FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2020年秋、BS時代劇「明治開化 新十郎探偵帖」

kage

2021/01/15 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★2020年12月11日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:43

 BS時代劇「明治開化 新十郎探偵帖」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:坂口安吾「明治開化 安吾捕物帖」
脚本:小松江里子/伊藤靖朗
演出:笠浦友愛/本木一博/岡野宏信
制作統括:内藤愼介/磯智明
主題歌:オモワクドオリ/ナオト・インティライミ

E13-b043.gif
外部サイト:BS時代劇「明治開化 新十郎探偵帖」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
結城新十郎 :福士蒼汰
幕臣の子弟。警視庁からの信望厚い、洋行帰りの特命探偵。窮屈な務めが嫌いで、論理と事実、西洋の科学的知識を重視する知性派。父は幕府の重臣だったが、明治維新の最中に薩長軍に親や親戚を殺されたことで安全のため渡米。岩倉使節団で海外派遣中の大久保利通と出会い帰国した経緯がある。

加納梨江 :内田理央
大政商・加納五兵衛の娘。父が殺された事件の真相を解明した新十郎のことを慕うようになる。時に加納家の巨大な財力を用いて新十郎を助ける。お嬢さま育ちでプライドが高く、家柄や財力で物事を見るが、新十郎の知性、虎之介の人情に触れ、次第に価値観が広がっていく。

泉山虎之介 :矢本悠馬
勝海舟の剣術の弟子で、勝家の隣の町道場を営む剣術使い。推理は大好きだがいつも見当はずれ。新十郎のよき相棒となり、事件現場へ一緒に向かう。勝を尊敬しており、人情、根性、男気を信念に生きる。一本気だがおっちょこちょいで憎めない人物。

西郷隆盛 :鶴見辰吾
勝と共に江戸の無血開城を実現させるが、明治政府に対する士族の不満を一身に引き受け西南戦争を引き起こす。勝とは深い信頼で結ばれている。

勝民 :稲森いずみ
勝の妻で元深川芸者。カカア天下で歯に衣着せない物言いをするが、人情味にあふれた性格で、どんな人も見捨てず面倒を見る。新十郎を母のように優しく見守る一方、昔から勝の弟子として家に出入りする虎之介には少々あたりがきつい。

勝海舟 :高橋克典
新十郎の身の上を知りながら自宅に下宿させている。言わずと知れた明治維新の立役者。江戸城を無血開城させ、侍の時代から明治へと時代を変えた当事者として西郷と志を分かち合いつつ、新政府による新しい世のありさまを憂いている。新十郎と虎之介に推理のアドバイスをおくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福士蒼汰が明治版シャーロックホームズに! 文明開化の闇に挑むサスペンス! 
近現代日本文学を代表する作家・坂口安吾の「明治開化 安吾捕物帖」を福士蒼汰主演で連続ドラマ化。文明開化に沸く明治の東京を舞台に、洋行帰りで論理と事実、西洋の科学的知識を重視する知性派の特命探偵・結城新十郎(福士)が、次々に起こる難事件を解明していく姿を描く。新十郎を取り巻く役どころとして、じゃじゃ馬で勝気なお嬢さま・加納梨江を時代劇初挑戦となる内田理央が、勝海舟の剣術の教え子で新十郎の相棒となる泉山虎之介を矢本悠馬が演じるほか、鶴見辰吾が西郷隆盛に、高橋克典が勝海舟に、稲森いずみがその妻・民に扮するなど、実力派俳優が時代の要人として多数登場する。



2020秋号:2020年9月末〜2020年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年11月 日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
明治初期。世が文明開化に色めき立つ頃、奇妙な事件が多発する。そこに現れたのは外国帰りの特命探偵・結城新十郎(福士蒼汰)。事件の真相をズバズバ指摘する新十郎に、勝海舟(高橋克典)の教え子で推理の大好きな泉山虎之介(矢本悠馬)はいつも小ばかにされ、勝に泣きつく。

そんな新十郎と虎之介、勝の周りには、新十郎にほれ込む大政商の娘・加納梨江(内田理央)ら個性的な人々が集まってくる。謎解きが進むに連れてあらわになる、新しい明治の時代に人々が抱える不安や愛憎。新十郎たちは、事件を通じて多くの時代の要人たちと渡り合い成長していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月11日更新】
■ あらすじ(第1話  2020/12/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文明開化の世。大政商の加納家で開かれた政府要人が集まる仮装会の最中に、主人の五兵衛(モロ師岡)が妻・アツ子(花總まり)らの前で殺される。外国の大使も巻き込む事件のため、一つ間違うと国際問題になりかねない。そこで、洋行帰りの特命探偵・新十郎(福士蒼汰)と自称相棒の虎之介(矢本悠馬)が捜査を開始。やがて加納家の一人娘・梨江(内田理央)が疑われ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月18日更新】
■ あらすじ(第2話  2020/12/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
豪商の神田邸に謎の人力車が大きなこうりを届けて去る。中には、神田(徳井優)の妻・ヒサ(青木さやか)の絞殺体が入っていた。新十郎(福士蒼汰)はヒサの行動や周囲の人間関係を調査し、浅草の女奇術師・夢の助(真飛聖)率いる飛龍座という芝居小屋に目を付ける。一方、ヒサが殺された当日、偶然にも勝海舟(高橋克典)の妻・お民(稲森いずみ)も飛龍座で奇術を観劇していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年12月25日更新】
■ あらすじ(第3話  2020/12/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
老舗問屋・浅井家の女主人・スギ(若村麻由美)が万引きをしているとの噂が立っていた。そんな中、浅井家の主治医・花田(神尾佑)の死体が発見される。花田の息子・心平は浅井家の令嬢・キク(堀田真由)と婚約中で、ひょんなことから新十郎(福士蒼汰)に調査の依頼が舞い込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月8日更新】
■ あらすじ(第4話  2021/1/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
新十郎(福士蒼汰)たちが入り浸る洋風酒場の主人で錦絵新聞の書き手である因果(中村靖日)が行方不明となり捜査を依頼される。新十郎は、海外視察から帰国した大久保利通(篠井英介)に呼ばれ、捜査を断ってしまう。代わりに虎之介(矢本悠馬)と梨江(内田理央)が調べに乗り出すと、林肯会という謎の政治結社が浮かび上がる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2021年1月9日更新】
■ あらすじ(第5話  2021/1/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
インド・アラビアに伝わるという美顔術を施す「ロッテナム美人館」を訪問した梨江(内田理央)は、元大名の宗久(山中崇)に嫁いだシノブ(伊藤歩)と知り合い、相談を受ける。シノブは勝家を訪れ、新十郎(福士蒼汰)に宗久の異変を訴える。物静かで学問を好む宗久だが、時々発作を起こしてシノブや使用人に刀を振り回した上、「3人は1人」と謎の言葉を発するという。


D19-c012.gif


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック