FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2020年春-秋、月曜ドラマ『SUITS/スーツ2』

kage

2020/09/28 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★4月13日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54

 SUITS/スーツ2

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「SUITS」NBC Universal製作
脚本:小峯裕之
演出:平野眞、森脇智延、星野和成
プロデューサー:後藤博幸、荒井俊雄

E13-b043.gif
外部サイト:SUITS/スーツ2

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
甲斐正午:織田裕二
日本の四大法律事務所の一つ「幸村・上杉法律事務所」のシニアパートナーで、敏腕弁護士。自他共に認める優秀な男で頭も切れる半面、非常に傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることもある。東大入学後にハーバード大学に留学した経歴を持つエリート中のエリートで、企業の買収や合併、企業間の戦略的提携など金になる仕事を担当する。

鈴木大輔:中島裕翔
明晰な頭脳と驚異的な完全記憶能力を持つ天才青年。甲斐との運命的な出会いをきっかけに、経歴を詐称して「幸村・上杉法律事務所」でアソシエイト弁護士として働くことになった。ハーバード大学のお膝元のボストンへ渡米していたが呼び戻され、再び甲斐とバディを結成する。

聖澤真琴:新木優子
「幸村・上杉法律事務所」に勤務するパラリーガル。父親は有名な敏腕弁護士で、幼い頃から弁護士を目指すものの、法科大学院の受験に失敗し、受験恐怖症になる。パラリーガルとしてはとても優秀で、事務所でもトップクラスの調査能力を持つ。職場恋愛に対しては慎重だったが、大輔の人間的な魅力にひかれていく。

玉井伽耶子:中村アン
「幸村・上杉法律事務所」に勤務し、十年来の甲斐の秘書。おしゃべりとゴシップが大好き。頭の回転が速く、人心掌握術に長け、かゆいところに手が届く有能な女性。大学卒業後に検察事務官になり、そこで甲斐と出会う。甲斐と仕事をするうちに、互いに信頼を深め、甲斐が弁護士に転身したタイミングで秘書になった。

蟹江貢:小手伸也
「幸村・上杉法律事務所」のジュニアパートナー弁護士。甲斐とは若手の頃からしのぎを削ってきたライバルで、事あるごとに衝突している。極度のひねくれ者で嫌みなところがあり、上には迎合、下には圧力をかけがちだが、根本的にはお人よしで、どこか憎めない一面を持つ。

上杉一志:吉田鋼太郎
「幸村・上杉法律事務所」の共同代表。かつて、甲斐とチカが弱みを握り、事務所から追い出していた。表向きの顔は、優秀で謙虚、愛妻家で仲間思いな敏腕弁護士。しかし、裏の顔は目的達成のためなら手段を選ばない私欲まみれの男。

幸村チカ:鈴木保奈美
「幸村・上杉法律事務所」の代表弁護士。検事時代に八方ふさがりになっていた甲斐を救い、弁護士として引き取った。そのため、傲慢な甲斐が唯一頭の上がらない存在。代表として、誰に対しても正当な評価を下し、事務所のメンバーを“家族”のように愛している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
織田裕二と中島裕翔の“最強バディ”再び! 月9歴代最長話数で放送 
2018年に月9ドラマとして放送された「SUITS/スーツ」の続編。全米メガヒットドラマ「SUITS」のシーズン2を原作に、負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午を織田裕二、経歴詐称の天才ニセ弁護士・鈴木大輔を中島裕翔が前作に引き続き演じる。前作で共演した新木優子、中村アン、小手伸也、鈴木保奈美が続投し、吉田鋼太郎が新しく加入する。

舞台となる「幸村・上杉法律事務所」の面々がさまざまな訴訟に向き合い、問題を解決していく重厚なストーリーと、海外原作ならではのユーモラスでテンポのいい掛け合いが見どころのリーガルドラマで、月9の歴代最長話数での放送が決定している。



2020春号:2020年3月末〜2020年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
「幸村・上杉法律事務所」のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻し、復帰のリハビリだと言って、ある案件を任せる。

同じ日、「フューチャースカイ」の社長・三津谷聡から呼び出された甲斐は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたいと告げられ、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだと、100億円の最低売却価格を設定される。
そんな折、幸村チカ(鈴木保奈美)が事務所から追い出していた事務所の共同代表・上杉一志(吉田鋼太郎)が、復帰への意欲をのぞかせる。それは、事務所を揺るがす新たな闘いの始まりだった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年3月13日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/4/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「幸村・上杉法律事務所」の敏腕弁護士・甲斐(織田裕二)は、米ボストンにいたアソシエイトの大輔(中島裕翔)を独断で呼び戻す。そして、元契約社員から訴えられた大手出版社の案件を任せる。一方、甲斐は、ロケットや航空機の技術開発を手掛けるクライアント・三津谷(反町隆史)から、新開発したシステムの売却先を探し、最低価格100億円で交渉するよう依頼された。そんな折、かつて甲斐と事務所代表・チカ(鈴木保奈美)が弱みを握り、事務所から追い出した共同代表・上杉(吉田鋼太郎)が、復帰への意欲をのぞかせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月20日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/4/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
チカ(鈴木保奈美)は復帰した上杉(吉田鋼太郎)の好きにはさせまいと、本来は上杉のクライアントだった「東京国際記念病院」の労使交渉の案件を甲斐(織田裕二)に任せる。待遇に不満を持つ看護師が組合を結成し、病院側に賃上げを要求。応じなければストの決行を宣言しているという。交渉の相手となるのは看護師長・佐緒里(黒木瞳)だ。一方、上杉も勝手にこの案件で動き出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月27日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/7/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大輔(中島裕翔)は交際を始めた真琴(新木優子)に本当の経歴を伝えるべきか悩んでいた。一方、チカ(鈴木保奈美)は、上杉(吉田鋼太郎)がシニアパートナーによる投票で代表権の交代を狙うと察し、企業再生部門の瀬川(笹野高史)を味方に取り込むよう甲斐(織田裕二)に要請する。瀬川の条件はあるプロジェクトを潰すこと。甲斐と大輔はワンマン社長・芹沢(石丸幹二)の説得に向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月30日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/8/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
甲斐(織田裕二)は傷心の大輔(中島裕翔)を蟹江(小手伸也)の下に付ける。直後、甲斐に宿敵・富樫(高嶋政宏)から訴状案が。数年前、甲斐が顧問を務める自動車メーカーの車で事故死が発生。遺族がボンネットの欠陥を訴えたが、甲斐は否定し勝訴した。相手方弁護人・富樫は一部関係者が欠陥を認識していたとの社内メモを入手。損害賠償請求を行うと同時に甲斐を訴えるという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月5日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/8/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
自動車メーカーの事故の件で、損害賠償請求訴訟を起こされた甲斐(織田裕二)。上杉(吉田鋼太郎)がチカ(鈴木保奈美)に紹介した敏腕弁護士・副島(清水ミチコ)は、甲斐に対し早急な和解を提言する。そんな中、スポーツプロモーター・星川(田中要次)を介し、天才テニス少年・雄哉(高橋優斗)から甲斐に案件が持ち込まれる。一方、玉井(中村アン)の様子を不審に思う大輔(中島裕翔)は、彼女の秘密に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/8/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
甲斐(織田裕二)は大輔(中島裕翔)を伴い、ギャンブル依存症の宝飾会社社長・碓氷(博多華丸)がいるマカオへ。碓氷は居合わせた日本人・城田(三浦誠己)から会社の株を担保に金を借りた揚げ句、カジノで大負けしていた。一方、真琴(新木優子)は蟹江(小手伸也)の指名でバレエ絡みの案件に着手。そんな中、チカ(鈴木保奈美)は関東弁護士会副会長・羽鳥(堀内敬子)から呼び出しを受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月24日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/8/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
甲斐(織田裕二)の弁護士資格剥奪も和解の条件にした富樫(高嶋政宏)に対し、チカ(鈴木保奈美)は自ら代理人となり裁判で戦うと宣言。上杉(吉田鋼太郎)が事務所内で模擬裁判を行い、和解か裁判かを投票で決めようと言い出し、チカと甲斐は‘富樫役’に蟹江(小手伸也)を指名する。一方、大輔(中島裕翔)は甲斐の力になろうとするが、甲斐からあえて蟹江側につくよう指示される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月27日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/8/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
上杉(吉田鋼太郎)はチカ(鈴木保奈美)を批判し、トップの座を投票で決めるべきと主張。甲斐(織田裕二)は形勢逆転を狙うべく、大輔(中島裕翔)に元弁護士・万智子(松本若菜)を捜すよう指示する。万智子は上杉の休職と同時期に事務所を辞めていた。その当時、大輔は幼なじみの遊星(磯村勇斗)の誘いで飲みに行き、元恋人・怜(吉谷彩子)とその友人・千夏(堀田真由)に会っていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月6日更新】
■ あらすじ(第9話  2020/9/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
トップを決める投票日を控え、甲斐(織田裕二)が玉井(中村アン)を呼び戻す一方、チカ(鈴木保奈美)は上杉(吉田鋼太郎)が投票権を与えるため蟹江(小手伸也)を昇進させたと知る。そんな中、甲斐は大輔(中島裕翔)とキャスター・浜崎(中村芝翫)の弁護に臨むことに。浜崎はテレビでプロ野球選手・等々力(佳久創)にドーピング疑惑をぶつけ、球団から賠償金と公式謝罪を求められていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月13日更新】
■ あらすじ(第10話  2020/9/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
上杉(吉田鋼太郎)が代表になった結果に甲斐(織田裕二)は憤るが、チカ(鈴木保奈美)は静観の構え。蟹江(小手伸也)はここぞとばかりに甲斐を冷遇する。一方、大輔(中島裕翔)の祖母の葬儀に参列した真琴(新木優子)は、元恋人の怜(吉谷彩子)と対面する。そんな中、甲斐と大輔は蟹江の動きから、背後にいる上杉が、甲斐を追い込んだ自動車事故案件に絡んでいると確信する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月20日更新】
■ あらすじ(第11話  2020/9/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
甲斐(織田裕二)は社長夫人・美喜子(映美くらら)から、息子・信吾(伊藤健太郎)が起こしたひき逃げ事故の相談を受ける。信吾によると、前夜、運転中に急に人が飛び出してきたという。大輔(中島裕翔)は飲酒について厳しく追及するが、信吾は否定。甲斐はさらなる情報から、すぐに出頭すれば不起訴に持ち込めると判断し、根回しをするため検事の藤嶋(上白石萌音)を訪ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月24日更新】
■ あらすじ(第12話  2020/9/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
上杉(吉田鋼太郎)の一件が外部に広まり、甲斐(織田裕二)はIT企業社長・五十嵐(粗品)から内輪もめを指摘された上、契約見直しを考えていると告げられる。一方、大輔(中島裕翔)には、元同僚の松井から引き抜き話が。因縁のある同業の副島(清水ミチコ)が、チカ(鈴木保奈美)の下から優秀な人材と顧客を奪おうとしていると知った甲斐は、それが上杉の差し金によるものと確信する。


D19-c012.gif
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック