FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

宮木あや子文庫|宮木あや子メディア・ミックス・ドラマ化『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』シリーズ

kage

2019/06/28 (Fri)

宮木あや子

『花宵道中』に代表される繊細で叙情性あふれる「A面」

明るく突き抜けたエンタメ性抜群の「B面」と自らカテゴライズする宮木あや子。

その振り幅の広さは同一作家であることを疑うほど⁉

過去の作品の魅力を徹底紹介。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 06|宮木あや子メディア・ミックス・ドラマ化
 『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』シリーズ



☑読んでスッキリ、元気になる! 最強のワーキングガールズエンタメ⁉
  校閲ガール
 (KADOKAWA/メディアファクトリー)/宮木あや子(著)




装画・巻末マンガ=茶谷怜花

憧れのファッション雑誌の編集者を夢見て、根性と気合と雑誌への愛で、 激戦の出版社の入社試験を突破し 総合出版社・景凡社に就職した河野悦子(こうの・えつこ)。 ファッション誌の編集者になる! という夢を抱えて出版社に就職した河野悦子が配属されたのは校閲部だった! 担当する原稿や周囲ではたびたび、ちょっとした事件が巻き起こり……! ? 読んでスッキリ、元気になる! 最強のワーキングガールズエンタメ☆


ドラマ化作品
 校閲ガール ア・ラ・モード
 (KADOKAWA/メディアファクトリー)/宮木あや子 (著)




「校閲ガール」のまわりも大変! 出版社・景凡社の面々のオモテウラ満載

出版社の校閲部で働く河野悦子(こうのえつこ)。

部の同僚や上司、同期のファッション誌や文芸の編集者など、彼女をとりまく人たちも色々抱えていて…。

日々の仕事への活力が湧くワーキングエンタメ第2弾! 
===
憧れのファッション雑誌の編集者を夢見て、総合出版社・景凡社に就職した河野悦子。しかし、「名前がそれっぽい」という理由で(!?)、悦子が配属されたのは校閲部だった。入社して2年目、ファッション誌への異動を夢見て苦手な文芸書の校閲原稿に向かい合う日々を過ごす悦子。そして明るく一直線な彼女の周りには、個性豊かな仕事仲間もたくさん。悦子の同期で、帰国子女のファッション誌編集者・森尾、これまた同期の東大出身カタブツ文芸編集者・藤岩、校閲部同僚でよきアドバイスをくれる、ガールなんだかボーイなんだかのお洒落男子・米岡、悦子の天敵(!?)のテキトー編集男・貝塚、エリンギに似ている校閲部の部長・茸原、なぜか悦子を気に入るベテラン作家・本郷、等々、彼ら彼女らも、日々の仕事の悩みや、驚くべき過去があって……。

石原さとみ主演で連ドラ化された、読むと元気が出るワーキングエンタメ!

解説=唯川 恵

『校閲ガール』シリーズ(KADOKAWA/メディアファクトリー)/宮木あや子(著)




Arikaシネマ2014b4
📺連続ドラマ

★2016年10月5日スタート 

日本テレビ系 水曜 午後10:00~午後11:00(初回は午後10:00~午後11:10)

 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 DVD-BOX/バップ

¥18,576
Amazon.co.jp

Arika注目1h石原さとみが、”地味”な校閲の仕事に大暴れ!
----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:宮木あや子「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA・角川文庫)
脚本:中谷まゆみ
演出:佐藤東弥
プロデューサー:小田玲奈

主題歌
栞菜智世「Heaven's Door 〜陽のあたる場所〜」
(ユニバーサル ミュージック/ EMI Records)
2016年10月26日 配信開始/2016年11月9日 発売

オープニングテーマ
Chay「12月の雨」
(WARNER MUSIC JAPAN)
2016年10月19日 配信開始

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏢景凡社
┣今井 セシル〔23〕(足立梨花)…景凡社受付
悦子のことを「コーエツ先輩」と呼び、仲が良い。イタリア人の彼氏がおり、イタリア語が話せる。そのため、悦子が街でイタリア人に依頼した寄せられたSNSの返事の文章を翻訳した。

┣佐藤 百合〔25〕(曽田茉莉)…江景凡社受付

🏢景凡社≪校閲部≫
┣茸原渚音〔51〕(岸谷五朗)…校閲部部長
景凡社の校閲部部長。部下に対して敬語を使う。悦子を採用し、その才能を感じ取り、温かく見守る。

河野悦子〔28〕(石原さとみ)
景凡社校閲部員。栃木県出身。ファッションエディターを目指して総合出版社「景凡社」に途中入社した28歳。地味な校閲部に配属されるが、持ち前の好奇心と集中力、行動力を発揮して情熱的に業務と向き合う。気になることがあれば現場に直接赴くなど、衝動的で破天荒な悦子の校閲に同僚はあきれるが、時に彼女のやり方は作品を思わぬ方向に導いたり、取材の中で出会う人々の心を動かしていく。

┣折原幸人〔23〕(菅田将暉)
悦子が一目ぼれする、謎めいた大学生。正体を隠しているが「是永 是之(これなが これゆき)」のペンネームで作家業もしているが、いわゆる覆面作家。実は、後述の大御所作家・本郷の息子で、覆面作家であることを公表しなかったのは父の名を辱めないようにするためだった。小説の校閲を通して悦子と関わり、その容貌からモデルとしても誘われることになる。

┣藤岩 りおん〔35〕(江口のりこ)…景凡社校閲部員(既婚者)
┣米岡 光男〔36〕(和田正人)…景凡社校閲部員
┣青木 祥平〔26〕(松川尚瑠)…輝景凡社の校閲部員
┣坂下 梢〔40〕(麻生かほ)…里景凡社の校閲部員
┣目黒 真一郎(50〕(高橋修)…景凡社の校閲部員

🏢景凡社のファッション誌「Lassy」の編集部
┣亀井 さやか〔42〕(芳本美代子)
景凡社のファッション誌「Lassy」編集長

┣波多野 望〔35〕(伊勢佳世)
景凡社のファッション誌「Lassy」副編集長。仕事に厳しい一面があり、部下の編集部員を叱りつけることもある。悦子の校閲の失敗も厳しく叱責する。

┣森尾登代子〔26〕(本田翼)…悦子の高校の後輩。
景凡社のファッション誌「Lassy」の編集者。幸人をモデルとして発掘する。

🏢景凡社≪文芸編集部≫
┣貝塚八郎〔36〕(青木崇高)…文芸編集部編集者
景凡社の文芸編集部で働く売れっ子編集者。悦子を所属部署に掛けて「コーエツ」と呼んでいる。また、幸人のことは本名ではなく、作家名の「是永」と呼び捨てにしている。森尾に好意を抱いている。校閲部のことを見下している。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷会社
┣正宗 信喜〔23〕(杉野遥亮)…営業
印刷会社の営業。米岡とは、互いにプロレス観戦に行くほど仲がいい。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🍢おでん屋
┣尾田 大将〔48〕(田口浩正)…おでん屋店主
おでん屋の大将。かつては銀行に勤めており、悦子の父の後輩だった。

┣東山(ミスターちん)…おでん屋の常連客
┣西田(長江英和)…おでん屋の常連客
┣北川(店長松本)…おでん屋の常連客
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

🔱特別出演
本郷 大作〔65〕(鹿賀丈史)…第1話・第7話・第9話・最終話
┣大御所のミステリー作家。幸人の実父。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石原さとみ演じる“校閲ガール”が破天荒に大暴れするお仕事ドラマ! 
出版社の校閲部を舞台にした宮木あや子のシリーズ小説を石原さとみ主演でドラマ化。校閲とは、編集者から途中段階の文章や原稿を預かって深く読み込み、内容の誤りや不備な点を調べて直し正すこと。例えば、「『一番最初』だと、『一番』の意味が二重になる」「現在○○線に○時○分の列車は存在しない」などと指摘するのが校閲者の仕事だ。ドラマでは、ファッション雑誌の編集者を目指して出版社に入ったものの校閲部に配属された河野悦子(石原)が、文章と対峙することにやりがいと喜びを見いだし、作家に直接会いに行ったり、事実確認のために現場に乗り込んだりと、本来は地味な校閲の仕事に新風を起こしていく姿が描かれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
おしゃれが大好きな28歳の河野悦子(石原さとみ)は、夢だったファッション雑誌の編集者を目指し、出版社に途中入社した。だが、彼女が配属されたのは校閲部。編集者から渡された「ゲラ」と呼ばれる途中段階の原稿をくまなくチェックし、文章の間違いや矛盾、疑問点を指摘する業務に従事する地味な部署だ。しかし、好奇心が旺盛な悦子は、どんな仕事でも真っ向勝負。校閲の仕事にも情熱を持って向き合い、小説の些細な点が気になって舞台となる地方に直行したり、週刊誌が追う事件の真実を確かめに現場に潜入取材したり、矛盾点を作家に訴えて内容を大幅に変更させたりと、本来の業務の枠を飛び越えて大暴れしていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
2016年10月5日放送・午後10:00~午後11:10【10分拡大】
■ 第1話「なんで私が校閲に?オシャレ校閲ガールが大暴れ!」
----------------------------------------------------------------------------------------
悦子(石原さとみ)は愛読するファッション誌の編集者を目指し中途採用試験を受け続けて7年。やっと採用されるが、配属先は文章の誤りや不備を訂正する「校閲部」だった。抗議する悦子に対し、部長の茸原(岸谷五朗)は、仕事ぶりが認められれば異動もあり得ると話す。そんな悦子が社内で高校の後輩・森尾(本田翼)と遭遇。悦子が志望する編集部にいる森尾は、男性モデル探しを命じられ、大学生の幸人(菅田将暉)に注目する。

★ゲスト
本郷 大作(鹿賀丈史・特別出演

----------------------------------------------------------------------------------------
10月12日放送
■ 第2話「毒舌&型破りな校閲ガール!張り切り過ぎて大失敗」
----------------------------------------------------------------------------------------
悦子(石原さとみ)は、作家・是永是之の小説の初校に苦しむ。編集者の貝塚(青木崇高)はそんな悦子に、是永の経歴を話す。一方、森尾(本田翼)は、モデルとしてスカウトした幸人(菅田将暉)を編集長の亀井(芳本美代子)に引き合わせる。そんな中、悦子は人気主婦ブロガー・亜季(ともさかりえ)が節約術をつづった初の書籍を校閲。その節約術に賛同した悦子が自分の知る節約ネタを書き添えると、亜季が悦子に会いたいと言い…。

★ゲスト
小森谷 亜季(ともさかりえ)
┣本を出版する人気ブロガー。

----------------------------------------------------------------------------------------
10月19日放送
■ 第3話「毒舌&型破りな校閲ガール!理不尽ルールに物申す」
----------------------------------------------------------------------------------------
悦子(石原さとみ)は、モデル候補の幸人(菅田将暉)が覆面作家の是永是之だと知って驚く。そんな中、茸原(岸谷五朗)から、米岡(和田正人)の仕事を引き継ぐよう言われた悦子は、好きな作家の作品は思い入れが強過ぎて逆にミスをしがちなことから担当しないのがルールだと聞かされる。米岡は著者・真理恵の大ファンだった。程なく、悦子を自宅に招いた真理恵が、付箋の指摘に感動したと話すが、悦子は身に覚えがなく…。

★ゲスト
四条 真理恵(賀来千香子)
┣人気作家。

----------------------------------------------------------------------------------------
10月26日放送
■ 第4話「校閲vsパパラッチ女優の夢を壊す記者に本気ギレ」
----------------------------------------------------------------------------------------
悦子(石原さとみ)は女優・あすかの自叙伝を担当。自分の足で生い立ちをたどろうと、彼女の地元に向かった悦子は、自宅前で盗撮する週刊誌記者・山ノ内と遭遇し、一騒動起きる。一方、森尾(本田翼)は編集長の亀井(芳本美代子)から、幸人(菅田将暉)が覆面作家であることを公表するよう口説き落とせと命じられていた。程なく週刊誌に「あすかに隠し子がいる」との山ノ内の記事が載り、自叙伝の発売中止の可能性が浮上する。

★ゲスト
杉本 あすか〔28〕(南沢奈央)
┣自叙伝を発売する清純派女優。

山ノ内 隆(山中聡)
┣女優杉本あすかを追うゴシップ誌「週刊往来」の記者。

----------------------------------------------------------------------------------------
11月2日放送
■ 第5話「型破り校閲ガール!カリスマスタイリストに物申す」
----------------------------------------------------------------------------------------
悦子(石原さとみ)は伝説のスタイリスト・フロライン登紀子のエッセーの校閲を任され、舞い上がる。登紀子が住むイタリアで出版された本の翻訳版だ。貝塚(青木崇高)は、イタリアに事実確認に行くわけにはいかないので、文字校正だけきっちりやるようにと念を押す。一方、幸人(菅田将暉)ら3人の中から専属モデルを決める投票ページのスタイリングを、一時帰国した登紀子が担当。森尾(本田翼)は撮影用の小物を集めるが…。

★ゲスト
フロイライン登紀子(川原亜矢子)
┣悦子が大ファンだった伝説のスタイリスト。

----------------------------------------------------------------------------------------
11月9日放送
■ 第6話「一晩で緊急校閲!集え!作者&編集&校閲涙の本作り」
----------------------------------------------------------------------------------------
森尾(本田翼)と幸人(菅田将暉)の仲を疑う悦子(石原さとみ)は、幸人を尾行して自己嫌悪に陥る。一方、子ども向けの新しい雑誌用の小説の校閲を任された悦子は、難解な作品で掲載には不向きと判断。貝塚(青木崇高)に企画の趣旨を作家にちゃんと伝えたかと尋ねるが、貝塚は人気作家を起用して売れればいいの一点張りだ。そんな中、貝塚は、やって来たバイク便の男性が、以前、新人作家として担当していた桐谷だと気付く。

★ゲスト
桐谷 歩(安藤政信)
┣編集者の貝塚が過去に担当していた元作家。ある事情から筆を折り、貝塚を恨んでいる。しかし、自身の作品が雑誌「こどものべる」に掲載され、大人気となる。

三宅さん(三宅宏実)
┣幸人が子供たちと腕相撲をしている場に現れ、彼と勝負をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
11月16日放送
■ 第7話 「幸人の衝撃の過去を校閲!事実確認すれば破局?」
----------------------------------------------------------------------------------------
悦子(石原さとみ)は、専属モデルに選ばれた幸人(菅田将暉)と祝杯をあげる。そんな中、初仕事で出会った大作家・本郷(鹿賀丈史)が校閲部を訪れて、エッセーの校閲を悦子に頼みたいと指名。本郷をロビーまで送った悦子は、やって来た幸人を、作家の‘是永是之’だと本郷に紹介する。その後、幼い息子との1日をつづった本郷の作品を校閲した悦子は、ある名詞に引っ掛かる。一方、森尾(本田翼)は幸人に部屋を探すよう促す。

■ゲスト
本郷 大作(鹿賀丈史・特別出演

蛭子 能収(蛭子能収)
┣本郷の仕事を通じて知り合った漫画家。幼かった幸人に「絵が下手」と評された。

----------------------------------------------------------------------------------------
11月23日放送
■ 第8話 「悦子vs部長の元カノ...仕事も恋愛も全力には全力返し」
----------------------------------------------------------------------------------------
悦子(石原さとみ)は部長の茸原(岸谷五朗)から、桜川葵(伊藤かずえ)の恋愛小説の校閲を任され、いつも以上に全力を尽くすよう指示される。一方、幸人(菅田将暉)は貝塚(青木崇高)から、本当に興味を持てるものを題材にしてみればと助言された。そんな中、葵が校閲部にいきなり現れるが、茸原とのやりとりに一同はあぜん。悦子は貝塚から、茸原がかつて熱血編集者で葵の担当をしていたこと、さらに10年前に起きた事件について知らされる。

★ゲスト
桜川 葵(伊藤かずえ)
┣恋愛小説家。茸原がかつて担当していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月30日放送
■ 第9話「校閲はなくてもいい仕事?緊急事態!悦子が地味に」
----------------------------------------------------------------------------------------
悦子(石原さとみ)は、憧れのファッション誌「Lassy」の校閲を手伝うことになり張り切るが、いつもの書籍の校閲とは勝手が違い苦戦する。その上、大きな仕事を任され、生き生きと働く森尾(本田翼)の姿を目の当たりにすることで、校閲の仕事に劣等感を感じるようになる。さらに、幸人(菅田将暉)が何を考えているか分からず悩む悦子は、貝塚(青木崇高)から森尾が幸人のことをひそかに思っていると聞かされ、ショックを受ける。

★ゲスト
本郷 大作(鹿賀丈史・特別出演

----------------------------------------------------------------------------------------
12月7日放送・午後10:00~午後11:10【10分拡大】
■ 第10話「ファッション誌へ異動?校閲部ピンチ!悦子が選ぶ道」
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
夢だったファッション誌に異動できる大チャンスが悦子(石原さとみ)に訪れる!そんな中、貝塚(青木崇高)から、校閲を担当した本郷先生(鹿賀丈史)の新作が盗作の疑いで告発されたと知らされる。校閲部メンバーや幸人(菅田将暉)と盗作疑惑を晴らすために夢中になってしまった悦子は、何の準備もしないまま、ファッション誌の企画をプレゼンする日を迎えてしまう…。果たして悦子はファッション誌へ行けるのか…。

■ゲスト
┣本郷 大作(鹿賀丈史・特別出演
┣折原 亮子(浅田美代子):幸人の母。
┣岩崎 はるえ(長谷部香苗)
┣岩崎 正(本田博太郎):本郷の大学時代の友人。


ふせん(WEB配信)
💻スピンオフドラマ

★2016年11月30日-12月14日 Hulu全3話配信 
 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子…がいない水曜日

☑石原さとみが演じる河野悦子のいない校閲部の様子を描いている
----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
米岡 光男〔35〕:和田正人
藤岩 りおん〔36〕:江口のりこ
青木 祥平:松川尚瑠輝
坂下 梢〔40〕: 麻生かほ里
目黒 真一郎〔50〕: 高橋修
客室乗務員:江口のりこ
研修医:杉野遥亮
副機長: 高橋修

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「地味スゴ」スピンオフ 和田正人&江口のりこ ヒロイン休みの校閲部描く  
女優の石原さとみ(29)が主演を務める日本テレビ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(水曜後10・00)のスピンオフドラマが制作された。和田正人(37)江口のりこ(36)がメーン出演する「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子…がいない水曜日」で、ヒロインがいない校閲部の様子が描かれる。計3話のインターネットオリジナル動画で「Hulu」で配信される。 宮木あや子氏の小説「校閲ガール」シリーズを基に連続ドラマ化。ファッション誌の編集部を志望しつつも、地味な仕事とされる校閲部に配属された河野悦子(石原)の奮闘を描く。

スピンオフ第1話「恋の乱気流」(配信中)が悦子が休暇を取った水曜日。静寂につつまれる校閲部で、米岡光男(和田)がラブコメ小説「わたしの恋の乱気流」の校閲作業をしている。米岡の脳裏に、小説の内容がドラマのように映像化される。すると、その小説の主人公の新米客室乗務員・福田マリカを、同僚の藤岩りおん(江口)が演じている…。飛行機内でさまざまなトラブルが起こるが、間違いだらけの表現に米岡が厳しい校閲の手を入れるというストーリー。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ イントロダクション
----------------------------------------------------------------------------------------
河野悦子が休暇を取った水曜日。静寂につつまれる校閲部で米岡光男 (和田正人) が、ラブコメ小説「わたしの恋の乱気流」の校閲作業をしている。米岡の脳裏に、小説の内容がドラマのように映像化される。そしてなぜか、その小説の主人公・新米客室乗務員・福田マリカを、同僚の藤岩りおん (江口のりこ) が演じていて…。飛行機内で起こる様々なトラブル。随所にちりばめられたハテナな表現に、米岡が厳しい校閲の手を入れる!

 💻Hulu  
----------------------------------------------------------------------------------------
第1話 「恋の乱気流」ー2016年11月30日から配信(9分)
----------------------------------------------------------------------------------------
第2話 「花嫁は二度死ぬ」-2016年12月7日14日正午頃から配信(10分)
----------------------------------------------------------------------------------------
第3話 「池袋で袋小路」-2016年12月14日正午頃から配信(9分)
----------------------------------------------------------------------------------------


Arikaシネマ2014b4
📺特別番組

★2017年9月20日スペシャル放送! 

日本テレビ系 水曜 21:00 - 22:54

 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX

Arika注目1h地味にスゴイ!がスペシャルドラマで復活!

日テレで、2017年秋にSPドラマで放送される【地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX】。

2016年秋に連ドラで放送された、地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子がSPドラマで待望の復活を果たします!

ドラマで恋人役として話題になった、石原さとみ・菅田将暉の2人がSPドラマでも勿論再共演です!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:宮木あや子「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA・角川文庫)
脚本:中谷まゆみ
チーフプロデューサー:西 憲彦
プロデューサー:小田玲奈/森 雅弘/ 岡田和則(光和インターナショナル)
演出:佐藤東弥
制作協力:光和インターナショナル
製作著作:日本テレビ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
河野悦子〔29〕(石原さとみ)オシャレが大好き。ファッション誌の編集者。

折原幸人〔24〕(菅田将暉)…幸人は悦子の恋人。是永是之(これながこれゆき)は作家名。

ゲスト
二階堂 凛(木村佳乃)…景凡社のファッション誌「Lassy」新編集長!
廃刊寸前のLassyを立て直すために現れた厳しく合理的な女性。これまでも数々の雑誌を立て直しては去っていった、通称“渡り鳥”。

橘 花恋(佐野ひなこ)…幸人の新しい担当編集者
元々ファンだった幸人の担当者になれたことが嬉しくて、まるで世話係のように至れり尽くせり。

----------------------------------------------------------------------------------------
■イントロダクション
----------------------------------------------------------------------------------------
やっと叶ったファッション誌編集者の夢!

でも本当にやりたいことじゃなかった? 

まさか、私の天職は…校閲⁉

―――悦子が校閲部から念願の「Lassy」編集部へ移動して1年。

幸人との関係も順調で充実した毎日を送っていた―――

そんな中、
「Lassy」にスゴ腕の新編集長がやってくる!

創刊当時からのベテランスタッフのクビを切るなど
編集長の冷酷なやり方に悦子は猛反発!

校閲の存在をバカにされ編集部を追い出される始末

さらに!
幸夫の新しい担当編集者(若くて可愛い♡)に胸騒ぎ…

仕事に恋に大ピンチの悦子、一体どうする!?

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石原さとみ演じる“校閲ガール”が破天荒に大暴れするお仕事ドラマ、再び! 
2016年秋に連ドラで放送された、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』が2017年秋にSPドラマで復活することが決まりました。連ドラで気になっていた内容がSPドラマで分かるようなので、視聴者もスッキリすること間違いないでしょう。もちろん!主役の石原さとみさんのファッションにも注目です。SPドラマでは、31ポーズのコーディネートが見られるそうです。新しいゲストを迎え、更に豪華になったSPドラマを是非お見逃しなく!

----------------------------------------------------------------------------------------
link09_c1.gif 
外部リンクD01-g031.gif
地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 - 日本テレビ
地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 (@jimisugo) - Twitter(日本語)
地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 (jimisugo) - Instagram(日本語)
地味にスゴイ!DX(デラックス)校閲ガール・河野悦子 - 日本テレビ

内部リンクD01-g031.gif
2016年秋、水曜ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』
(2016年メディアミックス作品)10月水曜日スタート!秋ドラマ化される原作&コミック「 「校閲ガール」シリーズ/売国」
今すぐ書店へGO!”夏の文庫フェア”2017…角川文庫フェア『青春いっぱい!』×19(❻/9)「校閲ガール/校閲ガール ア・ラ・モード」







宮木あや子(みやぎ あやこ) 【小説家】
┣1976年11月4日神奈川県生まれ。
┣東京都武蔵野エリア在住。
┣13歳の時に小説を書きたいと感じ、15歳で小説家を志す。
┣2006年、江戸時代を舞台にした小説『花宵道中』で第5回R-18文学賞大賞と読者賞をW受賞しデビュー。デビュー時のプロフィールには「IT関連会社勤務」とあった。翌年、同作を表題作とした単行本でデビューし、話題に。
┣着道楽と海外旅行を趣味とし、三浦しをん、恩田陸、嶽本野ばらが好きなことを明かしている。
宮木ログ3「宮本ではなく宮木です」 - 本人によるブログ
文芸あねもね - 公式ブログ

📚代表作
校閲ガールシリーズ
┣校閲ガール(2014年3月 KADOKAWA/メディアファクトリー / 2016年8月 角川文庫)
┣校閲ガール ア・ラ・モード(2015年12月 KADOKAWA / 2017年6月 角川文庫)
┣校閲ガール トルネード(2016年10月 KADOKAWA)

校閲ガール トルネード/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

シリーズ3作目(* ̄∇ ̄*) 「トルネード」

河野悦子、ついに憧れのファッション誌に!?

モデル兼作家との恋の行方は?

文庫版の巻末には、著者と石原さとみ氏の対談、ドラマのプロデューサー・小田玲奈氏による解説を収録。


主な受賞歴
2006年‐『花宵道中』第5回R-18文学賞大賞・読者賞
2013年‐(『セレモニー黒真珠』第10回酒飲み書店員大賞[1]

メディア・ミックス━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画
群青 愛が沈んだ海の色
┣2009年6月27日公開
┣配給:20世紀フォックス
┣監督:中川陽介
┣主演:長澤まさみ、原作:群青)

花宵道中
┣2014年11月8日公開
┣配給:東京テアトル
┣監督:豊島圭介
┣主演:安達祐実

テレビドラマ
地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子
┣2016年10月 - 12月、全10話、日本テレビ系
┣主演:石原さとみ

スペシャルドラマ『地味にスゴイ!DX(デラックス) 校閲ガール・河野悦子』
┣2017年9月20日、全1話、日本テレビ系 
┣主演:石原さとみ
┣『DX』ではシリーズから1年後のストーリーとなるほか、新たなキャストとして木村佳乃、佐野ひなこが加わる。
┣校閲監修は校閲専門会社・鷗来堂の代表、柳下恭平が担当した。

舞台
野良女
┣2017年4月5日 - 9日予定、シアターサンモール
┣演出:稲葉賀恵
┣主演:佐津川愛美

脚注
----------------------------------------------------------------------------------------
出典
[1]酒飲み書店員大賞とは…
千葉県近辺の本と酒が好きな書店員と出版社営業が集まり、最も売り出したい本をコンペティションで決定する賞。文庫本の掘り起こしを目的としており、出版から1年以上経った文庫本が選考対象とされる。千葉県内の書店員や、都内へ通う編集者らが居酒屋で情報交換をする飲み会で、「自分たちで売れ筋の本を作っていきたい」という話で盛り上がり、この大賞ができたという。

※書店員が選考を行う本の賞には他に、本屋大賞、名古屋文庫大賞、京都水無月大賞、沖縄書店大賞などがある


宮木あや子『セレモニー黒真珠』が第9回酒飲み書店員大賞を受賞! 受賞コメントも掲載 | ダ・ヴィンチニュース
「酒飲み書店員大賞」に宮木あや子さん「セレモニー黒真珠」 - 本田大次郎 - 本のニュース | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック