FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2020年春、水曜ドラマ『ハケンの品格』

kage

2020/08/05 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★6月17日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 22:00~23:00

 ハケンの品格

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:中園ミホ、山口雅俊、川邊優子
演出:佐藤東弥、丸谷俊平
プロデューサー:西憲彦、櫨山裕子、山口雅俊、秋元孝之
主題歌:Motivation/鈴木雅之

E13-b043.gif
外部サイト:ハケンの品格

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大前春子:篠原涼子
人材派遣会社「ハケンライフ」特Aランクのスーパー派遣社員。超難関の資格を多数保有。派遣先では自分に与えられた業務以外のことを手伝うこともなければ、休日出勤や残業も一切しない。過去の経験から同じ会社で3カ月以上は働かないことにしている。フラメンコが得意。口癖は「~ございませんが何か?」。

里中賢介:小泉孝太郎
食品会社「S&F」営業事業部営業企画課の課長。会社の未来に漠然とした不安を抱き、春子を会社に呼び戻す。13年前は春子に恋心を抱いていたが、春子が別の人物に思いを寄せていると気付いて身を引いた。

浅野務 :勝地涼
食品会社「S&F」営業事業部営業企画課の主任。思い込みが激しく前のめりな性格が災いした失敗も多い。

井手裕太郎 :杉野遥亮
食品会社「S&F」営業事業部の新入社員。親戚のつてを使ったコネ入社。

近耕作 :上地雄輔
派遣会社「ハケンライフ」のマネジャー。パソコンスキルが高く、派遣社員から正社員となったが、仕事に振り回される日々を過ごしている。

東海林武 :大泉洋
食品会社「S&F」旭川支社・支社長補佐。一致団結し立ち向かうのが、日本の会社員のあるべき姿だといまだに信じている。暑苦しい昭和男。

宮部蓮三:伊東四朗
食品会社「S&F」の社長。一見人当たりはよいが、実は“社員ファースト”で派遣社員を嫌っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
篠原涼子演じる“スーパーハケン”が、新時代に働く者の品格を問うお仕事ドラマ! 
篠原涼子が最強派遣社員・大前春子を演じて大ヒットとなったお仕事ドラマが13年ぶりに帰ってくる。働き方改革、副業、アウトソーシング、AI導入など、以前とは働き方も多様化した令和の時代、春子は果たしてどんな働き方をするのか。日本人の仕事に対する考え方も大きく変わった今、春子の働きぶりを通して、新時代に働く者の品格を問う。

前作に続き、里中賢介役で小泉孝太郎が続投。食品会社「S&F」のマーケティング課主任から営業事業部営業企画課課長に出世した里中が、春子を会社に呼び戻すことから物語がスタートする。

脚本は「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)などを手掛ける中園ミホが担当する。



2020春号:2020年3月末〜2020年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月17日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
13年前は、食品会社「S&F」マーケティング課の主任だった里中賢介(小泉孝太郎)は、派遣社員の大前春子(篠原涼子)らが手掛けた「ハケン弁当」の大成功も後押しし出世コースに乗った結果、営業事業部営業企画課の課長となっていた。しかし、近年における働き方の複雑化やそれぞれの立場による矛盾や対立が増えたことで、里中は会社の未来に漠然とした不安を抱き、悩む毎日を過ごすようになる。

そんな中、右肩下がりの会社とその社員たちにいい刺激を与えようと一大決心した里中は、春子を会社に呼び戻す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月17日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/6/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
食品商社の営業企画課長・里中(小泉孝太郎)は業績が下降する中で、かつて共に働いた‘スーパーハケン’と呼ばれる派遣社員・春子(篠原涼子)の復帰を熱望する。現れた春子は、残業はしないなどの条件を突き付け、部長の宇野(塚地武雅)らはあぜん。復帰を聞きつけてやって来た里中の同期で旭川支社長補佐の東海林(大泉洋)は、春子との再会に感激するが無視される。そんな中、里中らはロシアの会社との重要な商談に臨むことになり、春子も同行。一方、里中の部下の派遣社員・亜紀(吉谷彩子)はセクハラに悩み…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月24日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/6/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
里中(小泉孝太郎)ら営業事業部は話題のそば店とのコラボ商品を開発することに。派遣社員の小夏(山本舞香)も張り切るが、企画は社員の仕事と知り、覇気がない新入社員の裕太郎(杉野遥亮)や三田(中村海人)をうらやむ。交渉役の主任・浅野(勝地涼)は春子(篠原涼子)がそば店に派遣されていたと知り、同行を依頼。だが、春子の存在が相手側役員の機嫌を損ねてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月28日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/7/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
部長・宇野(塚地武雅)の案を社長の宮部(伊東四朗)も推す形で、カレーが評判の社員食堂を一般開放することになり、里中(小泉孝太郎)らも動き出す。そのカレーが好きな春子(篠原涼子)は、食堂で働く牟田(六角精児)から声を掛けられる。一方、亜紀(吉谷彩子)は裕太郎(杉野遥亮)に頼まれ動画撮影を手伝うが、牟田が写り込んだ裕太郎の動画が原因で食堂の‘炎上’騒動が勃発する

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月8日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/7/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
春子(篠原涼子)はごみの分別を知らない裕太郎(杉野遥亮)を指導する。宇野(塚地武雅)はそんな春子に新人教育に口を出さないよう注意。実は裕太郎は大口取引先の社長令息だった。一方、北海道・旭川支社の東海林(大泉洋)は出張中の里中(小泉孝太郎)と共に春子にサプライズを仕掛ける。そんな中、裕太郎と三田(中村海人)は初めての外回りを翌日に控え、営業の極意を伝授するという宇野に誘われ飲み会へ。裕太郎が残した仕事を亜紀(吉谷彩子)と小夏(山本舞香)がやる羽目になるが、それが思わぬ問題を巻き起こす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月15日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/7/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東海林(大泉洋)が支社で企画した黒豆の菓子の全国展開にあたり、里中(小泉孝太郎)らも支援へ。自身をハエ扱いする春子(篠原涼子)と舌戦を展開する東海林は工場主・友造(阿南健治)から感謝され、雑誌取材でデータに基づいた菓子のダイエット効果を宣伝する。その夜、東海林と里中は春子もいた名古屋時代の話題に。数日後、菓子のダイエット効果を否定する記事が出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月22日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/7/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮部(伊東四朗)から業務の合理化を指示された東海林(大泉洋)は、里中(小泉孝太郎)のふりをして春子(篠原涼子)にメールで手伝いを依頼。社内にはAIが導入され、亜紀(吉谷彩子)らは派遣社員の仕事がなくなることに不安を覚える。そんな中、コストカットを求められる東海林は、里中が担当する「隅田フーズ」のこだわりの弁当に着目。里中は発注先を変えるよう言われてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月29日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/7/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
春子(篠原涼子)の発言をぼやく東海林(大泉洋)は、里中(小泉孝太郎)の暗い表情に気付く。さらに里中が以前書いた「直営コンビニ企画」が採用され、独自性のある案を募ることに。宮部(伊東四朗)は同企画にAIの顧客分析を絡めることで劇的な業績回復を狙っており、重圧が掛かる里中は春子に助言を求める。やがて、里中が人が変わったように厳しくなる中、東海林の心に不安が兆す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月3日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/8/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
里中(小泉孝太郎)のコンビニプロジェクトは株主や投資家たちには不評で、宮部(伊東四朗)は春子(篠原涼子)が提案した、レジ横で売るアジフライを止めるよう命令する。AIによるとアジフライで成功する確率は0.001%で、宮部はAIと春子との勝負を提案し、囲碁で決着をつけることに。東海林(大泉洋)は汚い手を使っても勝てと春子に助言するが、春子の戦い方は想像をはるかに超えていて…。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック