FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(3月特集)バラカ 上下 (集英社文庫)/桐野夏生(著)

kage

2020/03/15 (Sun)

311.png

誰もが立ちすくんだあの日から9年。

いまだから読みたい本――3.11後の日本

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

彼女は災厄か。それとも神の恩寵か。圧倒的スケール。究極のカタルシス。“桐野夏生”を感じろ!
 バラカ 上下 (集英社文庫)/桐野夏生(著)

震災のため原発4基が全て爆発! 

警戒区域内で発見された少女〝バラカ〟。

彼女の存在をめぐり周囲の人間たちの思惑、愛憎が交錯し、物語は思わぬ方向へ!


 

■上巻:出版社勤務の沙羅は40歳を過ぎ、かつて妊娠中絶した相手の川島と再会。それ以来、子供が欲しくてたまらなくなってしまった。非合法のベビー・スークの存在を聞きつけ、友人・優子とドバイを訪ねた。そこで、少女「バラカ」を養女にしたが、全く懐いてくれない。さらに川島と出来婚をしていたが、夫との関係にも悩んでいた。そんな折、マグニチュード9の大地震が発生。各々の運命は大きく動き出す。

■下巻:東日本大震災によって、福島原発4基すべてが爆発し、日本は混沌としていた。たった一人で放射能被害の警戒区域で発見された少女バラカは、豊田老人に保護された。幼くして被曝した彼女は、反原発・推進両派の異常な熱を帯びた争いに巻き込まれ―。全ての災厄を招くような川島に追われながらも、震災後の日本を生き抜いてゆく。狂気が狂気を呼ぶ究極のディストピア小説、ついに文庫化!

Arikaアイコン(小)1彼女以外、全員狂気。
彼女は災厄か、神の恩寵か。圧倒的ディストピア!

震災のため原発4基がすべて爆発した!警戒区域で発見された一人の少女「バラカ」。40代の独身女性である沙羅は養子を欲しくてたまらないので(この人は頭がおかしいではないか!)、ドバイに行って養子仲介屋を通して養子(バラカ)を迎い入れる。しかし、川島(悪魔)とデキ婚しすぐにバラカを手放してしまい、その後、沙羅にとんでもない悲劇が待っていた。一方でパウロが行方不明の娘を探し続けた。ありえたかもしれない日本で、世界で蠢く男と女、その愛と憎悪。バラカは本当に神の恩寵の子なのか?あるいは不幸への道をもたらす子⁉ これは現実的なのか?異次元なのか? 不思議な悪。川島よ、何者だ?恐るべし!!

最初からプロローグで線量の高い地域に放置されていたバラカが発見されてから、不穏な空気が漂うのを感じていた。登場人物は、ほぼクズであり、読んでいてずっと気分が悪い(褒め言葉)!! どの登場人物も自分勝手であんまり共感できないですが、3.11など 実際に起きた事が入り交じってドキリさせながら中盤まですごいリアリティで進行。日本でどうかは分かりませんが、世界ではこの手の人身売買スレスレのことが当たり前にビジネスとしてあるんだろうなぁと感じた。周りの自己中心的な大人たちに振り回されて、ひどい目にあっているバラカが可哀想すぎる。後味の悪さを感じながら、少しずつ登場人物が繋がり、バラカの行く末が気になって仕方がなかった上巻。

日系ブラジル人、新興宗教、子供の人身売買、サイコパス、大震災による原発爆発、被爆、発がん、首都移転、軟禁。身勝手な大人達や人災に運命を揺さぶられる少女バラカ。ただ不運で不幸な少女なのに、どこか高潔さや神秘性が見えるのは、年齢に見合わない大人びた諦めや、そんな境遇でも純粋さが感じられるような巧妙さからかもしれない。パウロがバラカを諦めたのは衝撃。バラカの幸せをひたすら願いながら読み進めた下巻。

物語のスケール感もいいし、全体に漂うヴァイオレンスな気配もいい。また、登場人物では絶対に好きになることがない川島の存在が悪の存在感を際立たせる。歌舞伎でいえば、まあ一種の「色悪」ではあるが、「色」というにはいささかグロテスクに過ぎるか。登場する女たちの放つリアリティもなかなか。胸くそ悪すぎる読後感。色んな描写がリアリティにみえる。登場人物にまともな人がいない。女や男、在留外国人の孤独などグロテクスにもあったが、やはり桐生夏生は読む人を選ぶと思う。あぁとにかく胸くそが悪い…なのに読むのが止まらない!桐野夏生ワールド全開でひきこまれてしまう!これは桐生夏生の筆力にまんまとはまったのかもしれない。意図する、しないにかかわらず、人間のどこまでも、しかも世代を超越して業を背負い続ける終わりなき旅。嗚呼それが人生か。それが人類か。 桐野さんの作品は疾走感のあるものより、このバラカよろしく、どんよりねっとり緻密に描いてくれているものがやっぱり好き。子供への暴力や、3.11を思い出させる描写があるので、苦手な人はご注意を。絶妙にリアルを織り混ぜた、感覚を揺さぶられるような狂気なフィクション。今回もお腹いっぱい。読了後に、ゲップが出ました。


内部リンクD01-g031.gif
集英社文庫ナツイチフェア2019:ドキドキする本よまにゃ②/4(白夜行/バラカ 上・下/怪談/家庭教師は知っている)


桐野夏生…小説家
1951年10月7日石川県金沢市生まれ。成蹊大学卒業。別のペンネーム野原 野枝実(のばら のえみ)や桐野 夏子の名でロマンス小説、ジュニア小説のほか、森園みるくのレディースコミック原作も手がけていた。 妊娠中に友人に誘われ、ロマンス小説を書いて応募し佳作当選。以後、小説を書くのが面白くなって書き続けたという。

1993年、ミステリー小説第一作として応募した『顔に降りかかる雨』で第39回江戸川乱歩賞受賞。ハードボイルドを得意とし、新宿歌舞伎町を舞台にした女性探偵、村野ミロのシリーズで独自の境地を開く。1998年『OUT』で第51回日本推理作家協会賞。平凡なパート主婦の仲間が犯罪にのめりこんでいくプロセスを克明に描いて評判を呼び、日本での出版7年後に米国エドガー賞にノミネートされ、国際的にも評価が高い。1999年『柔らかな頬』で第121回直木賞、2003年『グロテスク』で第31回泉鏡花文学賞、2004年『残虐記』で第17回柴田錬三郎賞受賞。2005年『魂萌え!』で第5回婦人公論文芸賞、2008年『東京島』で第44回谷崎潤一郎賞、2009年『女神記』で第19回紫式部文学賞受賞。『ナニカアル』で、2010年第17回島清恋愛文学賞・2011年第62回読売文学賞受賞。2015年に紫綬褒章を受章。

ペンネーム「桐野夏生」は、司馬遼太郎の小説『翔ぶが如く』の桐野利秋、大庭みな子の『浦島草』の夏生という女性の名前から取った名前で1984年のロマンス小説デビュー作から使っているが、男性と混同する名前は困ると言われ「桐野夏子」というペンネームを使った時期があった。また、作家・銀色夏生がいるから夏生はやめて欲しいと言われて使ったペンネーム「野原野枝実」は、森茉莉の『甘い蜜の部屋』の登場人物の名前から拝借したものである。これらの別ペンネームに関して桐野自身は「屈辱の歴史」と述懐している 。

公式サイト
桐野夏生HP -BUBBLONIA-
オンライン記事
┣Yahoo!ブックス - 桐野夏生インタビュー1|桐野夏生インタビュー2(2004年3月25日掲載、構成・中沢明子)
┣JUSTICE Library: 「書くことの快楽」(||||、2001年5月28日、インタビュー・福田和也)
データベース
┣CinemaScape - 映画批評空間: 桐野夏生

デビュー作:『愛のゆくえ』(1984年)

代表作
『顔に降りかかる雨』(1993年)
『OUT』(1997年)
『柔らかな頬』(1999年)
『グロテスク』(2003年)
『ナニカアル』(2010年)

受賞
1984年 - 『愛のゆくえ』が第2回サンリオロマンス賞佳作となりデビュー。
1993年 - 『顔に降りかかる雨』で第39回江戸川乱歩賞を受賞。
1998年 - 『OUT』で第51回日本推理作家協会賞を受賞。
1999年 - 『柔らかな頬』で第121回直木三十五賞を受賞。
2003年 - 『グロテスク』で第31回泉鏡花文学賞を受賞。
2004年 - 『残虐記』で第17回柴田錬三郎賞を受賞。
2005年 - 『魂萌え!』で第5回婦人公論文芸賞を受賞。
2008年 - 『東京島』で谷崎潤一郎賞を受賞。
2009年 - 『女神記』で紫式部文学賞を受賞。 
2010年 - 『ナニカアル』で島清恋愛文学賞を受賞。 
2011年 - 『ナニカアル』で読売文学賞を受賞。
2015年 - 紫綬褒章を受章。


Arikaシネマ2014b1
 📚|桐|野|夏|生|著|書 |リ|ス|ト
 ■ロマンス小説(野原野枝実や桐野夏子名義)

・愛のゆくえ(1984年12月 サンリオニューロマンス)
・熱い水のような砂(1986年2月 サンリオニューロマンス)
・真昼のレイン(1986年7月 サンリオニューロマンス)
・夏への扉(1988年1月 双葉社) ※桐野夏子名義
・夢の中のあなた(1989年3月 双葉社) ※桐野夏子名義


 ■ジュニア小説(野原野枝実名義)

・恋したら危機!(森園 みるく (イラスト)/1989年8月 MOE文庫)
・あいつがフィアンセだ!(梶原 薫 (イラスト)/1989年8月 MOE文庫)
・小麦色のメモリー(如月 七生 (イラスト)/1989年8月 MOE文庫)
・トパーズ色のband伝説(森園 みるく (イラスト)/1989年10月 MOE文庫)
・恋したら危機! パート2(森園 みるく (イラスト)/1989年12月 MOE文庫)
・媚薬(如月 七生 (イラスト)/1990年3月 MOE文庫)
・恋したら危機! パート3(森園 みるく (イラスト)/1990年5月 MOE文庫)
・急がないと夏が… プールサイドファンタジー(1990年7月 MOE文庫)



▲セントメリークラブ物語1 セントメリーのお茶会にどうぞ(1990年10月 MOE文庫)
・セントメリークラブ物語2 銀の指輪は冷たく輝く(1991年1月 MOE文庫)



▲ガベージハウス、ただいま5人(1991年3月 コバルト文庫)

・涙のミルフィーユボーイ(いで まゆみ (イラスト)/1992年1月 コバルト文庫)


▲ルームメイト薫くん 1-3(紺野 キタ (イラスト)/1993年-94年 偕成社)


 ■小説|村野ミロシリーズ


▲顔に降りかかる雨(1993年9月 講談社 / 1996年7月 講談社文庫 / 2017年6月 講談社文庫【新装版】)


▲天使に見捨てられた夜(1994年6月 講談社 / 1997年6月 講談社文庫 / 2017年7月 講談社文庫【新装版】)


▲水の眠り灰の夢(1995年10月 文藝春秋 / 1998年10月 文春文庫 / 2016年4月 文春文庫【新装版】)


▲ローズガーデン(2000年6月 講談社 / 2003年6月 講談社文庫 / 2017年8月 講談社文庫【新装版】))
 ┣収録作品:ローズガーデン / 漂う魂 / 独りにしないで / 愛のトンネル


▲ダーク(2002年10月 講談社 / 2006年4月 講談社文庫【上・下】)


 ■小説|ノンシリーズ


▲ファイアボール・ブルース―逃亡(1995年1月 集英社)
  ┣【改題】ファイアボール・ブルース(1998年5月 文春文庫)
▲ファイアボール・ブルース2(2001年8月 文春文庫)

 
▲OUT(1997年7月 講談社 / 2002年6月 講談社文庫【上・下】)

 
▲錆びる心(1997年11月 文藝春秋 / 2000年11月 文春文庫 / 2006年1月 大活字文庫【上・下】)
 ┣収録作品:虫卵の配列 / 羊歯の庭 / ジェイソン / 月下の楽園 / ネオン / 錆びる心



▲ジオラマ(1998年11月 新潮社 / 2001年10月 新潮文庫)
 ┣収録作品:デッドガール / 六月の花嫁 / 蜘蛛の巣 / 井戸川さんについて / 捩れた天国 / 黒い犬 / 蛇つかい / ジオラマ / 夜の砂


 
▲柔らかな頬(1999年4月 講談社 / 2004年12月 文春文庫【上・下】)


▲光源(2000年9月 文藝春秋 / 2003年10月 文春文庫)


▲玉蘭(2001年3月 朝日新聞出版 / 2004年2月 朝日文庫 / 2005年6月 文春文庫)


  
▲リアルワールド(2003年2月 集英社 / 2006年2月 集英社)

 
▲グロテスク(2003年6月 文藝春秋 / 2006年9月 文春文庫【上・下】)

 
▲残虐記(2004年2月 新潮社 / 2007年8月 新潮文庫)- 週刊アスキー連載。
  ┣連載時タイトルは「アガルタ」。桃源郷としての「アガルタ」を全く知らないままタイトルとして採用したとのこと

 
▲I'm sorry, mama(2004年11月 集英社 / 2007年11月 集英社文庫)

 
▲魂萌え!(2005年4月 毎日新聞社 / 2006年2月 新潮文庫【上・下】)


▲冒険の国(2005年10月 新潮文庫)

 
▲アンボス・ムンドス(2005年10月 文藝春秋 / 2008年11月 文春文庫)
  ┣収録作品:植林 / ルビー / 怪物たちの夜会 / 愛ランド / 浮島の森 / 毒童 / アンボス・ムンドス 


  
▲メタボラ(2007年5月 朝日新聞社 / 2010年7月 朝日文庫【上・下】 / 2011年8月 文春文庫)

 
▲東京島(2008年5月 新潮社 / 2010年5月 新潮文庫)

 
▲女神記(2008年11月 角川書店 / 2011年11月 角川文庫) 

 
▲IN(2009年5月 集英社 / 2012年5月 集英社文庫) 

 
▲ナニカアル(2010年2月 新潮社 / 2012年10月 新潮文庫)

 
▲優しいおとな(2010年9月 中央公論新社 / 2013年8月 中公文庫)

 
▲ポリティコン(2011年2月 文藝春秋【上・下】 / 2014年2月 文春文庫【上・下】)

 
▲緑の毒(2011年8月 角川書店 / 2014年9月 角川文庫)



▲ハピネス(2013年2月 光文社 / 2016年2月 光文社文庫)

 
▲だから荒野(2013年10月 毎日新聞社 / 2016年11月 文春文庫)

 
▲夜また夜の深い夜(2014年10月 幻冬舎 / 2017年10月 幻冬舎文庫)

 
▲奴隷小説(2015年1月 文藝春秋 / 2017年12月 文春文庫)
 ┣収録作品:雀 / 泥 / 神様男 / REAL / ただセックスがしたいだけ / 告白 / 山羊の目は空を青く映すか Do Goats See the Sky as Blue? 

 
▲抱く女(2015年6月 新潮社 / 2018年8月 新潮文庫)

 
▲バラカ(2016年3月 集英社 / 2019年2月 集英社文庫【上・下】)

 
▲猿の見る夢(2016年8月 講談社 / 2019年7月 講談社文庫)

 
▲夜の谷を行く(2017年3月 文藝春秋 / 2020年3月 文春文庫)

    
▲デンジャラス(2017年6月 中央公論新社)
▲路上のX(2018年2月 朝日新聞出版)
▲ロンリネス(2018年6月 光文社)
▲とめどなく囁く(2019年3月 幻冬舎)


 ■エッセイ・その他

 
▲白蛇教異端審問(2005年1月 文藝春秋 / 2008年1月 文春文庫) - エッセイ集


▲The cool! 桐野夏生スペシャル(2005年9月 小説新潮別冊 - Shincho mook)- 書き下ろし作「朋萌え!」や未発表作「プール」他、25ページにわたるカラーグラビア等、桐野夏生の基本情報が掲載


 ■アンソロジー|「」内が桐野夏生の作品


▲白のミステリー(1997年12月 光文社)
 ┣【改題・再編集】殺意の宝石箱(1999年9月 光文社文庫)

■目次
あのひとによろしく(青柳友子)/蛾は踊る(井口泰子)/疵(今邑彩)/フリージング・サマー(加納朋子)/黒い犬(桐野夏生)/ワン・ウェイ・チケット(栗本薫)/海の誘い(黒崎緑)/四度目の夏(小池真理子)/深い水(小泉喜美子)



▲最新「珠玉推理」大全〈上〉(1998年8月 光文社カッパノベルス)
 ┣【改題】幻惑のラビリンス(2001年5月 光文社文庫)

■目次
三毛猫ホ-ムズの無人島(赤川次郎)/わらう月(有栖川有栖)/家に着くまで(今邑彩)/おっとっと(大沢在昌)/五重像(折原一)/雁の便り(北村薫)/ネオン(桐野夏生)/義弟の死(小杉健治)/スカウト(今野敏)/ブル-フェイズ(斎藤純)/十年後の家族(佐野洋)/棄てた記憶(高橋克彦)/三通の遺言(夏樹静子)/一億円の幸福(藤田宜永)/孤独の島の島(山口雅也)/乗車拒否(山村正夫)



▲八ヶ岳「雪密室」の謎(2001年3月 原書房)

■目次
布施謙一の手記(笠井 潔【編】)/二階堂黎人の手記(二階堂 黎人)/何もしなかった者の手記/遅刻者の手記(桐野夏生)/ミステリ作家の妄想/まったく関係ない者の推理/最初っからどんでん返し/仮説秘中の秘(霞 流一)/輪廻の部屋(鯨統一郎)/ルーズ探偵美奈/エピローグ「雪密室」の謎は解かれたのか

布施 謙一/我孫子武丸/貫井徳郎/喜国雅彦/斉藤 肇/柄刀 一【著】


・エロチカ(2004年3月 講談社)「愛ランド」



▲はじめての文学 桐野夏生(2007年8月 文藝春秋)- 自選アンソロジー
 ┣収録作品:「使ってしまったコインについて 」/「 アンボス・ムンドス」 /「 リアルワールド「ホリニンナ」 」/「嫉妬」 /「近田によるあとがき 近田ひさ子」 /「 植林」


 
▲ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ(2008年10月 新潮社)
 ┣【改題】源氏物語 九つの変奏(2011年4月 新潮文庫)

江國 香織(著)…夕顔
角田 光代(著)…若紫
金原 ひとみ(著)…葵
桐野 夏生(著)…「柏木」
小池 昌代(著)…浮舟
島田 雅彦(著)…須磨
日和 聡子(著)…蛍
町田 康(著)…末摘花
松浦 理英子(著)…帚木



▲Invitation(2010年1月 文藝春秋)
 ┣【改題】甘い罠 8つの短篇小説集(2012年7月 文春文庫)

江國香織(著)…蛾
小川洋子(著)…巨人の接待
川上弘美(著)…天にまします吾らが父ヨ、世界人類ガ、幸福デ、ありますヨウニ
桐野夏生(著)…「告白」
小池真理子(著)…捨てる
髙樹のぶ子(著)…夕陽と珊瑚
髙村薫(著)…カワイイ、アナタ
林真理子(著)…リハーサル



▲エロスの記憶(2015年2月 文春文庫)

■目次
[女流短篇傑作選]
小池真理子 「千年萬年」
桐野夏生 「作家志望」
村山由佳 「風酔ひ」
桜木紫乃 「影のない街」
林真理子 「本朝金瓶梅」

[大女優、男と女の成熟を語る]
岸惠子 「わりなき恋、その愛と性」

フィリップ・トルシエ(サッカー元日本代表監督)
「工場の機械のような日本のセックス」

高橋克彦 「浮世絵のエロス」
井上理津子 「飛田新地の『写真屋』」
東海林さだお×鹿島茂「性欲が地球を救う」
角幡唯介 「極地探検家の下半身事情」
本橋信宏 「美少女伝説を創った男」
花房観音 「おとなの京都案内」
春日太一 「誘う女と堕ちる男」
柴門ふみ 「大杉栄の恋文力が凄い」
大矢博子 「オール読書会 官能小説品定め」
北尾トロ 「『フランス書院』の秘密」
南伸坊 「官能の本人・壇蜜」
平松洋子 「宇能鴻一郎と会って」
川上宗薫 「ポルノ作家の内情」
団鬼六×阿部牧郎×永田守弘 「四苦八苦の官能表現」
渡辺淳一×弘兼憲史 「老いのSEX」

[特選・官能×文学]
野坂昭如 「エレクションテスト」
勝目梓 「橋」
石田衣良 「いれない」
山田風太郎 「淫の忍法帖」

[愛と奇跡のラブレター]
池田満寿夫 「MからYへ」
佐藤陽子 「今でも私は満寿夫に生かされている」



▲文学2015(2015年4月 講談社)
【収録作品】
「男鹿」(小池昌代)/「クエルボ」(星野智幸)/「藁の夫」(本谷有希子)/「ガーデン・ノート」(鹿島田真希)/「あしたまた昼寝するね」(川上未映子)/「みだれ尺」(黒田夏子)/「歌の声」(河野多惠子)/「ミス転換の不思議な赤」(多和田葉子)/「松明綱引き」(又吉栄喜)/「虫やしない」(山田詠美)/「神さまに会いにいく」(角田光代)/「昇天」(金井美恵子)/「雀」(桐野夏生)/「崖」(高樹のぶ子)/「こたつのUFO」(綿矢りさ)、「春の坂道」(古井由吉)、「渇いた梢」(藤田愛子)、「大自然」(彩瀬まる)、「鯨や東京や三千の修羅や」(古川日出男)/「泥棒」(滝口悠生)/「悪の花」(小野正嗣)/「蜥蜴」(谷崎由依)



▲日本文学100年の名作 第10巻2004-2013 バタフライ和文タイプ事務所(2015年6月 新潮文庫)「アンボス・ムンドス」

■目次
2004|バタフライ和文タイプ事務所(小川洋子)
2004|「アンボス・ムンドス」(桐野夏生)
2005|風来温泉(吉田修一)
2005|朝顔(伊集院静)
2006|かたつむり注意報(恩田陸)
2006|冬の一等星(三浦しをん)
2007|くまちゃん(角田光代)
2007|宵山姉妹(森見登美彦)
2008|てのひら(木内昇)
2008|春の蝶(道尾秀介)
2009|海へ(桜木紫乃)
2009|トモスイ(髙樹のぶ子)
2009|〆(山白朝子)
2009|仁志野町の泥棒(辻村深月)
2013|ルックスライク(伊坂幸太郎)
2013|神と増田喜十郎(絲山秋子)
読みどころ


 ■コミック原作|いずれも漫画は森園みるく

 
▲カクテル・ストーリーズ(1989年10月 祥伝社 / 2005年12月 あおば出版)

 
▲ハイ・ライフ(1992年1月 祥伝社【上・下】)

     
▲キアラ(1992年1月 祥伝社)

   
▲ボンデージ・ファンタジー(1993年8月 祥伝社)
▲ワイルド・フラワーズ(1993年1月 祥伝社【上・下】)
▲ロンリー・ハーツ・クラブ(1995年5月 祥伝社)


 
▲モンロー伝説―ただ愛が欲しいだけ(1996年6月 祥伝社【上・下】)
▲マンガ マリリン・モンロー 愛に飢えた魂の伝説(2003年11月 講談社+α文庫)


Arikaシネマ2014b4
 📺テレビドラマ
 1994年5月6日(全1回)フジテレビ系「金曜エンタテイメント」枠で放送
 顔に降りかかる雨 

原作:顔に降りかかる雨(講談社刊)
脚本:竹山洋
演出:福本義人
プロデューサー:中山 和記、
音楽:石田勝範、(音響効果:塚田 益章)

主演:役所広司、鶴田真由
出演:岡田眞澄/村上里佳子/床嶋佳子/筧利夫/森公美子/赤星昇一郎/山崎一、など。、

第39回江戸川乱歩賞受賞作(桐野夏生)の映像化。ルポライターの耀子(村上里佳子)が失踪。婚約者の成瀬(役所広司)は、彼女の親友、ミロ(鶴田真由)と共にその行方を追う。「中古外車販売業の成瀬(役所広司)は、妻子と別れて愛人のルポライター・耀子(村上里佳子)と婚約していた。その耀子が、横浜中華街で貿易商殺しの現場を目撃、車で逃げる犯人の金髪女の写真を撮った。特ダネと勢いこむその耀子が突然姿を消した。成瀬が耀子にあずけた1億2千万円の金とともに。成瀬が彼女の部屋から帰った夜のことだ。金はボスの上杉(岡田真澄)に返す金だ。成瀬は耀子の親友・ミロ(鶴田真由)と二人で耀子の行方を追う。その耀子の水びたしの死体写真が、死体愛好家・川添の家で見つかった。しかもその川添も首吊り死体になっていた。耀子を殺したのは誰か?金は誰が?事件に見え隠れする金髪女は何者か。目まぐるしく二転三転する謎の中に、男と女の愛憎の極限の姿が浮かび上がってくる…。



 1999年10月12日-12月21日(全11話)フジテレビ系 毎週火曜21:00-21:54
 OUT〜妻たちの犯罪〜



原作:OUT(講談社刊)
脚本:前川洋一
演出:星田良子、平野眞
プロデューサー:川上一夫 石坂理江子
音楽:溝口肇

主演:田中美佐子、
出演: 飯島直子/渡辺えり子/原沙知絵/高田聖子/哀川翔/なすび/小田エリカ/伊藤英明/細川茂樹/段田安則/柄本明

深夜の弁当工場でパート勤務をしている主婦、雅子は、ろくに会話もない冷え切った家庭に嫌気がさしていた。仲のよいパート仲間たちも、それぞれの家庭に問題を抱えており、彼女たちや、とあることで知り合った女刑事、則子との他愛もないおしゃべりだけが楽しみの毎日を送っている。 ある日雅子は、パート仲間の弥生から、ギャンブルに狂い、暴力を繰り返す夫を殺してしまったと相談を受け、同じくパート仲間のヨシエ、邦子と共に死体を解体し、遺棄したことから、凶悪犯罪に巻き込まれていく。

📺放送日程
各話|サブタイトル|放送日
第01話|出口|1999年10月12日
第02話|解放|1999年10月19日
第03話|亀裂|1999年10月26日
第04話|発覚|1999年11月2日
第05話|逮捕|1999年11月9日
第06話|始動|1999年11月16日
第07話|外圧|1999年11月23日
第08話|死亡|1999年11月30日
第09話|崩壊|1999年12月7日
第10話|終焉|1999年12月14日
最終話|自由|1999年12月21日

関連項目
----------------------------------------------------------------------------------------
井の頭公園バラバラ殺人事件 - 1994年に発生した殺人事件。公園のゴミ捨て場に切り揃えられたバラバラ死体が投棄されるなど小説との共通点が多い。著者も執筆に際して事件の取材に当たった記者やルポライターに取材したとエッセイで語っている。



 ハイビジョン国際映像祭2001ドラマ部門フェスティバル表彰作品
 2001年1月2日-3日(前後編)BS-i

 柔らかな頬



原作:柔らかな頬(講談社刊)
監督・脚本:長崎俊一

主演:天海祐希
出演:三浦友和/松岡俊介/渡辺いっけい/中村久美/林美智子/寺田農/室田日出男/絵沢萠子/諏訪太朗/戸田昌宏/ 唯野未歩子

桐野夏生の直木賞受賞作「柔らかな頬」の初映像化。北海道の別荘から突如として姿を消した娘。その事件から4年、母親はある情報を得て娘を探し出す旅に出るが…。本作では長崎俊一が登場。自らの不倫が遠因で姿を消してしまった娘を探す母親の姿を描く。



 2003年7月5日(全1回)BS日テレ「ドラマ・ブック『恋のエチュード』」第40回
 デッドガール

原作:デッドガール『ジオラマ』所収(新潮社刊)

主演:宝生舞

人気作家の恋愛小説をゲストの女優が声と表情で演じる新しい朗読劇。今回は桐野夏生の『デッドガール』を宝生舞出演で送る。OLのカズミは売春婦という夜の顔を持つ。自己嫌悪を感じながらも男と入ったラブホテルで、自分と共通する何かを感じさせる女と出会う。



 第24回ATP賞テレビグランプリ2007最優秀賞受賞作品
 2006年10月21日(全3話)NHK総合「土曜ドラマ」枠で放送

 魂萌え!(たまもえ!)



原作:魂萌え!(毎日新聞社 /新潮文庫)
脚本:斉藤樹実子
制作統括:岩谷可奈子、佐野元彦
音楽:スパニッシュ・コネクション

主演:高畑淳子
出演:村井国夫/酒井美紀/杉浦太陽/山本太郎/猫背椿/宇梶剛士/仁科亜季子/木野花/小柳ルミ子/大和田伸也/高橋惠子

平凡な専業主婦・関口敏子(高畑淳子)は、夫・隆之(大和田伸也)が心臓麻痺で急死し、生活が一変する。葬式の当日、10年も音信不通だった息子・彰之(山本太郎)がアメリカの古着屋を閉店し、妻子を連れて帰国した。彰之は自分たちの生活費節約のため、半ば強引に敏子に同居を迫る。また、結婚資金の欲しい娘・美保(酒井美紀)は、このままでは彰之に遺産を奪われてしまうと自分の取り分を主張し、二人は争い始める。初七日、隆之の携帯にかかった電話から、隆之には10年来の愛人・昭子(高橋惠子)がいたことが発覚。しかも隆之は、昭子が経営する蕎麦屋を出店する際、内緒で500万円を贈与し、ゴルフ会員権まで預けていたのだ。夫の死から巻き起こった嵐を前に、敏子の対決の日々が始まった・・・。

📺放送日程
各話|サブタイトル|放送日
第1話|混乱|2006年10月21日
第2話|水底の光|2006年10月28日
第3話|風よ、吹け!|2006年11月4日

----------------------------------------------------------------------------------------
link09_c1.gif 
外部リンクD01-g031.gif
┣📺土曜ドラマ 魂萌え! - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス



 2007年6月16日(全1回)テレビ朝日系
 スペシャルドラマ「玉蘭(ぎょくらん)」
新聞ラテ欄表記…桐野夏生・ミステリー 玉蘭 ~東京-上海-広東、7000キロを超える旅…百年の愛の物語!「私を探さないで…」都会から消えたOLが見た、略奪愛、不倫愛~涙と感動の結末!!)

原作:玉蘭(文春文庫刊)
脚本:西岡琢也
演出:阿部雄一
音楽:吉俣良

主演:常盤貴子
出演:筒井道隆/長嶋一茂/浅野温子/渡辺いっけい/長谷川朝晴/蒲生麻由/山口美也子/岡本麗/大沢さやか、

張りつめた東京での生活に疲れ果てた有子は、逃げるように上海へとやって来た。枯れた“玉蘭”によって眠りを遮られ、別れた恋人への愛憎の深さに慄いた夜、彼女の前に大伯父の幽霊が現れる。70年前、この地で船乗りとして生きていた大伯父もまた、1人の女性への断ち切れない想いを抱いていた。人々の活気みなぎる土地上海を舞台に、2組の男女が織り成す恋愛模様。深い恋慕の情は時を越え、現代と過去が交差する。



 2015年1月11日 - 3月1日(全8話)BSプレミアム 日曜22:00 - 22:49
 プレミアドラマ「だから荒野」



原作:だから荒野(毎日新聞社 /文春文庫)
脚本 : 浅野妙子、髙橋幹子
音楽 : 大島ミチル
演出 : 渡邊孝好、山内宗信、金澤友也
制作統括 :篠原圭(NHKコンテンツ開発センター)、銭谷雅義 (NEP) 、黒沢淳(テレパック)

主演:鈴木京香
出演:杉本哲太/高橋一生/ YOU/濱田龍臣/前田公輝/でんでん/重田千穂子/小野ゆり子/筒井真理子/工藤俊作/山下容莉枝/奥野匡/遠山俊也/泉谷しげる/豊原功輔/笹野高史/茅島成美/品川徹/中原ひとみ

もう二度と会うことはないでしょう。46歳の誕生日。身勝手な夫や息子たちと決別し、主婦・朋美は1200キロの旅路へ──彼女の行く手に待っているのは「荒野」なのか?それとも…桐野文学の最高峰ともいえる名作を、鈴木京香の主演でドラマ化。初めて高速道路に乗った朋美は、西へとひた走る。路上で次々に遭遇する衝撃的な出来事。夫の浮気の発覚、主婦売春に間違われてトラック運転手に迫られ、あげくは車を乗り逃げされ…途方に暮れた朋美を乗せてくれたのは、美貌の青年と、老人の二人連れだった。たどり着いたのは長崎。かつて原爆により荒野と化したこの町で、様々な人々と巡り会ううちに、朋美は自分の心の中にある「荒野」の存在に気付き、再生への道を模索し始める。

📺放送日程
話数|サブタイトル|放送日
第1回|逃げる主婦|2015年1月11日
第2回|もう一つの人生|2015年1月18日
第3回|初恋の男|2015年1月25日
第4回|母親失格|2015年2月1日
第5回|息子の家出|2015年2月8日
第6回|妻と夫|2015年2月15日
第7回|悪魔と天使|2015年2月22日
最終回|告白|2015年3月1日


だから荒野(NHKオンデマンド)‐Amazon prime video

----------------------------------------------------------------------------------------
鈴木京香さん主演!「だから荒野」制作開始のおしらせ‐ プレミアムドラマ. ドラマトピックスブログ: NHKブログ (2014年8月13日). 2015年4月27日閲覧。
鈴木京香、“家出主婦”役 桐野夏生原作『だから荒野』ドラマ化- ORICON STYLE (2014年8月14日). 2015年4月27日閲覧。

link09_c1.gif 
外部リンクD01-g031.gif
だから荒野 桐野夏生著 めげない主婦の成長の旅 - 日本経済新聞ブックレビュー
┣📺だから荒野 NHK プレミアムドラマ
プレミアムドラマ だから荒野 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス



Arikaシネマ2014b5
 1999年7月10日公開
 天使に見捨てられた夜



1999年製作/109分/日本
配給:日活、監督:廣木隆一、主演:かたせ梨乃

新宿二丁目を舞台に、失踪したAV女優の行方を探す孤独な女探偵の心象を描いたミステリー・ロマン。監督は「MIDORI」の廣木隆一。桐野夏生による同名小説を基に、「イノセント・ワールド」の小川智子が脚色。撮影を「黒の天使 Vol.1」の佐藤和人が担当している。主演は「極道の妻たち 赤い殺意」のかたせ梨乃。



 2001年7月14日公開
 柔らかな頬 



2001年製作/201分/日本
配給:オフィス・シロウズ=BS-i、監督:長崎俊一、主演:天海祐希

失踪した娘を探す人妻の内面を描くドラマ。監督は「ドッグス」の長崎俊一。桐野夏生による第121回直木賞受賞の原作を、長崎監督自身が脚色。撮影を「あしたは、きっと...」の本田茂が担当している。主演は「連弾」の天海祐希。尚、本作はデジタルBS局・BS―iのデジタル・ハイビジョン・ドラマとして制作され、『ハイブリッド・ムービー2001』の中で公開された(前篇2001年1月3日、後篇2001年1月4日)。ハイビジョン国際映像祭フェスティバル賞受賞作品。Full HD作品。DLP上映。



 2002年10月19日公開
 OUT 



2002年製作/119分/日本
配給:20世紀フォックス[極東]映画、監督:平山秀幸、主演:原田美枝子

殺人事件をきっかけに、最悪の状況からOUT(脱出)しようとする4人の女たちの姿を、コミカルかつスリリングに描いたサスペンス。監督は「笑う蛙」の平山秀幸。98年度日本推理作家協会長篇賞を受賞した桐野夏生による同名小説を基に、「豚の報い」の鄭義信が脚色。撮影を「明日があるさ」の柴崎幸三が担当している。

主演は、「木曜組曲」の原田美枝子、「陽はまた昇る」の倍賞美津子、「金融破滅ニッポン 桃源郷の人々」の室井滋、「木曜組曲」の西田尚美。第76回本誌日本映画ベスト・テン第4位、日本映画助演男優賞(香川照之)受賞、第26回日本アカデミー賞優秀主演女優賞(原田美枝子)、優秀助演女優賞(倍賞美津子)、優秀監督賞受賞、第57回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、監督賞、脚本賞受賞、第15回日刊スポーツ映画大賞助演男優賞(香川照之)受賞、日本映画ペンクラブ賞日本映画第3位、第24回ヨコハマ映画祭2002年日本映画ベストテン第2位、監督賞、撮影賞受賞作品。


 舞台劇
2000年新宿スペース・ゼロにて初演された。最も原作に近いとされる。この公演で演出の鈴木裕美が第35回紀伊國屋演劇賞個人賞、第8回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞、主演の久世星佳が第8回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞した。これを受け、2002年にPARCO劇場で再演された。

演出 - 鈴木裕美
脚本 - 飯島早苗
出演 ()内は2002年再演時。
香取雅子 - 久世星佳
城之内邦子 - 竹内都子
山本弥生 - 松本紀保
吾妻ヨシエ - 歌川椎子
佐竹光義 - 小市慢太郎(千葉哲也)
十文字彬 - 田中哲司(増沢望)
宮森カズオ/山本健司 - 佐藤二朗(大石継太)
香取良樹 - 樋渡真司

関連項目
----------------------------------------------------------------------------------------
井の頭公園バラバラ殺人事件 - 1994年に発生した殺人事件。公園のゴミ捨て場に切り揃えられたバラバラ死体が投棄されるなど小説との共通点が多い。著者も執筆に際して事件の取材に当たった記者やルポライターに取材したとエッセイで語っている。

link09_c1.gif 
外部リンクD01-g031.gif
2002年PARCO劇場公演インフォメーション
OUT - allcinema
OUT - KINENOTE



 2007年1月27日公開
 魂萌え! 



2006年製作/125分/日本
配給:シネカノン、監督:阪本順治、主演:風吹ジュン

「OUT」「グロテスク」などで知られる桐野夏生原作の同名小説を「顔」「亡国のイージス」の阪本順治監督が映画化。突然夫が他界し、途方に暮れている団塊世代の専業主婦・敏子は夫の携帯電話から、夫の愛人の存在を知る。そこに子供たちの身勝手な行動も重なり、自らを取り巻く環境にうんざりした敏子は家出を決行する。第2の人生を歩み出す世間知らずの敏子に風吹ジュン。共演に三田佳子、加藤治子、豊川悦司ら。

----------------------------------------------------------------------------------------
link09_c1.gif 
外部リンクD01-g031.gif
魂萌え! - allcinema
魂萌え! - KINENOTE



 2010年8月28日公開 
 東京島 



2010年製作/129分/G/日本
配給:ギャガ、監督:篠崎誠、主演:木村多江

谷崎潤一郎賞を受賞した桐野夏生のベストセラー小説を、木村多江主演で映画化。共演に窪塚洋介、福士誠二、鶴見辰吾ら。メガホンをとるのは「犬と歩けば チロリとタムラ」の篠崎誠監督。清子と隆の夫婦は旅の途中で嵐に遭い、太平洋に浮かぶ無人島に漂着する。隆が衰弱していくなか、さらに島に16人の若い男たちと、密航に失敗した6人の中国人の男が漂流してくる。やがて男23人と清子の奇妙な共同生活が始まるが、隆がナゾの死を遂げたことで、島での人間関係が崩れ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
link09_c1.gif 
外部リンクD01-g031.gif
新潮社 桐野夏生『東京島』
東京島 - allcinema
東京島 - KINENOTE
東京島‐Amazon prime video

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック