FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2020年夏、特集ドラマ「大江戸もののけ物語」

kage

2020/08/14 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月17日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~21:00

 特集ドラマ「大江戸もののけ物語」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:川崎いづみ
演出:川村泰祐
エンディング:大江戸もののけ音頭/つるの剛士 with 平尾菜々花

E13-b043.gif
外部サイト:特集ドラマ「大江戸もののけ物語」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
新海一馬 役:岡田健史
心優しく好奇心が旺盛な旗本の次男坊。寺子屋の師匠を務めるが、わんぱくな子どもたちの世話に手を焼いている。武家に育ちながらも武術と立身出世に疎く、父親にいつも叱責されている。幼少時に、家の蔵で奇妙なもののけと出会って以来、不可思議なものの研究をしており、あることがきっかけで出会った妖怪・天の邪鬼と、恐れを超えた好奇心ですぐに距離を縮める。

天の邪鬼 役:本郷奏多
廃屋に放置された火焔土器から現れた妖怪。機知に富み、千里眼の力を持つが、事実と反対のことしか言えないひねくれ者。廃屋に呪縛されていて外界に出ることができないが、一馬が巻き込まれる事件を一緒に解決していく。解決するたび、土器に封じ込められた記憶を少しずつ思い出していく。

およう 役:山田杏奈
清庵寺の使用人。父を早くに亡くしており、母と幼い兄弟を支えるためにお手伝いに志願してきた。善意で読み書きを教えてくれた一馬を慕い、やがて恋をするように。

猫又 役:森川葵
一見美しい町娘だが、実体は猫の妖怪。人間の姿に変化することで、妖怪を見る力のない人間とも交流できる。いざとなると鋭い爪で立ち回る。容姿と態度に似合わず情は深く、一馬の実家・新海家と浅からぬ関係がある。

河童 役:青山美郷
天の邪鬼と一緒に現れた妖怪。お調子者でいたずら好きな性格。好物はきゅうりで頭の皿が乾くと弱る。水を自在に操り、井戸から井戸へ移動できる力を持つが、いざとなると戦闘能力は皆無で逃げ足が速い。

清庵和尚 役:イッセー尾形
一馬が勤める寺子屋の住職。幼少時からの一馬を知り、高く評価している。穏やかな性格の上に博識で、子どもたちの良き理解者。一方、一馬がもたらす不思議な事件にも臆することなく、妖怪たちとの因縁を感じさせる人物。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
岡田健史と本郷奏多が事件を解決していく妖怪ファンタジー×人情時代劇
ファンタジックな交流を通して青年と妖怪の成長を描いていく、新スタイルの人情時代劇。仲間や家族との絆によって成長していく主人公・新海一馬を岡田健史、一馬との出会いから自身の運命に立ち向かっていく妖怪・天の邪鬼を本郷奏多が演じる。山田杏奈、森川葵、青山美郷、平尾菜々花、甲本雅裕、イッセー尾形らが共演者に名を連ね、荒俣宏の妖怪監修の下で、なじみの妖怪から新しい妖怪まで登場するのも見どころ。寺子屋で教える一馬は、わんぱくな子どもたちに手を焼く心優しい旗本の次男坊。ある日、ひょんなことから“天の邪鬼”と名乗る妖怪と出会った一馬は、妖怪たちと行動を共にすることになる。



2020夏号:2020年7月末〜2020年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
寺子屋で教える新海一馬(岡田健史)は、気は弱いが心優しい旗本の次男坊。わんぱくな子どもたちに手を焼きながらも、気が強くおてんばなお雛(平尾菜々花)に助けられていた。そんな一馬は、幼少時に、家の蔵で奇妙なもののけと出会って以来、不可思議なものの研究をしていた。

ある時、一馬は廃屋の中で、お雛が不思議な土器に話しかけているところに遭遇する。お雛に渡されたまが玉を一馬が手にすると、土器が怪しく変容し、“天の邪鬼”と名乗る妖怪(本郷奏多)が現れた。驚く一馬だが、「死んだ母に会って、ひと言謝りたい」というお雛の願いをかなえるべく、“天の邪鬼”やほかの妖怪たちと行動することになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月17日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/7/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
旗本の次男・一馬(岡田健史)は寺子屋の師匠。気が弱く剣術も不得意でわんぱくな子らに手を焼いている。幼い頃に出会った妖怪の研究を楽しみとする一馬はある日、廃屋で教え子のお雛(平尾菜々花)が火焔(かえん)土器に話し掛ける姿を目撃。一馬がお雛に渡された勾玉(まがたま)を手にすると土器が変容し‘天の邪鬼(あまのじゃく)’と名乗る妖怪(本郷奏多)が出現する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月24日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/7/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
寺子屋の使用人・およう(山田杏奈)が浪人に襲われた。清庵和尚(イッセー尾形)の力で難を逃れるが、おようは母親の薬代として大金を要求され、吉原への身売りを迫られていた。一馬(岡田健史)は彼女を助けるため、お雛(平尾菜々花)と共に妖怪の潜む廃屋へ向かい、‘天の邪鬼’(本郷奏多)や‘猫又’(森川葵)、‘河童’(青山美郷)に相談。この件には邪悪な妖怪の策略があり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年7月31日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/7/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
およう(山田杏奈)への思いが膨らむ一馬(岡田健史)に、新海家より家格の高い池田家から婿養子の話が舞い込んだ。喜ぶ父・源之進(甲本雅裕)は、一馬に寺子屋の師匠を辞めるよう厳命する。悩む一馬は天の邪鬼(本郷奏多)らに相談。兄・一之進(高田翔)はそんな一馬の思いを知り、「自分こそこの縁談にふさわしい」と言い出す。ところが、池田家に新たな妖怪の魔手が伸び…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月3日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/8/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人間と妖怪の仲を裂こうとする百鬼(藤本隆宏)は、一つ目小僧(石井正則)に一馬(岡田健史)の命を狙うよう命じる。一つ目小僧は清庵和尚(イッセー尾形)に一馬への疑念を植え付け、恨みや疑念を持つ人に名を書かれると死に至る帳面に一馬の名を書かせる。直後、一馬は原因不明の病に倒れ、手の施しようがない状態に。お雛(平尾菜々花)は天の邪鬼(本郷奏多)達に助けを求める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月11日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/8/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
手下の妖怪が次々と天の邪鬼(本郷奏多)に倒され、業を煮やした百鬼(藤本隆宏)が自らの手で一馬(岡田健史)を始末すべく動き出す。一方、一馬とおよう(山田杏奈)の互いを思う気持ちを知った源之進(甲本雅裕)は、行儀見習いの後、一馬の嫁にならないかとおように伝える。だが、おようの返答は意外なものだった。そんな中、一馬と子ども達がいる寺子屋に百鬼の魔の手が伸びる。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック