FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(2020年メディアミックス作品)2月8日(土)スタート!冬ドラマ化される原作&コミック[鈍色の箱の中で/パレートの誤算]

kage

2020/02/08 (Sat)

2020年冬ドラマ(1月~3月末)
メディアミックス2020

2020年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■2月8日(土)スタート!冬ドラマ化される原作&コミック

2月8日(土)放送スタート!
┣原作:篠原知宏「鈍色の箱の中で」(LINEマンガ)

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 鈍色の箱の中で/篠原知宏(著)

   

   

■ドラマタイトル:「鈍色の箱の中で」

■放送日:2月8日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 27:00~27:30 


■原作/原案…原作:篠原知宏「鈍色の箱の中で」(LINEマンガ)

■スタッフ
脚本:大北はるか
演出:久万真路
プロデューサー:三輪祐見子/都築歩/残間理央/新野安行/疋田理紗
主題歌:ニビイロ/竹内唯人

E13-b043.gif
外部サイト:鈍色の箱の中で

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
桜井美羽 :久保田紗友
406号室に住む高校2年生。どんなことにも一生懸命に取り組む性格。マンションに引っ越してきたばかりの頃の寂しそうな基秋に寄り添っているうちに、いつしか恋心へ変わる。基秋からは家族のようにしか思われていないと感じており、かなわぬ恋にひそかに思い悩んでいる。

辻内基秋 :萩原利久
405号室に住む高校2年生。美羽の幼なじみ。幼少時に母親を亡くし失意に陥っていた頃、美羽に励まされる。同じマンションに昔住んでいた“バイオリンを弾くお姉さん”のことが忘れられずにいる。美羽の恋心には全く気付いていない。高校では美術部に所属しており、風景画を描くのが得意。

真田利津 :神尾楓珠
107号室に住む高校2年生。幼なじみの4人とは距離を置いている。幼少時、ある事情から女装をさせられていたが、明るく接してくれた美羽に恋心を抱くように。しかし、美羽が基秋を好きだと気付いており、やり場のない自分の気持ちにイライラし、幼なじみのなれ合いの関係をうっとうしく感じている。

高鳥あおい :岡本夏美
315号室に住む高校2年生。美人で無条件に周囲から愛されている美羽に対して、幼少時から劣等感や嫉妬心を抱いている。そのコンプレックスを克服しようと努力を重ね、今ではクラスの人気者に。幼なじみの悟と付き合っているが、なぜか利津のことも常に気にかけている。

庄司悟 :望月歩
201号室に住む高校2年生。誰とでもすぐ仲良くなれるフランクな性格のムードメーカー。人のことを気遣うあまり、自分のことは後回しにしてしまうところがある。高校1年生の頃からあおいと付き合っている。高校ではバスケットボール部に所属している。

河野綾芽 :筧美和子
502号室に住むバイオリンを弾くお姉さん。基秋の初恋相手。昔、基秋を「タンポポくん」と呼びかわいがっていた。小学生の頃からバイオリニストを目指していたがかなわず、今は趣味として続けている。音大生時代に大切な人を亡くし、その人を忘れようとほかの年上男性と結婚してマンションを出た。現在はある事情からマンションへ戻り、基秋と再会する。

内部リンクD01-g031.gif
2020年冬、土曜ドラマ『鈍色の箱の中で』

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
幼なじみの高校生たちの“全員片思い”を描く、切なく危険なラブストーリー  
----------------------------------------------------------------------------------------
篠原知宏がLINEマンガで連載中の同名コミックを原作に、同じ分譲マンションに住む幼なじみの高校生たちの偏愛を描く、切なく危険なラブストーリー。主要キャストには、久保田紗友、萩原利久、神尾楓珠、岡本夏美、望月歩の5人が出演。毎話クライマックスに登場する、高校生たちのキスシーンも見どころの一つとなる。また、男子高校生が憧れる“バイオリンのお姉さん”役で筧美和子が出演する。さらに、本作は「360°(サンロクマル)ドラマ」と銘打ち、ドラマ内では描かれない登場人物同士のやりとりなどが番組公式の特設サイトやSNSで発信されるなど多方面に展開。視聴者が物語の世界に入り込み、没入感を味わえるような仕掛けになっている。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
1巻
まっ白(純愛)でも、完全な黒(背徳的)でもない、曖昧で不安定な鈍色(ルビ:にびいろ)な関係。分譲マンションという“大人の都合”に囚われた、高校生たちの偏愛的な日常ストーリー。【コミックス限定エピソード】「バイオリンのお姉さん」収録

2巻
鈍色・・・それは不完全で曖昧な、恋の色。毎日キスをしていても、基秋からは何もしてくれないことに不満を募らせる美羽。「・・・ねぇ キスの先って、どうやるの・・・?」交わらない恋心が織りなす、偏愛ストーリー。

3巻
どこまでも一途な恋は、時として人を振り回す。不条理に過ぎていく時の中、何が正しいのかも分からずに、ただひたすら前に進むしかないという残酷。綺麗な過去に捕らわれる者。幼い頃の記憶と残像に惑わされる者。拠り所のない想いに自棄する者。それぞれの想いの渦は、鈍色の不協和音となって小さな箱を埋め尽くしていく――。

4巻
変わらないと信じていたものも、時としてあっけなく、音もなく崩れ去る。想いの交差は混濁し、鈍色の渦となって全てを巻き込んでいく――。されどいつしか暗雲は晴れ、新たな道を照らし出す。その時、前を向くか、目を反らすか。それぞれが別々の岐路に立たされる。

5巻
濁りゆく人間模様。“若さ故の過ち”では済まされない事態に、それぞれがそれぞれの選択を迫られる。刹那に過ぎゆく時の中で、この混沌とした現実から彼らが導き出す答えとは――。

6巻
運命は時に残酷に背を向け、淡い期待はあっけなく裏切られてしまう。それでも前を向いて歩いていかなければならない理由がある。彼らの運命を左右するこの”鈍色の箱”に一筋の光が差し込む時、そこには5人の未来が照らし出される――。最終話の「その後」を描いた描き下ろしマンガも収録。

📚原作の感想
分譲マンションという“大人の都合”に囚われた、高校生たちの偏愛的恋愛模様
Arikaアイコン(小)1同じ分譲マンションに住む幼なじみの高校生たち、桜井美羽、辻内基秋、真田利津、高鳥あおい、庄司悟。このマンションに住む桜井美羽、辻内基秋は幼なじみ。キスする関係でも基秋は美羽に振り向かない。基秋の心の中には別の人物がいた。分譲マンションという小さな世界で、思春期の少年少女たちがそれぞれ何を思っているのか…。登場人物にそれぞれの視点で読める。4巻で『鈍色の箱の中』で唯一まともな悟が一番可哀想なポジションだな(´Д`)そのうえ最悪なタイミングで基秋に会っちゃったおかげでますます拗れ展開の予感:( ;´꒳`;):…。解き放たれたかと思ったらさらに拗れて…。どのキャラもわりと好きだけど、あおいが特にかわいい。


 鈍色の箱の中で

篠原知宏による漫画。LINEマンガで2017年4月28日から連載中。同じ分譲マンションに住む幼なじみの高校生たち、桜井美羽、辻内基秋、真田利津、高鳥あおい、庄司悟。彼らの初恋は片思い。しかし幼馴染、嫉妬心など複雑な距離感で両思いになり切れない鬱屈さを抱える危険な偏愛ラブストーリー。 2020年2月9日(同年2月8日深夜)より、テレビ朝日制作の「360°(サンロクマル)ドラマ」枠においてテレビドラマ化された。

篠原知宏【漫画家】
┣誕生日: 3月19日
┣弓道経験者。
篠原知宏 (@shinoharatt) - Twitter

連載
┣鉄腕ブレイク(『週刊少年マガジン』2008年6号 - 同年18号、全2巻)
┣ねらいうち!(『マガジンSPECIAL』2011年No.11 - 2014年No.3、全5巻)
┣ボーイ♂スカート(『ミラクルジャンプ』2014年12月号 - 2015年5月号、2015年11月号 - 2016年5月号、全2巻)
┣鈍色の箱の中で (『LINEマンガ』 2017年4月28日配信開始)

読切
┣まっすぐ(『マガジンワンダー増刊』2004年9月11日号)
┣踊るタクト(『マガジンワンダー増刊』2005年Vol.2)
┣ハヤテの麺(『週刊少年マガジン』2010年51号、同年52号) ※監修:石山勇人
┣ねらいうち!(『マガジンSPECIAL』2011年No.6)

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
「鈍色(にびいろ)の箱の中で」-LINEマンガ(毎日無料)
📺「鈍色の箱の中で」主要キャスト決定!-ザ・テレビジョン
📺ドラマ「鈍色の箱の中で」-テレビ朝日TOP
鈍色の箱の中でーtv asahi
📳【公式】鈍色の箱の中で(@nibihako)-Twitter
ニビハコ(@nibihako)-Instagram



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック