FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

(2020年メディアミックス作品)11月2日(月)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック[監察医 朝顔]

kage

2020/11/02 (Mon)

2020年秋ドラマ(10月~12月末)
メディアミックス2020

2020年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■11月2日(月)スタート!秋ドラマ化される原作&コミック

11月2日(月)放送スタート!
┣監察医 朝顔(第2期)

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






 監察医 朝顔/原作・香川まさひと 漫画・木村直巳 監修・佐藤喜宣



■ドラマタイトル:「監察医 朝顔」(第2期)

■放送日:11月2日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54 


■原作:原作・香川まさひと 漫画・木村直巳 監修・佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)

■スタッフ
脚本:根本ノンジ
演出:平野眞/阿部雅和
プロデューサー:金城綾香
主題歌:朝顔/折坂悠太

E13-b043.gif
外部サイト:監察医 朝顔

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
万木朝顔 :上野樹里
神奈川県の興雲大学法医学教室に勤務する法医学者。東日本大震災で母・里子が行方不明になり、その遺体すら見つからないという悲しみを抱える。法医学者として、死因を明らかにし“生きた証”を見つけ出すため、日々懸命に真摯に遺体と向き合う。刑事の桑原と結婚し、娘のつぐみが誕生。父の平と4人で暮らしている。

万木平 :時任三郎
朝顔の父。朝顔がいる法医学教室が管轄している神奈川県警野毛山署強行犯係のベテラン刑事。朝顔に輪をかけて真面目な性格で、手掛かりになる可能性が少しでもあるならば、どんな些細なことも調べ上げる。時間があれば東北へ向かい、東日本大震災で被災し行方不明となっている妻・里子の遺体を捜している。

桑原真也 :風間俊介
朝顔の夫で、平と同じ野毛山署強行犯係に勤める刑事だったが、神奈川県警捜査一課に栄転した。正義感が強く謙虚な好青年である一方、小心者で心配性な一面もある。朝顔とは共働きで、基本的に家事と育児は折半だが、平を頼る時もある。

夏目茶子 :山口智子
興雲大学法医学教室の主任教授。一つの死の影には多くの人たちの悲しみがあるのを忘れないことが仕事の矜持。その言動は自由奔放で神出鬼没、年齢不詳で謎多き女性。法医学者・朝顔の一番の理解者であり、朝顔にとっては法医学者を目指すきっかけにもなった人物。

嶋田浩之 :柄本明
里子の父であり、朝顔の祖父。もともと陽気な性格ではないものの、東日本大震災以降、人が変わったようにふさぎ込むことも。孫の朝顔とは仲が良く、ひ孫のつぐみを溺愛する。里子の遺体を捜しに東北に来る平に冷たく当たっていたが、思いを受け入れ、自分も捜すようになった。

内部リンクD01-g031.gif
2020年秋、月曜ドラマ『監察医 朝顔』
----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介
上野樹里主演のヒューマンドラマ続編。父娘のかけがえのない日々を2クールで描く  
----------------------------------------------------------------------------------------
上野樹里主演で法医学者と刑事という異色の父娘を描いた「監察医 朝顔」の続編。“月9”初の2クール放送で、さまざまな事件と遺体を扱いながら、東日本大震災と母の死に朝顔がより深く向き合っていく。前作同様、主人公で法医学者の万木朝顔を上野、朝顔の父でベテラン刑事の万木平を時任三郎、朝顔の夫で刑事の桑原真也を風間俊介、一人娘のつぐみを加藤柚凪が演じる。

前作のラストで、母が被災した東北の海辺の街を再び訪れることができた朝顔。その翌年の春から物語はスタートする。今作では東日本大震災以外の大規模災害にも目を向け、朝顔を通して被災した土地の“今”に、より具体的に迫る。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
①検死とは、一般病死以外の異状死体を検査し、病気、事故、あるいは殺人によるものかの死因を明らかにする重要な作業であり、その際、死体と向き合う法医学者のことを監察医という。しかし、日本における「監察医制度」の普及は東京23区、横浜市、名古屋市、大阪市、神戸市の5都市で、それ以外の市町村では、警察医や警察から依頼を受けた一般の医師により検死が行われているのが現状である……誰もが迎える死の瞬間(とき)。突然死、孤独死、保険金殺人など、その最期のメッセージに込められた真実に、女性監察医・山田朝顔が挑む!!“死”の真実を探るために……感動の法医学ミステリー!!

📚原作の感想
“死"の真実を探るために……女性監察医・山田朝顔が挑む!!
Arikaアイコン(小)1監察医漫画。監察医の山田朝顔と、刑事の山田万平。この父娘とまわりの人々が、事件や日常生活のなかで、さまざまな人生と関わる物語。癖のある者もいるが主人公サイドの人間はみな基本的に善良かつブレない態度で生きていて、そこに安心と好感を持てるところがいい。そして、ひとつの事件ごとに完結しながら続いてゆくストーリーはつねに構成が巧みで、めっぽうおもしろい。その質の高い物語のなかで「命の大切さ」「生きることの素晴らしさ」というきわめてシンプルなメッセージを一貫して伝えるところに、この漫画の、なかなか他に類を見ない値打ちがある。ストーリは中々骨太でかつ王道。ちょっと死体はささやくを思い出しました。そして、絵柄から昭和の漫画だと思ってたのですが、まさかの平成漫画。絵がちょっとと思ったが、これ面白い。どこかで見たようなストーリーではあるが、2時間ドラマが好きな人なら間違いない。


原作:香川まさひと
(1960年5月12日 - )脚本家、漫画原作者。神奈川県横浜市出身。
神奈川県立厚木高等学校に在学中、同級生の木原実、八巻和弘、加藤秀和と8ミリ映画を制作。和光大学人文学部人間関係学科では漫画研究会に所属。同学年の部員に、岩明均、篠原烏童、近石まさしらがいた。1983年にぴあフィルムフェスティバルで『青春』が大森一樹賞、1984年に『バスクリンナイト』が大島渚賞をそれぞれ受賞。東京都町田市の古書店高原書店に勤務。1988年にCBS・ソニーレコード(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)サウンドギャグコンテストで「これはなんですか」が伊武雅刀賞を受賞。同年、NHK演芸台本コンテストで「いらいら」が最優秀賞を受賞。NHK演芸班に勤務。1991年、自主製作監督作品『下らない人生』がぴあフィルムフェスティバル、イメージフォーラムコンテストでそれぞれ入選。1990年にオリジナルビデオ『ねっけつ放課後クラブ』(全3巻、原作・宮村優子/山本おさむ、監督・池田敏春ほか)で脚本家としてデビュー。講談社『少年マガジン』・コミックプランナー大賞で『死んだ耳』が大賞を受賞し、漫画原作者としてもデビュー。以後、映像作品の脚本家と漫画の原作者としての二足わらじを履く。2018年、『下らない人生』から27年ぶりの自主映画監督作品『セグウェイ』を制作。同作には吉田大八、木原実、井手陽子(『羊の木』のプロデューサー)が出演し、吉田大八プレゼンツ・香川まさひとの世界」(ぴあフィルムフェスティバル)で上映された。趣味はSNSで「磯遊び」「ビーチコーミング」を検索して「いいね」を押すこと、古本市や骨董市での買い物 、スクラップブック作りなど。

📳香川まさひと (@kagawamasahito) - Twitter
香川まさひと(Hatena Blog)
香川まさひと(kagawamasahito.exblog.jp)


作画:木村直巳
(1962年9月17日 - )漫画家。東京都生まれ、千葉県佐倉市育ち。
1978年、「マンガ少年」新人賞佳作入選。同誌に掲載された受賞作『最後の妖精』で15歳でデビュー。高校卒業と同時に、本格的に漫画活動を開始。完成度の高い画面と存在感あふれるキャラクターを描き好評を博す。2003年に『てんじんさん』で第7回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。「マンガジャパン」世話人。日本漫画家協会会員。まんが王国とっとり国際マンガコンテスト審査員。大阪芸術大学客員教授。

マンガジャパン 
マンガ図書館Z無料配信中作品 - マンガ図書館Z
http://naomipro.com/ 木村直巳の公式ホームページ


監修:佐藤 喜宣
(1949年7月28日[1] - )法医学者。東京都出身。杏林大学医学部名誉教授(医学博士)。専門は法医学。法医学の視点から各種メディアにて事件や事故の解説を行っている。エンバーミングの第一人者で公益社フューネラルサイエンスカレッジの顧問をしている。娘は死化粧師のウール琴子。

略歴
1975年 日本大学医学部卒業、医師免許を取得。
1979年 日本大学大学院医学研究科社会医学系法医学専攻修了、医学博士号を取得。「焼死の研究 : とくにその統計と気道粘膜の変化について」
1980年 - 1982年 日本大学医学部講師
1982年 - 1985年 琉球大学医学部助教授
1985年 - 1987年 東京都監察医務院・医長監察医
1987年 - 2016年 杏林大学医学部法医学教室教授
2016年 - 杏林大学医学部名誉教授




▲監察医 朝顔 全巻(30巻)セット (実業之日本社文庫)

原作:香川まさひと、作画:木村直巳による漫画。『漫画サンデー』(実業之日本社)にて、2006年に連載が開始され、2012年に同誌が休刊になった後の6巻以降、電子版で連載が続けられて、2013年に30巻で連載を終了した医療漫画である[2]。法医学者の娘が発見された遺体の生きた証を見出すために、ベテラン刑事の父親とともに遺体の謎を解明していく物語[3]。杏林大学医学部名誉教授(法医学)である佐藤喜宣[4]が監修を務めている。

2019年7月期にフジテレビ系「月9」でテレビドラマ化された(全11話+特別編1話)。続編である第2シリーズが2020年11月2日からフジテレビ系「月9」史上初めて2クールで放送されている。

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
テレビドラマ(第1シリーズ)
📺監察医 朝顔 - フジテレビ

テレビドラマ(第2シリーズ)
📺監察医 朝顔 - フジテレビ
📳【公式】監察医 朝顔 (@asagao2_2020) - Twitter

内部リンク🏠
📺2019年夏、月曜ドラマ『監察医 朝顔』
💻(2019年メディアミックス作品)7月8日(月)スタート!夏ドラマ化される原作&コミック[監察医 朝顔]



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック