FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

宮木あや子文庫|宮木あや子メディア・ミックス・配信ドラマ化『婚外恋愛に似たもの』

kage

2019/06/30 (Sun)

宮木あや子

『花宵道中』に代表される繊細で叙情性あふれる「A面」

明るく突き抜けたエンタメ性抜群の「B面」と自らカテゴライズする宮木あや子。

その振り幅の広さは同一作家であることを疑うほど⁉

過去の作品の魅力を徹底紹介。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 06|宮木あや子メディア・ミックス・配信ドラマ化
 『婚外恋愛に似たもの』



☑愛したひとは、2.5次元。35歳人妻、夫以外の男に溺死寸前。
 婚外恋愛に似たもの(光文社 )/宮木あや子(著)



容姿も、仕事も、家族も、生い立ちも、社会における立ち位置もバラバラの5人の女。彼女らの共通項は、35歳。夫あり。そして男性アイドルユニット「スノーホワイツ」の熱狂的ファンであること。彼女たちの愛は、夫ではなくステージで輝く若く美しい「恋人」に遍く注がれる。哀れでも、歪んでいても、これはまぎれも無く、恋。だからこんなに愛おしい―。“最凶恋愛小説”

収録作品:アヒルは見た目が10割 / 何故若者は35年生きると死にたくなるのか / ぬかみそっ! / 小料理屋の盛り塩を片付けない / その辺のフカフカ / 茄子のグリエ〜愛して野良ルーム2

婚外恋愛に似たもの(光文社 )/宮木あや子(著)



ふせん(WEB配信)
 💻dTVオリジナルドラマ

2018年6月22日 - 8月10日(8話+オリジナル編集バージョン1話)

関西テレビ制作・dTV

 婚外恋愛に似たもの

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:宮木あや子『婚外恋愛に似たもの』(光文社刊)
脚本:西荻弓絵/ひかわかよ
演出:新城毅彦/瑠東 東一郎/吉原通克
プロデューサー:内部健太郎/中畠義之/尾上太基/神山明子
制作::関西テレビ放送
制作プロダクション:メディアプルポ
製作著作:エイベックス通信放送

主題歌:大塚 愛「あっかん べ」(avex trax)

E13-b043.gif
外部サイト:婚外恋愛に似たもの

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
桜井美佐代(35)栗山千明…セレブ主婦
┣テレビ局勤務の夫を持つセレブ妻。
┣一番になりたいのに、常に上から三番目の人生を送ってきた。
┣夫とは子どもができず、セックスレス。
スノーホワイツのみらきゅん推し。

益子昌子(35):江口のりこ・・・バツイチ元ヤン
┣バツイチママ。
┣下から三番目の女。
┣高級スーパーのパートをしている。
┣出来の悪い中三の息子に悩んでいる。
スノーホワイツのハッチ推し。

隅谷 雅(35):平井理央・・・バリキャリ女経営者
┣なにもかも一番の女。
┣年商6億を稼ぐバリキャリ女経営者。
┣独身であるため、実力者の父ともめている。
スノーホワイツのチカちゃん推し。
┣脳内ではチカちゃんと結婚している。

片岡真弓(35):富山えり子・・・落ち目のBL作家
┣最底辺の女。
┣ずっとデブでブスだった。
┣夫は働かないヒモ。
┣パン工場でバイトをしつつ、趣味でスノーホワイツのBL小説を書いている。
スノーホワイツのマッシュ推し。

山田真美(35):安達祐実・・・普通の専業主婦
┣普通が一番と言われて育った女。
┣専業主婦で9歳の娘、いつの間にか転職してタレント講師になった夫、姑と暮らしている。
スノーホワイツのジルさま推し。

アイドルグループ「SNowWHiTes(スノーホワイツ)」
┣神田みらい:岩岡徹(Da-iCE)
┣皐月ジルベール:和田颯(Da-iCE)
┣八王子:太田将熙
┣高柳主税:増子敦貴
┣大舟眞秀:聖貴

矢崎由紗 馬渕英里何/山田明郷/袴田吉彦

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
35歳オトナ女子、アイドルヨタはやめられない♥
「校閲ガール」の宮木あや子が描く最凶小説が実写ドラマ化!! 

容姿も境遇もまったく異なる5人の女性。 セレブ妻、バリキャリ女経営者、普通の主婦、元ヤンのバツイチバート、ブスでデブな落ち目のBL作家。 共通項は35歳、そしてアイドルグループ「スノーホワイツ」の(熱狂的)ファンであること。 会うはずもなかった5人がアイドルという共通点を持ったことで、友情をはぐくみ、人生を見つめ直し、ついにはアイドルをみんなで救うことに。



栗山千明、安達祐実ら実力派女優陣が出演し、アイドルに恋をした<35歳オンナ>の本音を描いたヒューマンコメディ。栗山千明、安達祐実、江口のりこ、平井理央、富山えり子ら実力派女優たちが、これまでに演じたことのないアイドルヲタク役に初挑戦し、その中でそれぞれが抱えている悩みやコンプレックスなどを大胆かつデリケートに表現。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
容姿も境遇もまったく異なる5人の女性。セレブ妻、バリキャリ女経営者、普通の主婦、元ヤンのバツイチバート、ブスでデブな落ち目のBL作家。共通項は35歳、そしてアイドルグループ「スノーホワイツ」の(熱狂的)ファンであること。会うはずもなかった5人がアイドルという共通点を持ったことで、友情をはぐくみ、人生を見つめ直し、ついにはアイドルをみんなで救うことに。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ 第1話 「 一番になれない女の悲劇」
----------------------------------------------------------------------------------------
セレブ妻、ドルヲタ夫にマンションから追い出される!
常に上から三番目の女、美佐代は、テレビ局勤務の夫とセレブなマンションに暮らしながらも、子どもができず、むなしい毎日を送っていた。そんな時、デビューしたてのアイドル「スノーホワイツ」のみらきゅんを見かけて恋に落ち、そこからは追っかけひとすじ。ある日、スーパーでレジを打っていた同じスノホワのハッチファンの益子と知り合い…。



 💻dTV
第1話 一番になれない女の悲劇

----------------------------------------------------------------------------------------
■ 第2話 「上から三番目の女VS下から三番目の女」
----------------------------------------------------------------------------------------
下から三番目の女の壮絶な人生。理想の息子とは?
益子は万引きで捕まった息子をはりとばす。その帰り、美佐代のマンションにいき、お互いの状況を語り合い、一緒にスノホワのコンサートに行くことに。

 💻dTV
第2話 上から三番目の女VS下から三番目の女

----------------------------------------------------------------------------------------
■ 第3話 「天敵登場」
----------------------------------------------------------------------------------------
最強の一番女出現!そして大スキャンダル発覚!
コンサートにて、美佐代の天敵、究極の一番女、雅が登場。雅はスノホワのチカちゃんを追いかけるために会社を辞めて、社長になったという。その雅のスキャンダルが発覚。

 💻dTV
第3話 天敵登場

----------------------------------------------------------------------------------------
■第4話 「クソセレブのお家騒動」
----------------------------------------------------------------------------------------
女たちの逆襲!父からの卒業
雅を襲ったスキャンダルは、父が仕組んだことが発覚。雅は、美佐代と益子の力を借りて、父にやり返し、親子は断絶。そして、4人目のスノホワファン登場。

 💻dTV
第4話 クソセレブのお家騒動

----------------------------------------------------------------------------------------
■第5話 普通からの卒業
----------------------------------------------------------------------------------------
普通が一番と言われて育ってきた女の反逆
スノホワのジルさまファンの、普通の主婦、山田は、家庭やママ友、娘のいじめ問題を美佐代と雅に相談する。あまりに簡潔なアドバイスに、山田は開眼。普通から脱却する。

 💻dTV
第5話 普通からの卒業

----------------------------------------------------------------------------------------
■第6話 底辺女の妄想BL
----------------------------------------------------------------------------------------
スノーホワイツの妄想BL小説を書く女と萌える女
はまっていたスノホワの妄想BLを書いていた片岡を、スノーホワイツのイベントに誘った山田。マッシュファンの底辺女片岡は、初めて会う女たちに元気づけられ、もう一度書く決意をする。

 💻dTV
第6話 底辺女の妄想BL

----------------------------------------------------------------------------------------
■第7話 ホワラー、地獄に堕ちる
----------------------------------------------------------------------------------------
スノーホワイツが解散!?危機を乗り越えろ!
スノーホワイツ解散の噂が飛び交い、5人の女たちは、それぞれに落ち込んでしまう。スノーホワイツたちも単独ライブに向けての気持ちがなえてしまう。美佐代と雅は彼らを救うことを決意。

※7.8話は原作にないオリジナルストーリーをdTVで映像化。
女性5人のその後や、スノホワの活躍を描いております。


 💻dTV
第7話 ホワラー、地獄に堕ちる

----------------------------------------------------------------------------------------
■第8話 35歳の女たち
----------------------------------------------------------------------------------------
スノーホワイツ単独ライブ!それぞれの道を歩みだす女たち
美佐代と雅はディセンバーズに乗り込み、会社を改革し、スノーホワイツは無事に単独ライブを開催することに。5人はそれぞれの道を歩みだす。

※7.8話は原作にないオリジナルストーリーをdTVで映像化。
女性5人のその後や、スノホワの活躍を描いております。


 💻dTV
第8話 35歳の女たち

----------------------------------------------------------------------------------------
■第9話 「幻の“第9話”」
----------------------------------------------------------------------------------------
スノホワライブオリジナル編集バージョン
8話のライブシーンを、未公開カットを使って再編集したフルバージョンで公開!

 💻dTV
第9話 スノホワライブオリジナル編集バージョン


 💻dTVとは?
話題の映画やドラマ、最新のアニメをはじめ、人気アーティストのミュージックビデオやライブ映像、更には、カラオケやマンガ、フィットネスまで、多彩なジャンルの約120,000作品が月額500円(税抜)ですべて楽しめる。新着タイトルが毎月2,000タイトル以上追加され、見たい作品にいつでも出会えます。

さらに、最新映画や放送中のテレビドラマの見逃しも、新作レンタルで手間なくカンタンに見られます。スマートフォン、タブレット、パソコンに加えて、テレビでも見られるからあなたの生活に合わせて、いつでもどこでも利用できます。ドコモテレビターミナル®があれば、カンタンにテレビでdTVが楽しめる!

ドコモのケータイ回線をご利用中の方はもちろん、ドコモのケータイ回線をお持ちでない方も、お使いの携帯キャリアを選ばず誰でもカンタンWEB登録。初回31日間は無料で利用できます。視聴デバイスはテレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンで視聴可能。

💻http://bit.ly/2DjhMZ9

----------------------------------------------------------------------------------------
link09_c1.gif 
外部リンクD01-g031.gif
婚外恋愛に似たもの 宮木あや子 | 光文社文庫 | 光文社
┣💻ドラマ「婚外恋愛に似たもの」特設サイト|dTV公式‐12万作品が見放題【お試し無料】


宮木あや子(みやぎ あやこ) 【小説家】
┣1976年11月4日神奈川県生まれ。
┣東京都武蔵野エリア在住。
┣13歳の時に小説を書きたいと感じ、15歳で小説家を志す。
┣2006年、江戸時代を舞台にした小説『花宵道中』で第5回R-18文学賞大賞と読者賞をW受賞しデビュー。デビュー時のプロフィールには「IT関連会社勤務」とあった。翌年、同作を表題作とした単行本でデビューし、話題に。
┣着道楽と海外旅行を趣味とし、三浦しをん、恩田陸、嶽本野ばらが好きなことを明かしている。
宮木ログ3「宮本ではなく宮木です」 - 本人によるブログ
文芸あねもね - 公式ブログ

📚代表作
校閲ガールシリーズ
┣校閲ガール(2014年3月 KADOKAWA/メディアファクトリー / 2016年8月 角川文庫)
┣校閲ガール ア・ラ・モード(2015年12月 KADOKAWA / 2017年6月 角川文庫)
┣校閲ガール トルネード(2016年10月 KADOKAWA)

校閲ガール トルネード/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

シリーズ3作目(* ̄∇ ̄*) 「トルネード」

河野悦子、ついに憧れのファッション誌に!?

モデル兼作家との恋の行方は?

文庫版の巻末には、著者と石原さとみ氏の対談、ドラマのプロデューサー・小田玲奈氏による解説を収録。


主な受賞歴
2006年‐『花宵道中』第5回R-18文学賞大賞・読者賞
2013年‐(『セレモニー黒真珠』第10回酒飲み書店員大賞[1]

メディア・ミックス━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画
群青 愛が沈んだ海の色
┣2009年6月27日公開
┣配給:20世紀フォックス
┣監督:中川陽介
┣主演:長澤まさみ、原作:群青)

花宵道中
┣2014年11月8日公開
┣配給:東京テアトル
┣監督:豊島圭介
┣主演:安達祐実

テレビドラマ
地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子
┣2016年10月 - 12月、全10話、日本テレビ系
┣主演:石原さとみ

スペシャルドラマ『地味にスゴイ!DX(デラックス) 校閲ガール・河野悦子』
┣2017年9月20日、全1話、日本テレビ系 
┣主演:石原さとみ
┣『DX』ではシリーズから1年後のストーリーとなるほか、新たなキャストとして木村佳乃、佐野ひなこが加わる。
┣校閲監修は校閲専門会社・鷗来堂の代表、柳下恭平が担当した。

舞台
野良女
┣2017年4月5日 - 9日予定、シアターサンモール
┣演出:稲葉賀恵
┣主演:佐津川愛美

脚注
----------------------------------------------------------------------------------------
出典
[1]酒飲み書店員大賞とは…
千葉県近辺の本と酒が好きな書店員と出版社営業が集まり、最も売り出したい本をコンペティションで決定する賞。文庫本の掘り起こしを目的としており、出版から1年以上経った文庫本が選考対象とされる。千葉県内の書店員や、都内へ通う編集者らが居酒屋で情報交換をする飲み会で、「自分たちで売れ筋の本を作っていきたい」という話で盛り上がり、この大賞ができたという。

※書店員が選考を行う本の賞には他に、本屋大賞、名古屋文庫大賞、京都水無月大賞、沖縄書店大賞などがある


宮木あや子『セレモニー黒真珠』が第9回酒飲み書店員大賞を受賞! 受賞コメントも掲載 | ダ・ヴィンチニュース
「酒飲み書店員大賞」に宮木あや子さん「セレモニー黒真珠」 - 本田大次郎 - 本のニュース | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック