FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2020年春、真夜中ドラマ「女ともだち」

kage

2020/07/25 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月11日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 24:00~24:30

 真夜中ドラマ「女ともだち」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:柴門ふみ「女ともだち」(双葉社)
脚本:吉川菜美、狗飼恭子
監督:久万真路、大内隆弘、吉川鮎太
プロデューサー:小林教子、奥村麻美子
主題歌:東京無理心中/ドラマストア

E13-b043.gif
外部サイト:真夜中ドラマ「女ともだち」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
乾セツ :原沙知絵
DVで離婚した、バツイチのシューズデザイナー。不感症だが、大学の同級生で妻帯者の平井と不倫関係。ちゃらんぽらんな性格の平井との関係に安らぎを見いだし、関係を絶つことができずにいる。

小野沢ちさと :磯山さやか
セツの高校時代からの親友。売れっ子カメラマンで、昔から何度も浮気を繰り返す夫・ミツルの不倫に悩んでいる。

平井保 :袴田吉彦
セツの恋人。妻がいるにもかかわらず、セツと不倫関係にある。

小野沢ミツル :竹財輝之助
ちさとの夫。何度も浮気を繰り返す売れっ子カメラマン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
原沙知絵主演で柴門ふみ原作の名作を令和の時代に映像化 
原作は、柴門ふみが1983年に連載を始めた同名漫画。連続ドラマ化にあたり、時代設定を令和にアレンジしつつも、いつの時代も変わらない恋愛、結婚、不倫などに直面して揺れ動く女性の心理や葛藤などを描いていく。

大学の同級生との不倫関係をやめられないバツイチのシューズデザイナー・乾セツを、連ドラ主演は18年ぶりとなる原沙知絵が演じ、セツの高校時代からの親友で、何度も浮気を繰り返す夫を捨てきれない主婦・小野沢ちさとに磯山さやかが扮する。さらに、この2人の“女ともだち”を取り巻く複雑な事情をもった女性たちが登場する。


2020春号:2020年3月末〜2020年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月11日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
乾セツ(原沙知絵)と小野沢ちさと(磯山さやか)は高校時代からの親友同士。シューズデザイナーとして活躍するセツは、イタリアの工房から出向の話を打診され悩んでいた。そんな中、セツの恋人で不倫相手・平井保(袴田吉彦)の妻に、2人の関係がばれてしまうが、平井はセツと別れないと言う。

そんなセツの話を親身になって聞くちさとは、夫・ミツル(竹財輝之助)の不倫に悩まされていた。ミツルは売れっ子カメラマンで、昔から浮気癖があったのだが、女の勘が「今度の浮気は本気ではないか」と予感させていた。自分がいない間に家庭を乗っ取られる妄想にさいなまれるちさと。一方、予期せぬ出来事がセツを襲う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月11日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/4/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
新進のシューズデザイナー・セツ(原沙知絵)が親友・ちさと(磯山さやか)の働くダイニングバー「アミーゴス」にやって来た。席に着くなり白ワインを飲み干すセツ。そして、何かあったと察するちさとに、良いニュースと悪いニュースがあると切り出す。一つは取引先のイタリア企業からの引き抜き話。もう一つは不倫相手の平井(袴田吉彦)との関係が妻に知られた話だという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月18日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/4/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
今日も「アミーゴス」にやって来た親友・セツ(原沙知絵)の話を、親身になって聞くちさと(磯山さやか)。妻に不倫を知られた平井(袴田吉彦)が、それでも別れないと言っているという。一方、ちさと自身は、夫で売れっ子カメラマン・ミツル(竹財輝之助)の不倫に悩まされていた。昔から浮気癖のあるミツルだったが、女の勘が「今度の浮気は本気ではないか」と予感させて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年4月25日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/4/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
今日もちさと(磯山さやか)が働く「アミーゴス」を訪れたセツ(原沙知絵)。カウンターには美しい波子(おのののか)が座り、店長・登良松(八十田勇一)が張り切って料理を並べていた。最近嫌な夢を見て眠れないと話す波子は、昔、医者の卵に人生最悪の振られ方をしたと語る。その話につい聞き耳を立てていたセツとちさとは、波子の料理をシェアしながら話を聞くことになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月2日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/5/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
産婦人科で診察を受け、「アミーゴス」にやって来たセツ(原沙知絵)は、登良松(八十田勇一)が出してくれた料理に吐き気を催し、トイレに駆け込んでしまう。心配して様子を見に行ったちさと(磯山さやか)は、セツの妊娠に気付く。セツから平井(袴田吉彦)の反応を聞き、腹を立てたちさとは、平井に電話すると息巻く。そして、平井の能天気な答えにさらなる怒りを募らせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月9日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/5/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ちさと(磯山さやか)の出版社時代の元上司・裕美子(渡辺真起子)が「アミーゴス」にやって来て、ちさとにロシア語の翻訳の仕事を依頼する。折しも、夫のミツル(竹財輝之助)が1週間帰ってこず、息子のチー助こと大地(鳥越壮真)を連れて家を出る決意をしたちさと。ところが、帰宅したミツルから上海土産だというスカーフをもらい、決意がうやむやになってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月16日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/5/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
今日も「アミーゴス」を、ちさと(磯山さやか)の出版社時代の元上司・裕美子(渡辺真起子)が訪れている。ちさとは、今は仕事一筋の裕美子にも、実は恋愛に夢中だった頃があったことを知る。かつて、裕美子は行き先を知らせず引っ越して転職し、編集者の元恋人が捜してくれるのを15年も待っていたのだった。そんな裕美子は、自分が編集した本をいつも持ち歩いて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月23日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/5/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
産むか否か決められないセツ(原沙知絵)は、平井(袴田吉彦)のめい・マミ(凛美)に似た女の子を見掛けるが人違いだった。小野沢家には、右手にけがをしたミツル(竹財輝之助)が帰ってくる。理由を詮索しないまま手当てをするちさと(磯山さやか)は、夫のいる日常を幸せだと感じる。一方、ちさとのいないアミーゴスに、ミツルの浮気相手・チャコ(片山萌美)がやって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年5月30日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/5/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
昼過ぎの「アミーゴス」。いつものようにやって来たセツ(原沙知絵)に、ちさと(磯山さやか)は出て行ったきり帰って来ないミツル(竹財輝之助)のことを話していた。セツは浮気相手を殴ってやりたいと言う。すると、ランチで訪れていた章子(上地春奈)が2人の会話を聞いていて、一番悪いのは男性ではないかと言い出す。流れで、セツとちさとは章子の話を聞くことになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年6月29日更新】
■ あらすじ(第9話  2020/7/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「アミーゴス」をのぞいたセツ(原沙知絵)がちさと(磯山さやか)と見間違えたのは、店員・七海(森田涼花)の親友・礼子(小島藤子)。礼子は「お金を取られて男に捨てられた」と言って大騒ぎを始める。七海はその男を捜し出して礼子の代わりに会うという。セツは気晴らしにちさとを誘ってその交渉に立ち会うことに。ところが、やって来たのは男の同僚の小森(市川知宏)で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月11日更新】
■ あらすじ(第10話  2020/7/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
セツ(原沙知絵)は信号待ちの交差点で誰かに背中を押された。犯人に心当たりのあるセツは、平井(袴田吉彦)に電話をかける。一方、ちさと(磯山さやか)は息子のチー助こと大地(鳥越壮真)から「パパは?」としつこく聞かれ、怒鳴りつけてしまう。夜も眠れないちさとは、未練がましく取っておいたミツル(竹財輝之助)のパジャマを洗濯し、セツに「夜、付き合って」と頼む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月18日更新】
■ あらすじ(第11話  2020/7/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
セツ(原沙知絵)とちさと(磯山さやか)が、開店準備中の「アミーゴス」にそれぞれ泣きながらやって来る。ちさとは帰ってきたミツル(竹財輝之助)とのぎくしゃくした朝食風景が耐えられず、飛び出してきたのだと言う。セツは平井(袴田吉彦)のめい・マミ(凛美)から平井の妻の妊娠を告げられ、別れの電話をしたと話す。そこへ、追い掛けるようにミツルと平井が来店する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月22日更新】
■ あらすじ(第12話  2020/7/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
昔の恋人の残像を見た「アミーゴス」の店員・亮(須賀健太)が、自転車で転倒してけがをする。店で手当てをするちさと(磯山さやか)とセツ(原沙知絵)は、亮がゲイだったと知る。流産したセツは平井(袴田吉彦)と別れ、イタリア行きの準備をしていた。一方、ちさとはどっちつかずのままだ。そんな中、元恋人・祐太(和合真一)と再会した亮は、彼の口から結婚したと聞かされる


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック