FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2020年夏、木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』

kage

2020/09/24 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月16日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 22:00~22:54

 アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:荒井ママレ/医療原案:富野浩充「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」
脚本:黒岩勉
演出:田中亮、相沢秀幸
プロデューサー:野田悠介
主題歌:YES AND NO/DREAMS COME TRUE

E13-b043.gif
外部サイト:アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
葵みどり 役:石原さとみ
萬津総合病院の薬剤部で働く、キャリア8年目の病院薬剤師。「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持つ。1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師から叱られることも。

相原くるみ 役:西野七瀬
萬津総合病院薬剤部で働く、新人の病院薬剤師。医者ほど責任は生じないだろうという、消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、患者一人一人と真摯に向き合い、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働くみどりの姿を見るうちに、意識が変わっていく。

小野塚綾 役:成田凌
ひょんなことからみどりと出会う青年。みどりが病院薬剤師であることになぜか興味を示し、その後もたびたびみどりの前に現れる。

刈谷奈緒子 役:桜井ユキ
萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師で調剤のプロ。作業効率を重んじ、無駄話をせずに淡々と仕事を進めるタイプ。1人の患者に時間をかけてしまうみどりに対し、「仕事が遅い!」と叱ることもあるが、患者を救いたいという根底の思いは同じ。

羽倉龍之介 役:井之脇海
萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師。キャリアは3年目の若手。ムードメーカーでいじられキャラ。

販田聡子 役:真矢ミキ
萬津総合病院薬剤部の部長で、みどりたちの上司。ハラスメントに敏感な現代を象徴するタイプで、新人のくるみに対しても細心の注意を払い優しく接する。ただ単に優しいだけではなく、ある種のずるさや計算高さも併せ持つ。

瀬野章吾 役:田中圭
萬津総合病院薬剤部の副部長で、みどりの先輩薬剤師。ぶっきらぼうで愛想がないように見えるが、実際は心根が優しく、誰よりも患者を思っている。チームメートからの信頼も厚く、困った時に頼ってくるみどりに対して、冷たい態度を示しつつも心の中では認めている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石原さとみ主演! 病院薬剤師が患者のために奮闘するヒューマンドラマ
現在連載中の漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作の、病院薬剤部を舞台にしたヒューマンドラマ。主人公の、患者一人一人と真摯に向き合うキャリア8年目の薬剤師・葵みどりを石原さとみが演じる。そのほか、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、真矢ミキ、田中圭らが共演者に名を連ねる。

全国に30万人以上もいる薬剤師の仕事は、決して脚光を浴びることはないが、医薬品全般における豊富な知識を生かし、医師の処方箋に基づく調剤や服薬指導、医薬品の管理・販売を行っている。同作では、病院内にある薬剤部で、主に患者の薬の調剤、製剤を行う病院薬剤師たちの知られざる舞台裏を描いていく。



2020夏号:2020年7月末〜2020年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
萬津総合病院の薬剤部で働く葵みどり(石原さとみ)は、キャリア8年目の薬剤師。ベテラン薬剤師・刈谷奈緒子(桜井ユキ)の指示の下、羽倉龍之介(井之脇海)や工藤虹子(金澤美穂)たちと、処方箋を一つ一つ確認し、調剤、監査、投薬といった膨大な作業量をスピーディーにこなしていく。

ある日、人手不足に頭を抱える薬剤部に、新人の相原くるみ(西野七瀬)がやって来る。教育担当に任命されたみどりが、くるみを連れて院内を案内していると、救急センターに心停止の急患が運ばれて来る。そこでくるみは、医師や看護師と連携して緊急処置に当たる薬剤師の姿を目の当たりにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月16日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/7/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
病院の薬剤部で働く薬剤師・みどり(石原さとみ)は、先輩で副部長の瀬野(田中圭)と共に急患対応をすることに。新人のくるみ(西野七瀬)は、命を助けても感謝もされず、大量の処方箋の処理に追われる病院薬剤師の仕事を目の当たりにする。そんな中、みどりは血糖値が安定しない中学生の糖尿病患者が気になり、投薬指導を行う。後日、医師の処方ミスを見つけたみどりは…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月23日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/7/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
骨折で入院した大宮(小林隆)が、何かの薬を飲み、意識不明に。みどり(石原さとみ)は娘の麻利絵(大後寿々花)に話を聞くが、事情があって服用薬が分からない。一方、麻薬取締官の調査を目前に、薬剤部部長の販田(真矢ミキ)は医療麻薬の管理を確認。すると、数が合わないことが判明する。そんな中、能率重視の主任・刈谷(桜井ユキ)は、みどりの単独行動を知り…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月30日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/7/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
透析治療中の小学校教諭・新田(浅利陽介)が入院。新田は大量の服薬が必要で、その管理や指導に疑問を抱いたみどり(石原さとみ)は、処方したドラッグストアへ乗り込む。だが、担当薬剤師の言葉に何も言えなくなる。一方、人手不足に悩む販田(真矢ミキ)は、くるみ(西野七瀬)を連れ、薬科大学へ。そんな中、新田に寄り添おうと悩むみどりに瀬野(田中圭)はある助言をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月31日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/8/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
小野塚(成田凌)と行きつけの中華料理店にいたみどり(石原さとみ)は、店主の辰川(迫田孝也)の娘・樹里と会い、彼女の様子が気に掛かる。さらに、事故で入院中の患者・龍一が、同僚の薬剤師・羽倉(井之脇海)の父親と判明。代々医師の家系の羽倉は、龍一と折り合いが悪いらしい。一方で樹里が救急搬送され、症状の原因を探るみどりは、瀬野(田中圭)の言葉で動き出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月7日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/8/13放送)
---------------------------------------------------------------------------------------
末期がんの太一(伊武雅刀)への告知を巡ってぶつかる樹里(久保田紗友)と辰川(迫田孝也)。みどり(石原さとみ)は2人の心のケアに努める。そんな中、くるみ(西野七瀬)は薬物療法に関する資格を持つ刈谷(桜井ユキ)の仕事に興味を抱く。くるみの意欲をうれしく思うみどりだったが、薬剤部副部長・七尾(池田鉄洋)が提案した治験に関し、みどりとくるみの意見が分かれ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月20日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/8/20放送)
---------------------------------------------------------------------------------------
みどり(石原さとみ)はくるみ(西野七瀬)や小野塚(成田凌)らと地域住民センターで高齢者の服薬指導をする。そこで倒れた早苗(高林由紀子)が入院し、治療が行われるが、症状は改善しない。七尾(池田鉄洋)が「耐性菌」を疑う中、瀬野(田中圭)は早苗自身を見るよう助言。みどりは、服用薬はないと告げた早苗の言葉を考える。一方、くるみは生理痛に悩む患者・倫(山谷花純)の服薬指導をするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月21日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/8/27放送)
---------------------------------------------------------------------------------------
入院患者の心春(穂志もえか)の退院が決まり、みどり(石原さとみ)は病室に駆け付ける。くるみ(西野七瀬)は7年前、新人のみどりが初めて担当したのが中学生だった心春で、瀬野(田中圭)が任せたと知って驚く。一方、衆院議員の古賀が‘パワハラ疑惑逃れ’で極秘入院した。彼女は服薬調査に来たみどりらと口もきかず、対応を秘書に一任。後日、心春は苦しそうな古賀を目にする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月1日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/9/3放送)
---------------------------------------------------------------------------------------
医薬品情報を管理する「DI室」責任者の薬剤師・荒神(でんでん)が休暇を取る中、みどり(石原さとみ)は小野塚(成田凌)と一緒に在宅医療に特化した地域の調剤薬局へ研修に行く。2人は早速、在宅医療現場の仕事の多さを目の当たりに。さらに、がんの終末期という患者の家に向かったみどりらは、意外な人物と遭遇する。患者と家族が向き合う現実に小野塚が思い悩む一方で、人手不足の調剤室には瀬野(田中圭)が救急と掛け持ちで入ることに。瀬野は、くるみ(西野七瀬)が担当するアレルギー患者・増田(田中幸太朗)の来院頻度が気に掛かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月6日更新】
■ あらすじ(第9話  2020/9/10放送)
---------------------------------------------------------------------------------------
瀬野(田中圭)が救急医・瑠衣(臼田あさ美)の診察を受ける一方、薬の過剰摂取が疑われる女性・陽菜(徳永えり)が倒れて救急搬送された。みどり(石原さとみ)は陽菜の処方歴を確認。彼女は複数の医療機関を受診し大量の抗不安薬などを不正に入手していたが、悪びれずにみどりをからかい、くるみ(西野七瀬)はそのふざけた態度に憤る。そんな中、みどりは陽菜に娘がいることを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月13日更新】
■ あらすじ(第10話  2020/9/17放送)
---------------------------------------------------------------------------------------
瀬野(田中圭)の入院が決まり、薬剤部へ報告にやって来る。瀬野の治療薬選びに頭を悩ませるみどり(石原さとみ)は、七尾(池田鉄洋)からある薬の資料を提示される。だが、その使用には難題が山積していた。一方、胸痛で運ばれた患者・丸岡(近藤公園)が瀬野と同室に。丸岡は生活の不安から、みどりとくるみ(西野七瀬)の服薬指導にかみつく。後日、みどりは瀬野に薬の説明をするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月20日更新】
■ あらすじ(第11話  2020/9/24放送)
---------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
産婦人科の患者に寄り添うみどり(石原さとみ)は、星名(入山法子)ら入院中の妊婦のケアに当たる。小野塚(成田凌)と食事を共にし、話題に瀬野(田中圭)のことが上る中、てんかんの持病がある妊婦の千歳(土村芳)が倒れたと連絡が入り、みどりは対処に急ぐ。千歳の母・世津子(朝加真由美)は、普通とは違う娘を心配していた。千歳が入院する中、同室の星名は千歳がこっそり薬を捨てているのを目撃。みどりは、世津子の顔色をうかがうような千歳のそぶりが気に掛かる。一方、販田(真矢ミキ)はくるみ(西野七瀬)らに、みどりに関するある発表をするが…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック