FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

🎦映画・ドラマ・アニメの原作をチェック!メディア化『ピックアップ新聞』|2020年7月31日発行号

kage

2020/07/31 (Fri)

 映画ドラマアニメの原作をチェック!メディア化ピックアップ新聞|2020年7月31日発行号
ピックアップ新聞1
 7月に映画ドラマアニメ化された作品の中からピックアップ!

2020年7月に公開、またはスタートした、

映画ドラマアニメ化されたメディアミックス作品の中から1~4作品をピックアップ!!

話題作と合わせて原作本・コミックを今一度お楽しんでください!

映画
7月17日公開
┣今日から俺は!!劇場版
7月23日公開
┣コンフィデンスマンJP プリンセス編 
7月31日公開
┣カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇

ドラマ
7月19日スタート TBS系 毎週日曜 21:00~21:54 
┣日曜劇場「半沢直樹」




Arikaシネマ2014b5
ジャンル:邦画
 今日から俺は!!劇場版 【7月17日公開】

千葉・軟葉高校のツッパリ、三橋と伊藤が三年になったある日。

かつて悪の巣窟と呼ばれた不良校、
開久高校に、隣町の北根壊高校が間借りすることになった。

北根壊のアタマ・柳と、その相棒の大嶽は、
アタマがいなくなった開久の事情をすぐに見抜き、さっそく極悪ぶりをあらわしていく・・・。


 

「この転校をキッカケに俺は…」今までさえなかった三橋は目立ちたい一心で金髪パーマでツッパリデビュー!そんな三橋の前にもう一人の転校生、トンガリ頭にマスクでキメた伊藤が現れて……。金髪とトンガリ頭の最強ツッパリコンビが繰り広げる青春不良コメディ!待望の第1巻配信。



掲載写真500枚超!!激闘、爆笑、ラブラブ、名シーン完全制覇!!!大ボリューム!主要22キャストインタビュー!!劇場版・TVドラマ版(全10話)・スペシャルドラマ、全ストーリー徹底解剖!福田雄一監督が語る『今日俺!!』の秘密!?超貴重オフショット大公開!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1少年が転校を機にツッパリデビューする  
当時はコミックスも集めてたな。 衝撃的な面白さだったもん。 主人公のくせに卑怯なんてね。 まあ、今離れてしまったので衝撃的ってほどではないが面白い。 かなり久々に読んだ。 昔懐かし『嗚呼!!花の応援団 』どおくまんを彷彿とさせつつもエロ抜きの少年漫画式アレンジとなっている。三橋の性格のあやふやさはテレビドラマ(または劇場版)以上。伊藤のとんがり具合は(頭がね)テレビが上といったところ。京子ちゃんの二重人格性は原作にはない。それとも1巻ではまだなりを潜めているのか。前読んだ時より面白く感じた。昔の本の方が好きかもしれない。妙にややこしくない方が自分向き。三橋の世渡り上手も伊藤のバカ真面目なところも結局どっちが得ってこともなさそう。結果自分らしくしかみんな生きれないなぁ〜って。たかがマンガに何を言ってるんだか。1巻と較べると、似たような内容ながらも、時間と共に漫画の腕前が上達してるんだな、ってのがよくわかる。機会があったらまた全38巻読んでみてほしい。




■映画ストーリー
1980年代、軟葉高校への転校を機に金髪にイメチェンした三橋貴志(賀来賢人)は、同じ日に転校してきたトンガリ頭の伊藤真司(伊藤健太郎)と出会う。周囲の不良たちに目を付けられるが、ひょんなことから意気投合した二人は手を組み、次々に立ちはだかる強敵をたたきのめす。あるとき、かつて大ゲンカした開久高校の一角に極悪な北根壊高校が間借りする。

★映画チェック★
金髪とトンガリ頭のツッパリコンビが巻き起こす騒動を描いた西森博之の漫画を、福田雄一監督が実写化したドラマの劇場版。原作の「北根壊編」を基に、さまざまな高校のツッパリたちの大乱闘を描く。「どんな手を使っても勝てばいい」が信条の三橋貴志役の賀来賢人、相棒・伊藤真司役の伊藤健太郎をはじめ、清野菜名、橋本環奈らドラマ版のキャスト18名が続投するほか、柳楽優弥、山本舞香、泉澤祐希、栄信が新たに出演する。

■スタッフ
原作:西森博之
脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
製作:沢桂一/山田克也
エグゼクティブプロデューサー:伊藤響/福士睦/池田健司
企画・プロデュース:高明希
プロデューサー:飯沼伸之/鈴木大造
協力プロデューサー:古林茉莉/戸谷志帆梨
撮影監督:工藤哲也
アクション監督:田渕景也
撮影:各務真司
照明:藤田貴路
録音:柿澤潔
スクリプター:廣瀬順子
美術:内田哲也
衣裳:高橋英治
ヘアメイク:関早矢香
ポスプロプロデューサー:鈴木仁行
編集:臼杵恵理
選曲:小西善行
スーパーバイジングサウンドエディター:伊東晃
サウンドエフェクツエディター:荒川望
助監督:井手上拓哉
制作担当:白井麻理

☑映画詳細データ
製作国:日本
製作幹事・製作:日本テレビ放送網
制作プロダクション・製作:日テレ アックスオン
制作協力・製作:CREDEUS
製作:小学館/バップ/読売テレビ放送/アミューズ/STV/MMT/SDT/CTV/HTV/FBS/日本テレビ系全国21社
製作・配給:東宝
技術:カラー
(全国東宝系)

■キャスト(役名)
賀来賢人(三橋貴志)
伊藤健太郎(伊藤真司)
清野菜名(赤坂理子)
橋本環奈(早川京子)
仲野太賀(今井勝俊)
矢本悠馬(谷川安夫)
若月佑美(川崎明美)
柳楽優弥(柳鋭次)
山本舞香(森川涼子)
泉澤祐希(森川悟)
栄信(大嶽重弘)
柾木玲弥(佐川直也)
じろう(坂本先生)
長谷川忍(反町先生)
猪塚健太(水谷先生)
愛原実花(山口先生)
鈴木伸之(片桐智司)
磯村勇斗(相良猛)
ムロツヨシ(椋木先生)
瀬奈じゅん(三橋愛美)
佐藤二朗(赤坂哲夫)
吉田鋼太郎(三橋一郎)





ジャンル:邦画
 コンフィデンスマンJP プリンセス編 【7月23日公開】

ダー子、ボクちゃん、リチャード、
そして五十嵐の正体は、華麗に人を騙すコンフィデンスマン(信用詐欺師)。

世界有数の大富豪・フウ家の10兆円の遺産を、
誰も知らなかった謎の隠し子「ミシェル」が相続するらしい。

噂を聞きつけたコンフィデンスマンの3人も華麗にコンゲームを仕掛けるが……。




ダー子、ボクちゃん、リチャード、そして五十嵐の正体は、華麗に人を騙すコンフィデンスマン(信用詐欺師)。世界有数の大富豪・フウ家の10兆円の遺産を、誰も知らなかった謎の隠し子「ミシェル」が相続するらしい。噂を聞きつけたコンフィデンスマンの3人も華麗にコンゲームを仕掛けるが…。大注目の脚本家・古沢良太による脚本を、人気作家・山本幸久が豪華小説化!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1『コンフィデンスマンJP』シリーズ最新映画のノベライズ  
好きだったドラマの最新映画のノベライズ。赤星がコックリにアドバイスした言葉 「構えたときから、ずっと脇をしめていたら駄目だ、打つ瞬間にだけ脇を締めればいい、そうすればより強い打球が打てる。」 この言葉すごくいいなあって思った。 そしてまた、赤星の話しだけど、ラストのコックリからの手紙で泣いていたのがジーンときた。(泣) なんか美味しいとこ持っていったな赤星!みたいな(笑)。配役もわかっているので映像を想像しながら読むのは楽しかった。 今回もまたまた大きなオサカナ釣り。つまり詐欺なんだけど相続人ミシェルに成りすますコックリの成長物語とも読め、微笑ましい。 コンフィデンスマンJPは単純にお宝奪ってサヨウナラ~といかないところがルパン三世の世界観に通ずるものがあって好き。 人情ものなんだよなぁw。演じる俳優の名前をそのまま出してキャラクターの外見を説明するのはちょっとずるくて面白かった。 信用詐欺師、コンフィデンスマンの3人に、大富豪の隠し子に仕立て上げられたコックリという少女の目線でお話が進みます。なにが本当でなにが嘘かわからないコンゲームの中で、最後は少し暖かい気持ちになる。ちょっとぶっ飛んだ物語。







世界有数の大富豪が遺した10兆円!!

そして隠し子発覚!遺産騒動勃発!!

プリンセスの座を目指し、世界中から詐欺師が大集合!!



■映画ストーリー
世界屈指の大富豪として知られるレイモンド・フウ(北大路欣也)が逝去し、彼の子供たちのブリジット(ビビアン・スー)、クリストファー(古川雄大)、アンドリュー(白濱亜嵐)が遺産をめぐってにらみ合うが、相続人として発表されたのは所在のわからない隠し子のミシェル・フウだった。すると、10兆円とされるばく大な遺産を狙うため、世界各国から詐欺師たちが集まりミシェルを装う事態になり、信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)もフウ家に潜り込む。

★映画チェック★
2018年に放映されたドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版シリーズ第2弾。香港でし烈なだまし合いを繰り広げた詐欺師たちが、今度は大富豪一族が抱える遺産を狙う。シリーズの演出・監督を務めてきた田中亮がメガホンを取る。ダー子、ボクちゃん、リチャードを演じる長澤まさみ、東出昌大、小日向文世のほか、竹内結子、江口洋介、広末涼子らシリーズに登場した面々に加え、ビビアン・スー、北大路欣也、デヴィ・スカルノらが新たに出演する。

■スタッフ
監督:田中亮
脚本:古沢良太
音楽:fox capture plan
主題歌:Official髭男dism
製作:石原隆/市川南
企画・プロデュース:成河広明
プロデューサー:梶本圭/古郡真也
撮影:板倉陽子
照明:緑川雅範
録音:高須賀健吾
編集:河村信二
美術:棈木陽次
美術プロデューサー:三竹寛典
美術進行:大野恭一郎
装飾:近藤美緒
衣裳:朝羽美佳
スタイリスト(長澤まさみ):押田比呂美/カドワキジュン子
ヘアメイク:坂本敦子
ヘアメイク(長澤まさみ):高村三花子
VFXプロデューサー:赤羽智史/高玉亮
VFXディレクター:山本雅之
選曲:大森力也
音響効果:壁谷貴弘
記録:赤星元子
スケジュール:杉山泰一
監督補:三橋利行
制作担当:竹井政章
宣伝プロデューサー:土肥直人
メディアプロモーション:小山田晶/伊藤圭祐
アソシエイトプロデューサー:片山怜子/草ヶ谷大輔

☑映画詳細データ
製作国:日本
制作プロダクション:FILM
配給・製作:東宝
製作:フジテレビ/FNS27社
技術:カラー

■キャスト(役名)
長澤まさみ(ダー子)
東出昌大(ボクちゃん)
小手伸也(五十嵐)
小日向文世(リチャード)
織田梨沙(モナコ)
関水渚(コックリ)
瀧川英次(ちょび髭)
前田敦子(鈴木さん)
ビビアン・スー(ブリジット・フウ)
白濱亜嵐(アンドリュウ・フウ)
古川雄大(クリストファー・フウ)
滝藤賢一(ホテルの支配人)
濱田岳(ユージーン)
濱田マリ(ヤマンバ)
デヴィ・スカルノ(元某国大統領夫人)
石黒賢(城ケ崎善三)
生瀬勝久(ホー・ナムシェン)
柴田恭兵(トニー・ティン)
北大路欣也(レイモンド・フウ)
竹内結子(スタア)
三浦春馬(ジェシー)
広末涼子(韮山波子)
江口洋介(赤星栄介)



▲『コンフィデンスマンJP プリンセス編』×Official髭男dism「Laughter」特別映像

ドラマ主題歌「ノーダウト」、ロマンス編主題歌「Pretender」に続き3度目のタッグとなるプリンセス編主題歌「Laughter」。

プリンセス編公開を記念し、主題歌「Laughter」を載せた特別映像を公開!




ジャンル:洋画
  カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇 【7月31日公開】

怪奇小説作家H・P・ラヴクラフトが創始し、
人類史以前より地球へと飛来した邪神たちが齎す根源的な恐怖を描いた架空の神話大系〈クトゥルー神話〉。

科学の英知と古き智慧の邂逅が、宇宙の秘密を開示するーー!




怪奇小説作家H・P・ラヴクラフトが創始し、
人類史以前より地球へと飛来した邪神たちが齎す根源的な恐怖を描いた架空の神話大系〈クトゥルー神話〉。

その新訳コレクション第4集となる本書では、怪奇に遭遇し、時に怪奇に身を侵す碩学たちの根城・ミスカトニック大学編が開幕! ラヴクラフト自身が最高傑作を自負した表題作「宇宙の彼方の色」、永遠の生命を探求する医学者の狂気に肉薄する「ハーバート・ウェストーー死体蘇生者」、呪われた魔女の隠れ家が禁忌の儀礼を悪夢に喚び起こす「魔女の家で見た夢」など、ラヴクラフト自身が手がけた“原神話”を始め、妖しき因習の蔓延る古さびたニューイングランドの地ーーとりわけアーカムを舞台とする11篇を収録。

〔収録作品〕
・彼方より(フロム・ビヨンド) From Beyond        
・家の中の絵 The Picture in the House        
・ハーバート・ウェストーー死体蘇生者(リアニメーター) Herbert West-Reanimator        
・冷気 Cool Air        
・宇宙(そら)の彼方の色 The Colour Out of Space 
・古の轍 The Ancient Track        
・ユゴスよりの真菌(きのこ) Fungi from Yuggoth        
・暗闇で囁くもの The Whisperer in Darkness        
・魔女の家で見た夢 The Dreams in the Witch House        
・戸口に現れたもの The Thing on the Doorstep
・断章 Fragments

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 科学の英知と古き智慧の邂逅が、宇宙の秘密を開示するーー! 
怪奇小説作家H.P.ラヴクラフトが創始し、人類史以前より地球へと飛来した邪神たちが齎す根源的な恐怖を描いた架空の神話大系“クトゥルー神話”。その新訳コレクション第5集となる本書では、怪奇に遭遇し、時に怪奇に身を侵す碩学たちの根城・ミスカトニック大学編が開幕!ラヴクラフト自身が最高傑作を自負した表題作「宇宙の彼方の色」、永遠の生命を探求する医学者の狂気に肉薄する「ハーバート・ウェスト―死体蘇生者」、呪われた魔女の隠れ家が禁忌の儀礼を悪夢に喚び起こす「魔女の家で見た夢」など、ラヴクラフト自身が手がけた“原神話”を始め、妖しき因習の蔓延る古さびたニューイングランドの地―とりわけアーカムを舞台とする11篇を収録。科学の英知と古き智慧の邂逅が、宇宙の秘密を開示する―!奇妙な隕石によってある家族(ニコラスら)が少しずつ正気を失い、静かな田舎暮らしが極彩色の悪夢へと変わるさまが描かれる。





■映画ストーリー
都会を離れて田舎に移住し、かねてから願っていた子供との穏やかな生活に満足するガードナー家のネイサン(ニコラス・ケイジ)と妻テレサ(ジョエリー・リチャードソン)の自宅の前庭に、いん石が落ちてくる。それをきっかけにして家の周囲の植物に異変が生じ、ネイサンたちの心と体もおかしくなっていく。戸惑う中、彼らは地球外変異体との戦いを余儀なくされる。

★映画チェック★
H・P・ラヴクラフトの小説を原作にしたSF。田舎に移り住んだ一家が、家の庭にいん石が落下してきたのを機に次々と不可解な現象に遭遇していく。メガホンを取るのは『ハードウェア』などのリチャード・スタンリー。『ラスト・パニッシャー』などのニコラス・ケイジ、『インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』などのジョエリー・リチャードソンのほか、『好きだった君へのラブレター』などのマデリン・アーサーらが出演する。

■スタッフ
監督:リチャード・スタンリー
原作:H・P・ラヴクラフト

☑映画詳細データ
英題:COLOR OUT OF SPACE
製作国:ポルトガル/アメリカ/マレーシア
配給:ファインフィルムズ
製作:SpectreVision
技術:カラー
(シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか)

■キャスト(役名)
ニコラス・ケイジ
ジョエリー・リチャードソン
マデリン・アーサー




Arikaシネマ2014b4
 「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」/池井戸潤(著)

大志を抱いてバンカーとなり、
今では大阪西支店融資課長を務める半沢直樹。

ある時支店長命令により五億円もの融資を行った会社があえなく倒産した。

融資ミスの責任をすべて半沢に押し付け、
醜い保身に走る浅野支店長。沸き上がる怒りを抑えながら、
半沢は巨額の債権を回収するすべを探る。

やられたら、倍返し――

ここから痛快リベンジ劇が始まる!





■ドラマタイトル:日曜劇場「半沢直樹」

■放送日:7月19日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54 


■原作/原案…原作:池井戸潤「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社)ほか

■スタッフ
脚本:丑尾健太郎、福澤克雄
演出:田中健太、松木彩
プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎、青山貴洋

E13-b043.gif
外部サイト:半沢直樹

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
半沢直樹 役:堺雅人
東京セントラル証券の営業企画部長。東京中央銀行の大阪西支店融資課長から本部営業第二部次長に転じ、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするが、頭取の中野渡から現職への出向を命じられる。

半沢花 役:上戸彩
半沢の妻。不正を働く個人の謀略や、理不尽な組織の理屈と真っ向からぷつかり合う半沢を献身的に支える。弁の立つ半沢が唯一かなわない相手。半沢に対して口うるさく言うこともあるが、その明るさは救いにもなっている。

渡真利忍 役:及川光博
東京中央銀行融資部に勤務する半沢の同期。半沢を的確にサポートする“情報通”。

黒崎駿一 役:片岡愛之助
独特の口調で常に半沢の前に立ちはだかるやっかいな存在。

中野渡謙 役:北大路欣也
東京中央銀行の頭取。半沢に東京セントラル証券への出向を命じた。

大和田暁 役:香川照之
かつて東京中央銀行で常務を務めていたが、半沢に自らの不正を暴かれる。

内部リンクD01-g031.gif
2020年夏、日曜劇場『半沢直樹』

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
堺雅人扮する半沢直樹が7年ぶりに復活! 東京セントラル証券を舞台に再び“倍返し”  
----------------------------------------------------------------------------------------
2013年7月期に放送され、堺雅人演じる主人公・半沢直樹の「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象にもなった大ヒット作の続編。前作では最終回の視聴率が42.2%を記録。東京中央銀行のバンカーだった半沢が、銀行内の数々の不正を明らかにしたものの子会社へ出向を命じられるという衝撃の展開が話題となった。今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に降りかかる、その後の事件が描かれることに。前作同様、半沢の妻・花を上戸彩が演じるほか、及川光博、片岡愛之助、北大路欣也、香川照之らが再び共演する。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------



「ロスジェネの逆襲」(文春文庫)
ときは2004年。銀行の系列子会社東京セントラル証券の業績は鳴かず飛ばず。そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、ライバルの東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。アドバイザーの座に就けば、巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。ところが、そこに親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。責任を問われて窮地に陥った主人公の半沢直樹は、部下の森山雅弘とともに、周囲をアッといわせる秘策に出た―。直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作!



「銀翼のイカロス」(文春文庫)
半沢直樹が帰ってきた!今度の敵は政治家だ! 出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよというのだ。だが折しも政権が交替。新政権の国土交通大臣は野心にみちた女性閣僚は帝国航空再生タスクフォースを起ち上げ、半沢たちに巨額の債権放棄を要求してきた。500億円もの借金の棒引きなんてとんでもない! だが相手が大臣ではさすがの半沢も容易に突破口を見いだせない。しかもなぜか銀行上層部も半沢の敵に回る。この一件のウラには何があるのか? かつて半沢と舌戦をくりひろげた「金融庁一の嫌われ者」、オネエ言葉の黒崎駿一の思惑もカラみ、銀行に隠された大きな闇も見え隠れする。果たして半沢の運命やいかに? 痛快度100%、無敵のエンタメ小説「半沢シリーズ」第4作、待望の文庫化です!

📚原作の感想
2020年放送!TBSドラマ日曜劇場『半沢直樹』堺雅人主演の原作小説
Arikaアイコン(小)1ドラマが始まったので再読。2013年7月期から放送たTBSドラマ日曜劇場『半沢直樹』の続編となるストーリー。半沢直樹は、若い部下に戦えと言う。正しいことを正しいと言える、誠実に働いた者がきちんと評価される組織になるために。わかる…が戦い続けるのに俺は疲れてしまいました半沢部長!初読ので時は電脳雑技集団とか胡散臭い名前の会社が出てきたのであまり気乗りしないまま読んだので印象が薄かったが、読み返すと企業買収をめぐるスリリングなやり取りが面白かった。2020年ロスジェネと言う概念はあまり聞かなくなったけど、就職氷河期で仕事がなくて活躍できない世代もいることは事実 半沢の、正しいことをするために戦い、誰かが戦っている以上世の中は捨てたもんじゃな い、って言葉が印象的!! TVドラマとは登場人物名も同じ、ストーリーも大筋は同じだけど、若干異なっている感じですね。ただ、倍返しのストーリーはTV受けを狙ったものではあるが、本でもなるほどと。小説でも手に汗握りますね。確かに銀行員にはこういう人が多いんだろうが、会社っていうのはどこも多かれ少なかれ同じなのかなぁと。正義感のある人がいる所も。自分の利益だけを求めていくと いつか間違いを犯して後戻りできなくなる。 相手の立場、状況を考え 自分の仕事に誇りを持つこと シンプルにこれが1番大事だと思いました。

内部リンク
カテゴリー:【特集】池井戸潤作品 の記事リスト
【特集】池井戸潤作品★華麗なる「半沢直樹」ヒストリーシリーズ
【特集】池井戸潤作品★大物ボスは背中で語る1/3『半沢直樹』シリーズ
【特集】池井戸潤作品★現代社会でひもとく池井戸作品≪2001~2005≫
【特集】池井戸潤作品★現代社会でひもとく池井戸作品≪2006~2010≫
【特集】池井戸潤作品★現代社会でひもとく池井戸作品≪2011~2015≫


 半沢直樹
TBS系「日曜劇場」で放送された、池井戸潤の小説「半沢直樹シリーズ」を原作としたテレビドラマである。主演は堺雅人。2013年7月7日から9月22日まで『オレたちバブル入行組』をベースとする第一部・大阪西支店編と『オレたち花のバブル組』をベースとする第二部・東京本店編の前後編二部構成・全10話が放送された。2020年7月19日からは、同じく「日曜劇場」で『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』をベースとした続編が放送されている。

2020年版の本編放送に先駆けて、同年1月3日には吉沢亮主演のスペシャルスピンオフドラマ『半沢直樹II・エピソードゼロ〜狙われた半沢直樹のパスワード〜』(はんざわなおきツー・エピソードゼロ ねらわれたはんざわなおきのパスワード)が放送された。キャッチコピーは「やられたらやり返す、倍返しだ!!」(2013年版には「クソ上司め、覚えていやがれ!」というものもあった)。

 ■小説「半沢直樹」シリーズ

2013年版ドラマ原作
  
▲オレたちバブル入行組(2004年12月 文藝春秋 / 2007年12月 文春文庫)
▲オレたち花のバブル組(2008年6月 文藝春秋 / 2010年12月 文春文庫)

2020年版ドラマ原作
ロスジェネの逆襲(2012年6月 ダイヤモンド社 / 2015年9月 文春文庫)
銀翼のイカロス(2014年8月 ダイヤモンド社 / 2017年9月 文春文庫)


▲アルルカンと道化師(2020年9月 講談社)

池井戸潤(小説家)
┣1963年岐阜県生まれ。
┣慶應義塾大学卒業。

主な受賞歴
┣1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞
┣2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞
┣2011年『下町ロケット』で第145回直木賞受賞

デビュー作
┣『果つる底なき』(1998年)
池井戸潤の事務所です (@officeikeido) - Twitter

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
📺日曜劇場『半沢直樹』(2013年版)| TBSテレビ
📺半沢直樹II エピソードゼロ 狙われた半沢直樹のパスワード | TBSテレビ
📺日曜劇場『半沢直樹』(2020年版)| TBSテレビ
📳半沢直樹 (@Hanzawa_Naoki) - Twitter
💻半沢直樹 - Facebook
半沢直樹 (hanzawa_naoki_tbs) - Instagram
🎦【番宣】TBSラジオ オリジナルドラマ 半沢直樹 敗れし者の物語 by AudioMovi(R) - YouTubeプレイリスト
🎦日曜劇場『半沢直樹』 4/19スタート!! - YouTubeプレイリスト






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック