FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2020年春、プレミアムドラマ「70才、初めて産みますセブンティウイザン。」

kage

2020/05/24 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月5日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「70才、初めて産みますセブンティウイザン。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:タイム涼介「セブンティウイザン」「セブンティドリームズ」
脚本:本調有香
演出:渡辺一貴、渡辺昭寛
制作統括:柴田直之、西村崇、三木和史
主題歌:いのちの歌(子どもたちの合唱をフィーチャーした新バージョン)

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 70才、初めて産みますセブンティウイザン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
江月朝一 (小日向文世)
65歳。定年退職した元サラリーマン。退職したその日に70歳間近の妻から妊娠を告げられるも、なかなか覚悟が決まらない。人付き合いが苦手で、バードウオッチング仲間などの友人はいるが数少ない。

江月夕子 (竹下景子)
朝一の妻。念願だった子どもを授かり出産を決意する。その半面、高齢での出産ゆえに、悩んだり自信を失ったりする。

黄桜豊子(伊藤歩)
鴨南市役所子育て支援課の職員。江月夫妻の出産や育児をサポートする。

巻田タケシ(矢本悠馬)
江月夫妻のマンションの上層階に住む若いパパ。夫妻と親しくなる。

鬼子母龍太郎(中村梅雀)
朱鷺ヶ丘大学病院院長にして夕子の主治医。江月夫妻の出産を後押しし、さまざまなアドバイスをおくる

染蔵秀雄(竜雷太)
夕子の実兄。出産に反対する。

大野恵(前田亜季)
秀雄の娘。夕子の姪。不妊に悩んでいる。

巻田サチ(蔵下穂波)
タケシの妻。夫とともに何かにつけ江月夫婦をサポートする。

巻田朋子(ふせえり)
サチの母親。娘夫婦と同居している。

玉川今日子(臼田あさ美)
初産を控え参加したママパパ教室で江月夫妻と知り合う。

玉川亘(田中美央)
今日子の夫。妻とともに江月夫妻のよき相談相手に。

アチャコさん(笑福亭鶴光)
朝一のバードウォッチング仲間。

ハシビロくん(山本圭祐)
朝一のバードウォッチング仲間。

勝村(根岸季衣)
夕子のパート仲間で友人。出産には反対。

鰯田(吉澤健)
朝一のもと上司。現在は病院の清掃員。

山本(宇崎竜童)
包丁の実演販売員。若き日の夕子の恋人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
70歳間近の妻の妊娠から始まる、ありえないけどリアルな新米パパ・ママ奮闘記! 
タイム涼介の漫画「セブンティウイザン 70才の初産」「セブンティドリームズ 70才からの希望」を原作に、自然妊娠による超高齢出産が浮かび上がらせるリアルで感動的な夫婦の出産日記を、小日向文世と竹下景子の共演で連続ドラマ化。

65歳の定年を迎えたその日に、70歳間近の妻から「私、妊娠しました」と衝撃の告白を受ける元サラリーマン・江月朝一役を小日向が演じ、うろたえる夫を一喝する朝一の妻・夕子役に竹下が扮する。産むべきか産まざるべきかの葛藤、高齢出産に伴うリスクなど、合計135歳の新米パパ・ママの奮闘を、笑って泣けるホームドラマとして描く。


2020春号:2020年3月末〜2020年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月30日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
サラリーマンの江月朝一(小日向文世)が65歳の定年を迎えたその日、帰宅すると、70歳間近の妻・夕子(竹下景子)が「私、妊娠しました」と爆弾発言。「ついに認知症か!?」と焦る朝一だったが、夕子は大真面目。町の産婦人科でも妊娠と診断され、医師も目を丸くする。

夕子は産む気満々だったが、朝一は思い描いていた穏やかな老後が崩れ去ったことに焦るばかり。何とか覚悟を決めた朝一だったが、超高齢出産はリスクだらけで、周囲からは猛反対にあう。覚悟が揺らぐ中、訪れた大学病院で、院長の鬼子母龍太郎(中村梅雀)から初めて「妊娠、おめでとうございます」と言われた夕子は泣きだす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月30日更新】
■ あらすじ(第1話「脳梗塞ではありません、つわりです」 2020/4/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
定年を迎えた朝一(小日向文世)は今年70歳になる妻・夕子(竹下景子)から妊娠を告げられ困惑。大学病院で院長・鬼子母(中村梅雀)から「おめでとうございます」と言われた夕子は、初めての祝福に涙を流す。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月8日更新】
■ あらすじ(第2話「タバコやめますか?それともパパやめますか?」 2020/4/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夕子(竹下景子)に促され出産準備を進める朝一(小日向文世)だが、まだ実感がない。母子手帳をもらいに訪れた役場では、担当・黄桜(伊藤歩)から喫煙をとがめられた気がして面白くない。そんな折、朝一は病院で鬼子母(中村梅雀)に見せられたエコー診断のわが子の映像に感動。「ママパパ教室」に臨む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月19日更新】
■ あらすじ(第3話「ねえ、本当に僕の子どもなの?」 2020/4/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
8カ月前。妊娠前の夕子(竹下景子)は勤務先のスーパーで包丁の実演販売に来た男性(宇崎竜童)を見て驚く。彼は50年前にフォーク集会で知り合った初恋の相手で、駆け落ち先で行方をくらませ自分を捨てたのだった。それを知った朝一(小日向文世)は複雑だ。夕子は意を決して男性に声を掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月26日更新】
■ あらすじ(第4話「ようこそ、みらいちゃん」 2020/4/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夕子(竹下景子)が破水したため、出産の予定を早めて緊急手術が行われることに。朝一(小日向文世)は恐怖のあまり立ち会いを拒んでしまう。夕子は無事に女児を出産し、朝一と夕子は生まれてきた娘を「みらい」と名付ける。しかし、安心したのもつかの間、大変なのはこれからだった。朝一は哺乳瓶の洗い方が不十分、食器の置き場所を間違えるなど失敗続き。足手まといになってばかりの夫に振り回され、夕子の怒りが爆発する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月3日更新】
■ あらすじ(第5話「夕子のいなくなった世界で」 2020/5/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
夕子(竹下景子)が倒れた。高齢での出産と育児に体は限界を超えていたのだ。夕子は入院することになり、みらいと共に残された朝一(小日向文世)は途方に暮れる。そんな時、同じマンションの若夫婦・巻田(矢本悠馬)とサチ(蔵下穂波)や夕子のめい・恵(前田亜季)らが救いの手を差し伸べる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月10日更新】
■ あらすじ(第6話「イヤイヤ いやいや イヤイヤ期」 2020/5/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
清掃の仕事を始めた朝一(小日向文世)は‘イヤイヤ期’に入ったみらいに手を焼く。一方、夕子(竹下景子)はみらいが入った保育園で、玉川(田中美央)・今日子(臼田あさ美)夫妻と再会。心強い反面、働く母親に引け目を感じる。そんな中、夕子とみらいは公園で男の子と知り合う。その子は夜勤の母親に家から締め出されていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月17日更新】
■ あらすじ(第7話「パパ、死んじゃうかも…」 2020/5/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幼稚園生活を前に、みらいのトイレトレーニングが始まるも前途多難。一方、工事現場で働く朝一(小日向文世)は「家族を守る」と充実した日々を送っていた。そして、幼稚園への入園が無事決まる中、病院からかかってきた電話が原因で、朝一の態度が一変。夕子(竹下景子)は朝一を問い詰める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月24日更新】
■ あらすじ(第3話「子育ては青春だ!」 2020/5/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
胃がんの手術を受けた朝一(小日向文世)は、しばらく入院生活を送ることになった。一方の夕子(竹下景子)は見舞いの帰り道で飛び出した娘・みらい(礒村アメリ)を追って転倒し、骨折してしまう。夫婦そろって入院という緊急事態。しかも仲の良かった巻田夫妻はマンションから引っ越していた。夕子は「年を取った自分には母親の資格がない」と落ち込み、気力を失う。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック