FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

2020年秋、ドラマ24 第60弾特別企画「あのコの夢を見たんです。」

kage

2020/10/23 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月2日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:12~24:52

 ドラマ24 第60弾特別企画「あのコの夢を見たんです。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「山里亮太短編妄想小説集 あのコの夢を見たんです。」(東京ニュース通信社)
脚本:政池洋祐/マンボウやしろ/三浦希紗/野村有志
監督:大九明子/瀬田なつき/枝優花/松本花奈
プロデューサー:阿部真士/倉地雄大

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ24 第60弾特別企画「あのコの夢を見たんです。」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山里亮太 :仲野太賀
お笑い芸人。南海キャンディーズとしてコンビで活動。イライラが限界に達すると、実在する女優やアイドルを主人公にした物語をノートに書いて、現実逃避する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山里亮太による実在する女優たちのイメージから生まれた禁断の妄想小説を映像化! 
テレビ東京ほかで金曜深夜に放送する「ドラマ24」の記念すべき60作目は、南海キャンディーズ・山里亮太初の短編小説を原作にしたオムニバスドラマ。実在する人気女優・アイドル・モデルたちのイメージから創作した多種多様な展開が満載で、お笑い芸人ならではのオチとどんでん返しが盛り込まれた原作をあますところなく映像化する。

小説の中から厳選したエピソードに加え、新規で書き下ろしたエピソードにも注目で、山里役で民放ドラマ初主演を務める若手実力派俳優の仲野太賀のほか、中条あやみ、芳根京子ら豪華な女優陣が本人役で毎回登場する。大九明子ら第一線で活躍する女性監督たちが各話を演出するほか、脚本監修を山里が務める。



2020秋号:2020年9月末〜2020年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月27日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
お笑い芸人・山里亮太(仲野太賀)は、ネタ作りのためにある喫茶店へ入る。そこで繰り広げられる、店員、テレビ関係者、マネジャー、イケメン会社員らの間の些細な出来事。
そのちょっとしたことが気になって、イライラが限界に達した山里は、眼鏡をクイッと上げてノートを開き、実在する女優を主人公にした物語をノートに書き始める。彼にとって、この現実逃避は、嫌なことを忘れられる“夢の時間”なのだ。旬な女優やアイドルたちをヒロインにした、山里の妄想物語の幕が開ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年9月27日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/10/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
お笑い芸人の山里(仲野太賀)はネタ作りのため喫茶店に入るが、ちょっとしたことが気になり、いらいらが限界に。山里は現実逃避のため、実在の女優を主人公にした物語をノートに書き始める。学校一モテる中条あやみ(本人)は、追い掛けられる恋より、追い掛ける恋をしたいと思っていた。そんな折、失恋を体験できるアプリケーション「振られ屋」から連絡が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月4日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/10/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
30年前に滅ぼされた魔王が復活した。当時、魔王を倒した山里(仲野太賀)ら‘光の騎士’が再集合するが、30年という時が彼らを弱体化させていた。世界に平和を取り戻す新たな勇者を求め、山里らは試行錯誤を始める。そして、平凡で内気な医療事務・芳根京子(本人)が勇者に任命されてしまう。世界を救う大役を負わされた京子は訳も分からず魔王討伐に向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月16日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/10/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
天真らんまんでいつも明るい学校の人気者・森七菜(本人)は、男友達は多いが、恋人ができないことに悩んでいた。幼なじみで内気なヤマ(仲野太賀)と話していた七菜は、モテる女性はか弱い‘悲劇のヒロイン’タイプであることに気付く。放課後、2人は自由にアイデアを出し合い、七菜が悲劇のヒロインに近づくために試行錯誤。だが、実はヤマには秘めた思いがあった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月21日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/10/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
飯豊まりえ(本人)は、拓海(佐藤寛太)への愛の告白に失敗。すると突如、謎の男(仲野太賀)が現れ、後悔を消して思い通りの人生を歩むことができる‘リセットボタン’を渡してくる。疑いながらもボタンを押してみると、全てをやり直すことができた。その日から、何か選択を失敗する度にボタンを押すまりえだったが、ふとした瞬間から「後悔する大切さ」を実感する。


D19-c012.gif
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック