FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2020年春、土曜ドラマ『M 愛すべき人がいて』

kage

2020/07/04 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月18日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 23:15~24:05

 M 愛すべき人がいて

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:小松成美「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)
脚本:鈴木おさむ
演出:木下高男、麻生学
プロデューサー:横地郁英、服部宣之、谷口達彦、山形亮介、佐藤雅彦
主題歌:M/浜崎あゆみ

E13-b043.gif
外部サイト:M 愛すべき人がいて

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
アユ :安斉かれん
福岡の女子高生。幼い頃に父が蒸発して以降、母、祖母と共に暮らす。本格的に芸能活動を始めるため、祖母と上京。後に「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨。楽曲だけでなく、ファッションやメークなど全てが注目を浴び、一大ブームを巻き起こすトップスターとなる。

マサ :三浦翔平
レコード会社「A VICTORY」を設立し、専務取締役に就任。名プロデューサー、マックス・マサとして音楽シーンで数々のムーブメントを生み出した後に代表取締役社長に就任する。六本木にある巨大ディスコのVIPルームでアユに電話番号を渡し、人生を懸けてプロデュースしようと決意する。

流川翔 :白濱亜嵐
レコード会社「A VICTORY」の社員。マサ直属の部下で一番の理解者。マサを尊敬しており、一緒に日本の音楽史を塗り替える伝説を作りたいという熱い気持ちで仕事に励んでいる。明るく愛される性格だが、お調子者な部分も。

姫野礼香 :田中みな実
レコード会社「A VICTORY」の社員。マサの秘書。右目の眼帯を外さないのはマサに関係がある様子。長年マサに思いを寄せており、彼が離婚するのを待ち望んでいる。マサがアユに肩入れするのが許せず、激しい嫉妬心から、姑息(こそく)な手段でアユへの嫌がらせを繰り返す。

大浜 :高嶋政伸
レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。マサの才能にほれ込み、共同で「A VICTORY」を設立。経営面を取り仕切っている。会社が成長したのはマサのおかげだと理解しつつも、自分の存在が脅かされそうで認められず、あの手この手で追い出しを図る。粘着質で不気味な性格。

中谷 :高橋克典
上京後にアユが所属する芸能事務所「中谷プロ」の社長。当初、アユが売れるとは思っていなかったが、マサがアユの才能を見いだしたことを知って惜しくなり、囲い込もうとする。アユが「中谷プロ」に所属していながらマサと会うのを問題視する大浜らと結託して、2人の邪魔をしようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
安斉かれん&三浦翔平のW主演、鈴木おさむ脚本! 歌姫・浜崎あゆみ誕生の物語 
小松成美の同名小説を原作に、歌手・浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを鈴木おさむの脚本で連続ドラマ化。安斉かれん&三浦翔平のダブル主演で、1990年代激動の、音楽業界の光と影を映し出す。

「ポスギャル(ポストミレニアルギャル)」と呼ばれる次世代型ギャルの1人でシンガー・ソングライターの安斉が、ドラマ初出演にして初主演となる本作で、平成の歌姫・アユ役に挑む。また、三浦が希代のプロデューサー・マサに扮する。

劇中には90年代のヒットナンバーをふんだんに使用。新しい音楽を探し求めるプロデューサーの苦悩、華やかな表舞台とあらゆる思惑に満ちた裏側をも圧倒的なスケールで描く。



2020春号:2020年3月末〜2020年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月18日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
福岡で母、祖母と暮らす女子高生のアユ(安斉かれん)は、地元で事務所に所属しモデルとして活動していたが、本格的に芸能活動を始めるために祖母と上京。高校に通いながらタレント活動を続けていた。そんなある日、友達に誘われて初めて足を踏み入れたディスコでレコード会社の専務・マサ(三浦翔平)と出会う。エンターテインメントに関わるさまざまなジャンルに事業を拡大し続けるすご腕のプロデューサーのマサは、時代の変化に伴い音楽の流行も変わることを予期し、次のスター候補となるダイヤの原石を探していた。そして、マサはアユに電話番号を渡し、人生を懸けてプロデュースする決意を固める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月18日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/4/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1993年、祖母の幸子(市毛良枝)と福岡から上京したアユ(安斉かれん)は、芸能活動で家族に楽をさせようと意気込むが、なかなかうまくいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす毎日を送っていた。そんなある日、アユは高校の友人で歌手志望の理沙(久保田紗友)に誘われて、レコード会社専務で名プロデューサーのマサ(三浦翔平)が出入りするディスコへ。その頃、会社の展望を巡り、社長の大浜(高嶋政伸)との意見の相違が浮き彫りになりつつあったマサは、次のスターを探す中でアユと出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月25日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/4/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
マサ(三浦翔平)はアユ(安斉かれん)の所属事務所社長・中谷(高橋克典)に対し、アユを歌手として自分が育てたいと頼み込む。大浜(高嶋政伸)は勝手な引き抜きは芸能界のルールに反すると警告する。その後、マサはアユに米ニューヨークへ渡るよう指示。渡米したアユを厳しい講師・天馬(水野美紀)が待ち受けていた。一方、マサの部下・流川(白濱亜嵐)はマサの案でガールズグループのプロデュースをすることに。候補生となった理沙(久保田紗友)はアユに負けないと息巻く。そんな中、レッスンで落ち込むアユの前にマサが現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月3日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/5/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大浜(高嶋政伸)がアユ(安斉かれん)をソロではなく理沙(久保田紗友)らと一緒のグループでデビューさせると言い出す。いら立つマサ(三浦翔平)は、戸惑いながらも本音を口にするアユの姿にある決心をする。そんな中、マサの秘書・礼香(田中みな実)はアユに対し、マサは自分のものだと揺さぶりをかける。一方、理沙らはアユとマサの関係を疑い、流川(白濱亜嵐)に訴える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月13日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/6/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大浜(高嶋政伸)は流川(白濱亜嵐)のガールズグループAxelsとアユ(安斉かれん)のデビュー日をぶつけ、裏で流川を支援。マサ(三浦翔平)はプロモーションを成功させるため、マネジャーの野島(河北麻友子)ら「チーム・アユ」を厳しく追い込む。その期待に応えたいと願うアユだが、うまく歌えず焦りを募らせる。一方、礼香(田中みな実)は離婚したマサを強引に呼び出し…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月20日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/6/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アユ(安斉かれん)から好きだという手紙を受け取ったマサ(三浦翔平)は、アユへの思いに気付くが、マサとの結婚に突き進む礼香(田中みな実)への対応に苦慮する。アユと理沙(久保田紗友)らAxelsのデビュー日が近づく中、流川(白濱亜嵐)は自分とマサを比べて自信をなくし、マサに突っ掛かってしまう。一方、大浜(高嶋政伸)の指示を受けた礼香は流川にある提案を持ち掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月27日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/6/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大浜(高嶋政伸)と礼香(田中みな実)がアユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)のスキャンダルを握る中、アユはマサから一緒に暮らそうと言われ、感激する。そんな折、Axelsの解散が決まり、理沙(久保田紗友)が病院に運ばれる事態に。流川(白濱亜嵐)は自責の念に駆られる。一方、人気に火がついたアユは、忙しさを力に変え、マサと2人で大きな夢を描き続けていたが…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月29日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/7/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
大浜(高嶋政伸)に解雇を宣言されたマサ(三浦翔平)はアユ(安斉かれん)を守るため、大浜の指示で新しい巨大フェスの開発など三つの大型プロジェクトに携わることに。礼香(田中みな実)はマサのスケジュールを埋め、アユのレコーディングは流川(白濱亜嵐)だけが立ち会うようになる。不安を抱くアユはマサから自立のチャンスと励まされる。マサが自宅で話す時間さえなくなるほど多忙を極める一方、アユは寂しさをこらえて仕事に打ち込む。やがて、アユとマサの距離が少しずつ離れていく中、2人は久しぶりに出掛ける約束をする。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック