FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(2020年メディアミックス作品)1月11日(土)スタート!冬ドラマ化される原作&コミック[トップナイフ/ハイポジ]

kage

2020/01/11 (Sat)

2020年冬ドラマ(1月~3月末)
メディアミックス2020

2020年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■1月11日(土)スタート!冬ドラマ化される原作&コミック

1月11日(土)放送スタート!
┣原作:林宏司「トップナイフ」(河出文庫)
┣原作:きらたかし「ハイポジ」(双葉社)

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 トップナイフ/林宏司(著)



■ドラマタイトル:「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」

■放送日:1月11日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜 22:00~22:54 


■原作/原案…原作:林宏司「トップナイフ」(河出文庫)

■スタッフ
脚本:林宏司
演出:大塚恭司/佐久間紀佳/茂山佳則
プロデューサー:池田健司/鈴木亜希乃
主題歌:STAYIN’ ALIVE/JUJU

E13-b043.gif
外部サイト:トップナイフ-天才脳外科医の条件-

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
深山瑤子:天海祐希
東都総合病院の脳神経外科に所属する脳動脈瘤のスペシャリスト。脳神経外科の管理職的役割。自分の実力一つで患者の人生が変わるため、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えている。一方で、そのために家族を捨てたという罪悪感を抱えている。

黒岩健吾:椎名桔平
東都総合病院の脳神経外科に所属する脳腫瘍のスペシャリスト。「世界のクロイワ」の異名をとり、マスコミにもたびたび取り上げられるスター脳外科医。仕事で多くの人の命を救っているのだから、それ以外は全て自分を優先してもいいと考えている自分第一主義者。

小机幸子:広瀬アリス
東都総合病院の脳神経外科に所属する専門研修医。幼い頃から神童ともてはやされ、トップになる人生を歩んできた。医学部を首席で卒業。偏差値が最も高く、最も難しい医療だからという理由で脳外科医になる。医局に入り「実技がダメな新人」とうわさされるが、本人にその自覚はない。

西郡琢磨:永山絢斗
東都総合病院の脳神経外科に所属。外科もカテーテルもできる二刀流。手技に絶対的な自信を持ち、“天才”を自称。しかし、その自信は表面上のもので、中身はコンプレックスの塊。同僚にも患者にも心を開かない孤高の医師。

来島達也:古川雄大
病院の近くにあるため、多くの医師たちの憩いの場となっているバー「カサブランカ」のオーナー。“軽い男”で女性を口説くことしか頭にない。来島の醸し出す独特な雰囲気により、医師の仮面を外した深山たちが歌ったり踊ったりと意外な一面を見せることもある。

今出川孝雄:三浦友和
東都総合病院の脳神経外科に所属する部長。医者としては平凡だが、人の適材適所を見分ける能力に長けている。持ち前の着眼力で、その人が一番言われたくないことまで言ってしまうことも。天才医師たちを脳外科に集めた、誰にも言えない秘密を抱えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
天海祐希が天才脳外科医役で主演! 最高の医師たちが抱える苦悩を描く群像劇!  
----------------------------------------------------------------------------------------
外科医の中でも一握りの「手術の天才」ばかりが集う脳外科を舞台に、最高の医師=トップナイフたちがそれぞれに抱える秘密や苦悩をリアルに描く群像劇。常に完璧を求められ、手術は全て成功して当たり前という脳神経外科で、脳動脈瘤のスペシャリストとして活躍する主人公・深山瑤子を天海祐希が演じる。そのほか、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和ら実力派キャストが集結。脚本は「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「医龍-Team Medical Dragon-」(ともにフジテレビ系)など、医療ドラマのヒット作を手掛けてきた林宏司が担当する。


内部リンクD01-g031.gif
2020年冬、土曜ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
「トップナイフ」とは医師の中でも超一流の技術を持つ者にのみ与えられる最高の称号。東都総合病院脳神経外科に集う凄腕医師たちのまとめ役・深山瑶子、「世界のクロイワ」黒岩健吾、「若き天才」西郡琢磨、頭でっかちの新人・小机幸子。不可思議な病を抱える患者と出会い、彼らの人生も変化していく―。脳外科医たちの苦悩と希望を描く、感動のヒューマンストーリー。ドラマ原作。

📚原作の感想
「コードブルー」など数々の医療ドラマ脚本を手がけた林宏司による初小説。
脳外科医として日夜戦う4人の医師を描く究極のヒューマンドラマ!
Arikaアイコン(小)1日テレドラマ「トップナイフ」の原作。東都病院脳神経外科の医師たちの姿を描いた群像劇。脳動脈瘤のスペシャリストで家族を捨てたという罪悪感を抱える主人公・深山瑤子(みやまようこ)が、自分第一主義の黒岩健吾、ド新人の小机幸子、孤高の医師・西郡琢磨らに翻弄されるさまが切り取られていく。個性的な4人の天才脳外科医の姿を描く。「コードブルー」「医龍」「BOSS」など数々の医療ドラマ脚本を手がけた林宏司氏による初小説。

「職業」とは、社会(この世界)の様々な切り口に対して、様々な手段で切り取る集団である。医者は病気という切り口に対して、医療という手段で世界を切り取る。司法は訴訟という切り口に対して、法律という手段で世界を切り取る。そして小説家は人間という切り口に対して、文章という手段で世界を切り取る。この小説は脳外科医という職業で社会に一つの「切り口」をとっており、更にその中でも特徴的な症状を呈する脳外科的疾患や、脳外科医の生き方を「切り口」としている。話中に登場する各疾患の症状は、人間が人間として存在するうえでの重要な要素である「家族」、「生きるということ」、「才能」、そして「心」といった課題に対して、一つの示唆を与えてくれる。そして、ややもすると極端に描かれている個性的な脳外科医の生き方は、ある時は疾患と照らし合わせて、人間とはなにかの一端を教えてくれている。医療系ドラマや小説がはやるのは、そこに、病気という命に直結した「切り口」を持ち込んで、最終的には切れ味鋭い「人間の生き方」についての提案を、提示することができるからだと思う。社会や患者、病気、心理といった抽象的なものは、「切り口」をしっかり練らないと、とらえどころのないものにしかならないことが多い。人間の脳は、心であり、人間そのもの。それ故、まだまだブラックボックスでわからないことだらけ。「本当にこんなことあるのか!?」というミステリアスな症例に満ちています。そんな患者たちに翻弄されつつ、0.1mmのミスが取り返しのつかない事態を招く過酷な世界で、厳しい修行で腕を磨く天才脳外科医たち。でも医者も人間、私生活はボロボロだったりする「医者としては最高、でも白衣を脱いだら……」な、いいトシして人間臭いオトナの群像劇でもあります。緊迫の手術シーンにはハラハラした。天海祐希さん主演。初の脳外科医役。医療ドラマと群像劇、この両方をお楽しみください。

林宏司【テレビドラマの脚本家】
┣関西学院大学卒業。
┣出版社勤務を経て、2000年『涙をふいて』で脚本家デビュー。専門的な分野を描くことを得意としている。
┣2020年前期の連続テレビ小説『エール』の脚本を担当することが決定して執筆し、9月にクランクインしていたが、11月にNHKより「制作上の都合」との発表があり降板した。
┣2019年、初めてとなる小説『トップナイフ』を刊行する。

📺連続ドラマ
涙をふいて(2000年、フジテレビ) ※共同
救命病棟24時 第2シリーズ(2001年、フジテレビ) ※共同
ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜(2002年、フジテレビ) ※共同
熱烈的中華飯店(2003年、フジテレビ) ※共同
離婚弁護士(2004年、フジテレビ)※共同
離婚弁護士II 〜ハンサム ウーマン〜(2005年、フジテレビ)
医龍-Team Medical Dragon-(2006年、フジテレビ)
医龍-Team Medical Dragon-2(2007年、フジテレビ)
ハゲタカ(2007年、NHK)
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2008年、フジテレビ)
BOSS(2009年、フジテレビ)
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season(2010年、フジテレビ)
GM〜踊れドクター(2010年、TBS)
医龍-Team Medical Dragon-3(2010年、フジテレビ)
BOSS -2nd season(2011年、フジテレビ)
夜のせんせい(2014年、TBS)
アイムホーム(2015年、テレビ朝日)
お義父さんと呼ばせて(2016年、関西テレビ)
スニッファー 嗅覚捜査官(2016年、NHK総合)
ヘッドハンター(2018年、テレビ東京)
ドロ刑 -警視庁捜査三課-(2018年、日本テレビ)
エール(2020年、NHK総合)※脚本家交代により途中降板(2019年11月5日、NHK発表)
トップナイフ-天才脳外科医の条件-(2020年、日本テレビ)

📺単発ドラマ
女の一代記 第3夜・杉村春子「悪女の一生〜芝居と結婚した女優・杉村春子の生涯〜」(2005年、フジテレビ)
離婚弁護士 新春スペシャル(2005年、フジテレビ)
感染爆発〜パンデミック・フルー(2007年、NHK)
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 新春スペシャル(2009年、フジテレビ)
事件救命医〜IMATの奇跡〜(2013年、テレビ朝日)
事件救命医2〜IMATの奇跡〜(2014年、テレビ朝日)

🎦映画
ハゲタカ(2009年)


▲映画「ハゲタカ」
出演: 大森南朋, 玉山鉄二, 栗山千明, 柴田恭兵
監督: 大友啓史
販売元: 東宝
発売日 2010/01/15
時間: 134 分

コミック
SKIN-All Need is Beauty.(ビッグコミックス、画:中井邦彦) ※原作を担当

  

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
トップナイフ-天才脳外科医の条件- - 日本テレビ
 【公式】「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」 (@topknife_ntv) - Twitter
 日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」 (topknife_ntv) - Instagram







 ハイポジ/きらたかし(著)

■ドラマタイトル:真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

■放送日:1月11日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 24:00~24:30 


■原作/原案…原作:きらたかし「ハイポジ」(双葉社)

■スタッフ
脚本:開沼豊
監督:平林克理/茂木克仁/松下洋平
プロデューサー:金岡英司/岡本宏毅/宇田川寧/加藤千穂
主題歌:FINE MAN ART/SAKANAMON

E13-b043.gif
外部サイト:真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天野光彦:今井悠貴
1986年、16歳の高校生。体は若いが、心は30年後からタイムスリップしてきた46歳の光彦。かつては経験できなかったことばかりの“2度目の青春”を謳歌するが、さつきと幸子との間で戸惑う。

天野光彦:柳憂怜
会社をリストラされ、離婚危機に直面している46歳。ある日、風俗店で頭を打ち、魂だけ16歳の自分にタイムスリップしてしまう。

小沢さつき:黒崎レイナ
光彦の高校時代の同級生で、初恋の相手。現在の光彦にとって忘れられない存在。16歳。

司幸子:鈴木絢音
光彦と同じ高校の生徒で、16歳。後に光彦の妻となるが、高校時代は会話したこともなかった。

司幸子:いしのようこ
光彦の46歳になる妻。離婚の危機にある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
今井悠貴が中身は46歳の高校生役に。1980年代カルチャー満載の青春ドラマ!  
----------------------------------------------------------------------------------------
原作は「漫画アクション」連載の同名コミック。会社をリストラされ、離婚危機にあり、お先真っ暗な46歳の主人公がタイムスリップして、16歳の高校生となり2度目の高校生活を謳歌していくさまを描き出す。1980年代の流行や文化、音楽などを盛り込み、この時代を知っている世代は懐かしく、知らない世代も青春の切なさを感じられる恋愛ドラマ。

16歳の天野光彦役を務める今井悠貴が、体は16歳だが魂は46歳という難役に挑む。46歳の光彦には柳憂怜が扮し、タイムスリップした先でも、16歳の光彦の心の声となって登場する。そのほか、黒崎レイナ、乃木坂46・鈴木絢音、いしのようこらが共演する。


内部リンクD01-g031.gif
2020年冬、真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
妻に離婚を切り出され、会社もリストラされたお先真っ暗の俺は46歳。
どこでこんな人生になっちゃったのかな――と思うや否や、16歳の自分の中に。時は1986年――。セピア色だった思い出がカラフルに輝きだした――。『赤灯えれじい』『ケッチン』『凸凹 DEKOBOKO』を放ってきた青春マンガの名手が贈る新たな物語、始動!!

📚原作の感想
時は1986年――。
16歳の自分の中にセピア色だった思い出がカラフルに輝きだした――。

Arikaアイコン(小)1 赤灯えれじい』『ケッチン』のきらたかしが送る青春&タイムリープする作品。主人公は表紙のJKではなく、おじさんで、その人がDK?に戻って、青春を過ごすというもの。タイトルの「ハイポジ」ってカセットの種類でしたっけ?そういった懐かしいものが出てきます。あだち充風やオレンジロード風などのイラストがよかったです。妻とも同級生でしたが、その当時は仲がよかったわけでもなく、表紙のヒロインとのつながりが出てしまった今回。どういった展開になるのか? 世代的にウォークマンやカセットテープが懐かしい。ずっとウォークマン聞いてたよなぁ。5万円のCDラジカセを買って、わざわざ高いハイポジに録音してました。主人公は同世代?当時中村あゆみのアルバムも買ったなぁ。昭和あるある的な感じが個人的に好みである。古めの画風は好みでもあり、ちょっとどんくさいけど丁寧な作画、人物描写がクセになる。きらたかしさんのちょっと古い絵柄が世界観に良く合ってると思うけど、平成生まれにはこの雰囲気の良さは伝わりにくいだろうなと思いつつ、子供や奥さんに愛着もてていればまた選ぶ結果になるのかなー。幸子とさつき、どちらを選ぶ? 40代の経験値を持って青春をやり直せたら… いいよなぁ(笑)

きらたかし【漫画家】
┣1970年生まれ。兵庫県宝塚市出身。
┣大阪芸術大学卒業。山田玲司の下で8年間アシスタントの傍ら漫画家としてデビュー。
┣代表作は『赤灯えれじい』に見られるように、優柔不断で頼りない少年が心の葛藤や友人との付き合い、女性との恋愛を経て人間的に成長していく、朴訥とした心温まるストーリー展開を得意とする。第48回ちばてつや賞ヤング部門大賞を受賞した『赤灯えれじい』は大人気を博し、長期連載になった。その他の代表作に『ケッチン』『凸凹 DEKOBOKO』などがある。
┣オートバイ好きであり作中において度々描かれている他、バイク漫画も多数発表している。
落描帳 - 公式ブログ
きらたかし (@kiratakashi) - Twitter
インタビュー1 -インタビュー2 -インタビュー3 - インタビュー4

年譜
 1992年 - 『ダウンヒラーズ』で『週刊少年サンデー』漫画賞入賞。

 1996年 - 『ティーンズロード』に『少女暴走伝説 Fair』連載。この時は“吉良たかし”で掲載

この漫画がなければ『赤灯えれじい』は描けなかったーー。

きらたかし、幻の初期作品が上下巻完全版で同時発売!!

 
▲少女暴走伝説 Fair(1996年、『ティーンズロード』、上下巻)※吉良たかし名義

きらたかし、幻の初期作品が上下巻完全版で同時発売!雑誌「ティーンズロード」(ミリオン出版)に連載されていたこの物語は、実在したレディースチームを取材し、彼女たちが駆け抜けた色濃い青春の日々をセミドキュメンタリーにした作品だ!上・下巻合わせて単行本未発表15話分+描き下ろしエピローグも完全収録!共感度満点の大阪純情ラブコメディ『赤灯えれじい』はここから生まれた!


 1997年 - 関西地区限定のバイク情報誌『ゲットバイク』に2Pのエッセイ漫画『単車野郎』連載


▲単車野郎(1997年、『ゲットバイク』、全1巻)

『赤灯えれじい』の作者きらたかしの原点がここに!!

喜びも怒りも哀しみも、そして当然、楽しみも、単車と共にわかちあってきた、きらたかしの青春バイクグラフィティ!

単車好きはもちろん、きらたかしファンも大満足間違いなしのエッセーコミック。

一度読み出したら、もう止まらないのが、この『単車野郎』だ!!

ファン必見! 単行本未収録の読み切り作品『バンジー・ライダー』も完全収録!!


 2003年 - 『赤灯えれじい』で第48回ちばてつや賞ヤング部門大賞を受賞
 (応募時に年齢を偽っていたことを、後になって明らかにしている)。


 2004年 -
 受賞作品を長編化した『赤灯えれじい』を『週刊ヤングマガジン』に連載開始( - 2008年


    

    

    
▲赤灯えれじい(2004年 - 2008年、『週刊ヤングマガジン』、全15巻)

むっちゃ胸がアツくなる……大ヒット御礼・大阪純情ラブコメディ!! 柳川サトシ19歳、地味でヘタレでフリーター。ガードマンのバイト中に、年上で金髪でケンカっ早いヤンキー娘・チーコに一目ぼれ☆ こうなったら、ドツきドツかれ(ゲロ吐いてでも!)彼女につり合うカッチョい男に……なれるんやろか……? ためらう恋と、ぬくもりいっぱい。闇夜の赤灯(せきとう)に導かれて――ヘタレ男の青春が、はじまる!!


▲赤灯えれじい 東京物語(全1巻)

サトシとチーコの後日談を描いたシリーズ読み切り『赤灯えれじい 東京物語』が、ついに単行本化! さらに、描き下ろしエピローグも特別収録! その他の収録作品は、チーコのやんちゃな中学時代を描いた短編『いもうと』、サトシの高校時代の甘酸っぱい青春を描いた短編『八月に熱くなれ』、連載のきっかけとなったちばてつや賞大賞受賞作『赤灯えれじい』の3作品。共感度満点の純情ラブコメディが、また読める!


 2009年 - 『ケッチン』を『週刊ヤングマガジン』に連載開始( - 2013年

    

    

    
▲ケッチン(2009年 - 2013年、『週刊ヤングマガジン』、全15巻)

大ヒットラブコメ『赤灯えれじい』の作者が贈る バイク青春グラフィティ!! ――頭はそこそこ、気弱で寡黙。ハマっているもの……特になし。そんな15歳・ユウの友達は、幼なじみのシュウとマコ。いつも一緒にいたけれど、中学卒業をきっかけに、みんな進路がバラバラに。新たな出会いや経験を通して、平凡だった毎日が動き出す!!


 2014年 - 『凸凹 DEKOBOKO』を『イブニング』に連載開始( -2015年

 
▲凸凹 DEKOBOKO(2014年 - 2015年、『イブニング』、全2巻)

三原勇希、中学1年生女子。関西在住で子供の頃から趣味のオフロードバイクに乗ってます。父の転勤で関東に引っ越すことが決まった彼女は地元で最後のレースに臨む。幼馴染でライバルでもある伊藤清志に淡い恋心を抱き戸惑う彼女は「このレースであいつに勝ったら好きって言おう」と秘かに決意するが。「赤灯えれじい」「ケッチン」で丁寧な人物描写と恋愛模様を描いたきらたかしが送る青春バイク&恋愛ストーリー!


 2017年 - 『ハイポジ』を『漫画アクション』に連載開始( - 2018年


▲ハイポジ(2017年 - 2018年、『漫画アクション』、全5巻)





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック