリスと(ユキウサギ)」(『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)2019年4月号)[21]



▲「BEASTARS」 ▲
(『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)2016年41号 - 連載中、コミックス既刊17巻(2020年1月8日現在))



▲「パルノグラフィティ」
(『Kiss』(講談社)2019年11月号(同年9月25日販売) - 連載中)

読み切り
・「白ヒゲとボイン」(『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)2018年9/21号(2018年9月7日発売))
風俗嬢とホテルに入った白ヒゲをたくわえた大柄な男性は、嬢には目もくれずに高カロリーな食事を食べつつ、パソコンのキーボードを叩いていた。


▲「マンガ麺」▲
(『月刊コミックゼノン』(徳間書店)6月号(2019年4月25日発売)
アンソロジー『マンガ麺 漫画家と麺の幸せな関係』に採録。

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
BEASTARS 公式ウェブサイト - 秋田書店
BEASTARS公式 (@Beastars_WC) - Twitter
TVアニメ「BEASTARS」 (@bst_anime) - Twitter




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック