FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

(2020年メディアミックス作品)2月25日(火)スタート!冬ドラマ化される原作&コミック[死にたい夜にかぎって]

kage

2020/02/25 (Tue)

2020年冬ドラマ(1月~3月末)
メディアミックス2020

2020年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■2月25日(火)スタート!冬ドラマ化される原作&コミック

2月25日(火)放送スタート!
┣原作:爪切男「死にたい夜にかぎって」(扶桑社)

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 死にたい夜にかぎって/爪切男(著)

 

■ドラマタイトル:「死にたい夜にかぎって」

■放送日:2月25日スタート 

TBS系 毎週火曜 25:28~25:58 


■原作/原案…原作:爪切男「死にたい夜にかぎって」(扶桑社)

■スタッフ
脚本:加藤拓也
監督:村尾嘉昭
主題歌:7/ましのみ

E13-b043.gif
外部サイト:死にたい夜にかぎって

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小野浩史 :賀来賢人
幼くして母に捨てられ、父の鉄拳制裁を受けながら育つ。女性に憧れが強いものの、全くモテず、振り回されてばかりいる。25歳の時に人生最愛の女性・アスカと出会う。渋谷にあるラッパーしかいない編集社で働いている。

内部リンクD01-g031.gif
2020年冬、火曜ドラマ『死にたい夜にかぎって』

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
賀来賢人主演。過激な女性たちに振り回され続けたどうしようもない男の“実録”半生  
----------------------------------------------------------------------------------------
WEBサイト「日刊SPA!」の連載エッセーから恋愛エピソードを中心に再構築した爪切男の同名小説を原作に、賀来賢人の主演で実写ドラマ化。幼くして母に捨てられた男・小野浩史(賀来)が、さまざまな女性たちとの出会いを通じて少しずつ笑顔を取り戻していく姿を描く、もの悲しくもユーモアあふれる物語。監督は「アンナチュラル」「Nのために」(同系)などを手掛けた村尾嘉昭が、脚本は「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)や演劇界でも活躍する加藤拓也が担当する。さらに、TBSでの放送終了後から、TSUTAYAプレミアムでの独占配信も決定している。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」――
憧れのクラスメイトに指摘された少年は、その日を境にうまく笑えなくなった。“悲劇のようで喜劇な人生"を切なくもユーモア溢れる筆致で綴る作家・爪切男のデビュー作。 出会い系サイトに生きる車椅子の女、カルト宗教を信仰する女、新宿で唾を売る女etc. 幼くして母に捨てられた少年は、さまざまな女性たちとの出会いを通じ、少しずつ笑顔を取り戻 していく。文庫には、アイナ・ジ・エンド(BiSH)による解説「死にたい夜を超えていく」を特別収録。

<本文より>
私の笑顔は虫の裏側に似ている。
学校で一番可愛い女の子が言っていたのだから間違いない。
生まれてすぐに母親に捨てられ、母乳の出ない祖母のおっぱいを吸って育った。
初恋の女の子は自転車泥棒で、初体験の相手は車椅子の女性だった。
初めて出来た彼女は変な宗教を信仰しているヤリマンで、とにかくエロかった。
そして今、震度四強で揺れる大地の上で人生最愛の女にフラれている最中だ。
部屋の窓から鋭角に差し込む朝の光を浴びた彼女が、ヤジロベエのようにゆらゆらと揺れている 。

📚原作の感想
愛が欲しくて愛に振り回された男の実話小説。忘れたくない失恋(かこ)がある。
Arikaアイコン(小)1ある一人の男性が、本当にどこにでもいる男性が、少し変わった一人の女性を軸として、自分を通り過ぎて行った様々な女性との愛を描いたノンフィクション。こういえば美しい物語のように感じるが、その実態はエロ男による赤裸々なド変態の物語。なかなかきわどいエピソードだけれど、筆者の上手な言い回しと自信の性格ゆえ爽やかに聞こえる不思議。どのページ開いても不思議な多幸感(この言葉を選ぶことで色んな感情がこぼれ落ちるのをひしひしと感じるけどこうとしか言いようがない)を感じるせいで、いつもの抜粋引用ができない。

タイトル見てどんなに鬱々した本かと思ったら、毎日を心から楽しもうと思わせてくれる本だった。爪切男さん、文章というか人生の天才だ!! 物語は綺麗な言い回しや上手い文体に支えられ、汚らしさは微塵もなく爽やかにまとまっている。「人間はプラモデルと一緒。みんな部品の付き方が違ってて、それぞれに足りない部品がある。」 いやー、本当に面白かった!! 勝手にフィクションかと思っていたら私小説でした。爪さん、アナタの人生めちゃくちゃ無駄です。でもそれはとっても素敵な無駄です。無駄のない人生なんてね、最新機能の国産車みたいなもんだよね。たまにはデカいアメ車かなんかでガソリン垂れ流しでぶっ飛ばしたいよ。うん。いや、とにかく面白かった! そしてアイナ・ジ・エンドのあとがきも良かった。文体は好きだ。淡々としていて、ちょっと笑える。ほんとすごい愛の塊のような1冊! 終わり方も清々しくすっきりした読後感だった。子供に薦めようとは思わないけれど。映像化どんな風にするんだろうと思っていたら、深夜枠だそうで、ならありかな。ドラマ観ます。


爪 切男(つめ・きりお)【文筆家】
┣1979年、香川生まれ。派遣社員。
┣ブログ「小野真弓と今年中にラウンドワンに行きたい」が人気。
┣2014年、『夫のちんぽが入らない』 の主婦こだまとともに同人誌即売会・文学フリマに参加し、「なし水」に寄稿した短編「鳳凰かあさん」が話題となる。2015年に頒布したブログ本も、文学フリマで行列を生んだ。
┣2016年より、情報サイト『日刊SPA!』 で『タクシー×ハンター』を連載。同連載を大幅に加筆修正してまとめた私小説『死にたい夜に かぎって』を2018年に出版、デビュー作となる。これまでのままならない恋愛経験をポジティブに綴った本作はネッ トを中心に大きな話題を呼ぶ。
┣現在、『週刊SPA!』で「働きアリに花束を」を連載中。
┣犬が好き

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
『死にたい夜にかぎって』爪切男著 扶桑社公式特設サイト
💻爪切男『死にたい夜にかぎって』来春ドラマ化!|BiSH アイナ・ジ・エンドが文庫版に解説
📺ドラマイズム「死にたい夜にかぎって」-【MBS】毎日放送




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック