FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

2020年夏、プレミアムドラマ「すぐ死ぬんだから」

kage

2020/09/20 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★8月23日スタート 

NHK BSプレミアム毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「すぐ死ぬんだから」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:内館牧子「すぐ死ぬんだから」
脚本:長田育恵
演出:松岡錠司
制作統括:遠藤日登思、小松昌代、高橋練

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ すぐ死ぬんだから

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
忍ハナ :三田佳子
78歳。10年前に実年齢より上に見られて目が覚める。老いを遠ざけ、今を楽しんで生きていたが…。

黒井苺 :松下由樹
忍家の長女。「ブラックベリーの人生迷子」という人生相談ブログが話題に。

忍雪男 :村杉蝉之介
忍家の長男。「忍酒店」を切り盛りする。妻の由美には弱い。

忍由美 :安藤玉恵
雪男の妻。一度新人奨励賞を取ってから、すっかり画家気取りに。

黒井和夫 :田中哲司
苺の夫。

ロク :小松政夫
ハナの高校時代の同期生。10年前とは別人のようなハナに夢中。

忍岩造 :小野武彦
ハナと50年以上連れ添う夫。79歳。親から受け継いだ「忍酒屋」を息子に譲り、折り紙だけが趣味。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
内館牧子と三田佳子が初タッグ! 人生100年時代の「品格ある老後」とは? 
内館牧子による人生100年時代の新たな終活小説を、内館とは初タッグとなる三田佳子主演で連続ドラマ化。「そこらの年寄りと私は違う」と、おしゃれに気を使い老いにあらがって生きる78歳の主人公が、終盤に訪れた人生の荒波に溺れ、乗り越えて、「品格ある老後」を手に入れるまでを描く。共演には小野武彦、溝端淳平、松下由樹、村杉蝉之介、安藤玉恵、田中哲司、小松政夫、余貴美子とベテランが顔をそろえ、演出は「深夜食堂」シリーズや「歓喜の歌」などの松岡錠司が務める。



2020夏号:2020年7月末〜2020年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
まるで手を抜くための免罪符のように、後期高齢者がしばしば口にする「すぐ死ぬんだから」。そんな世の中で、年齢にあらがう忍ハナ(三田佳子)は、見た目にこだわる78歳だ。10年前に、ブティックの店員から「70ちょっとにしか見えない」と言われたことで目が覚め、実年齢より若く見せるために努力を重ね、気合を入れて老いを遠ざけて生きている。
そんなハナが、夫や子ども、孫に囲まれてまずまずの幸せな老後と思っていた矢先、思わぬ人生の変転にぶつかる。78歳から訪れた波瀾万丈を、ハナはどう受け止め、何を選ぶのか。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月22日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/8/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
78歳のハナ(三田佳子)は夫・岩造(小野武彦)と営んでいた酒店を息子・雪男(村杉蝉之介)に譲り、近隣マンションで隠居生活中。「年を取ったら実年齢に見られない努力をすべき」という信条の下、努力を重ね、10年ぶりの同窓会でも1人さっそうとしていた。ところがある日、岩造が倒れてしまい…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年8月27日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/8/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
岩造(小野武彦)を亡くしたハナ(三田佳子)はぼうぜん自失で外見を構う気力もない。だが、折り紙だけが趣味だった岩造のため、個展を開こうと奮起。遺品の折り紙を整理すると、遠方の外科の診察券と写真が見つかる。日付入りの写真には若い男性が写っており、岩造の通夜に来た人物だという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月6日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/9/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
岩造(小野武彦)の遺書には知らない女性・薫と岩造の間の息子・岩太郎のことが書かれていた。2人への相続品は岩造が毎日眺めていた掛け軸だけ。息子は現在35歳で、通夜にも来たらしい。夫のもう一つの家庭を知ったハナ(三田佳子)はショックを受け、掛け軸を送り付けて忘れようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月13日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/9/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
岩造(小野武彦)の隠し子・岩太郎(溝端淳平)が現れた。1級建築士で好青年の岩太郎に、ハナ(三田佳子)ら一家は複雑な思いを抱く。また17年前、ハナが入院した時にも、岩造が岩太郎の入学式に行っていたと判明。思いも寄らない衝動に駆られたハナは、岩造の愛人で医師の薫(余貴美子)に会いに行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月20日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/9/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
薫(余貴美子)と対面し、岩造(小野武彦)との関係の一部始終を知らされて衝撃を受けたハナ(三田佳子)は、岩造の本当の気持ちに思いを巡らせる。さらに、ロク(小松政夫)の件もあり、老いを遠ざけて生きてきたものの、自分の年齢を思い知ることに。そんな中、ハナは街で薫と岩太郎(溝端淳平)の親子にばったり会ってしまう。ハナは2人に、岩造との「死後離婚」を宣言。話を聞いた岩太郎に、意外な感情が芽生え始める。そしてある日、ハナに岩太郎から思わぬ申し出が。79歳を目前に控えたハナのこれからが大きく動き始める。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック