FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2020年春、ドラマホリック!「レンタルなんもしない人」

kage

2020/05/27 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月8日スタート 

テレビ東京系 毎週水曜 24:12~24:52

 ドラマホリック!「レンタルなんもしない人」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」(晶文社)
脚本:政池洋佑、本田隆朗
監督:草野翔吾、タナダユキ、棚澤孝義
プロデューサー:山鹿達也、稲田秀樹、小松幸敏、尾花典子、近添有賀
主題歌:ビューティフル/NEWS

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマホリック!「レンタルなんもしない人」


----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
レンタルさん/森山将太 :増田貴久
SNS上で「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。」と掲げ、依頼人の元に出向く、その名の通り“なんもしない人”。

森山沙紀 :比嘉愛未
夫である“レンタルさん”の活動を温かく見守る妻。

神林勇作 :葉山奨之
がむしゃらタイプのエリート営業マン。ある出来事をきっかけに“レンタルさん”のアンチとなっていく。

金田 :古舘寛治
あの手この手を使って“レンタルさん”に雑誌を売ろうとする、謎のホームレス。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
SNSで話題の“なんもしない”お仕事をドラマ化! 増田貴久が紡ぐ心温まる物語 
2018年にSNS上に突如現れ、「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。」という不思議なサービスを開始。今や25万人を超えるフォロワーを持ち、漫画や書籍も出版されるまでになった「レンタルなんもしない人」のドラマ化に、NEWSの増田貴久が挑む。恋愛や友人関係、仕事に家庭など、いつも何かに追われている現代人が求めていたのは“なんもしない”“ただそばにいてくれる”人物。“なんかする”があふれた現代に“なんもしない”が生み出すものを描いていく。



2020春号:2020年3月末〜2020年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。」と掲げた、レンタルさん(増田貴久)の元には、今日も依頼が殺到している。その内容は、「マラソンのゴール地点で待っていてほしい」「離婚届の提出に同行してほしい」「出社が怖いのでついてきてほしい」という、ただそこにいる、そばにいるというものばかり。そんな依頼を受けたレンタルさんは、“なんもしない”サービスのため、依頼人の元へと向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月8日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/4/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1人分の人間の存在だけが必要なシーンで利用でき、ごく簡単な受け答え以外何もしない「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた森山(増田貴久)。そんな彼に「東京最後の1日に付き合ってほしい」という依頼が来る。出版社の編集部員だったが契約を切られ、故郷の栃木に帰るという依頼人の亜希(志田未来)は、東京で何の爪痕も残せなかったと涙を流す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月15日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/4/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた‘レンタルさん’こと森山(増田貴久)の元に、ウェブディレクター・城戸(岡山天音)から連絡が入る。「仕事でトラブルがあり、会社に出社するのが怖いので付いてきてほしい」という依頼だ。城戸の話を聞くうち、会社員だった頃のことを思い出したレンタルさんは、もし自分が同じ立場なら会社に行かないと話す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月22日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/4/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
レンタルさんこと森山(増田貴久)の元に、大学生・香奈(福原遥)から「あさって21歳の誕生日を迎えるので日付が変わったら祝ってほしい」という依頼が。香奈は友達に気を使い、誕生日だとは言いづらいと考えていた。レンタルさんは前日の23時に彼女の家を訪問。ケーキでお祝いをする中、レンタルさんは21歳で先立った姉のことを思い出し、特別な年だと言う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月29日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/4/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
レンタルさんこと森山(増田貴久)に、化粧品会社に勤める彩(山口紗弥加)から離婚届提出に同行してほしいとの依頼が届く。彩はドラッグストア勤務の健太(笠原秀幸)と結婚したが、仕事を優先しすれ違いの生活が続いた末、健太から離婚を切り出されたという。離婚届を出す姿を見届けてもらった彩が「ちゃんと見てくれるんですね」と感謝すると、「長い間、見るのは難しい。同じ場所ばかり見るのって結構大変なんです」とマイペースに返すレンタルさん。さらに彩から「私という人間は今、何点?」と聞かれ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月6日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/5/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
レンタルさんこと森山(増田貴久)が帰宅すると、家に妻・沙紀(比嘉愛未)の父・浩(小木茂光)と母・恵子(大島さと子)が来ていた。沙紀は、森山が会社を辞めたことも、レンタル業を始めたことも両親に話していなかった。心配されたくないので黙っていようと提案する沙紀。だが、複雑な思いが消えない森山はついに、仕事を辞めて‘なんもしない’ことにしたと告白する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月13日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/5/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
レンタルさんこと森山(増田貴久)の元に、生後9カ月の子を持つ主婦・麻衣(徳永えり)から依頼が入る。独身の頃から通っていたレストランが閉店するため、最後の思い出にその店に同行してほしいという。麻衣は以前、出掛けた時に周囲に迷惑がられ、子連れでの外出に不安を抱いていた。そして、レンタルさんにもうすぐ1歳の子がいると知り、育児の悩みを打ち明ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/5/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
レンタルさんこと森山(増田貴久)は、葬儀の生前予約の同行を依頼される。73歳の大槻(西岡徳馬)は人生の集大成である葬儀を納得のいくものにしたいと、レンタルさんに息子のふりをさせてプランを検討。建設会社の支社長として仕事一筋だった大槻は、8年前に熟年離婚していた。娘も寄りつかず友人もいないという大槻は、レンタルさんに意外な依頼を切り出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月27日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/5/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
レンタルさんこと森山(増田貴久)は、レンタルのサービスについて雑誌「ベターライフ」編集者・河野(ヒャダイン)の取材を受け、初めてメディアに出ることに。一方で、レンタルさんの元には婚活中の瀬戸(松尾諭)から依頼が舞い込む。瀬戸はマッチングアプリで知り合った女性に告白したが3週間連絡がなく、何が悪かったのかデートを一緒に振り返ってほしいという。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック