FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2020年春、連続ドラマW「太陽は動かない ―THE ECLIPSE―」

kage

2020/06/28 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月24日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW「太陽は動かない ―THE ECLIPSE―」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:吉田修一「太陽は動かない」「森は知っている」(幻冬舎文庫)
原案:吉田修一
脚本:林民夫
監督:羽住英一郎
プロデューサー:武田吉孝、大瀧亮、加納貴治、森井輝、古屋厚
主題歌:泡/King Gnu

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW 太陽は動かない ―THE ECLIPSE―

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
鷹野一彦:藤原竜也
諜報組織「AN通信」のエージェント。冷静沈着ですご腕。心臓に爆弾を埋め込まれている。

田岡亮一:竹内涼真
「AN通信」の新人エージェント。まだ未熟さの残る鷹野のバディ。鷹野同様、胸に爆弾を埋め込まれている。

風間武:佐藤浩市
鷹野と田岡の上司で「AN通信」の司令塔。謎の失踪を遂げた元新聞記者。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
藤原竜也×竹内涼真がバディに! 吉田修一の“鷹野一彦シリーズ”を完全映像化 
心臓に爆弾を埋め込まれた諜報組織エージェントの活躍を描いた、吉田修一のスパイアクションエンターテインメント小説“鷹野一彦シリーズ”を、映画&連続ドラマの連動で一挙映像化する巨大プロジェクトの連ドラ版。藤原竜也、竹内涼真が初共演でバディを演じ、映画版とは異なる完全オリジナルストーリーを描く。監督は「MOZU」「海猿」シリーズなどを手掛けてきた羽住英一郎。また、King Gnuの新曲「泡」が主題歌として本作を彩る。主人公の鷹野一彦役を藤原、その新人相棒・田岡亮一役を竹内が務めるほか、2人の司令塔・風間武役には佐藤浩市、さらに、市原隼人、多部未華子、安藤政信ら豪華キャストが集結する。



2020春号:2020年3月末〜2020年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月24日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
ニュース配信会社を隠れみのに暗躍する諜報組織「AN通信」のエージェント・鷹野一彦(藤原竜也)と新人の田岡亮一(竹内涼真)は、3年後に開催予定の国際都市博覧会の建設地に潜入していた。建設地選定を巡ってさまざまな謀略が動いており、政界のフィクサー・中尊寺信孝(石橋蓮司)と秘書・永島徹(吉田鋼太郎)からの依頼で、その情報戦に一役買っていたのだ。しかし、その現場が鷹野らの眼前で何者かによって爆破される。2人が上司・風間武(佐藤浩市)の指令で首謀者の調査を開始すると、中尊寺側の思惑に介入しようとする中国企業勢力と、そこに雇われた元「AN通信」のエージェント・桜井修(安藤政信)の存在が明らかになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月24日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/5/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
諜報(ちょうほう)組織「AN通信」のエージェント、鷹野(藤原竜也)と田岡(竹内涼真)は、爆破された国際都市博覧会施設の建設現場に潜入。建設地選定を巡っては策略がうごめき、政界のフィクサー・中尊寺(石橋蓮司)と秘書・永島(吉田鋼太郎)がAN通信の風間(佐藤浩市)に調査を依頼したのだ。一方、NPO職員・落合(多部未華子)はこの件に政界の陰謀を疑い、調べ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月31日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/5/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
香港に潜入中のエージェント・山下(市原隼人)から、爆破事件の裏には中国企業の存在があり、実行犯は‘フクモト’と名乗る日本人との情報が入る。鷹野(藤原竜也)はそれが、8年前に死んだはずの元AN通信エージェント・桜井(安藤政信)だと確信。一方、中国側の周(酒向芳)が永島(吉田鋼太郎)を取り込み、鷹野と田岡(竹内涼真 )ばかりか、山下までもが窮地に陥る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月7日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/6/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カジノ構想こそが隠された巨大利権であることを風間(佐藤浩市)から聞かされた鷹野(藤原竜也)。同時に、自分達を助けたことで、フクモトこと桜井(安藤政信)が中国側に狙われていると知り、行方を追う。冷静さを失い別任務となった田岡(竹内涼真)の前には、落合(多部未華子)が現れる。一方、飼い殺し状態の永島(吉田鋼太郎)に、2世議員・桐野(柿澤勇人)が接近する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月14日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/6/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
桜井(安藤政信)を救った鷹野(藤原竜也)。その胸に兄と慕った桜井との訓練の日々が去来する。だが、当の桜井は、死を装い組織から自由になったにもかかわらず、なぜ再び姿を現したのか、答えようとしない。一方、落合(多部未華子)から風間(佐藤浩市)との関係を聞かされた田岡(竹内涼真)は、自身も生きる苦しみを吐露。さらに、逃げる桜井に‘第3の勢力’が襲い掛かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月21日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/6/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
桜井(安藤政信)を捜す鷹野(藤原竜也)は、拉致が米国の仕業だと気付く。中尊寺(石橋蓮司)や周(酒向芳)をけん制した上で、在日米軍補給基地の返還跡地にカジノを誘致する計画で、桐野(柿澤勇人)と永島(吉田鋼太郎)が先導していた。一方、中国側は殺し屋・チーヨウ(松本実)を送り込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月28日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/6/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
桜井(安藤政信)の最後の工作は湾岸地区を再び爆破し土壌汚染させるというもので、これにより中尊寺(石橋蓮司)らが狙うカジノ利権の誘導地がなくなる。鷹野(藤原竜也)は同地区で、既に爆弾を仕掛けたという桜井と相対し、チーヨウ(松本実)、田岡(竹内涼真 )も交え死闘を繰り広げる。その頃、中尊寺と新たな契約を交わした風間(佐藤浩市)は、桐野(柿澤勇人)を訪ねる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック