FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2020年春、金曜ドラマ『家政夫のミタゾノ』

kage

2020/07/24 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月24日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 23:15~24:15

 家政夫のミタゾノ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:小峯裕之
演出:片山修、小松隆志
プロデューサー:内山聖子、秋山貴人、木曽貴美子、椋尾由希子
主題歌:Last Mermaid.../Hey! Say! JUMP

E13-b043.gif
外部サイト:家政夫のミタゾノ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
三田園薫 :松岡昌宏
「むすび家政婦紹介所」所属の家政夫。寡黙で神出鬼没、何を考えているか分からない不気味な面もあるが、家事のスキルは抜群。掃除、洗濯、料理全てにおいて卓越した能力を見せる。派遣先の家庭が隠している“秘密”を暴きたくなってしまう性分で、誰にも気付かれず、自分の手も汚さずにわなを張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがす。

村田光 :伊野尾慧
「むすび家政婦紹介所」の所長・頼子のおいっ子。アイドルを目指しており、休日はダンスレッスンをしながら腰掛け程度に家政夫をしている。人を信じやすいピュアな性格。先輩家政婦たちからもかわいがられているが、家事スキルは一向に上がっていない。

霧島舞 :飯豊まりえ
「むすび家政婦紹介所」の新人家政婦。趣味は人間観察。人間性を見抜くのが得意で、依頼人の“秘密”にもすぐ勘付いてしまう。忖度やうそが苦手で、歯に衣着せぬ物言いがトラブルを引き起こすことも。ミタゾノに興味を示し、その禁断の秘密に迫ろうとする。若いが人生経験は豊富。

式根志摩 :しゅはまはるみ
「むすび家政婦紹介所」所属の家政婦。うわさ好きで特に男女関係のスキャンダルは大好物。褒められると何でも言うことを聞いてしまう弱点がある。

阿部真理亜 :平田敦子
「むすび家政婦紹介所」に所属する家政婦。長年の家政婦経験により、膨大な情報量と幅広い人脈を持っていて、あらゆるジャンルの最新トレンド情報にも長けている。おやつとスキャンダルが大好物。

結頼子 :余貴美子
「むすび家政婦紹介所」の所長。三田園が毎度依頼人の秘密を暴いてくることにハラハラしながらも、その秘密を聞くのを楽しみにしている。三田園の事情を知り、家政夫として雇っている。脱税疑惑を掛けられて業務停止に追い込まれていたが、土日を挟んだだけで営業再開。本当に脱税していたのかはグレーゾーン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松岡昌宏扮する“最恐家政夫”が、伊野尾慧&新加入の飯豊まりえと4度目の大暴れ!
松岡昌宏扮する女装した家政夫・三田園薫が派遣先の家庭の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落とす痛快ヒューマンドラマ。第4シリーズとなる今回は、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧がアイドルを目指しながら家政夫業も続ける村田光役で続投するほか、飯豊まりえが三田園の秘密に迫る新人家政婦・霧島舞役で新加入する。

世相を大いに反映させた内容がドラマの題材となる点も見どころの一つ。三田園がどんな制裁を下すのかはもちろん、毎回三田園が披露する“お役立ち家事のHOW TO”にも注目が集まる。



2020春号:2020年3月末〜2020年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月24日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
「むすび家政婦紹介所」に所属している三田園薫(松岡昌宏)は、家事のスキルはプロ級で、脅威の身体能力を併せ持っており、無表情で何を考えているか分からない上に、なぜか女装をしているミステリアスな家政夫。依頼人の家庭の内情をのぞき見しては、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としている。

そんな三田園と共に行動する村田光(伊野尾慧)は、アイドルを目指してダンスレッスンに通う傍らで仕事を続けている若き家政夫。さらに、人間観察が趣味という新人家政婦・霧島舞(飯豊まりえ)が加わり、今日も“最恐家政夫”と共に、東京をクリーンにすべく依頼家庭に赴く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月24日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/4/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「むすび家政婦紹介所」は事務所を移転して業務を再開。所長・頼子(余貴美子)のおいでアイドルを目指しながら家政夫を続ける光(伊野尾慧)は、新人の舞(飯豊まりえ)を連れ、依頼宅である次期環境大臣・岩瀬(尾美としのり)の家へ。クリーンなイメージを買われている岩瀬は、妻・美紗子(渡辺真起子)、息子・浩一(細田佳央太)に対し、行動に気を付けるようくぎを刺す。舞が遅れて岩瀬宅に現れた三田園(松岡昌宏)に興味を抱く一方、三田園は早速、引き出しなどを物色。そこへ、浩一から車で接触事故を起こしたと電話が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月1日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/5/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)は、人気の豚骨ラーメン店を営む藤原(西岡徳馬)の自宅兼店舗へ。腰痛に見舞われた妻・奈美(重田千穂子)からの家事の依頼だ。折しも、店の味を残すため、4年間勤めた従業員・河原(きづき)を後継者に推す奈美の提案を、「まだ早い」と拒んできた頑固者の藤原がついに受け入れた。だが直後、河原と突然連絡がつかなくなり、藤原は「最近の若いもんは」と激怒する。急きょ、店を手伝うことになった三田園は、奈美が食品会社と契約を結ぼうとしていることを知る。だがそれは、藤原が認めるはずがない契約で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月19日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/6/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三田園(松岡昌宏)、光(伊野尾慧)、舞(飯豊まりえ)は会社社長・朔治(樋渡真司)の家へ。元客室乗務員の妻・百合子(小沢真珠)は娘・桜(恒松祐里)とは‘友達母娘’。舞は、桜の婚約パーティーで娘と揃いの服を着て喜ぶ百合子が子離れできていないと見抜く。運転手・国木田(高地優吾)への百合子の差別的な態度に舞と光が驚く中、三田園は桜に好きな人がいることを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月26日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/6/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
超大型台風が近づく中、三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)は、旅行中の古川家へ。折しも、不審な男(板橋駿谷)が侵入し、悪天候で旅行が中止になったという美緒子(木野花)と鉢合わせしていた。三田園に取り押さえられた男は、台風被害の見回りをするボランティアだと主張する。しかしその正体は、古川家が宝くじで3億円を当てたという情報をつかんで忍び込んだ空き巣だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月28日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/7/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)の派遣先は雄太・香苗夫婦と小学生の息子の秋本家。折しも、引っ越しのあいさつに訪れた隣人・白井に、雄太は驚く。数日前、雄太は不倫相手の車の中から、転んだ女性めがけ金属バットを何度も振り下ろす男の姿を目撃。不倫発覚を恐れ通報を思いとどまったのだが、その犯人は白井だった。おびえる雄太に対し、白井は香苗らと親しくなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月10日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/7/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)は、元レディース暴走族の翔子(星野真里)から掃除と昼食の用意を依頼される。婚約者である文雄(岩瀬亮)の母・麗子(小川菜摘)が来るからだ。茶道を教え礼儀作法に厳しい麗子に、翔子は自身の過去を隠していた。ところが前日、文雄と暴走族仲間の4人で鍋を囲んだ翔子が目覚めると、見知らぬ男が寝ていて部屋は荒れ放題。記憶が抜け落ち、ぼうぜんとする中、三田園らがやって来る。その後、麗子も到着し、結婚を認めてもらうためお点前を披露することになるが、預かっていた代々伝わる茶器一式が見当たらず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月17日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/7/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘ミステリー好きの家政婦に限る’という条件をクリアした三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)は脚本家・祐実(高橋ひとみ)の家へ。開局60周年ドラマの脚本の執筆が進まず、アシスタントの詩織(遊井亮子)に当たり散らす祐実。彼女の師匠・紅葉(ジュディ・オング)は15年前、スランプで自殺しており、夫・英夫(黒田アーサー)は紅葉の元夫だった。一方、三田園らは英夫と詩織が男女の仲で、良からぬ計画を立てていると気付く。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月22日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/7/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
三田園(松岡昌宏)と舞(飯豊まりえ)の派遣先は美人市長のスキャンダルを暴いた新聞記者・良一(戸田昌宏)の自宅。‘ジャスティスママ’を名乗る人物によるSNSの書き込みが追い打ちを掛け、市長は辞職に追い込まれた。三田園らが早速、足を捻挫した良一の妻・虹子(杉田かおる)の手伝いを始める中、テレビ番組で人気コメンテーター・ジェームズ神山が良一の記事を批判。すると良一に非難が殺到し、高校生の娘・真冬は学校に行けなくなる。そんな折、三田園らは虹子の正体を知るが、虹子もまた家政婦紹介所の面々の秘密を握っていて…。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック