FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2020年冬、連続ドラマW「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」

kage

2020/04/12 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★3月7日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW「パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:柚月裕子「パレートの誤算」(祥伝社文庫)
脚本:武井彩/小松屋たから
監督:小林聖太郎
プロデューサー:井上衛/渡邉浩仁

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
牧野聡美 :橋本愛
津川市役所の新人嘱託職員。本来の希望ではない社会福祉課で働いていたある日、生活保護利用者と直接向き合うケースワーカーの仕事を命じられる。信頼していたベテランケースワーカー・山川の死について調べを進める中で、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていく。

小野寺淳一 :増田貴久
津川市役所・社会福祉課のケースワーカーで聡美の同僚。聡美と一緒に山川の死の謎を追う。

若林永一郎 :北村有起哉
津川北警察署の刑事。聡美に執拗に付きまといながら真実に迫る。

安西佳子 :松本まりか
生活保護利用者。

猪又孝雄 :尾美としのり
津川市役所・社会福祉課の課長。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
橋本愛と増田貴久がケースワーカー役に! 社会保障の闇と希望を描くミステリー 
「孤狼の血」「盤上の向日葵」「検事の本懐」など映像化多数の人気作家・柚月裕子のヒューマンミステリーを連続ドラマ化。1人のケースワーカーの死によって明らかになる社会保障の闇から、今後の日本社会の在り方を厳しくも爽やかに問い掛ける異色のミステリー。

主人公の新人ケースワーカー・牧野聡美役には橋本愛、聡美と事件の謎を追う同僚の小野寺淳一役で増田貴久が出演。そのほか北村有起哉、松本まりか、和田正人、冨手麻妙、那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)、吉田芽吹、小市慢太郎、西田尚美、尾美としのりら多彩なキャストが共演する。


2020冬号:2020年1月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月2日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
不本意ながら嘱託という形で市役所の社会福祉課に勤める牧野聡美(橋本愛)は、ある日突然、生活保護利用者と直接向き合うケースワーカーの仕事を命じられる。ベテランケースワーカー・山川亨(和田正人)から「やりがいのある仕事だ」と励まされた聡美は、同僚の小野寺淳一(増田貴久)と共に、迷いを抱えながらも利用者たちと向き合っていく。

そんな中、山川があるアパートの火事の跡地で他殺体となって発見される。山川は何らかの不正に関わっていたのではないかと周囲から疑われる中、聡美と小野寺は、町を覆う不正の影と生活保護を巡るさまざまな人々の人生模様に巻き込まれていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月2日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/3/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
津川市役所社会福祉課の窓口で嘱託として働く聡美(橋本愛)は、突然、ケースワーカーの業務を命じられる。生活保護利用者と直接向き合う内容だけに、不安を抱く聡美だが、信頼する先輩・山川(和田正人)から、やりがいのある仕事だと励まされ、同僚・小野寺(増田貴久)と共に利用者の自宅訪問を始めた。そんな中、利用者が多く住むアパートで火災が発生する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月9日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/3/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
市役所に現れた刑事・若林(北村有起哉)が、山川(和田正人)の死は他殺の可能性があると言う。さらに、聡美(橋本愛)は連絡が取れなくなったアパート住人で生活保護利用者の金田(那須雄登)が、兄の元同級生だと気付く。小野寺(増田貴久)と共に焼け出された利用者を訪ね歩く聡美は、山川がいかに信頼されていたかを知る一方、そのうちの1人・佳子(松本まりか)との噂を耳にする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月16日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/3/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
執拗に付きまとってくる若林(北村有起哉)を疎ましく思いながらも山川(和田正人)の死の真相を知りたい聡美(橋本愛)は、佳子(松本まりか)に会い、金田(那須雄登)を知る兄の友人から話を聞くなどして、事件の謎を調べ始める。そんな折、社会福祉課の対応に不満を持つ岩塚(有薗芳記)が市役所に乗り込み、人質を取って立てこもる事件が起きる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月28日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/3/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
若林に「周りの人間を信じるな」と警告された聡美だったが、佳子と真摯に向き合ったことをきっかけに、ある病院が生活保護制度を悪用している事実をつかむ。しかし、ともに調査を進めてきた小野寺がなぜか急に消極的な態度を見せ始めた。そして、行方不明だった金田から電話が…。一方、若林はある覚悟を決め、佳子の元へ乗り込む。市の利権と未来が絡み合う暗闘が始まろうとしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月8日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/4/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
大阪・窪山市で財政破綻が発生。宮城(宅間孝行)の進言を入れ、借金の肩代わりはしないとする江島(草刈正雄)に、総務大臣が同意したと知り、周防(溝端淳平)らは驚く。ところが、窪山市長が会見で涙ながらに江島を非難した直後、与党から造反者が出る。さらに、社会派の国民的女優・望美(名取裕子)も暁光新聞で江島の政策を批判。江島は背後に不穏な動きを察するが…。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック