FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

2020年秋、連続ドラマW『セイレーンの懺悔』

kage

2020/11/01 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月18日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW セイレーンの懺悔

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中山七里「セイレーンの懺悔」(小学館文庫)
脚本:篠崎絵里子
監督:中前勇児/村上正典
プロデューサー:青木泰憲/高江洲義貴/浦井孝行/杉本明千世

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW セイレーンの懺悔

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
朝倉多香美 :新木優子
帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」の制作に携わる入社2年目の報道記者。あるつらい過去を抱える。番組が不祥事続きで窮地に立たされるが、誇りを持って仕事に取り組む。番組の名誉挽回のために、女子高生誘拐殺人事件のスクープを狙いながら、自身の過去と向き合っていく。

里谷太一 :池内博之
「アフタヌーンJAPAN」の記者で多香美の先輩。スクープはニュースに力をつけるためにあるという考え。時には大胆な取材をしながら、本物のスクープを追い求めている。

三島奈那子 :高梨臨
帝都テレビのライバル局であるジャパンテレビの報道記者。誘拐殺人事件を追う中で、“本物のネタ”をつかむために、あらゆる人物に接触していく。

東良伸弘 :甲本雅裕
誘拐殺人事件の被害者である綾香の父親。連日のマスコミ取材に疲弊している。

東良律子 :濱田マリ
綾香の母親。職場にも押しかけてくるマスコミ取材に疲れ果て、困惑する。

兵頭邦彦 :池田成志
「アフタヌーンJAPAN」の編集長。視聴率絶対主義。「テレビは画(え)」と考え、日々数字を持つスクープを求めている。

宮藤賢次 :高嶋政伸
警視庁捜査一課第五強行捜査犯・殺人捜査七係の主任で警部補。捜査一課のエースで、女子高生誘拐殺人事件を担当する。マスコミ嫌いとして有名で、今回の事件でも多香美らマスコミが扇情的な報道を続けることを非難する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
新木優子が記者役で主演。
中山七里による報道のタブーに切り込んだ衝撃作をドラマ化 

「贖罪の奏鳴曲」「ヒポクラテスの誓い」など同局の連続ドラマWでたびたび映像化されてきた作家・中山七里による、テレビ局を舞台にした報道のタブーに切り込む衝撃作を連続ドラマ化。新木優子が、同枠初出演にして初主演を務める。
担当番組の名誉挽回のためにスクープを狙い、自身のつらい過去と向き合っていく入社2年目の報道記者役の新木のほか、池内博之、高梨臨、甲本雅裕、濱田マリ、佐野和真、尾上寛之、中村育二、羽場裕一、永島敏行、池田成志、高嶋政伸ら多彩な顔ぶれが共演。「坂の途中の家」を手掛けた篠崎絵里子が脚本、「トップリーグ」の中前勇児と「ミラー・ツインズ」シリーズ(すべて同局)の村上正典が監督を務める。

2020秋号:2020年9月末〜2020年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月15日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
不祥事が続き、番組存続の危機にさらされている帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」。その制作に携わる入社2年目の報道記者・朝倉多香美(新木優子)は、つらい過去を抱えながらも報道の仕事に誇りを持って取り組んでいた。
そんな中、都内で女子高生誘拐事件が発生。先輩記者の里谷太一(池内博之)と多香美は、起死回生のためにスクープを狙って事件を追う。警察を尾行した多香美が廃工場で目撃したのは、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。多香美の執念が実を結び、犯人につながる大きなスクープをものにするが、そのスクープが原因となってある事件が起きてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月18日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/10/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
帝都テレビの報道記者・多香美(新木優子)はつらい過去を抱えながらも、誇りを持って仕事に取り組んでいた。そんな中、女子高生誘拐事件が発生。先輩・里谷(池内博之)と共に警視庁捜査一課の刑事・宮藤(高嶋政伸)を尾行した多香美は、無残にも顔を焼かれた被害者の遺体を目撃する。やがて多香美は犯人につながるスクープをものにするが、これが原因である事件が起こる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月21日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/10/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
誘拐殺人事件の重要参考人として多香美(新木優子)らが報じた同級生・未空(メドウズ舞良)が自殺を図る。命は助かるが、未空の家族はマスコミに追われ、ライバル局の記者・奈那子(高梨臨)のある指摘に多香美は苦悩。里谷(池内博之)はそんな多香美に、私情は迷惑なので事件から降りろと言い放つ。一方、刑事の宮藤(高嶋政伸)は多香美のことが気になり、過去を調べ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月27日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/11/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
多香美(新木優子)は宮藤(高嶋政伸)から、私怨(しえん)で真実が見えなくなっていると指摘される。一方、里谷(池内博之)は編集長・兵頭(池田成志)に違和感を覚える。そこへ、警察が記者発表を行うとの報が入り、犯人逮捕が近いと読んだ多香美は赤城(嘉島陸)を尾行。事件の真相が明らかになる中、自身の過去が世間にさらされた多香美はマスコミに追われる立場になってしまう。


D19-c012.gif
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック