FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

集英社文庫・ふゆイチ2020-2021|受賞作やNo.1作品。今読んでおきたい一冊。①[悪寒(伊岡 瞬 )/慈雨(柚月裕子)/分身(東野圭吾)]

kage

2020/12/15 (Tue)

冬フェア2021

文庫「ふゆイチ」2020-2021


英社文庫『ふゆイチ2020』。

2020年のテーマ「すてきな言葉で、冬を飾ろう。」



読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

😻マスコットキャラクター、「よまにゃ」とは?
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
次に好きなのが人間観察。
お店にやって来るお客さんたちの心を読んで、日々、オススメの本を紹介している。
口癖は「よまにゃ」。

人気イラストレーター、Noritake氏デザインの愛くるしいポーズがたまりませんにゃん♪

■フェアのジャンル項目


受賞作やNo.1作品。今読んでおきたい一冊。
この冬、注目の話題作そろえました。
定番の人気作品


■アイコンの説明


=受賞作
=映像化



2020年は、新しいだれかより、新しい自分にたくさん出会えた、そんな年だったのかも。

とっておきの一冊と一緒に、振り返ってみよう。

この冬も話題ぞくぞく。

今読んでおきたい一冊よまなゃ。

受賞作やNo.1作品。今読んでおきたい一冊。

 2019年啓文堂書店文庫大賞1位
 悪寒/伊岡 瞬 (著)

中年男の鈍感さは、それだけで犯罪。



会社に不祥事の責任を取らされ、地方で単身赴任中の賢一。

ある日、東京で暮らす妻が傷害致死容疑で逮捕されたと知らされる。

妻が殺した相手は、賢一の上司だった──。

…‥‥‥…
上司を殺した犯人が、自分の妻だったらーー。
意外な犯人に理不尽な犯行理由、まさしくイヤミス作品です。

Arikaアイコン(小)1大手町に本社を構える製薬会社に勤務する中堅サラリーマンが、闇リベートを支払うよう会社から強制された挙句、責任を取らされて山形県にある関連会社に単身赴任させられる。妻と娘が残った留守宅では家庭崩壊の足音が響き始める。単身赴任をテーマに家庭が崩壊してゆく。サスペンスとも、経済小説とも、法廷小説ともいえるような緊迫感を伴った小説に仕上がっている。冒頭は法廷シーン。この場面がラストでつながる。冒頭とラストの描写が円環のようになって終了する心憎い構成となっている。

42歳の藤井賢一は製薬会社から酒田市内にある関連会社に飛ばされ、置き薬の営業をしている。成績が上がらない藤井は上司から嫌味を言われる毎日を送っている。藤井が関連会社に飛ばされたのは闇リベートを週刊誌に暴かれ、その泥を被ったからだった。妻の倫子からは自宅に戻ると出費がかさむので、帰宅しないでくれと言われる。娘からも電話での会話を拒否されてしまう。ある日、妻の倫子から「家の中でトラブルがありました」と要領を得ないメールを受け、とっさに夜行バスで自宅に戻ることにする。その間に、警察からも奥歯にモノが挟まったような電話を受け、動揺するのだった。自宅に戻ってみると、妻が会社の幹部を殺害したとして逮捕されていた。中盤までは藤井が会社の奴隷のように扱われる。その理不尽さや思春期の娘を抱えた父親の会社一辺倒の姿勢を描きながら、どこにでもあるような身につまされたような話が続く。そのあとは、犯人として自白をした妻、倫子の法廷小説、刑事の活躍を描いた警察小説、

別に犯人がいそうななりすまし小説の様相を呈してきて、物語がにぎわってくる。読んで、いろんな種類の恐怖を同時に感じてゾッとした。過去のトラウマから生まれた憎悪が牙となり、倫子の人生を簡単に切り刻んでしまう恐怖は、ゾッとするものでした。すれ違いのやさしさの怖さがそこに確かに存在する。妹の優子の憎悪を引き出す原因となったのは、姉の倫子のやさしさからで。優子が粗相をしたとき、いつも「やったのは私です」と倫子は妹をかばっています。その積み重ねが、優子の自尊心を傷つけ、トラウマにしてしまいました。倫子のやさしさが、じつは優子を苦しめることになり、取り返しのつかない憎悪を形作っていったことに恐怖を感じました。失って初めて気づく怖さ。

賢一は単身赴任中、家族とうまくいっていませんでした。妻とも、娘ともぎくしゃくし、悶々としながら仕事をする日々。賢一は、「自分は家族を愛しているのに…」と思っていました。しかし、それは自分の思い上がりだったと、痛感します。事件を担当していた真壁という刑事に、「あなたは奥さんを信じていますか?」と問われ、「もちろん」と答える賢一。けれど、真相究明して妻の無実を晴らすことよりも、裁判の結果を気にする賢一に対して、真壁は呆れていました。「ご家族の中で、もっとも愛が欠落していたのは、あなたじゃないでしょうか」。失って初めて「自分が妻を、家族を本当に愛していなかった」という事実を痛感し、反省する賢一。物語の最終的な結末では、再び妻と手を取り合うことができてよかったと思います。意外な犯人に理不尽な犯行理由、まさしくイヤミス作品です。

伊岡 瞬〔小説家・推理作家〕
┣1960年東京都武蔵野市生まれ。日本大学法学部卒業。広告会社勤務を経て、2005年に『いつか、虹の向こうへ』(応募時のタイトルは「約束」)で第25回横溝正史ミステリ大賞の大賞とテレビ東京賞をW受賞し、作家デビュー。著書に『145gの孤独』『瑠璃の雫』『教室に雨は降らない』『もしも俺たちが天使なら』など。

┣📚伊岡 瞬『代償』|KADOKAWA
┣📚インタビュー 作家 伊岡瞬さん|集英社 WEB文芸 RENZABURO レンザブロー
┣📚伊岡瞬さんの新刊『もしも俺たちが天使なら』発売!<特別企画> - 幻冬舎plus
┣📚伊岡瞬『悪寒』|集英社 WEB文芸 RENZABURO レンザブロー
┣📳伊岡瞬 (@s_ioka_221b) - Twitter





 2020年ミステリー売上げNo.1 
 慈雨/柚月裕子(著)

時空を超えて繫がる、珠玉の人間ドラマ



定年を迎えた元警官が、お遍路の途中で遭遇した少女誘拐事件。

難航する捜査をよそに、彼の胸には16年前のある事件への悔恨があった──。

慟哭必至のラストに刮目せよ!

…‥‥‥…
元刑事と現職刑事の苦悩と葛藤の日々。
時間と空間を超えたドラマは、驚きと感動の結末へ──!   

Arikaアイコン(小)1 定年退職した元刑事神場は、妻と四国遍路にでる。 忘れられない事件と、地元で起きた事件。 神場の心の中と暗い色調の語り口。そして雨。単なる刑事ミステリーではない。主人公のモノローグが中心で、リモートで現場にヒントを与える。二つの事件が起きた過去と現在、四国と群馬という時間と場所の対比的な描写が見事でした。失ったものの数は、そんな慈愛の雨と出会える数に比例する、そんな読み応えのあるミステリー。人間交差点、ヒューマンスクランブルのような人間ドラマかつ、ミステリー。お遍路の擬似体験ができるような構成がまた魅力です。犯人が再犯できない理由は、収監されていたから、という設定は斬新なものではないが、本作は謎解きやトリックにあるのではなく、あくまでも、主人公の葛藤や、家族の情愛なのだ。旅先で出会う、様々な苦い人生も作品の骨格の重要なエピソードだ。ラスト犯人を追うシーンは映画を見ているようなほれぼれするような描写力。余韻も優れている。退職した人間が、現役を引きづるのは刑事ならでは。警察とは、その存在意義とは。彼らの葛藤と迷い、そしてそれを支える家族の思いに胸が熱くなる。神場さんの想いも鷲尾さんの想いも緒方さんの想いも、手に取るようで心が痛いような、すっきりしたような読了感。人の良心を真っ向から書き上げた傑作。柚月裕子は、『孤狼の血』や『盤上の向日葵』に連なっていく、警察モノを書かせたら天下一品だと改めて確証させられた。そして、心の奥の方で澱(おり)のように溜まったもやもやは、激しい雨ではなく、しっとりとした雨に包まれることで洗い流される。

柚月裕子〔小説家・推理作家〕
┣1968年5月12日岩手県出身。山形県山形市在住。釜石応援ふるさと大使。2008年「臨床真理」で第七回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。13年『検事の本懐』で第十五回大藪春彦賞を、16年『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞を受賞。同作品は2018年に映画化され、公開後の5月21日付けオリコン週間文庫ランキングでは同名原作小説が15位から9位にランクアップし、柚月にとって初のトップ10入りを果たした。また、シリーズ第2作『凶犬の眼』をベースとした映画の続編が制作されることが発表されている他、『岩手日報』にて2018年2月から2019年1月に連載した『孤狼の血』シリーズ3部作の完結編となる『暴虎の牙』の連載が『夕刊フジ』で2018年10月1日から開始された。

┣子どもの頃から男の世界といわれる物語が好きで、初恋の人は映画『セーラー服と機関銃』で目高組の若頭を演じた渡瀬恒彦。また、『仁義なき戦い』や『県警対組織暴力』の大ファン。両作品の舞台は広島であるが、柚木は広島を「事件が起きるべくして起きる土地」ととらえており、『孤狼の血』にも暴力団が登場するため、リアリティーを出すために舞台を広島にした。また、代表作である佐方貞人シリーズでも主人公の佐方を広島出身に設定している。
┣横山秀夫は尊敬する作家の一人であり、自身の著書『最後の証人』刊行時に帯に推薦文を書いてもらえたことに感動したという。
┣趣味はトールペイントやソーイング。
┣家族は夫と1男1女。ヒマラヤンとチンチラゴールデンのメス猫2匹を飼っている。





 重版回数歴代No.1 
 分身/東野圭吾(著)

テレビの中に、もう1人の私が……?



ある日、テレビで自分そっくりの女性を見た札幌の女子大生・鞠子。

東京で暮らす彼女は何者なのか? 

そこには現代医学と倫理の危険な闇が隠されていた……。

…‥‥‥…
鞠子と双葉、この二人を結ぶものは何か?
現代医学の進歩と、現代医学の危険な領域を描く倫理観を問う力作。 

Arikaアイコン(小)1東野圭吾の比較的初期の作品。全く同じ容姿を持ったニ人の少女が、各々の立場から自分の出生の謎を解き明かしていく長編サスペンスミステリー。他人の空似というよりも分身といってもよい双葉と鞠子。鞠子と双葉同じ顔をもつ二人の主人公が、自分の生い立ちを知るためにそれぞれの方法で動き出す。二人の視点が交互に展開し、物語は進んでいく。なぜ二人はそんなにも似ているのか。二人の周りで起こる不可解な出来事や謎の解明にあたりながら、双葉の章と鞠子の章を交互に行き交いながら二人は徐々に近づいていく。どのような背景があるにしても、生まれた命には何の罪もないはずなのに、真相が明らかになっていくにつれて双葉と鞠子の心は傷付けられていく。

人間のクローンという神の領域とも言える範疇に手を出した人たちな話。全く別の場所で生活してた鞠子と双葉がそれぞれの出生を探り、やがて自分はクローンだと知る。 科学が進歩するにつれ生じる法や倫理観との摩擦、それに対する不安なのか怒りなのか、とりとめもないが作者による強い訴えを感じられた。確かに「人間が犯してはならない聖域」はあり、そこを越えたら人は人間らしさを失ってしまうのではないか。ラストは二人が出会ったところで終わる。最後二人が徐々に共鳴しあい出会うシーンは美しく、また切なさを伴う。ラベンダーの紫を初めとして色彩豊かに描かれており映像を見ているようだった。この先の人生に何が待ち受けているのか…首謀者・協力者がいなくなった今、平穏に暮らしていけると良いなぁと思う。物語の結末も決してハッピーエンドとは言えないが、やはり今後のニ人の幸せを願わずにはいられない。

『変身』と同様、東野圭吾の先端医療サスペンス。クローンが引き起こす人間ドラマを描いたものだ。ラスト、ついに二人が出会ったとき、焼け落ちる象牙の塔を前に、そこにはすでにお互いを知り尽くしている二人がいた。これから二人を待ち受ける人生が素晴らしいものであることを祈る。ラストシーンの賛否は別れると思うが、非常に面白かった。鞠子のお母さんの気持ちを考えるとすごく悲しい気持ちになった。2人はその後どうなったのか気になるけれど、幸せに生きてて欲しい。やっぱりこの頃の著者の文章いいな。ラストの映像が美しい。表紙にレモンもいいね。30年近く以前に書かれたものながら、今読んでも全く古さを感じさせない、現代医学の触れてはいけない領域に踏み込んだ作品で引き込まれました。見事は医学ミステリーでした。


東野圭吾(ひがしの けいご)〔小説家〕
┣1958年大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。大阪府立大学工学部卒業。85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞と第6回本格ミステリ大賞、12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。『分身』『白夜行』『幻夜』『黒笑小説』『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』『ラプラスの魔女』『人魚の眠る家』『危険なビーナス』『恋のゴンドラ』『素敵な日本人』など著書多数。

デビュー作
『放課後』(1985年)

代表作
『秘密』(1998年)
『白夜行』(1999年)
『容疑者Xの献身』(2006年)
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2012年)
『祈りの幕が下りる時』(2013年)

主な受賞歴
江戸川乱歩賞(1985年)
日本推理作家協会賞長編部門(1999年)
直木三十五賞(2006年)
本格ミステリ大賞小説部門(2006年)
中央公論文芸賞(2012年)
柴田錬三郎賞(2013年)
吉川英治文学賞(2014年)

----------------------------------------------------------------------------------------
内部リンク🏠
集英社文庫ナツイチフェア2020:べストセラーよまにゃ✖➌/5|東野圭吾Wミリオンシリーズ『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』








関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック