FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(2020年メディアミックス作品)10月19日(月)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック[バベル九朔]

kage

2020/10/19 (Mon)

2020年秋ドラマ(10月~12月末)
メディアミックス2020

2020年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■10月19日(月)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック

10月19日(月)放送スタート!
┣バベル九朔


ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 バベル九朔/万城目学(著)



■ドラマタイトル:「バベル九朔」

■放送日:10月19日スタート 

日本テレビ系 毎週月曜 24:59~25:29 


■原作:万城目学「バベル九朔」(角川文庫/KADOKAWA)

■スタッフ
脚本:田中眞一/吹原幸太
監督:筧昌也/田中健一
プロデューサー:福士睦/長松谷太郎/藤森真実/高橋淳之介/宇田川寧
主題歌:NOT FOUND/Sexy Zone

E13-b043.gif
外部サイト:バベル九朔

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
九朔満大 :菊池風磨
5階建て築88年の雑居ビル「バベル九朔」の新米管理人。27歳になっても脚本家の夢を諦めきれない自由人。執筆に集中するため、1年間限定で高祖父・大九朔がつくった「バベル九朔」の管理人になる。幼い頃に父が失踪。父には脚本家になる夢を反対されていたため、今でも認められたいという思いが心の底にある。

後藤健 :高地優吾
「バベル九朔」の5階・管理人室で満大と同居している、満大の親友。高校時代に満大と出会い、自主映画を一緒に制作するなかで、いつか満大の脚本で監督デビューしたいと映画監督を志す。ムードメーカーで熱い男。周りを気遣える真面目で繊細な一面もある。

四条さん :池田鉄洋
「バベル九朔」の4階にある探偵事務所「ホークアイ・エージェンシー」の所長。ネバーマインドで明るい性格。若い頃に「探偵物語」を見て探偵を志すが、憧れの松田優作には程遠い。満大の父・勝とは友人でもある。新米管理人の満大の世話を焼く。

千加子ママ :佐津川愛美
「バベル九朔」の地下1階にあるスナック「SNACK ハンター」のママ。シングルマザーで、スナック経営をしながら息子を育てている。明るくカラっとした性格だが、細やかな気遣いもでき、めちゃくちゃモテる。ビルのテナントさんたちのたまり場となっている。

九朔勝 :上地雄輔
17年前に突然姿を消した満大の父。かつては満大と同じく「バベル九朔」の管理人をしていた。なぜ失踪したのかは誰も知らない。

内部リンクD01-g031.gif
2020年秋、月曜ドラマ『バベル九朔』
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
Sexy Zone・菊池風磨が主演! 狭い雑居ビルの壮大な秘密に迫る大冒険  
----------------------------------------------------------------------------------------
「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」などで知られる万城目学の同名小説を、Sexy Zoneの菊池風磨主演で連続ドラマ化。菊池演じる雑居ビル「バベル九朔」の管理人・九朔満大が、すべての願いがかなう“バベル”へと迷い込み、本来は存在してはならない“バベル”の世界を終わらせるため駆け巡る最狭スペクタクル。“バベル”が存在する理由や、共に夢を追う親友、失踪した父への思いなど、「謎解き」×「友情」×「家族愛」が交錯し、雑居ビルの中という狭い世界で壮大な物語が繰り広げられる。監督は筧昌也らが務め、不思議なことが次々に起こる非日常世界を、シリアスとコミカルな演出で日常へと映し出す。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
俺は5階建ての雑居ビル「バベル九朔」の管理人をしながら作家を目指している。巨大ネズミ出没、空き巣事件発生と騒がしい毎日のなか、ついに自信作の大長編を書き上げた。だが、タイトル決めで悩む俺を、謎の“カラス女”が付け回す。ビル内のテナントに逃げこんだ俺は、ある絵に触れた途端、見慣れた自分の部屋で目覚める―外には何故か遙か上へと続く階段と見知らぬテナント達が。「バベル九朔」に隠された壮大な秘密とは?

📚原作の感想
万城目ワールド全開!全編ビルの中で繰り広げられる壮大な冒険譚!
Arikaアイコン(小)1作家を目指す二十代の主人公は、住み込みの雑居ビルで管理人をしながら燻った生活を送っている。しかし、カラスのような怪女が主人公が現れるようなり、普通の生活が徐々に綻び始め、塔の聳える異界へと迷い込む―――。

万城目ワールド10周年。新たな幕開けを告げる、最強の「奇書」誕生!とある雑居ビルにまつわる、異次元的物語。万城目ワールドが炸裂です。いやいや、実験的というかよくわからない小説でした。世界観があまりにも不思議で難しすぎて話が理解できなかった。舞台は祖父が作ったバベルというなの雑居ビル。ただの雑居ビルのはずが、異次元の世界では、超高層のバブルの頭になっていた、そこに住んでいる幼い少女と、意味不明な黒服の女、そして人の身体を借りて現れる祖父。 この3人とバベルの管理人が 複雑に絡む物語。様々な駆け引き、最後はまさかのタイムパラドックスという〆オチ。いつもながらの万城目学ワールドが全開で堪能しました。

登場人物の誰が敵か味方かギリギリまで分からない。そして話の行方もイマイチ分からない。バベル崩壊を防ぐために、永遠にこの冒険を繰り返すってことか?最初に世界観をメビウスの輪に例えたのはこのオチの伏線なのかな?東京をイメージしたシーンでしたが雑居ビルの中と登場人物(カラス?)は関西風のような気がします。湖では《しゅららぽん》は出てきませんでした(笑)…で、主人公は小説家になれたのかな? 否、ワールドを超越し、もはや独占ワンダーランドといったところでしょうか。発想の自由さと夢のかたまりであるように感じました。言葉の力によって空想が現実になることを、作者である万城目自身が信じているからこそ、この物語が出来上がったのではないかなと思います。

万城目 学
1976年大阪府生まれ。京都大学卒。2006年、ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。その他の著書に『鹿男あをによし』『ホルモー六景』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』『パーマネント神喜劇』等がある。

作家の読書道 第74回:万城目学 - WEB本の雑誌
万城目学 (@maqime) - Twitter

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
Sexy Zone菊池風磨、主演で「バベル九朔」ドラマ化|全編ビルの中で「デジャヴ感もある」

内部リンク🏠
角川文庫カドフェス2020夏おすすめ本:心をつかむロングセラー⑦[さよなら、ビー玉父さん(阿月まひる)/バベル九朔(万城目 学)/まあまあの日々(群ようこ)]




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック