FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2020年冬、プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」

kage

2020/03/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★2月2日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:武井彩/秋山竜平
演出:木下高男/朝比奈陽子/大畑真治
制作統括:海辺潔/森安彩

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 捜査会議はリビングで おかわり!

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
森川章子:観月ありさ
千葉県警刑事部特殊班所属の刑事。夫の晶と小学5年生の息子・直と3人で西花町に暮らす。基本的に大ざっぱな性格で、家事全般は苦手。柔道の達人で運動能力と野生の勘には優れているが、緻密な計画や論理的な思考も大の苦手。班長代理に昇格したものの、いまだに結果は残せていない。

森川晶 :田辺誠一
章子の夫で、入江久蘭(いりえくらん)のペンネームを持つ小説家。警察官の家系に育ちながらも、親の期待を裏切り作家の道に。几帳面な性格で、整理整頓、家事全般が得意。ミステリー大賞を受賞して人気作家の仲間入りを果たすも、その後が続かずスランプ中。

谷悠馬 :片桐仁
「うつぎ出版」に勤務する、晶の担当編集者。売れ始めた晶を、仕事部屋として借りているマンションに缶詰にし、次々と仕事を持ってくる。晶のファンの女性と知り合い、鼻の下を伸ばしている。

桂木綿子 :トリンドル玲奈
直の担任教師で通称・わたこ先生。西花町交番の松井巡査から好意を寄せられているが、そのことに気付いているのか不明な天然キャラ。

森川正倫 :高橋英樹
晶の父。ノンキャリアから警察署署長まで上り詰めた元警察官で、かつての章子の上司。妻が他界してからは、一人暮らししながら家に併設された柔道場で柔道を教えている。体育会系を絵に描いたような人柄で、町の自警団にも名乗りを上げるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
観月ありさと田辺誠一が 
2018年に観月ありさと田辺誠一のダブル主演で放送された、刑事の妻とミステリー作家の夫がタッグを組んで、近所で起こる事件や謎をスカッと解決するホームコメディーの第2弾。

特殊班に所属するすご腕の刑事だが、家庭ではずぼらな妻・森川章子(観月)は、今回責任のある立場に出世。家事が得意で類まれな頭脳を持つ章子の夫・晶(田辺)は、本業の小説でミステリー大賞を受賞するが現在スランプ中。2人は息子・直(庵原匠悟)と共に、自宅のリビングで捜査会議を開いて事件を解決していく。晶の担当編集者・谷悠馬(片桐仁)、直の担任教師・桂木綿子(トリンドル玲奈)、元警察署署長で晶の父・正倫(高橋英樹)らが引き続き登場する。


2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
正体がご近所にばれてしまってから1年半。千葉県警刑事部特殊班所属の刑事・森川章子(観月ありさ)は、班長代理に昇格し、残業で帰宅が遅くなることも。一方、章子の夫・晶(田辺誠一)は、最新作がミステリー大賞に選ばれ人気作家の仲間入りを果たし、仕事場として借りたマンションにこもる日々。

夫婦の一人息子・直(庵原匠悟)は、一緒に夕食を取ることが減った両親に対して、心なしかよそよそしくなり、両親に内緒で近所の神社の祭りを手伝っていた。親として期待されていないと危機感を持った章子と晶が祭りの見学に出向くと、そこで、神社の宝物がガラクタにすり替わるという事件が起きる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/2/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
千葉県警刑事部特殊班の刑事・章子(観月ありさ)は班長代理に昇格し、夫・晶(田辺誠一)もミステリー大賞受賞で人気作家に。夫婦共に多忙な森川家では、家族の時間が激減していた。そんな中、章子と晶はよそよそしい息子・直(庵原匠悟)が参加する神社の儀式を見に行くが、そこで事件が起きる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月8日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/2/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
章子(観月ありさ)と晶(田辺誠一)は共に仕事の不調に苦しんでいた。そんな森川家でブランケットなどささやかな物がなくなる事件が頻発。家をのぞく男(和田正人)や大荷物の女(小林きな子)が容疑者として浮かぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月15日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/2/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
神奈川県警特殊班との合同訓練で力の差に落ち込む章子(観月ありさ)は、出先の警察署で直(庵原匠悟)の担任・わたこ先生こと木綿子(トリンドル玲奈)に遭遇。かつての教え子・真衣香(山口まゆ)が万引きで補導され、身元引き受けに来たという。数日後、章子は万引きする真衣香を見掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月‐日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/2/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
章子(観月ありさ)はシングルマザー・理沙(南沢奈央)の警護任務に就く。薬物の取引現場を目撃し、命を狙われる危険性があるという。それでも働く理沙と行動を共にする章子は、晶(田辺誠一)や義父・正倫(高橋英樹)がいる自分は恵まれていると思い知る。一方、正倫は近所で頻発する詐欺事件に挑む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年2月25日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/3/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
詐欺犯逮捕のためおとりになった正倫(高橋英樹)が負傷する。章子(観月ありさ)達がすぐ詐欺の実行犯を捕まえるも、正倫を襲った共犯者については‘黄色い服’以外の情報がなく、捜査は手詰まりに。晶(田辺誠一)がむちゃをした父にいら立つ中、亡母・晴江(かとうかず子)の遺言らしきメモが見つかる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月2日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/3/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「人気作家の妻は特殊班刑事」というネタでゆすられた晶(田辺誠一)は章子(観月ありさ)に言えず、口止め料の金策に苦しむ。そんな折、鉄雄(小野寺昭)が埋蔵金伝説の文献を発見。妻・道子(鷲尾真知子)は信じないが、晶は宝探しに乗り気になる。一方、直(庵原匠悟)らが古地図らしき物を見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月9日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/3/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
章子(観月ありさ)は晶(田辺誠一)が恐喝されたのは自分のせいと考え、辞表を出す。だが、晶は自分が引退して家庭に入ると譲らない。一方、オカルト話で盛り上がる直(庵原匠悟)は、巡査の松井(松下洸平)が入院する病院で「眠り姫」の噂を聞く。その正体を探る中で、直は章子と晶になれ初めを尋ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月16日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/3/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
千葉県警に「特殊班の存在を明らかにし、罪を告白しろ」との脅迫状と、密室で監禁される晶(田辺誠一)の映像が送りつけられた。犯人の言う「罪」とは3カ月前に大学で起きた爆弾騒ぎに関係があるのではと考える特殊班。章子(観月ありさ)は晶の救出に向かいたい気持ちを抑え、直(庵原匠悟)の安否を確認するために帰宅する。すると、ある人物がリビングで待っていた。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック