FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2020年秋、連続テレビ小説「おちょやん」(第103作)

kage

2021/01/15 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★2020年11月30日スタート 

毎週月曜~土曜 08:00~08:15(※土曜日は一週間を振り返ります)

 連続テレビ小説「おちょやん」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:八津弘幸
演出:梛川善郎/盆子原誠
制作統括:櫻井壮一/熊野律時
プロデューサー:村山峻平
主題歌:泣き笑いのエピソード/秦基博

E13-b043.gif
外部サイト:連続テレビ小説「おちょやん」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
竹井千代 :杉咲花
大阪・南河内の貧しい家の生まれ。母とは幼い頃に死別し、父と弟との3人暮らし。小学校にも満足に通えなかったが、口が達者で機転が利く。9歳の時、女中奉公に出された道頓堀で芝居の世界に出合い、その魅力にとりつかれる。女優さんになりたいという強い思いから奉公先を飛び出し、京都へ向かい、女優の道に飛び込んでいく。

天海一平 :成田凌
喜劇界のプリンス。人気喜劇一座の座長・天海天海の息子。幼い頃から子役として、嫌々役者をやっていたが、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。千代と共に新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。やがて2人は結婚し、二人三脚で奮闘する。

岡田シズ :篠原涼子
千代が女中奉公することになる芝居茶屋「岡安」を取り仕切るおかみ。仕事には大変厳しいが、芝居の街・道頓堀を深く愛している。千代を厳しくも温かく見守り、千代にとってもう1人の母親といえる存在となっていく。

竹井テルヲ :トータス松本
千代の父。養鶏で生計を立てているが、鶏の世話や家事は娘に任せきり。見えっ張りだが気が弱く、世渡り下手。しかし口は達者で、女性にはモテる。千代にとっては、憎みきれないトラブルメーカーであり続ける。

高城百合子 :井川遥
千代が道頓堀の芝居小屋で目撃して以来、憧れ続けるスター女優。その美貌と情熱的な演技で観客を魅了する。芸術のために自由な人生を突き進む姿は、千代に大きな影響を与える。

大山鶴蔵 :中村鴈治郎
上方演劇界のドン。道頓堀の芝居小屋を一手に牛耳る、鶴亀株式会社の社長。冷徹な経営者の顔と無類の芝居好きの顔を持つ、敵とも味方ともつかない大物。女優の道を歩んでいく千代の転機に大きく関わっていく。

岡田宗助 :名倉潤
芝居茶屋「岡安」の主人。シズに一目ぼれし、婿養子として岡田家に入ったため、シズには頭が上がらない。温和で優しい性格で、シズや千代を後ろから優しく支えている。

須賀廼家万太郎 :板尾創路
「須賀廼家万太郎一座」を率い、ずば抜けた観客動員数を誇る喜劇王。大阪だけでなく東京でも人気は抜群で、千代や一平たちは、万太郎を超えることを目標に奮闘することになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
杉咲花がコメディエンヌの人生を生き抜く! 大阪の喜劇の原点を描く泣き笑いの物語 
女優の道にすべてを懸けるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく波瀾万丈の物語。女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるまでになったヒロイン・竹井千代には、その卓越した演技力で注目される杉咲花が扮し、脚本は「半沢直樹」「陸王」(ともにTBS系)などを手掛けた八津弘幸が担当する。

女優一筋に生きた上方のコメディエンヌ・浪花千栄子さんの人生をモデルに、「おちょやん」(小さい女中さんを意味する“おちょぼさん”がなまった大阪ことば)を経て、女優の道へ飛び込んだ女性の、笑って、泣けて、人情あふれる物語を紡ぐ。




2020秋号:2020年9月末〜2020年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月30日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
明治の末、大阪・南河内の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)は、9歳の時に道頓堀の芝居茶屋「岡安」に女中奉公に出される。千代がそこで目にしたのは、華やかな芝居の世界。やがて女優を志し、芝居の世界に飛び込んでいく。

その後、京都の映画撮影所などを経て、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。そこで出会った喜劇界のプリンス・天海一平(成田凌)と結婚し、千代は喜劇女優として少しずつ成長していく。一平と二人三脚で理想の喜劇を目指して奮闘する千代だったが、戦争が始まり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月29日更新】
■ あらすじ(第1週「うちは、かわいそうやない」11/30—12/放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
11月
┣30(月)1916(大正5)年、大阪・南河内。貧しい農家の娘・千代(毎田暖乃)は、母を亡くし、飲んだくれの父・テルヲ(トータス松本)や弟・ヨシヲ(荒田陽向)と暮らしていた。弟や鶏の世話に追われ、小学校にも通えずにいる千代だったが、ある日、テルヲが新しい母となる栗子(宮澤エマ)を連れて来る。

12月
┣1(火)栗子が来たことで学校に通えると喜ぶ千代。だが、栗子はテルヲ以上に朝寝坊で家事は何もせず、ヨシヲのために千代が持ち帰った大切なおはぎも横取りする始末。千代と栗子が対立を深めるが、ある夜、テルヲが血相を変えて家を飛び出す。
┣2(水)栗子を引き留めるため、テルヲは一獲千金を狙って飼っていた鶏を売ろうと決意。千代を連れ、観賞用の鶏の品評会が行われるガラス工場社長・峰岸(佐川満男)の屋敷を訪れる。峰岸が一向に首を縦に振らない中、テルヲの鶏の順番がやって来る。
┣3(木)テルヲと千代が帰宅するとヨシヲの姿が見当たらず、翌朝から村中で捜索が始まる。居ても立ってもいられない千代は、大人に混じってヨシヲを捜すことに。弟が山奥に入った理由を考える千代の目に、崖の上に転がるヨシヲの草履が飛び込む。
┣4(金)子を授かった栗子は千代とヨシヲを奉公に出すことをテルヲに提案。憤慨する千代は栗子を追い出そうとするが、彼女を慕う人もいて心持ちは複雑だ。さらに千代は、ヨシヲが山に行ったのは栗子の体を気遣って薬草を取るためだったと知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月6日更新】
■ あらすじ(第2週「道頓堀、ええとこや~」12/—12/放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣7(月)奉公に出された千代(毎田暖乃)はおかみ・シズ(篠原涼子)が取り仕切る大阪・道頓堀の芝居茶屋「岡安」へ。そこで「お茶子」と呼ばれる下働きを始めることになるが、1カ月のうちに仕事を覚えるよう言われ…。
┣8(火)千代のお茶子修業は失敗の連続。先輩に面倒な仕事を押し付けられた上、シズの娘で同い年のみつえ(岸田結光)に説教され、お使いで行った商売敵の「福富」ではおかみの菊(いしのようこ)から門前払いを食らう。
┣9(水)人気喜劇・天海一座が岡安へ来た。千代は子役の一平(中須翔真)に出会い、座長で酒飲みの父・天海(茂山宗彦)を嫌う彼に共感する。ある日、初めて芝居を見た千代は女優・百合子(井川遥)に魅了される。
┣10(木)天海が急死し、道頓堀の芝居小屋を一手に牛耳る鶴亀株式会社の社長・鶴蔵(中村鴈治郎)は一平に座長を継がせるよう一座の面々に話す。千代はテルヲ(トータス松本)ら家族の近況を耳にし、がくぜんとする。
┣11(金)シズから大切なお使いを頼まれた千代は、途中で一平に会ったため遅れ、ひいきの客を怒らせる。翌朝、岡安を出ていったものの、帰る家もなく途方に暮れている千代をシズの母・ハナ(宮田圭子)が見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月13日更新】
■ あらすじ(第3週「うちのやりたいことて、なんやろう」12/14—12/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣14(月)「岡安」に来て約8年、もうすぐ数えで18歳の千代(杉咲花)は奉公が終わる‘年季明け’間近。今後についてよく考えるようシズ(篠原涼子)に言われ、千代は自分がやりたいことは何かを本気で考え始める。
┣15(火)千代は憧れの女優・百合子(井川遥)と偶然再会する。百合子は芝居小屋や舞台ではなく、映画の撮影所へ行くよう会社から命じられたが、それが嫌で逃げ回っていた。千代はそんな百合子を岡安にかくまう。
┣16(水)道頓堀の劇場での千秋楽を最後に芝居の世界から退く歌舞伎役者・延四郎(片岡松十郎)は過去に深い因縁があったシズと20年ぶりに再会する。だが、2人が不義密通の関係だという噂が道頓堀中に広まる。
┣17(木)千代は、延四郎から預かったシズへの手紙を持ち帰る。だが、シズはその手紙をかたくなに開こうとしない。シズが秘めた延四郎への思いに気付いた千代は、2人が会えずじまいでいいのかと思い悩む。
┣18(金)千代は延四郎に会うようシズを説得。そして大口の客を迎える「組見」の接待を残りの皆で進める。延四郎は待ち合わせ場所に立つシズの姿を見て驚く。20年の歳月を経て、2人の思いが交錯する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月20日更新】
■ あらすじ(第4週「どこにも行きとうたい」12/21—12/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣21(月)年季奉公の期限が終わった千代(杉咲花)は、そのまま道頓堀のシズ(篠原涼子)の芝居茶屋で働くことを決める。そんな時、テルヲ(トータス松本)が突然千代の前に現れ、一緒に暮らそうと持ち掛ける。さらに、天海一座が久しぶりに道頓堀に戻ってきて、千代は一平(成田凌)と再会する。
┣22(火)道頓堀での一番の人気は、万太郎(板尾創路)が率いる須賀廼家万太郎一座で、劇場は連日満員だった。一方、一平はテルヲが借金返済のため、千代を別の店に身売りしようとしていることを知る。
┣23(水)』千代がテルヲの画策する身売り話を拒否すると、借金の取り立て人がシズの茶屋に押し掛け、嫌がらせを始める。シズをはじめ、店の仲間や客に迷惑を掛けることになり、千代はいたたまれなくなる。
┣24(木)シズの茶屋への嫌がらせは増大し、ひいきの客の足も遠のいていく。千代は店を出てテルヲの意に従うことを決意。シズは千代の決断を受け入れる一方、天海一座が千秋楽を迎えるまで店で働き続けるように告げる。
┣25(金)天海一座の千秋楽当日、座員の千之助(星田英利)が突然失踪。さらに、公演直前に女形の座員がぎっくり腰になってしまう。窮地に立たされた一平は急きょ、千代を代役に立てる。初舞台に緊張する千代だったが、図らずも心の奥底からあふれ出た感情と言葉が客や一平の心を動かす。それもつかの間、借金の取り立て人の迎えが近づいていた。


2021年
----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月3日更新】
■ あらすじ(第5週「女優になります」1/4—1/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1月
┣4(月)シズ(篠原涼子)の機転によって道頓堀を後にした千代(杉咲花)は、やがて京都にたどり着く。一刻も早く働き口を見つけなければならず、口入れ屋に紹介された宮元(西村和彦)が営むカフェへ向かう。
┣5(火)千代は映画好きの宮元の店で住み込みで働き始める。店には真理(吉川愛)をはじめ、女優を目指している従業員が複数おり、千代は客に手を握られる彼女たちの姿を見て驚く。悪酔いの客を追い返した千代は、その光景を見ていた黒木(ヨシダ朝)という客から活動写真に出演しないかと声を掛けられる。
┣6(水)千代は黒木の誘いに応じるが、数日後、黒木は逮捕される。彼の正体は詐欺師だったのだ。千代はそもそも女優業に興味はないと、平然とカフェでの仕事に精を出す。しかし、1人になった途端に、悔しい思いが込み上げる。
┣7(木)真理らが女優の試験に合格。彼女たちの喜ぶ姿を見て自分の気持ちに気付いた千代は、女優になりたいと告白。そして、一方的に撮影所を訪れ、守衛に追い返される日々を送る。そんな中、千代は真理の紹介で、山村千鳥一座の座員採用試験を受けることに。そこへ、座長の千鳥(若村麻由美)が現れる。
┣8(金)採用試験は散々だった千代だが、千鳥の身の回りの世話役を務めることになる。千代はいつか千鳥に芝居の稽古をつけてもらおうと懸命に励むが、千鳥と座員の清子(映美くらら)の会話から、一座が存続の危機にあることを知ってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月10日更新】
■ あらすじ(第6週「楽しい冒険つづけよう!」1/11—1/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣11(月)千代(杉咲花)はいつか千鳥(若村麻由美)に芝居の稽古をつけてもらえると信じ、世話係を続ける。だが千鳥一座の客の数は日に日に減り、千鳥は劇場主から不入りが続くようなら劇場を出て行くよう言われる。
┣12(火)集客のため子どもに人気の芝居「正チャンの冒険」を提案した清子(映美くらら)ら座員は、猛反対する千鳥抜きでの上演を決めた。ネズミ役を与えられた千代は稽古に励む中、千鳥が女優を志した理由を知る。
┣13(水)公演前日に主役の清子が足を負傷。主人公の正チャンのせりふも全部覚えていた千代が急きょ代役を託される。だが稽古に入ると、千代の発声では舞台から客席まで十分に届かないということが分かる。
┣14(木)千鳥に夜通しでつけてもらった稽古のかいもあり、何とか初舞台を成功させた千代。その後も「正チャンの冒険」は人気を博し、公演日は延長される。だが、千鳥は座員達を見て険しい表情を浮かべる。
┣15(金)千鳥の紹介で「鶴亀撮影所」を再び訪れた千代は守衛の守屋(渋谷天外)に入所を許され、助監督の小暮(若葉竜也)に出会う。そして、癖の強い所長・片金(六角精児)や映画監督・ジョージ(川島潤哉)との面談に臨む。





----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月‐日更新】
■ あらすじ(第-週「」1/—1/放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣(月)
┣(火)
┣(水)
┣(木)
┣(金)


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック