FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

(2020年メディアミックス作品)8月15日に映画公開される原作&コミック

kage

2020/08/15 (Sat)

メディアミックス2020

2020年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(8月15日全国公開)

8月15日(土)公開
┣劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」III.spring song


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:アニメ/ダークファンタジー
 劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」III.spring song 
 8月15日公開


   

   

■内容紹介
伝説的売り上げを記録したPCゲーム『Fate/stay night』の最後のルート[Heaven's Feel]がついにコミック化! ゲーム本編でも語られることのなかったエピソードを随所に追加し、まだ見たことのない“Fate”の幕がついに上がる。コミック版の『氷菓』でお馴染みのタスクオーナが描く、半人前の魔術師・衛宮士郎の物語を刮目せよ!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1fate桜編コミカライズ。
おしとやかな巨乳美人後輩な桜さんの闇  

衛宮邸に毎日通う桜。士郎と過ごす夢のような平和な日常を過ごすために…。一方、間桐慎二は聖杯戦争に挑むべく「桜」を贄に召喚準備を始めるのだった。ヘビーストーリーの桜ルート、どうなるか…。第四次聖杯戦争が引き起こした未曾有の大災害より唯一生き残った少年・衛宮士郎…その運命から"正義の味方"を目指し〜自らも聖杯を巡る戦いの渦中に身を投じる活劇譚。の第3(桜)ルート。静謐を湛えつつ、徐々に躙り寄る不穏の片鱗。staynightの臓硯初お目見えとも相俟ってその不気味さは一層拍車が掛かる(予定)。歪さ孕む夢に囚われる士郎、数奇な道を辿る桜の二人が抱える闇の深さはある種同じで…先行きが不安すぎる…。ある程度共通ルートは削られており、全く話を知らず漫画だけで掴みたい人向けではないが、アニメ見てた限りでは士郎への思慕と姉への嫉妬で桜が黒く染めていく模様。桜を気にかけるライダーの場面がまた印象的であり、ギルガメッシュが桜に言った言葉も意味深。すべてのルートを覆すとだけあり、続きを読むのが楽しみです。作品を読み、改めて〝花の唄〟のイメージとピッタリだと感じました。とにかくどれも絵が綺麗。ストーリー展開は遅いとは思うけど、丁寧に書かれているので好感が持てる。桜とライダーペアが好きなので2人が幸せになってほしいのだけどな……。






この運命に、終止符を打つため――

■映画ストーリー
衛宮士郎は、間桐桜を守り、万能の願望機「聖杯」をめぐる戦い「聖杯戦争」を終わらせるため、遠坂凛と組んで激しい戦いに挑む。一方、闘争の真実を知るイリヤスフィール・フォン・アインツベルンは運命と向き合い、間桐家の当主・間桐臓硯は桜を利用して自らの悲願を達成しようともくろんでいた。

★映画チェック★
ビジュアルノベルゲーム「Fate / stay night」の最終ルート「Heaven’s Feel(通称、桜ルート)を3部作で劇場アニメ化した最終章。「聖杯」をめぐる戦争の真実、衛宮士郎と間桐桜の運命が描かれる。 アニメーション制作のufotable、監督・キャラクターデザインの須藤友徳、音楽の梶浦由記、ボイスキャストの杉山紀彰や下屋則子らが前作より続投している。

■スタッフ
原作:奈須きのこ、TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督・キャラクターデザイン:須藤友徳
キャラクターデザイン:碇谷敦、田畑壽之
脚本:桧山彬
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野学
音楽:梶浦由記
制作プロデューサー:近藤光

🎦映画詳細データ
製作国:日本
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス
技術カラー
リンク:公式サイト

■声の出演
杉山紀彰(衛宮士郎)
下屋則子(間桐桜)
川澄綾子(セイバーオルタ)
植田佳奈(遠坂凛)
門脇舞以(イリヤスフィール・フォン・アインツベルン)
伊藤美紀(藤村大河)
中田譲治(言峰綺礼)
津嘉山正種(間桐臓硯)
浅川悠(ライダー)
稲田徹(真アサシン)




Arikaシネマ2014b5

DVD.png

 映画:Fate/stay night [Heaven's Feel]

Fate/stay night

第一の物語「Fate」

第二の物語「Unlimited Blade Works」

第三の物語「Heaven’s Feel」

現代に召喚された英霊達〈サーヴァント〉

英霊を使役する魔術師達〈マスター〉

これは、手にした者の願いを叶えるという万能の願望機──「聖杯」をめぐる物語。


第1章:2017年10月14日公開/上映時間:120分/G
 映画:Fate/stay night [Heaven's Feel]I.presage flower

TYPE-MOON × ufotable

大火災から10年──

正義の味方を志す少年、衛宮士郎(CV:杉山紀彰)

士郎を慕う少女、間桐 桜(CV:下屋則子)

奇跡をめぐる聖杯戦争

全三章で贈る[Heaven's Feel]の開幕――[I.presage flower]がいよいよ萌芽する。




▲劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」(完全生産限定版) [Blu-ray]

★主題歌
Aimer 『花の唄』

ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の3つ目のルート「Heaven's Feel」を劇場アニメ化した三部作の第1章。

冬木市で再び「聖杯戦争」が始まり、前回の戦いに参加した衛宮切嗣の養子・衛宮士郎は遺志を継いで戦うことを決意する。





第2章:2019年1月12日公開/上映時間:117分/PG12
 映画:Fate/stay night [Heaven's Feel]II.lost butterfly

運命の岐路で、第二章──「lost butterfly」が羽化を始める。






▲劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] II.lost butterfly」(完全生産限定版) [Blu-ray]

★主題歌
Aimer 『I beg you』



ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」の最終ルート「Heaven's Feel」を劇場アニメ化した3部作の第二章。

10年ぶりに始まった戦争は、間桐家当主・間桐臓硯の参戦により歪み始める。

桜を守るため、士郎は傷付きながらも戦い続ける。


Arika報告書v1アイコンヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の最終ルート[Heaven's Feel](通称・桜ルート)を全三部作で劇場版アニメ化。アニメーション制作は2014年にTVアニメ版[Unlimited Blade Works]を手掛けたufotable。キャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が監督を務める。2017年に公開された第一章「presage flower」は興行収入15億円を記録、98万人を動員するなど大きな話題になった。そして2019年に公開された本作は興行収入16億円、動員数100万人など、前作を上回る記録を達成している。

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
Fate/stay night 公式サイト
 ┣TVアニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
📳Fate/stay night 公式アカウント (@Fate_SN_Anime) - Twitter
スタジオディーン版
TVアニメ Fate/stay night
🎬劇場版 Fate/stay night - UNLIMITED BLADE WORKS(Adobe Flash Player の有効化が必要)

内部リンク
(2019年メディアミックス作品)1月12日に映画公開される原作&コミック
劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly
┣ゴールデンスランバー


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック