FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2020年秋、水曜ドラマ『相棒season19』

kage

2021/01/27 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★2020年10月14日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54

 相棒season19

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
プロデューサー:桑田潔/佐藤凉一/高野渉/西平敦郎/土田真通

E13-b043.gif
外部サイト:相棒season19

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
杉下右京 :水谷豊
警視庁特命係の係長。警部。明晰な頭脳で数々の事件を解決してきたが、切れ者であるが故に上層部から疎まれ特命係という閑職に追いやられている。どんな時でも冷静沈着、誰にでもいんぎんな態度で接するため、無礼に感じられることも。そうした性格から、特命係に配属された者はことごとく辞めていき「人材の墓場」と呼ばれている。

冠城亘 :反町隆史
巡査。法務省から警視庁に出向してきたキャリア官僚だったが、事件捜査に興味を持ち、紆余曲折あった末に法務省から警視庁へ天下りのような形で異動。特命係の配属となる。元キャリア官僚らしく明晰な頭脳を持ち、軽口や芝居がかった態度で人をけむに巻く。杉下とは息の合ったコンビネーションを見せることもあるが、どこか信用しきっていない素振りも見せる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
水谷豊&反町隆史コンビも6年目! 20周年イヤーに新レギュラー・森口瑤子が加入 
誕生から20周年、大人気刑事ドラマシリーズの第19弾。6シーズン目に突入し、ますます安定感を増す水谷豊と反町隆史のコンビはもとより、これまでシリーズを彩ってきた名キャラクターたちも健在。石坂浩二、杉本哲太、仲間由紀恵など、特命係存続の鍵を握る上層部の面々が暗躍する。

そして、今シーズンから森口瑤子演じる小出茉梨が新レギュラーとして登場。家庭料理店「こてまり」のおかみでありながら、かつて赤坂の芸者・小手鞠として各界著名人からひいきにされていた“華麗な人脈”を持つ茉梨が、今後どのように特命係の2人と関わり、どんな影響を及ぼしていくのか目が離せない。 2020秋号:2020年9月末〜2020年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、広報課長・社美彌子(仲間由紀恵)と警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太)の交渉材料に使われ、警視庁交通機動隊=白バイ隊員・出雲麗音(篠原ゆき子)の銃撃事件を捜査することに。その矢先、万津幸矢(櫻井圭佑)という男性がビルから転落し死亡。組織犯罪対策5課・角田六郎課長(山西惇)の調べで、万津が暴力団組員相手に白バイ警官銃撃をほのめかしていたことが判明する。麗音の事件との関連性を調べる中、万津がIT長者・加西周明を“建国の父”とする「ネオ・ジパング」と呼ばれる謎の“仮想国家”と関わりを持っていたことが分かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月10日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/10/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は交通機動隊‘白バイ警官’の麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件を調べることに。命を取り留めた麗音は伊丹(川原和久)らのいる捜査一課に配属されており、裏には広報課長・美彌子(仲間由紀恵)や副総監・衣笠(杉本哲太)の思惑があった。一方で、ビルをよじ登っていた万津(櫻井圭佑)という人物が転落死し、彼が麗音銃撃をほのめかしていたことが判明。やがて、万津の恋人・静(日南響子)らと会った右京らは、万津がIT長者・加西(石丸幹二)の築いたVR仮想国家の‘住民’だと知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月21日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/10/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
白バイ警官・麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件への関与が疑われていた男の恋人だった静 (日南響子) の不自然な行動に疑問を持った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、彼女もまた、VRの世界に作られた仮想国家「ネオ・ジパング」の‘国民’であったことを突き止める。再びVRの世界に入り込んだ2人は、小さな疑問点を見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月27日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/10/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
詐欺被害者の自殺騒動に遭遇した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、尾崎(及川いぞう)が係長を務める捜査二課へ赴く。数日後、尾崎が遺体で見つかり、部下の塚本(井川哲也)らの話から詐欺集団の犯行説が浮上。尾崎が死ぬ前に洗剤を購入した販売士・酒井(山本浩司)に着目した右京らは、彼の実演講座に参加する。一方、麗音(篠原ゆき子)は塚本らに隠し事があると気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月2日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/11/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は行きつけの小料理店主・小手鞠こと茉梨(森口瑤子)から後輩の芸者・叶笑(かのえみ、高梨臨)の救済を頼まれる。15年前に叶笑を襲い服役した久我山(進藤健太郎)が料亭周辺に現れたらしい。程なく、久我山が殺されたと判明。右京らは料亭の客で久我山の勤務先社長・吉岡(窪塚俊介)の言動に違和感を抱く。一方、叶笑は殺人を疑われ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月7日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/11/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は収賄疑惑の記事を機に嫌がらせを受けている衆院議員・白河(湯江タケユキ)の依頼で自宅へ。白河の義母・貴代(冨士眞奈美)は過去の事件で右京と関わりがあった。同じ頃、白河の息子の拉致未遂事件が発生。白河は会見で真実を話すよう脅される。右京らが亘の元同僚で記事を書いた黒崎(内田裕也)と情報交換する中、会見に臨んだ白河は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月17日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/11/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大手電子部品メーカーで働く西島(岡部尚)が遺体で見つかり、目撃者の出張風俗店ドライバー・松野(橋本じゅん)の話から、西島が鈴木という人物ともめていたと分かる。事件を調べる右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、西島の職場の総務部員・みなみ(柳ゆり菜)に案内され、西島の借金や社内事情を知ることに。そんな中、松野が舞台俳優だと聞いた右京は芝居談議を交わす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/11/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は殺人事件の被告・小夜子(西田尚美)から、2年前の妊婦転落死事件の犯人のアリバイを証言される。‘人の心を操る’小夜子に別の狙いを感じる右京らだが、同じく2年前の強盗事件を調べる麗音(篠原ゆき子)も裏付けるような発言を。右京らは妊婦の夫・井原(福井博章)の取材記事を書いた佳奈子(魏涼子)に話を聞く。(内容変更の場合あり)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月30日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/12/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
もめる男女を見掛けた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は翌朝、その女性が国会議員を父親に持つ奈穂美(上野なつひ)と知る。さらに奈穂美の婚約者で家具店社長の光一(田中佑弥)が殺され、右京らは奈穂美に結婚を迫りもめていた健介(柏原収史)の元へ。キャバクラの客引きの健介は携帯電話を拾った縁で彼女と知り合った。右京は健介の確固たるアリバイに疑念を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月9日更新】
■ あらすじ(第9話  2020/12/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
SNSの飼育日誌をきっかけに、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は投稿者の環那(杏さゆり)が男に突き飛ばされ転落死した事件を調べることに。元カリスマシェフの修也(海斗)が容疑者として捜索される中、右京らは目撃者の主婦・智子(藤吉久美子)から新たな証言を聞き出す。その話から、環那を助けた弁護士・美月(野村佑香)の存在が浮上。ところが美月も転落死しており…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月13日更新】
■ あらすじ(第10話  2020/12/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
自殺した画廊経営者が贋作(がんさく)絵画詐欺で自首していたと知り、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は事情を調べ始める。右京らが‘金持ちと執事’の振りで贋作の卸し先と思われる画廊を探ると、画商と暴力団とのつながりが判明。桑田(大石吾朗)が組長を務める暴力団を探る右京らの前に、刑事部長・内村(片桐竜次)や麗音(篠原ゆき子)らが代わる代わる現れて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月1日更新】
■ あらすじ(第11話  2021/1/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
茉梨(森口瑤子)と買い物をする姿を青木(浅利陽介)に目撃された右京(水谷豊)は、結婚の噂が飛び交う事態になる。話を聞き付けた警察庁長官官房付の峯秋(石坂浩二)に呼ばれ、亘(反町隆史)と共に茉梨の店を訪れた右京は、自分の周辺を探る人物がいることに気付く。すると、その人物が店に現れ、フリージャーナリストの仁江浜(岸谷五朗)と名乗り、右京に取材を依頼する。そんな中、区役所職員の鎌田(永嶋柊吾)の撲殺体が見つかり、勝手に調べ始めた右京と亘は、現場で取材中の仁江浜と遭遇。やがて、鎌田の裏の顔が明らかになる中、鎌田について仁江浜が書いた記事が話題を集める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月9日更新】
■ あらすじ(第12話  2021/1/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
右京(水谷豊)らは組織犯罪対策五課長の角田(山西惇)が給付金詐欺にだまされたと気付く。受け子として現れた鈴木(マギー)に角田の息子を装って接触した亘(反町隆史)は、詐欺グループで雇ってほしいと訴え、潜入することに。拠点には佐藤(山崎光)ら少年の姿もあり、右京は亘の電話をヒントにその場所を捜し始める。一方、亘は鈴木から首謀者が伝説の詐欺師だと聞く。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月20日更新】
■ あらすじ(第13話  2021/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
落語家の椿家一門の師匠・團路(笹野高史)が付けた新弟子・百江(立石晴香)の名前を巡り、小ん路(林家正蔵)や駄々々團(水沢林太郎)ら弟子達は思いとどまらせようと頭を悩ませる。ちょうど、團路の悪評を耳にした右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、一門の落語会へ。すると、團路が演目「死神」の直後に高座で亡くなってしまう。右京は弟子達に疑いの目を向けるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月27日更新】
■ あらすじ(第14話  2021/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
小手鞠こと茉梨(森口瑤子)は、忘れ物を届けた店の客が高校の同級生の中迫(宮川一朗太)と気付く。税理士の中迫は顧問企業とつながる暴力団の不正を暴こうとして追われていると言い、小手鞠に協力を仰ぐ。小手鞠らに追っ手が迫る一方、店の留守を任された右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)の好奇心をきっかけに小手鞠が一緒にいる人物を調べ始める。


D19-c012.gif


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック