FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

2020年秋、土曜ドラマ『先生を消す方程式。』

kage

2020/12/19 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月31日スタート 

テレビ朝日系 毎週土曜 23:00~23:30

 先生を消す方程式。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:鈴木おさむ
監督:小松隆志
プロデューサー:横地郁英/秋山貴人/遠田孝一/小路美智子
主題歌:サーチライト/秋山黄色

E13-b043.gif
外部サイト:先生を消す方程式。

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
義澤経男 :田中圭
名門私立高校・帝千学園に新しく赴任した数学教師。その名前から“義経”と呼ばれることも多い。“笑顔でいれば幸せはついてくる!”がモットーで、常に笑顔を絶やさない。親が官僚やセレブなど厄介な生徒が多く、過去に担任が次々と辞めていった、いわくつきの3年D組の担任を志願する。徹底的に調べ上げた生徒たちのデータを頭に入れ笑顔で指導していくが、恨みを買い、生徒たちから命を狙われるようになる。

頼田朝日 :山田裕貴
義澤が担任する3年D組の副担任。爽やかで生徒からの人気も高い。義澤ともすぐに打ち解け、一筋縄ではいかない生徒が多いクラスを受け持つことになった義澤のことを心配するが…。

藤原刀矢 :高橋文哉
高いIQを誇る、学園一の優等生。反抗的なほかの生徒たちと違って、担任の義澤側に寄り添い、生徒たちが義澤を追い詰めようとすることを唯一止めようとする。父親は検察のトップという超エリート。

長井弓 :久保田紗友
学業優秀で東大確実といわれる生徒。SNSで20万人以上のフォロワーを持つ人気インフルエンサーでもある。母親が有名な医師のため、政治家とのコネも強い。

大木薙 :森田想
スクールカーストの上位でいることにしがみつこうと、同級生の女子生徒にマッチングアプリで“パパ活”をさせ、お金を稼がせている。親は人気飲食チェーン店の社長。

剣力 :高橋侃
親は大手ゼネコン社長で、おじが政治家。親が学校に多額の寄付をしているため、好き放題に暴れている一番厄介な生徒。暴力的で、弱い生徒や教師をいじめ、支配することを生きがいにしている。

伊吹命 :秋谷郁甫
自室に閉じこもり、黒魔術や都市伝説など、オカルトめいたものを調べている。引きこもりで半年以上、学校に来ていない。

前野静 :松本まりか
義澤の恋人。高校教師。正義感が強く、生徒にも親身に向き合う。義澤とは一緒に暮らしており、2人とも結婚を意識している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
田中圭が異色の学園サスペンスで新境地に挑む! 
「おっさんずラブ」シリーズなどで社会現象を巻き起こした、田中圭主演の異色の学園サスペンス。都内の進学校を舞台に、田中演じるいつも笑顔の教師・義澤経男が、担任が次々とメンタルを病み辞めていく3年D組の担任になったことから始まる壮絶バトルを描く。脚本は同局で「奪い愛、冬」「M 愛すべき人がいて」などの話題作を手掛けてきた鈴木おさむが担当する。

大人を追い詰め、壊れていく姿をゲームのように楽しむ3年D組の生徒には高橋文哉、久保田紗友ら若手キャストが集結。さらに、主人公・義澤に寄り添い、心強い存在となるD組の副担任役を山田裕貴が、義澤を深い愛情で包み込む恋人役を松本まりかが務める。



2020秋号:2020年9月末〜2020年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月5日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
東大進学率も高い都内の進学校・帝千学園。特に3年D組には成績優秀者が集められていたが、担任となった教師は皆、短期間でメンタルを病んで退職してしまっていた。実はこのクラスには、大人を追い詰め、自らの手を汚すことなく、担任が壊れていく姿をゲームのように楽しむ生徒たちが集まっていたのだ。

そんなD組の担任として赴任した教師・義澤経男(田中圭)。いつもニコニコしている義澤は、なぜか生徒たちのプライベートな情報を熟知しており、“笑顔”で指導していく。そんな中、生徒たちの行動はエスカレートしていき、恨みを買った義澤は生徒から命を狙われることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年10月31日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/10/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 私立高校「帝千学園」3年D組の担任となった新任教師の義澤(田中圭)は、副担任の朝日(山田裕貴)から、優等生の刀矢(高橋文哉)、弓(久保田紗友)、薙(森田想)、力(高橋侃)の‘4C’と呼ばれる生徒の噂を聞く。刀矢以外は親の権力をかさに着てやりたい放題らしい。義澤は笑顔で生徒に向き合うが反発される。さらに嫌がらせを始めた生徒らは、動じない義澤にいら立ち…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月7日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/11/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
義澤(田中圭)に憤る刀矢(高橋文哉)が力(高橋侃)らに義澤を消す方法を考えるよう命じる一方で、義澤は恋人の静(松本まりか)にあることを報告。さらに、不登校の生徒・命(秋谷郁甫)が気に掛かり、朝日(山田裕貴)の忠告を無視して命の家を訪ねる。そんな中、クラスメートに‘パパ活’をさせる薙(森田想)の家庭環境に変化が。弓(久保田紗友)の言葉に動揺する薙は朝日に呼び出される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月14日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/11/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
義澤(田中圭)を殺せなかったことで、刀矢(高橋文哉)の反応におびえる薙(森田想)。義澤の言葉に衝撃を隠せない朝日(山田裕貴)は、力(高橋侃)と共に悩む薙に「義澤の弱みをつかめばいい」とそそのかす。一方、義澤は静(松本まりか)の元を訪れ、改めて‘敵’に罪を償わせると誓っていた。そんな中、刀矢の役に立ちたいと願う弓(久保田紗友)は秘策を思い付き、薙と力に協力を迫る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月21日更新】
■ あらすじ(第4話  2020/11/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 義澤(田中圭)の話にいら立つ刀矢(高橋文哉)は、ナイフを手に暴発寸前。朝日(山田裕貴)はそれを戒め、もっと頭を使うよう促す。刀矢は薙(森田想)から義澤の弱みである静(松本まりか)の居場所を聞き、今度は弓(久保田紗友)と共に静の誘拐を画策。そのさなか、弓は刀矢の過去を知り、一方の刀矢は自ら手を下す決意を固めることに。朝日はそんな刀矢に義澤を消す‘方程式’を披露する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月11日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/11/放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
義澤(田中圭)を刺し、刀矢(高橋文哉)らに埋めさせた朝日(山田裕貴)は、D組で義澤が辞めることになりそうだと話す。さらに義澤の発言を批判し、生徒思いの自分を涙ながらにアピール。校長・佐倉(手塚とおる)から次の担任を任される。刀矢らは自分達の行動に罪悪感を覚えつつも声を挙げることができない。そんな中、朝日は静(松本まりか)の元へ。一方、弓(久保田紗友)は義澤のある話を聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月5日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/12/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
死んだはずの義澤(田中圭)がぼろぼろの状態で‘復活’。自らが受けた仕打ちへの憎しみに突き動かされるように歩き出す。学校では、刀矢(高橋文哉)が警察に話そうと提案する弓(久保田紗友)の口封じに動いていた。そこへ義澤が現れたことで、事態は混乱。義澤は逃げ惑う刀矢らを追い詰めていく。一方、朝日(山田裕貴)は静(松本まりか)との過去を思い出しながら、2人の時間を楽しむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月9日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/12/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
義澤(田中圭)の息の根を止めたのが刀矢(高橋文哉)達だと主張する朝日(山田裕貴)は、不審者がいるとうそをつき、警察に校内の義澤を捜索させる。だが、義澤は見つからない。一方、命(秋谷郁甫)の話を聞いた弓(久保田紗友)や薙(森田想)、力(高橋侃)らは、現在の義澤は復讐のために生き返った存在だと考えるように。いら立つ朝日がそれをかたくなに否定する中、義澤が姿を現す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月13日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/12/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
義澤(田中圭)のいる3年D組の教室に、ドレスを着せて機械につながれたままの静(松本まりか)を連れて、朝日(山田裕貴)が現れた。朝日は、静の命を盾に一同を黙らせ、義澤や刀矢(高橋文哉)らを前に、静を階段から突き落とすまでの経緯を語りだす。さらに、朝日は静を突き落としたことで得た、ゆがんだ方程式についての授業を展開する。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック