FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2020年夏、火曜ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』

kage

2020/09/15 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★7月28日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 21:00~21:54

 竜の道 二つの顔の復讐者

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:白川道「竜の道」(幻冬舎文庫)
脚本:篠崎絵里子
演出:城宝秀則、岩田和行、紙谷楓
プロデューサー:米田孝、水野綾子
主題歌:umbrella/SEKAI NO OWARI

E13-b043.gif
外部サイト:竜の道 二つの顔の復讐者

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
矢端(吉江)竜一/斉藤一成 役:玉木宏
双子の兄。生後間もなく親に捨てられたが、福岡で小さな運送会社を営む吉江家に、弟・竜二と共に引き取られた。15歳の時、霧島の悪質な乗っ取りによって多額の借金を抱え、会社が倒産した養父母は自殺。養父母を死に追い込んだ霧島への復讐を、竜二と誓い合う。22歳の時に、焼死に見せかけて他人の戸籍を奪い、整形手術によって顔を替え「斉藤一成」の名前で裏社会の人間として成り上がっていく。

矢端竜二 役:高橋一生
双子の弟。両親を死に追いやった霧島への復讐を兄の竜一と誓い合う。焼死したことになっている竜一の秘密を1人で抱えながら、血のつながらない妹の美佐を家族として支え続けている。霧島の運送会社を監督する国土交通省の官僚を志し、復讐のための権力を得ようとする。また、自身の過去に気付かれないために、入省前に「吉江」の籍から外れ、生まれた時の「矢端」の姓に戻す。

吉江美佐 役:松本穂香
竜一と竜二が10歳の時に吉江家に誕生した妹。両親が自殺した時は5歳だったため、当時の記憶はあまりない。両親の死後、竜一、竜二と血のつながりがないことを知るが、仲の良い3兄妹として、ささやかながら幸せな日々を送る。12歳の時、竜一が火災によって焼死。再び家族を失った悲しみを抱きつつも、官僚となった竜二のサポートを受けながら成長し、長野県で小学校教師の道に進む。

霧島源平 役:遠藤憲一
広島の小さな運送会社「キリシマ急便」を一代で全国規模の大企業へと育て上げた、らつ腕社長。弱肉強食を地でいくその悪質な手法によって、吉江夫妻をはじめ多くの被害者を生んでいる。会社の拡大と共に、政財界や裏社会とのつながりを強めていき、復讐をたくらむ竜一と竜二にとって巨大な壁となっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
玉木宏と高橋一生が双子の兄弟に。秘密を抱えた2人が復讐を誓う 
2015年に急逝した作家・白川道の未完の同名小説を原作に、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の物語。ドラマ版では、オリジナルの展開とともに、波乱に満ちた2人の復讐劇を結末まで描いていく。

復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木宏、その竜一の双子の弟で運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚・矢端竜二を、玉木と初共演の高橋一生が演じる。2人の血のつながらない妹・吉江美佐を松本穂香、2人のターゲットである冷酷な会社社長・霧島源平を遠藤憲一が演じる。

2020夏号:2020年7月末〜2020年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月20日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
双子の兄弟・竜一と竜二は、生まれて間もなく実の親に捨てられたが、小さな運送会社を営む吉江夫妻に養子として引き取られ、夫妻の間に生まれた妹の美佐との5人家族で仲良く暮らしていた。ところが、2人が15歳の時、霧島源平(遠藤憲一)が経営する運送会社の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母が自殺。霧島に追い詰められる両親の姿を見ていた2人は、復讐を誓い合う。

それから7年後、竜一(玉木宏)は焼死に見せかけて他人の戸籍を奪い、整形で別人に成り替わると裏社会の人間に。一方、竜二(高橋一生)は名字を出生時の「矢端」に戻し、運送会社を監督する国土交通省に入省する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月28日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/7/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
裏社会と関わりを持つ竜一(玉木宏)と、その双子の弟で国土交通省の官僚・竜二(高橋一生)は、運送会社「キリシマ急便」社長・源平(遠藤憲一)への復讐に生きている。事業拡大を狙う源平は、かつて双子の養父母の会社を悪質な手段で乗っ取り、養父母を自殺に追い込んでいた。その後、火事に遭い、命を落としたと思われた竜一は、顔も名前も変えて竜二の前に出現。養父母の実子で妹として育った美佐(松本穂香)にも生きていることを告げず、竜二と復讐計画を進めていく。そして、ついに2人は不祥事の情報をつ

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月30日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/8/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
竜一(玉木宏)は「キリシマ急便」の得意先企業の炎上騒動に乗じ、経営コンサルタントとして源平(遠藤憲一)に近づこうと画策。ところが、ある人物に竜二(高橋一生)との会話を聞かれ、源平への復讐計画を知られてしまう。計画の失敗を悟った竜一と竜二は、源平の息子・晃(細田善彦)を利用することに。そんな中、竜一は上京が決まった美佐(松本穂香)と偶然、顔を合わせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月4日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/8/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
竜一(玉木宏)は晃(細田善彦)の信頼を得、「キリシマ急便」の経営コンサルタントの座に就く。一方、源平(遠藤憲一)は有力政治家を父に持つ国土交通省の三栗谷(尾上寛之)を、娘・まゆみ(松本まりか)の婿養子にしようとしていた。それを知った竜二(高橋一生)は、まゆみへ積極的なアプローチをかける。そんな中、竜二が任された大きな仕事で不可解なトラブルが続発する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月18日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/8/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
源平(遠藤憲一)は大手通信販売会社と契約するため、無謀な業務拡大を進めていた。父への反発を強める晃(細田善彦)に、竜一(玉木宏)はクーデターを起こすようけしかける。そんな中、経済記者の沖(落合モトキ)が竜一を訪ねてくる。一方、美佐(松本穂香)は、竜二(高橋一生)が源平の娘・まゆみ(松本まりか)との結婚を望んでいると聞き、過去を知ろうと動き始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月21日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/8/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
両親の自殺の原因を知った美佐(松本穂香)は、竜二(高橋一生)がまゆみ(松本まりか)に近づいたのは源平(遠藤憲一)への復讐が目的ではないかと疑う。問い詰められた竜二はごまかすが、美佐がひそかに竜一(玉木宏)を頼りにしていることに気付き、心をざわめかせる。一方、竜一は、憎しみに耐えて源平と良好な関係を築こうとする竜二を気の毒に思い、彼にある提案をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月27日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/9/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晃(細田善彦)らによる源平(遠藤憲一)追放へのカウントダウンが始まる。そんな中、芙有子(斉藤由貴)が病に倒れ、源平は激しく動揺する。一方、ひょんなことから竜一(玉木宏)、竜二(高橋一生)、晃、まゆみ(松本まりか)、美佐(松本穂香)の5人が食事をすることに。竜二が復讐のためにまゆみに近づいたのではという美佐の疑いをそらすため、竜一と竜二はある作戦に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月6日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/9/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
源平(遠藤憲一)は芙有子(斉藤由貴)を失った悲しみを打ち消すかのように仕事に没頭する。竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は復讐の仕上げとして源平を‘殺人者’に仕立てる計画を実行。ところが、ある人物の裏切りにより、かえって竜一が窮地に追い込まれてしまう。一方、記者・沖(落合モトキ)が嗅ぎ回ったことが発端で、竜一の生存の可能性を知らされた美佐(松本穂香)は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月13日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/9/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
源平(遠藤憲一)の殺人教唆の証拠を入手できず、打つ手がなくなった竜一(玉木宏)は、記者の沖(落合モトキ)から‘竜一’が生きているという証拠を突き付けられ、窮地に。その上、沖が美佐(松本穂香)にまで近づいたことを知り、竜一は焦りを募らせる。一方、大手通販会社との契約が内定し、運送業界トップの座が視野に入ってきた源平の言動は一層狂気を帯びていく。これ以上、竜一に危険なことをさせたくない竜二(高橋一生)は次の手を持ち掛けようとするが、竜一は話を聞かず、ある決意を胸に美佐の元へ向かう。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック