FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

(2020年メディアミックス作品)8月21日に映画公開される原作&コミック

kage

2020/08/21 (Fri)

メディアミックス2020

2020年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(8月21日全国公開)

8月21日(金)公開
┣糸
┣2分の1の魔法
┣海の上のピアニスト


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:邦画/恋愛
 糸 
 8月21日公開


 

北海道で生まれ育った高橋漣は、花火大会で出会った園田葵に一目惚れ。彼女が義父から虐待されていることを知るが、まだ中学生の漣には何もできなかった。それから八年。漣は地元のチーズ工房で働き、葵は東京にいた。遠い空の下、互いを思いながらも、すれ違いと別れを繰り返す二人。それぞれの人生を歩んできた男女が、再び巡り逢うまでの物語。




林民夫 (映画脚本)、海乃エル (漫画)、平野隆 (原案)
平成元年生まれの中学生・高橋 漣は、友人と出かけた花火大会で園田 葵と出会う。自転車で転んだ漣に、絆創膏を差し出してくれた葵。二人は放課後のわずかな時間を過ごすうちに、強く惹かれ合っていくが、葵は突然姿を消した。いつもどこか傷を負っていた葵の異変に気づけなかったことを後悔する漣は、葵の友人・弓からのわずかな情報をもとに、葵を探しにゆく──。中島みゆきの名曲「糸」をモチーフに紡がれる、北海道・美瑛で始まる“出逢い”の物語。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1中島みゆきさんの曲「糸」。
中学生の頃に出会った二人が再び巡りあうまでの物語。 

映画のノベライズ。中島みゆきさんの名曲「糸」に着想を得た映画の脚本の書き下ろし小説。書き出し部分で、結末が予想できますね。平成を時代背景として、映画らしい悲しみや問題や希望を織り交ぜた内容になっているとは思います。漣と葵の幼い恋が最後はどうなるのだろうと、どきどきしながら読み通した。二人の恋の糸はもつれたり、からまったり、切れそうになったりしながら、長い時を経て再び結ばれた。自分の実らなかった恋を思い出し、胸がキュンとなった。特に不要と思ったのがヒロイン・葵を虐待していた母親もまたその両親から虐待されていたという話。幾ら作中の葵が周囲の人の愛に包まれていても、虐待ループの輪の中にいたと思うと、本当にこの連鎖は断ち切れたのかと思ってしまった。

映画→小説→映画の順で観たのだが、脚本が先と思って読むとどうしてこうなった?感が否めない。映画が二人の人生を主軸に描いているのに対し、小説では様々な人物の目線で語られる。その周りの人たちが主人公二人だけにフォーカスを当ててくれれば上手に掘り下げてくれるのに、所々自分語りになるので、語り手の周辺人物(映画には登場しない)がやたら出てくる。掘り下げて欲しいところはそこじゃないのだが。2回観に行くほど映画は今年の暫定一位だが、脚本を書く才能と小説を書く才能は別なのか?映画を観た後に。多くの登場人物が魅力的でそれぞれの物語をもっと見たいと思ったのが、本を読んで満足しました。映画の後でも泣けました。「人は出会うべき時に、出会うべき人に出会うんだと思います。」 心に響いた。一人じゃないんだな。






■映画ストーリー
北海道で暮らす13歳の高橋漣(菅田将暉)と園田葵(小松菜奈)は、互いに初めての恋に落ちるが、ある日突然葵の行方がわからなくなる。彼女が養父の虐待から逃れるために町を出たことを知った漣は、夢中で葵を捜し出し駆け落ちしようとする。だがすぐに警察に保護され、葵は母親と一緒に北海道から出て行ってしまう。それから8年、漣は地元のチーズ工房に勤務していた。

★映画チェック★
中島みゆきの楽曲「糸」を基に描くラブストーリー。『アルキメデスの大戦』などの菅田将暉と『さよならくちびる』などの小松菜奈が主演し、日本やシンガポールを舞台に、平成元年生まれの男女の18年を映し出す。『ヘヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久が監督を務める。『スマホを落としただけなのに』などの平野隆が原案と企画プロデュース、『永遠の0』などの林民夫が脚本を担当した。

■スタッフ
Inspired by:中島みゆき
原案・企画プロデュース:平野隆
脚本:林民夫
監督:瀬々敬久

🎦映画詳細データ
製作国:日本
製作:映画『糸』製作委員会
制作プロダクション:ファインエンターテイメント、ツインズジャパン
配給:東宝
技術カラー

■キャスト(役名)
菅田将暉(高橋漣)
小松菜奈(園田葵)
山本美月(高木玲子)
高杉真宙(冴島亮太)
馬場ふみか(後藤弓)
倍賞美津子(村田節子)
永島敏行(桐野昭三)
竹原ピストル(矢野清)
二階堂ふみ(山田利子)
松重豊(富田幸太郎)
田中美佐子(桐野春子)
山口紗弥加(園田真由美)
成田凌(竹原直樹)
斎藤工(水島大介)
榮倉奈々(桐野香)



当初は4月24日に公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、8月21日に公開が延期[3][4]。公開初日の8月21日に舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、全国111の劇場に生中継された。なお、正式公開より9日前の8月12日に特別先行上映が実施されている。

▼映画『糸』メイキングスペシャル映像(BGM:菅田将暉×石崎ひゅーい)


----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
💻糸|LINEマンガ
🎬映画『糸』公式サイト
📳映画『糸』公式アカウント (@ito_moviejp) - Twitter
映画『糸』公式アカウント (ito_moviejp) - Instagram
🎦 - YouTubeプレイリスト



ジャンル:アニメ
 2分の1の魔法
 8月21日公開




ディズニー/ピクサーの『トイ・ストーリー4』に続く、最新作『2分の1の魔法』の感動ノベライズ!

かつて魔法があふれて“いた”世界。テクノロジーが進歩するにつれ、この世界から魔法は消えてしまった―。

イアンは、自分に自信が持てない陰キャラの少年。彼の願いは、自分が生まれる前に亡くなった父に会うことだった。

16歳の誕生日に、魔法の杖を贈られたイアンは、魔法に失敗して “半分”だけの姿で父を復活させてしまう!

冒険や魔法が大好きな兄バーリーの助けを借りて、イアンは父を完全に蘇らせる魔法を探す旅に出る…が、様々な困難が彼らに降りかかる!!




映画のシーンを切り取った画面を複数ページ入れ、絵本を卒業した小学校中学年から高学年向けのシリーズ。最新作は、ピクサー/ディズニーの「2分の1の魔法」。文字が大きく、ふりがなつきなので初めての読書に最適です。

**
●主な内容
物語の舞台はかつて魔法があふれて“いた”世界。そんな世界に暮らす魔法を使えない内気な少年イアン。イアンは自分が生まれる前に亡くなった父に一目会うために、同じく魔法は使えない、好奇心旺盛な兄のバーリーと共に、魔法を取り戻す冒険に出ます。
「父さん、一度でいいから会いたかった」
「自分を信じろ」
少しの魔法と勇気があれば世界は変えられる。

あなたを涙で包み込む、感動の魔法物語。








■映画ストーリー
科学や技術の進歩と発展によって、かつては当たり前のように使われていた魔法が忘れ去られた世界。何をやってもうまくいかない少年イアンは、自分が生まれる前に亡くなった父に会いたいと願っていた。イアンは、父が母に託していた魔法の杖と彼を24時間だけよみがえらせる魔法が記した手紙を、16歳の誕生日にもらう。早速魔法を試すが失敗し、父は半身だけよみがえってしまう。魔法オタクの兄バーリーも父に会ってどうしても伝えたいことがあると、兄弟で父を完全復活させる魔法を探す旅に出る。

★映画チェック★
ディズニー&ピクサーが異世界を舞台に描くアニメーション。科学や技術の発展によって魔法が影を潜めてしまった世界に生きる兄弟の冒険が描かれる。監督は『モンスターズ・ユニバーシティ』などのダン・スキャンロン。声の出演は、『スパイダーマン』シリーズなどのトム・ホランド、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどのクリス・プラットのほか、ジュリア・ルイス=ドレイファス、オクタヴィア・スペンサーら。

■スタッフ
監督:ダン・スキャンロン
製作:コーリー・レイ
製作総指揮:ピート・ドクター
原案:ダン・スキャンロン キース・ブーニン ジェイソン・ヘッドリー
脚本:ダン・スキャンロン ジェイソン・ヘッドリー キース・ブーニン
編集:キャサリン・アップル
音楽:マイケル・ダナ ジェフ・ダナ
日本版エンドソング:スキマスイッチ

🎦映画詳細データ
英題:ONWARD
製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
技術カラー

声の出演
トム・ホランド(イアン・ライトフット)
クリス・プラット(バーリー・ライトフット)
ジュリア・ルイス=ドレイファス(ローレル・ライトフット)
オクタヴィア・スペンサー(コーリー)

日本語吹き替え
志尊淳(イアン・ライトフット)
城田優(バーリー・ライトフット)
近藤春菜(ローレル・ライトフット)
浦嶋りんこ(伝説のマンティコア)
新谷真弓(グレックリン)
丸山壮史(ガクストン)
立木文彦(フェンウィック)

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
🎬公式ウェブサイト(日本語)




ジャンル:洋画
 海の上のピアニスト 
 8月21日公開




海の上で生まれ、一度も船を降りたことのなかった天才ピアニストの伝説。彼が弾くのは、いまだかつてこの世に存在せず、ひとたび彼がピアノから離れると、もうどこにもない音楽だった…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1無限と有限、必然と偶然、混沌と秩序、そして運命……。
海の上で生まれ、一度も船を降りることのなかった天才ピアニストの伝説。 

イタリアの作家アレッサンドロ・バリッコの作品ノヴェチェントの翻訳版。 客船の楽団員ノヴェチェントは船で捨て子として育ち、一度も下船することなく成長してゆく。彼はパスポートも何も持たず、法律上は存在しない人間なのである。しかしなぜ船を降りようとしないのか?船への愛着故に離れがたいのだろうか? 海で育った人を通して私たち陸の人間を見つめる話。海の上のピアニストそれも捨て子だったという、なわけない素性に才能。その素頓狂な空想の世界がいつしか生き生きとし始めノヴェチェントという名前にも愛着が生まれて、ピアノの対決では身を乗り出す船上の観客の一人になってる。その余韻冷めやらない内に…一種のコメディタッチからシリアスなモノローグへ。海の上、88のキーに限定されているからこそノヴェチェントは屈託なくピアノを弾くことができた。その境界線が外された世界に踏み出すことへのためらい。それこそ無数の想像力が羽を広げている世界に気づいて足が竦む作家もまた同じかも。生涯海から離れない主人公の言葉と考えがとても素敵。「船から降りることはできなかった。残された道は、人生から降りることだった。」 1時間でサクッ読める、でもちゃんと濃い読書時間を体験できる。無限と有限、必然と偶然、混沌と秩序、そして運命……。


映画『海の上のピアニスト 4Kデジタル修復版&イタリア完全版』予告編


▲映画『海の上のピアニスト』モリコーネの「愛を奏でて」を使用した本編シーン


▲『海の上のピアニスト』イタリア完全版 本編映像「ジャズバンドの演奏」

■映画ストーリー
豪華客船の中で生まれて間もない赤ん坊が見つかり、世紀の変わり目となる1900年にちなみナインティーン・ハンドレッドと命名される。船の中で育ち天才的なピアニストに成長したナインティーン・ハンドレッド(ティム・ロス)は、超絶技巧の演奏でセレブから貧しい移民まで魅了していく。ある日、船内で見かけた美しい少女(メラニー・ティエリー)に恋した彼は、少女の下船後、人生で初めて船を下りることを決断する。

★映画チェック★
20世紀初頭を舞台に、豪華客船の上で生まれ育ち一度も船を下りることがなかったピアニストの生涯を描いたドラマ。卓越した演奏で人々を魅了する主人公を『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』などのティム・ロスが演じ、『キャプティビティ』などのプルイット・テイラー・ヴィンス、『あなたはまだ帰ってこない』などのメラニー・ティエリーらが共演する。『ニュー・シネマ・パラダイス』などのジュゼッペ・トルナトーレがメガホンを取り、巨匠エンニオ・モリコーネが音楽を手掛けた。

■スタッフ
監督:ジョゼッペ・トルナトーレ
脚本:ジョゼッペ・トルナトーレ
原作:アレッサンドロ・バリッコ
音楽:エンニオ・モリコーネ
ヴォーカル:ロジャー・ウォーターズ、
ギター:エドワード・ヴァン・ヘイレ

🎦映画詳細データ
英題:THE LEGEND OF 1900
製作国:アメリカ/イタリア
日本語字幕
配給:シンカ
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館
サントラ盤:ソニー・ミュージックレーベルズ
技術カラー/ドルビーデジタル
リンク:海の上のピアニスト 

■キャスト(役名)
ティム・ロス
プルート・テイラー・ヴィンス
メラニー・ティエリー
ビル・ナン
ピーター・ヴォーン
クラレンス・ウィリアムズ三世




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック