FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(9月特集⑦)文学で読む男の恋愛|恋の短歌集5選|恋する31文字。[恋のさじ加減〜スプーン100杯分の恋する短歌〜 /歌集 くびすじの欠片/たぶん絶対/蝉観音―歌集/十階―短歌日記2007]🐿

kage

2019/09/22 (Sun)

 2019年9月特集
男の恋愛

恋愛小説、少女マンガ、ドラマや映画……。

ラブストーリーを好むのは女性だけじゃない!!

もう一人の主役である男性にスポットをあて、

ピュアな恋、大人の恋…。

いろんなの恋愛を集めました。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


 4|文字で楽しむ、「短歌と恋愛」-④
 の短歌集5選|する31文字

高校生の頃に読んでいた「現代短歌集」。

あの頃分かったような気になっていた恋の歌も、今になって読み返すとまた違う意味を知る。

きっと心にとどまって忘れられない「恋」が見つかるかも。


 1|恋のさじ加減〜スプーン100杯分の恋する短歌〜 (Parade books)
 真崎 菜 (著) 

恋愛模様を男性からの目線で31文字に切り取った恋のポートレート。



二人だから見られる風景がこんなにもあることの幸せに気付くことが出来れば、きっとどの場面もロマンチックな恋の風景に見えることでしょう。「料理のさ・し・す・せ・そ」があるように、あなたの「恋のさ・し・す・せ・そ」を探してみてはいかがでしょうか。
きっと素敵な恋のスパイスになることでしょう。恋する女性、出会いを待つアナタに読んで欲しい心が温まる一冊。 

Arikaアイコン(小)1ゆるふわな短歌にトキメキ、思わず声に出して読んでみた。
初めての歌人さん。ゆるふわな短歌にトキメキ、思わず声に出して読んでみた。春夏秋冬、季節ごとに括られた100首の短歌集です。中にはお洒落で透明感のある日常ポートレートがいっぱい。真崎さんの歌の人称は「君」のみ。悲しい歌、寂しい歌が1首もありません!声に出して読むとこちらまでワクワクしたり、くすっと笑ったり、突っ込んだり。真崎さんの歌から、女性の可愛らしい行動を詠む手法、斬新な比喩表現を学んだ気がします。

真崎 菜…歌人。
1976年、大阪生まれ。





 2|歌集 くびすじの欠片(短歌研究社)
  野口 あや子(著) 



ふくらはぎオイルで濡らすけだものとけものとの差を確かめるため。みしみしと夕立過ぎてライオンが飼い慣らされるようなさみしさ。短歌研究新人賞受賞作品所収の第1歌集。15歳から20歳までの作品311首収録。

Arikaアイコン(小)1「アクリルの白いコートを汚す雨 好きってそういう意味じゃなかった」
初めて彼女の短歌を目にした時、脳が揺れるという比喩が全く現実的な形容だと知った。瞼の裏にはっきりとその情景を描けるような、1枚1枚の絵画のような美しい歌。どこか懐かしく、切なく、そしてみずみずしく、タンスの奥に大切にしまっていた何かに名前をつけられたような気持ちになる。 この言葉にカラダがあるのならば、脆く薄いガラスの皮膚の内側に沸点の低い硫酸めいた透明で濃密な血液が流れているのだろう。人差し指でそっと触れただけでも、伝播する熱のせいで私の血までが濃縮されていくので息苦しさを覚えることがあった。五・七・五・七・七の並ぶ言葉で鮮やかにその場面を映しだす。その一文で一気にどこか過去のような想像の先のような場所に立たせてくれる。改めて短歌ってスゴイと感じた。ちょっとした畏怖を感じるくらい。私のお気に入りは「パンシェへの流れを見せる先生の胸の廃墟にうつる夕空」「コントミンその軽やかな名を持ちてわたしのなかの私を奪う」「甘いだけの恋がしたくて口腔でどろどろ溶けていった絹糸」など。十代の持て余し気味のエネルギーや、意味もなく楽しくなったり、無邪気になったりする感じが垣間見れて、読んでいて楽しい。無邪気さの中に、醒めた視線、漠然とした不安を感じさせるところも、作品の魅力になっていると思う。

野口あや子…歌人
1987年、岐阜県生まれ。2004年「幻桃」入会、松村あやに師事。2006年「未来」入会、加藤治郎に師事。第49回短歌研究新人賞受賞





 3|たぶん絶対 (marble books plus)
 加藤 千恵 (著) 



上等だ あたしはあなたに出会えたし2人で笑い合ったりできた-。ひりひりした気持ちをまっすぐに見つめてきりとられた「ことば」たちが、日本中の孤独な夜にやさしく語りかける。たった31文字の恋する言葉たち。

『広告批評』『朝日新聞〈ひと〉欄』『Zipper』など、さまざまなメディアから注目を集め、大ヒットしたファースト短歌集『ハッピーアイスクリーム』に続く、待望の新作集!ひりひりした気持ちをまっすぐに見つめてきりとられた「ことば」たちが、日本中の孤独な夜にやさしく語りかける。

Arikaアイコン(小)1「ロッテリアのトイレでキスをするなんて たぶん絶対最初で最後」
加藤千恵さんの高校生時代の短編集。若さと不安とエネルギーにあふれている。クラスメイトの恋愛話を聞いているような、こちらが恥ずかしくなるほどリアルな女子高生の言葉で綴れた短歌たち。息づかいまで聞こえるような、思春期の微妙な心の揺れが切なくもどかしい。フレッシュ。情景が浮かび上がってきて親近感。水色の表紙とページも水色で、ちょっとした癒しを得ることができる感じ。マーブルトロン。

▼青色のビニール傘を用意して 降りるべきはずの雨を待ってた
▼3回も寝言を言っていたらしい 好きな男にくっつきながら
▼とてもとても大きな大きな夕焼けを 橋の上から一人で見てた

これ好き!十代からの視点、感情、よく表してる。あの頃の甘酸っぱい気持ちが喉奥までせり上がってくるようで、自分が17歳の頃を思い出して、ああ私、一生あの頃に戻れないんだわ、なんて思わずエモい情感に浸ってしまう。ちょっと大人になった詠み人の言葉は秀逸です。わたしは前作よりもこちらのほうがオススメ♪もっと短歌集も出してほしいなー 。ちなみに私はロッテリアのトイレでキスをしたことはないww

加藤千恵…歌人
1983年生まれ。北海道旭川在住の高校生だった2001年8月、インターネットで交流のあった歌人・枡野浩一氏のプロデュースにより、処女短歌集『ハッピーアイスクリーム』(小社刊)を上梓。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などの取材が殺到、同書は短歌集としては異例のヒット作となる。ファッション雑誌「Zipper」(祥伝社)での短歌連載を経て、コミック誌「Vanilla」(講談社)では短歌+漫画のコラボレーション(漫画=野口ともこ)を好評連載中。2002年春からは大学生として東京で一人暮らしを始め、短歌のみならずエッセイ・詩・小説など、さまざまな表現活動に取り組んでいる。





 4|蝉観音―歌集 (かりん叢書)
 尾崎朗子(著) 



Arikaアイコン(小)1「このへんでねえキスしよう、目を開けて。わたしはことばでできてないから」
肌を刺す痛みや熱、吸い込まれるような深い悲しみを感じる歌集。相手を意識することで、自分の個としての痛みが浮き彫りにされていく。希望と不安が同居する彼女の世界観に優しく満たされてほしい。 最初は若い子の恋してる時の詩という印象で普通に読んでしまって特に何も思わなかった。けど短歌だと思い出したら、ぐぁっと世界が広がった。今と思い出、なのだ。ぐちゃぐちゃした狂おしいほどの愛おしさや憎しみとか、はたまた、叫んで粉々にしてしまいたいほど平和な中での虚無感とかが、にじみ出ているものを読んで、ここが、おとなとこどもの挟間なのかもしれない、と思った。恋してる人が読むとすごく分かると思う。そうじゃなくて読んでも、尾崎朗子の言葉の選び方に感動できるかな。あの頃の私にはわからなかった言葉が今になってわかる、なんてことたくさんあります。

尾崎朗子
第16回(2015年)現代短歌新人賞『タイガーリリー―尾崎朗子歌集 (かりん叢書)』や『蝉観音―歌集 (かりん叢書)』など全2作品。





 5|十階―短歌日記2007(ふらんす堂)
 東 直子(著) 



短歌日記2007年、東直子の365日。
記憶とは伝えておきたい願い

Arikaアイコン(小)1「片寄りて花びら池の面に腐るそんなふうでも愛したかった」
2007年の365日短歌を詠み、それをまとめた短歌日記。手に馴染む小さめのサイズと不思議な装丁に惹かれて。歌人・東直子さんが毎日Webに掲載した短い日記と短歌一首を、365日分集めたもの。日常生活の中で紡がれた言葉だからなのか、全体的にやんわりとした印象を持ちました。ページをめくる中で、どこか引っかかる歌やハッとする歌に出会い、しかしさらにページを繰るうちに、その感覚がだんだん遠のいてゆく。その移ろいゆく様が日常そのものであるように思えて、愛おしいと思いました。美しく個性的な言葉選び。聴覚的な描写や独特のリズム。読んでいると、なぜか感極まってしまい涙とため息が出る。短歌と短文。そしてあとが。短歌もいいし短文も説明文になっていないので、謎は謎のまま残されている。とくに暗めの短歌がいい。365日短歌を詠んでると、彼女と旅をしているような気分になる一冊。

東直子…歌人、小説家、脚本家。
1963年12月23日、広島県安佐郡安佐町(現・広島市安佐北区)生まれ。神戸女学院大学家政学部食物学科卒業。姉の小林久美子も歌人。 1996年「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞受賞。「NHK短歌」選者。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック